このツイートは表示できません。 謎の「このツイートは表示できません。」解決へ?Twitterが近々「表示されない理由・原因」を表示予定。ツイッター新機能・アップデート最新ニュース2019年7月

Twitter(ツイッター)のこのツイートは表示できませんを非表示にして消す方法はある?多いので邪魔?

このツイートは表示できません

Twitterが、混乱を招く「このツイートは表示できません。 」修復・改善を発表。 理由を明示へ。 この状況からスレッド開始者が「ミュートしているわけじゃない」など周りのユーザーに説明するような事態も発生しているとのこと。 また、単純になんでツイートが表示されないのか?自分の知らないところでもこの状況が起きてるんじゃないか?みたいな懸念も。 そして、今回Twitterが「このツイートは表示できません。 」に対し、表示されない理由を説明として表記する予定と発表。 We're fixing the issue where you see so many "This Tweet is unavailable" notices in conversations. This is usually due to deleted or protected Tweets, or muted keywords. In a few weeks, you'll start seeing more context on each notice to help explain why Tweets are unavailable. — Twitter Support TwitterSupport はっきりしたことは把握してないけど、たしかに不自然にツイートが非表示になってるのをよく見かけるので、理由を書いてくれたら色々わかりやすくなりそう。 場合によっては、知らないうちに自分にも起きてるんじゃないか?という点に対しての対応策にもなるかもしれないし。 関連:Twitter「健全なる会話・コミュニティ」目的のアップデートや新機能「表示・非表示」関連記事 関連:Twitterでシャドウバンされたらどうなる?(自分の投稿が他人に見えない状況) 見出しにすでに答えを含んでしまっているけど、シャドウバンの場合は「このツイートは表示できません。 」ではなく、ツイートそのものが見えない。 つまり存在しないのと同義。 ニュースとかシェアするのに引用元としてつく リプライ。 同じ空いてへ複数回繰り返しただけで即シャドウバン。 頻繁にシャドウバン食らうけど、経験上だいたい24時間くらいで自然回復する印象。 よって待つのが一番。 サポートへの連絡はほぼ無意味。 いろいろTwitterの対応も変化してきているのであれだけど。 長い間問い合わせは試してない。 偶然かもしれないけどいつもより早く解決した事があって、その際はTwitter公式関連アカウントに「直して!」とリプライ送った際。 長くなりそうだから詳細は別記事書こう。 Thursday July 16th, 2020• Thursday July 16th, 2020• Tuesday July 14th, 2020• Saturday July 11th, 2020• Thursday July 9th, 2020• Wednesday July 8th, 2020• Friday July 3rd, 2020• Monday June 29th, 2020• Wednesday June 24th, 2020• Wednesday June 24th, 2020• Tuesday June 23rd, 2020• Saturday June 20th, 2020• Thursday June 18th, 2020• Wednesday June 10th, 2020• Wednesday June 10th, 2020• Wednesday June 10th, 2020• Wednesday June 10th, 2020• Monday June 8th, 2020• Sunday June 7th, 2020• Saturday June 6th, 2020 Twitter でフォロー.

次の

【Twitter】「このアカウントの所有者はツイートを表示できるアカウントを制限」の意味と原因

このツイートは表示できません

「表示するツイートがありません」の対処法 トップツイートを非表示にする タイムラインの表示設定がトップツイートを優先する設定になっていると、こちらの不具合が起きることがあります。 PC編 ホームのツイートを投稿する画面の近くに表示されているスパークルボタン(星)をタップして「最新ツイート表示に切り替える」に変更してください。 変更が完了してタイムラインの画面を更新(リロード)すると「表示するツイートがありません」というエラーメッセージは消えツイートが読み込めるようになります。 アプリ編 アプリでこちらの不具合が発生した場合はタイムラインの右上に表示されているスパークルボタン(星)をタップし「最新ツイート表示に切り替える」に変更してください。 これで全く表示されなくなっていたツイートがタイムラインに復活します。 ログアウトして再ログイン トップツイートを非表示にしたにも関わらず、変化がない場合は一度ログアウトしてから再ログインしてみてください。 ログアウトすることで画面が更新されるので、上記で行った設定が正常に反映されることにも繋がります。 関連記事 時間を置いてから利用する 「表示するツイートがありません」は2017年頃からTwitter上で見られるようになったバグの一つで、なんら対処法を行っていなくても元に戻っていたというユーザーも多いです。 トップツイートの非表示や再ログインを行ったにも関わらず、依然変化がない場合は Twitter側で障害が発生している可能性もあるので、時間を置いてから再度タイムラインを確認してみてください。 ヘルプセンターに問い合わせる こちらのからツイートとタイムラインに関するバグや不具合について報告することができます。 「表示するツイートがありません」はタイムライン上で起きている不具合なので「ホームタイムライン」にチェックを入れてください。 「この問題はどこで発生しますか?」にはご利用の端末を選択します。 「問題の詳細」には以下のような点について記載してください。

次の

このツイートは表示できませんの原因を解説!ブロックとは限らない。

このツイートは表示できません

YoutubeでもAIに誤ってスパム認定されて、動画削除やアカウント凍結があった例を記憶していたので… Twitterのルール Twitterの運営ルールについてはヘルプから確認することができます。 Twitterのルールの中に「信頼性・プラットフォームの操作およびスパム(Authenticity Platform manipulation and spam)」という項目があります。 信頼性 プラットフォームの操作およびスパム: 情報を人為的に拡散または隠蔽したり、Twitterのユーザーエクスペリエンスを操作または侵害する行為に関与したりする意図で、Twitterのサービスを利用することは禁じられています。 詳細はこちらをご覧ください。 Twitterのスパムに関するポリシー 詳細については「プラットフォームの操作とスパムに関するポリシー」に書かれています。 ツイート・リプライについての部分を見てみると… Twitter製品機能の悪用 他者の快適性を損ねる目的でTwitterの製品機能を悪用することは禁じられています。 これには、以下が含まれます。 ツイートとダイレクトメッセージ• 一方的な返信、 ツイート、ダイレクトメッセージを大量、過剰、膨大に送信すること• 同じコンテンツを繰り返し投稿および削除すること• 同一もしくはほぼ同一のツイートを繰り返し投稿すること、または同一のダイレクトメッセージを繰り返し送信すること• 自身のツイートやダイレクトメッセージのほとんどを占めるほど頻繁に、説明を付けずにリンクのみのツイートやダイレクトメッセージを送信すること つまり、「他者の快適性を損ねる目的で、同一もしくはほぼ同一のツイートを繰り返し投稿すること」はTwitterのポリシー違反ということになります。 ポリシー違反に対する処分とは? ポリシー違反に対する処分には以下のものがあります。 アンチスパム対策• リンクのブラックリスト登録• ツイートの削除と一時的なアカウントのロック そのうちのアンチスパム対策とツイートの削除についてみてみると… アンチスパム対策 不審なアクティビティを検知した場合、アカウントをロックし、追加情報(電話番号など)の提供またはreCAPTCHAの解答を求めることがあります。 ツイートの削除と一時的なアカウントのロック プラットフォームの操作やスパムに関する違反が1回きり、または1回目の違反である場合、1つまたは複数のツイートの削除要請からアカウントの一時的なロックまで、Twitterはいくつかの措置を取る可能性があります。 ツイートレベルの対応(比較的軽い処分) ただし、間違えてTwitterルールに違反したアカウントに対して厳しくなりすぎないように、ツイートレベルの対応をしているようです。 ツイートの表示を制限する: Twitter、検索結果、返信、タイムラインにおけるコンテンツの表示を減らします。 やり取りの性質やコンテンツの品質についてのさまざまなシグナルに基づいて、ツイートの表示が制限されます。 ツイートの削除を求める: ツイートがTwitterルールに違反していると判断した場合、Twitterは違反者に違反ツイートの削除を要請します。 違反者は削除するまで新しくツイートすることはできません。 違反ツイートと、どのポリシーに違反しているかをメール通知で違反者に連絡します。 違反者は、違反ツイートを削除する手順を実行するか、Twitterの判断が間違っていると思う場合は異議を申し立てる必要があります。 削除されるまで違反ツイートを非表示にする: Twitterがツイートの削除を要請してから実際に削除されるまでの間、ツイートが公開されないよう非表示にし、元のコンテンツを、Twitterルールに違反しているためツイートを表示できないことを示すお知らせに置き換えます。 このお知らせはツイートの削除後も14日間表示されます。 ここまで読んでも腑に落ちないのが、今回のツイート非表示には「ルール違反になっている」というお知らせが見つけられないことです。 念のため、その方のアカウントの「ツイートと返信」から確認すると該当するリプライを見ることができました。 ご本人にもDMで伺ってみると、特に何の通知もなく通常通り見えるとのことでした。 快くご確認いただきありがとうございました。 シャドウバン(shadow ban) そこで、次に疑ったのが「シャドウバン(shadow ban)」というものです。 シャドウバンの影響はややこしくてざっくり説明すると…• 自力での記事拡散が困難になる。 Twitterからは通知もない• 理由を知る手段はない。 制限の期限も決まっていない。 知らないうちにシャドウバンになると、いくらハッシュタグをつけてツイートしても、フォロワー以外の大多数のユーザーの検索結果に表示されなくなってしまいます。 こうなってしまうと、やり取り用としては使えても、告知用としてアカウントを使えなくなってしまいます。 ちょっと多いですよね…? クオリティと安全性ランキング ちなみに「シャドウバン」というのはTwitter社の用語ではないようで、「」の中の「クオリティと安全性ランキング」という項目が該当するようです。 クオリティと安全性ランキング ホームタイムライン、会話、検索などのTwitterの機能は、快適にご利用いただけるように常に改良が加えられています。 利用者が興味を持ちそうな話題の会話(関連性や信頼度が高く、安全なコンテンツ)を上位表示するようにしています。 … 「他者の快適性を損ねる目的」を機械的に判断することの難しさから、誤ってスパム扱いされてしまったのかなと思いました。 ところが、リプをいただいたアカウントを確認してみると、まったく問題なかったんです。 事件は振出しに戻ります。 そうして、たどり着いた結論が… 技術的な容量制限に達している可能性! なんと、「技術的問題」。 法的問題、質的問題、技術的問題 Twitterによる強制措置や、安全性に関する機能とは関係なく、Twitterに自分のツイートが表示されない、または元のツイートに対する返信が削除されるといった問題が報告されることがあります。 現在対策中の問題には、次のようなものがあります。 返信が表示されない — ツイートの下に返信が表示されない要因として、技術的な容量制限に達している可能性があります。 1つのツイートへの返信の数が多い場合、Twitterではすべての返信は表示されません。 ただし返信した内容が自分のタイムラインに表示されていれば、ほとんどの場合、ツイートした利用者も [通知] タブからあなたの返信を確認できます。 114• 202•

次の