いけ ぶ くろ 楽器。 なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか? 気密・防振・一度入ると中から出られぬ「鉄の処女」(1/5)

人が楽器ケースに入ってはいけない理由 音楽家「普通に死にます」

いけ ぶ くろ 楽器

公園で楽器を吹くのはいけないんですか? 私は中学で吹奏楽部に入っています。 でも練習日数に満足いかず、休みの日は友達と楽器を吹こうと外に出掛けています。 今までは、広くて自然も多く住宅から少し離れている公園 で練習をしていました。 しかしその公園は遠く、楽器を持って行くのは大変なので今日近くの公園に練習場所を移しました。 ところが2時頃、近所の人と思われる男性が苦情を言いに来たんです。 「近所迷惑だ。 ここはそんなことをする場所じゃない。 これ以上やったら警察を呼ぶぞ」と男性は怒りに満ちた表情で言い、さっさと帰っていきました。 その公園の近くには住宅があるので、早朝は避けて昼間に練習をしていたのに苦情を言われてショックでした。 私達は仕方なく練習をやめましたが、納得がいかず近くの交番を訪ねました。 対応にあたって下さった警察官の男性は「別に公園で楽器を吹いちゃいけない訳じゃないし、それくらい良いと思うんだけどなぁ」と仰っていました。 家で楽器を吹くのは金管楽器なのでそれこそ近所迷惑だし、学校は開けてもらえないし、練習する場所がなくて困っています。 私達はどうすればいいのでしょうか。 練習を諦めたくはありません。 うまく公園でやっていける方法もしくは部活がなくても学校を開けてもらえる方法を教えて下さい。 現実的な話をしますと学校の部活でも苦情は来るんです。 私が勤務した学校(中学校)でも実際に昼間の練習は「子供の昼寝の邪魔になるのでなんとかしてほしい」と言われ、休日の部活は午前中のみ、窓はすべて締め切る(夏場は地獄のような暑さです)といった対応を余儀なくさせられました。 でも、住宅地のど真ん中にある学校なので仕方ないと思っています。 私の高校でも苦情があって河川敷で練習する事がありました(学校から徒歩10分)。 公園などで練習したい場合は半径50~100m程度に人家がないこと(楽器の音はこのくらいは響く)、すでに練習してる人などがいて練習OKの環境である事が条件だと思いましょう。 私は屋外で練習してますが山の中(実家所有のミカン山)でやってるので周辺には民家がない環境で一番近い老人ホームの方にも『音を出すのは休日の昼間のみ』と条件をつけてやっています。 それができないのなら公民館を借りる、カラオケボックス(利用できないところもあります)を使う。 もしくは学校でやりたいなら先生が来てる事が条件ですので話し合ってください。

次の

イシバシ楽器

いけ ぶ くろ 楽器

楽器本体が木製のモノはダメです。 直射日光による急激な温度変化 加熱 の影響で、 楽器本体の木部がそれに耐えきれずに割れることが有ります。 もし、お持ちの楽器が木製であれば、 この時期の屋外練習・屋外での演奏には絶対に使用しないでください。 但し、本体がポリプロピレンやベークライト等の樹脂でできているものは大丈夫です。 実際はグレードの低い安価な楽器に多いものですが、 クラリネットやオーボエ、アルトクラ、バスクラの樹脂製のモノは 屋外演奏で使用されています。 もっとも、音色には期待はできませんが、 屋外でバンバン鳴らすものですから、音色など二の次でも良いでしょうけど。 タオルで巻くのは、樹脂製であっても本体の色が黒いために熱を持ちやすく、 特にクラリネットくらいの大きさであれば変質 膨張・変形 しやすいので、 吹かない間はタオルで巻いて、直射日光から保護されているようですね。 バスクラはタオルなど巻くに巻けないと思いますが・・・・。 私の場合大丈夫です。 長年野外でつかっていますが 割れたことはありません。 木製ですので割れる可能性があるということでしょう。 割れるとその場所にもよりますが多くの場合使用に耐えるていどなら修理ができます。 割れたものは元には戻りませんが樹脂系コーキング材をうめます。 音には影響がでるんだと思います。 ちなみに私は水洗いを時々します。 すぐに水をきってスワブやタオルなどでよくふき取りますが いまのとこ割れたことはありません。 胴やタンポなどは水をたっぷり吸うのでしょうがもとも水?だらけの中であつかってるものです。 かなり乱暴なあつかいをしています。 もっとも大切に扱って悪いことは何もありませんが 私の場合車くらいの感じに扱っていて だめなら変えればいいという感じで結構乱暴につかっていますが もうすでに10~15年くらいたっても何でもありません。 年1回くらいのペースでメンテナンスをしますが タンポの交換や落として曲がったなど以外壊れたことはありません。 コルクはよく交換します。 例として話しているのは2本です。 ヤマハカスタムとセルラーレシタルという古いものです。 大事にあつかっても割れるものは割れると修理やさんで聞いたことがあります。 けっして割れないということではなくて、もし運悪くわれたらそれをチャンスに新しいものにかえればいいという感じで扱ってはいかがでしょうか?それより落とす、ぶつけるの曲がり矯正も結構費用がかかります。 皆さんの回答がそのままです。 木管楽器は,屋外で吹いてはいけないのではなく,木製部分が直射日光に弱く,最悪の場合割れてしまうから…というのが理由です。 木部が割れたら,修理は不可能です。 数十万円の楽器が,一瞬にしてパァです。 野球応援で,タオルを巻いているのは,直射日光にさらさないためです。 Ob,BsCla,Fgなどの高価な楽器を,わざわざ危険を覚悟で野球応援に持ち出す必要はありません。 もし,タオルを巻いていないとしたら,樹脂製の割れる心配のない楽器であるか,割れてもへっちゃらな金持ちバンドなのかもしれませんね。 そういう目で見てください。 ただし,金管だから直射日光OKとか,そういうことではありません。 砂埃が入って,ピストンの動きが悪くなったり,塗装が劣化したり…。 楽器をいっぱい可愛がって,愛してくださいね。

次の

なぜ人は楽器ケースの中に入ってはいけないのか? 気密・防振・一度入ると中から出られぬ「鉄の処女」(1/5)

いけ ぶ くろ 楽器

楽器本体が木製のモノはダメです。 直射日光による急激な温度変化 加熱 の影響で、 楽器本体の木部がそれに耐えきれずに割れることが有ります。 もし、お持ちの楽器が木製であれば、 この時期の屋外練習・屋外での演奏には絶対に使用しないでください。 但し、本体がポリプロピレンやベークライト等の樹脂でできているものは大丈夫です。 実際はグレードの低い安価な楽器に多いものですが、 クラリネットやオーボエ、アルトクラ、バスクラの樹脂製のモノは 屋外演奏で使用されています。 もっとも、音色には期待はできませんが、 屋外でバンバン鳴らすものですから、音色など二の次でも良いでしょうけど。 タオルで巻くのは、樹脂製であっても本体の色が黒いために熱を持ちやすく、 特にクラリネットくらいの大きさであれば変質 膨張・変形 しやすいので、 吹かない間はタオルで巻いて、直射日光から保護されているようですね。 バスクラはタオルなど巻くに巻けないと思いますが・・・・。 私の場合大丈夫です。 長年野外でつかっていますが 割れたことはありません。 木製ですので割れる可能性があるということでしょう。 割れるとその場所にもよりますが多くの場合使用に耐えるていどなら修理ができます。 割れたものは元には戻りませんが樹脂系コーキング材をうめます。 音には影響がでるんだと思います。 ちなみに私は水洗いを時々します。 すぐに水をきってスワブやタオルなどでよくふき取りますが いまのとこ割れたことはありません。 胴やタンポなどは水をたっぷり吸うのでしょうがもとも水?だらけの中であつかってるものです。 かなり乱暴なあつかいをしています。 もっとも大切に扱って悪いことは何もありませんが 私の場合車くらいの感じに扱っていて だめなら変えればいいという感じで結構乱暴につかっていますが もうすでに10~15年くらいたっても何でもありません。 年1回くらいのペースでメンテナンスをしますが タンポの交換や落として曲がったなど以外壊れたことはありません。 コルクはよく交換します。 例として話しているのは2本です。 ヤマハカスタムとセルラーレシタルという古いものです。 大事にあつかっても割れるものは割れると修理やさんで聞いたことがあります。 けっして割れないということではなくて、もし運悪くわれたらそれをチャンスに新しいものにかえればいいという感じで扱ってはいかがでしょうか?それより落とす、ぶつけるの曲がり矯正も結構費用がかかります。 皆さんの回答がそのままです。 木管楽器は,屋外で吹いてはいけないのではなく,木製部分が直射日光に弱く,最悪の場合割れてしまうから…というのが理由です。 木部が割れたら,修理は不可能です。 数十万円の楽器が,一瞬にしてパァです。 野球応援で,タオルを巻いているのは,直射日光にさらさないためです。 Ob,BsCla,Fgなどの高価な楽器を,わざわざ危険を覚悟で野球応援に持ち出す必要はありません。 もし,タオルを巻いていないとしたら,樹脂製の割れる心配のない楽器であるか,割れてもへっちゃらな金持ちバンドなのかもしれませんね。 そういう目で見てください。 ただし,金管だから直射日光OKとか,そういうことではありません。 砂埃が入って,ピストンの動きが悪くなったり,塗装が劣化したり…。 楽器をいっぱい可愛がって,愛してくださいね。

次の