ガルパン g 評価。 ガルパンG 天井解析|天井恩恵 狙い目 朝一リセット CZ判別 やめどき 有利区間ランプ

【ガルパンG】ガールズ&パンツァーG カスタム「打

ガルパン g 評価

1時間あたりの期待収支 設定 等価 56枚持ちメダル 1 -1035円 -924円 2 -360円 -321円 3 0 0 4 1125円 1004円 5 2385円 2129円 6 4545円 4058円 *1時間750回転で計算 通常時はあんこうカウンターを減算していき、 0ptに到達するとCZへの突入抽選が行われます。 CZ「 戦車道チャレンジ」は の解呪と同じような形式で 20Gの間みほ図柄が出現するほどチャンス。 見事成功すればAT「 戦車道」へ突入。 ATのゲーム性は前作を継承しており、 毎ゲーム敵の車輌の撃破抽選を行い、 全て撃破できれば次セットに継続します。 *自力ガチバトル 基本的には 1枚役は攻撃を受けるピンチ、 ベル成立は撃破のチャンスとなります。 勝利時のランク次第で 様々な特化ゾーンへの突入抽選が行われ、 次回バトルの勝利へと繋がっていきます。 設定判別ポイント 現状は通常時のベル合算確率をカウント• 3 周期到達時のCZが確定する画面で設定を示唆• そのカットインが• 敵隊長… 設定2以上確定•

次の

パチスロ ガルパンG(6号機)|初打ち感想・評価「周期狙い方法考察」

ガルパン g 評価

【算出条件】 ・AT非当選かつ周期未到達時は35Gやめ ・平均AT直撃当選ゲーム数は30G ・AT直撃当選率は13. 1台あたりの期待値はそれほど高くありませんが、平均消化ゲーム数は63. AT直撃確認中に周期到達するケースもしっかり考慮して計算しています。 ただしあくまで実戦値をベースにした数値なので、 低設定メインになるともう少し下がる可能性がある点はご注意ください。 参考にAT直撃当選率が実戦値より悪いと仮定した場合の期待値もあわせて載せておきます。 AT直撃当選率 1台あたり 機械割 13. この記事で載せている期待値は、途中で周期到達して自力CZに当選するケースも考慮していますが、 AT非当選かつ周期未到達時は一律35Gやめが条件です。 しかし 実戦上、35G以内に作戦会議や決戦前夜などチャンスステージへ移行することが多々あるので、実際には理論値以上の割合で1周期目の自力CZ当選をフォローできます。 ちなみに内部CZに当選していれば液晶上29G以内はCZ中のはずですが、液晶2Gで作戦会議移行という挙動も確認しています。 内部CZ非当選濃厚? このときは作戦会議をしばらく回したら決戦前夜へ移行、周期到達でCZ当選……という流れでした。 ホール関係者なら知ってるはずだけど、導入時にメーカーからリセット後は必ず内部CZからという話です。 そして、内部CZに突入しない手順も添えられてました。 大半のホールはこれからの稼働確保のためにリセット後はそのままで見せてますが、ボッタ店は消してる思います。 最後に、メーカー推奨手順を行ってるかノータッチのなのかの判別方法もあります。 有利区間ランプでは、どちらでも消えたままなので推奨手順をされてると無駄打ちになります。 判別方法は100Gまで回して下さい、手順を行ってる台であれば有利区間ランプ点灯後100G手前でレア役高確の煽りがあります。 ノータッチのリセット台であれば有利区間ランプ点灯後、内部CZ経由の為に130G付近で煽りが発生します。 これを1度試せば、そのホールがリセット狙い出来るかわかると思います。 ノータッチのホールも今後、消す可能性もありますから怪しいと思ったら他人の朝一100G付近に注目してみてください。

次の

ガルパンG 天井解析|天井恩恵 狙い目 朝一リセット CZ判別 やめどき 有利区間ランプ

ガルパン g 評価

ベース 50枚あたり約50~56ゲーム 純増 2. 2 97. 7 99. 9 100. 0 102. 7 105. 5 110. 1% 基本的な ゲーム性及び純増は前作と大きな違いはありません。 なので前作のガルパン好きだった人も違和感なく楽しめるはずです。 ただ初当たりや機械割などはスペックダウンしているので、少し高くなったベースでカバーしている感じでしょうか? 前作寄りに作られたガルパンGですが 「さぞかし評価は高いだろう」と思いきや、世間の声は結構厳しめで 「 勝てない」という声が多く寄せられています。 そんな ガルパンGの勝てない理由について書いていきます。 ・ 戦車道チャレンジ AT期待度約40% みほ図柄停止でチャンス ・ あんこう祭り AT期待度70% レア役でAT 戦車道チャレンジの雰囲気的には「化物語の解呪の儀」ですが、本当に期待度40%あるの?というくらい当たりません。 個人的には期待度20%以下です。 カードの色によって期待度が変わります。 CZ中の狙え演出で止まる「みほ図柄」の停止個数で期待度が変わるのですが、なかなか停止しないし、2個止まっても25%という期待度。 CZを決めれないと天井ATがないので、 無限投資が待っています。 今作は 初当たり時に特化ゾーンスタートがデフォのため、チャンスチームや作戦ストックのおかげで1戦目で負けることは少なくなりましたが、2戦目以降は結構キツイ。。。 初当たり時に付いてくるこの特化ゾーンのおかげで単発は少なめ 5戦目と10戦目は黒森峰が出てくるので、それまでにチャンスチームやVストックがないとかなり厳しい戦いになるかと思います。 ATレベルの概念もないので、前作で勝てていた人ほど 「 ガルパンGは勝てない」と思うのは仕方ない事かもしれません。 掲示板の意見を引用します。 勝てない意見 ・CZの期待度絶対40%もない、10%くらい ・2連リミッターでもあるのか? ・チャンスチームでベルが引けなくなる 「勝てない」という厳しい評価があるものの、 「遊びやすい」「大勝ちとはいかないけど勝てる」という意見もありました。 ただ悪い意見は多めです。 スペックも一部でダウンしています。 ガルパン ガルパンG 純増 2. 5枚 2. 2 機械割 113. 1%~97. 1% 110. 1%~97. 7% まぁこれに関して、6号機には有利区間があるため、多少スペックダウンするのは仕方ないかと思います。 そんな 「勝てない」という意見の多いガルパンGですが、私個人的には 「 勝てる」と思っています。 初代で勝てなかったからガルパンGは勝てると思う まず最初に言わないといけないのが、私は 前作のガルパンで勝てていません。 だからこそ 「 ガルパンGは勝てる」と思っているだけかもしれません。 確かにAT中結構あっけなく負けます。 しかし単発連が多かった前作に比べれば2連以上しやすいし、データが荒れる前作みたいな選択式CZじゃなくなったことも個人的にはありがい事です。 選択式だと 「あっちが良かった」「安定キャラ選んでおけばよかった」という後悔が出てしまい、立ち回りにも影響が出ていました。 そういった意味ではガルパンGの方が精神的にも勝てる気がしています。 前作同様、一撃で大きな枚数は出せていませんが、数百枚プラスという場面が多く、止め時も6号機という事で 即止めに徹している事も勝てている要因かもしれません。 ちなみにこのガルパンGは AT中10戦勝利するとCZが特典で貰えるのですが、仮に2400枚完走してAT終了しても、貰ったCZが即発動するのでそこでATを仕留めることが出来れば、さらに出玉を伸ばすことができます。 意外と面白い仕様だな~と最近思うようになりました。 個人収支がプラスという事や前作に比べてショボ連が少ないという事から、私はガルパンGは 「 勝てる」という判断です。 6号機ガルパンGの勝ち方 前作が大人気だったからこそ、意見の分かれる 「ガルパンG」。 しかし前作も規制後に登場した5号機AT機だったので、基本的なものは前作と大きく変わりありません。 確かにスペックダウンしている部分もありますが、ガルパンらしいATを楽しめるかと思います。 「勝てない」という意見が多いですが、そもそも 前作で勝ててなかった人は勝ちやすくなったと感じるかもしれません。 ただ前作以上に ランク報酬は重要になります。 最低でもランクBは目指そう ガルパンGの勝ち方としては、 ・CZをしっかりと仕留める ・AT中は最低ランクB以上は目指す 期待度40%と言われているCZが難しいと世間の声でもありましたが、CZ「戦車道チャレンジ」をしっかりと仕留めることが大事になります。 これは攻略法も何もありません、 あなたのヒキ次第です。 またAT中も高ランクを目指し、最低でもランクBを目指さないと後々厳しくなっていきます。 ランクB以上あれば、50%でバトルが有利になるアイテムが手に入る「パンツァーアタック」に突入しますので、とにかく2両残しでの勝利を目指しましょう。 一応、周期スルーによる天井(恩恵:CZ)もあるので、ピンポイントで狙っていくのもいいかもしれません。

次の