旦那 の お 小遣い。 ボーナス時に悩みがちな旦那に渡すお小遣いの平均金額

お小遣い制の3つのデメリット『旦那を出世させる改善策も語る』

旦那 の お 小遣い

一番多いのは20,000円~30,000円未満で24%! 100人に聞いた結果、一番多かったお小遣いの額は24%で20,000円~30,000円未満となりました。 次いで22%で10,000円~20,000円未満、19%で30,000円~40,000円未満となっています。 それでは、なぜそのお小遣い額なのか理由を見ていきましょう。 【1位】20,000円~30,000円未満 24人• 旦那がきちんとセーブしてほしいと言うため 20代前半・結婚1年目• 趣味はないけど仕事中の昼食は全て外食のため 30代前半・結婚2年目• 家から会社まで自転車通勤でお弁当持ちなので、お酒とたばこ代があればいいということなので。 40代前半・結婚11年目以上• 会社での付き合いで飲み会が月2,3回あるので 30代前半・結婚2年目• 外食が多いので。 40代前半・結婚8年目• お昼はお弁当持参で、普段は特にお金を使わないためです。 30代後半・結婚9年目• 趣味がなくお金はあまり使わないが、外出が多いため 30代前半・結婚4年目• お酒も飲まないし、タバコもすいません。 お昼は、お弁当を持っていってるので、3万円で充分みたいです。 40代後半・結婚11年目以上• アクアリウムが趣味なので主に生態や水草等買ってます 30代後半・結婚10年目• 旦那自身が昔から月々のお小遣いの金額を決めて居る為 20代前半・結婚1年目• 貰っている金額から必要な経費を引いた金額になります。 あとは自分の中で倹約して貰うことになっています。 60代後半・結婚11年目以上• お弁当を作っているので、ほとんどが飲み物代やたばこ代になるので多めにしていないです。 30代後半・結婚11年目以上• 給料から生活費などを差し引いた額だから。 20代後半・結婚3年目• 旦那は役職の為、月に一回は必ず東京へ出張があり、ミーティングと言う名の飲み会に行くためにお小遣いを渡しています。 30代前半・結婚7年目• ランチはお弁当を持って行くし、仕事の後に飲み会もほとんどないので。 30代前半・結婚6年目• 営業職で昼食が外食になることが多いので。 40代前半・結婚10年目• 旦那さんが稼いだお金なので、私が縛る理由がないので。 20代後半・結婚2年目• 飲み会などが少ないのと、給料の10パーセントぐらいにしてるため 30代前半・結婚1年目• 必要経費を除いてお小遣いとして出せる金額がそれだけだったので。 夫婦で話し合って決めました。 30代前半・結婚3年目• 昼食くらいしかお金を使わないから。 30代前半・結婚2年目• 運送業で、コンビニにいく回数が多いため 30代前半・結婚11年目以上• あまりお金を使わないので 30代前半・結婚6年目• きっちりは決まってませんが、飲みにとかもそんなに行かないので、これくらいでいいようです。 40代前半・結婚10年目 【2位】10,000円~20,000円未満 22人• 自分でこれぐらいでいいといったのでその金額になりました。 30代前半・結婚1年目• お酒も煙草もしない人で、昼弁も食べないのでこれぐらいの値段にしました。 趣味のスポーツジムや衣服はこちらで買うので丁度よい値段かなと思っています。 40代前半・結婚9年目• お互い相談して家計にとって必要な金額を差し引き、自由にできる金額が上記の金額だったためです。 20代後半・結婚2年目• 会社での飲料代、タバコ代くらいなので。 20代後半・結婚3年目• 金額は本人の希望に沿って渡しています。 旦那はお昼はお弁当、夕食もほぼ毎日家で食べ、酒タバコもたしなまないので普段これといってお金を使う必要はありません。 自分で出すものは車のガソリン代と、数ヶ月に一度行く散髪代です。 残りはプールして、お祝いの席が設けられたときの食事代、欲しい家電などに使っています。 別に不満を言われたことがないので、現状のまま当分行くのだと思います。 50代後半・結婚11年目以上• 嗜好品 タバコ を吸うため 20代前半・結婚2年目• タバコを止めたお陰であまり使わなくなりました。 この金額内で飲み物を買ったり、我が家の猫のおもちゃを買うことに使っています。 40代後半・結婚11年目以上• 旦那が必要だと言われたときに補充しているため平均をとって上記の金額になったため 40代前半・結婚8年目• 飲み会もなく、殆ど遊びに行かないのでご飯代だけ渡している。 20代後半・結婚5年目• 薄給なのでもっとあげたいがこれが限界なので 30代前半・結婚2年目• もともと3万円お小遣いとして渡していたが、浮気・ギャンブルなどをしたので減額した結果1万5千円になりました。 30代前半・結婚9年目• 本人が申し出た金額 30代後半・結婚11年目以上• お昼ご飯はお弁当を詰めて持たせているし、さほど外食もしないからです。 20代後半・結婚1年目• 単に収入が少ないので。 60代前半・結婚11年目以上• 私のために使うばかりで、趣味などないため。 30代後半・結婚1年目• ほぼ昼のランチ代しか払ってないので少なめで。 20代前半・結婚1年目• お昼はお弁当で、基本的にお金を使わないタイプのため。 20代後半・結婚1年目• 経済的にあまり余裕がないので少なめです。 20代後半・結婚4年目• 我が家の家計は旦那がやりくりしています。 旦那が決めた額です。 30代後半・結婚5年目• 夫婦で共に二万ときめました。 20代後半・結婚4年目• 毎日お弁当と水筒を用意する為に 20代後半・結婚3年目• 特に趣味もなく旦那が決めた金額です。 30代後半・結婚8年目 【3位】30,000円~40,000円未満 19人• 月によって給料の額が違うので、給料の1割という事になっています。 あまり行きませんが、飲みに行くときはまた別に渡します。 お弁当代も別です。 40代前半・結婚11年目以上• 特にお金のかかる趣味もなく、社員食堂での昼食代と毎日の飲み物代程度しか出費がないので、これくらいの金額でよいと本人が言ったから。 30代後半・結婚11年目以上• 結婚した当初に小遣いの話になったときに最低でも3万円は欲しいと言われたので決まりました。 30代前半・結婚4年目• 昔からの友人との飲み会が多いので 60代前半・結婚11年目以上• 食費や飲み代は含まれていないので、話し合いの結果決めました。 50代前半・結婚11年目以上• 収入とのバランス、あと後輩を飲みに連れて行けるくらいの金額で設定。 30代前半・結婚8年目• お昼ご飯と飲み物代がいるからです。 30代後半・結婚2年目• 旦那さんの趣味は読書で購入する本は文庫本で3冊程度と金額は低いのですが、喫煙者の為タバコ代をお小遣いから出しています。 30代後半・結婚1年目• 煙草を含めてなので、妥当な金額かと思って。 40代前半・結婚11年目以上• 旦那は少ないと愚痴をこぼしていますが、結婚した当初からお小遣いは手取りの一割と決めていたからです 40代前半・結婚5年目• 夫婦で同じ金額をお小遣いにしているから 40代前半・結婚2年目• 大体の相場くらいなので 20代後半・結婚3年目• 土木系の仕事に就いているのですがなかなか経験年数も多くなり一緒に働いている人たちに休憩の際のジュースなどおごるため。 40代前半・結婚11年目以上• 飲み会が多いので少なめに渡しています。 足りなくなったらその都度渡します。 30代後半・結婚2年目• 一旦固定の金額でやってもらい、会社経費の立替、飲み会等でオーバーの際にはその都度申告してもらっています。 40代前半・結婚8年目• 旦那があまり欲しいものがなく昼食代くらいしか使わないので 20代後半・結婚3年目• あげすぎるとある分だけ使ってしまうので、1週間ごとに8,000円程度渡しているので、1か月で40,000円以下にしている。 30代前半・結婚7年目• 部下との飲み代で必要なので毎月3万円です。 20代後半・結婚1年目• 給料の1割をあげているから 40代前半・結婚11年目以上 【4位】0円~5,000円未満 9人• あまり遊びに行かないし、お金を持ったらすぐパチンコ使うから 20代前半・結婚2年目• 家が好きで、休日はほぼ家から出ない人なので、お金を使わないから 30代前半・結婚9年目• 本人は要らないと言っているので、5000円はジュース代として渡しています。 20代後半・結婚3年目• お小遣いというシステムは使っておらず、必要な時に申告してもらってお金を渡す感じです。 30代後半・結婚11年目以上• 主人は副業をしていて家計費からは出さなくてもいいと言ってくれるから。 30代後半・結婚8年目• 必要に応じて使っているため、特に決まっていません。 使う暇もないので少ないです。 30代後半・結婚10年目• 節約を覚えさせるため 20代後半・結婚1年目• 主人は外であまりお金を使わないため 20代後半・結婚2年目• 主人は趣味などには多くお金をつかわないので、欲しいときに渡す小遣いとしています。 40代前半・結婚8年目 【5位】40,000円~50,000円未満 9人• 単身赴任の生活費を含んでいるから 40代後半・結婚11年目以上• 営業で、昼食は外食になるため。 40代後半・結婚11年目以上• 昼休憩の時間が決まっておらず、外食することの方が多いため。 30代前半・結婚8年目• 家計は夫主導で、私は生活費だけをもらってます。 夫は収入から家計費を支払った残りを自由に使ってると思われます。 恐らく、これ位かと…. 50代前半・結婚11年目以上• 追加なしですべて賄ってもらうため。 30代前半・結婚7年目• ガソリン代、子供との交際費、医者代なども含まれているため 30代前半・結婚10年目• ほぼ毎日ランチは外食、週に1回以上は飲み会がある為、この額でも足りなくなり追加することも多々ある。 40代前半・結婚11年目以上• 外食も多く、趣味のゴルフにお金がかかるため。 40代前半・結婚11年目以上• 食事は家で食べる事が多く、お昼はお弁当を持って行きます。 会社の行事などの時は別途あげているし、ガソリン代なども別途渡しているのでこのくらいで大丈夫かと思っています。 40代前半・結婚11年目以上 【6位】5,000円~10,000円未満 7人• 3万くらいはあげていたが、旦那の借金が発覚してからは1万になりました。 30代前半・結婚5年目• あまり使っていないから 40代前半・結婚8年目• 特に使うこともなく、お昼もお弁当なので。 40代前半・結婚11年目以上• 趣味がドライブなので、かかるガソリン代はお小遣いとは別に交通費として計算しています。 30代前半・結婚4年目• 趣味がなく毎日キチンと帰ってくるので無駄遣いをしないのでこれぐらいで充分です 30代前半・結婚1年目• 普段ガソリン、タバコ、コーヒー代しか使わないから 30代後半・結婚11年目以上• 外食や飲みに行ったりあまりしないため 20代前半・結婚2年目 【7位】50,000円~60,000円未満 4人• 交通費、昼食費 40代前半・結婚11年目以上• 休みの日はひたすら、遠出してキャンプや温泉などの予定を詰め込むタイプなので 40代前半・結婚8年目• 必要な時に必要なだけ使っているので実際は幾ら使っているのかは分かりません。 お付き合いで恥をかかせてしまうのも嫌ですし無駄な事には使ってない事は分かっているので自分の稼ぎの範囲内であれば何も文句は言いません 40代後半・結婚11年目以上• とりあえずです。 足りない場合は理由によってその都度渡しています。 40代後半・結婚11年目以上 【8位】80,000円~90,000円未満 2人• お昼は必ず外食で、私との外食等もそこから出してもらうため。 20代前半・結婚1年目• お付き合いも多いので。 40代前半・結婚11年目以上 【8位】90,000円~100,000円未満 2人• 多趣味で休日は高速を使って出かけることが多い旦那なので多めに渡しています。 外食や交際・接待費など全て含めてお小遣いの中からやり繰りしてもらっています。 30代前半・結婚1年目• 昼食代と車の維持費を含めてです。 共働きです。 30代前半・結婚2年目 【9位】100,000円~150,000円未満 1人• 自営業で、駐車場代やガソリン代、またタバコやコーヒー代、また趣味の魚釣りやゴルフ代もここから出してもらうため、少し多めに渡しています。 40代前半・結婚11年目以上 【9位】150,000円~200,000円未満 1人• 通帳を私に渡さないので入った給料分が全部お小遣い。 全くふざけてると思う。 30代前半・結婚4年目 まとめ 今回は 100人の現役主婦に聞いた旦那様へのお小遣い額を理由と共にご紹介してきました。 皆様の旦那様のお小遣い比べてみていかがでしたでしょうか?お小遣い額を変更しようと考えている方は是非参考にしてみてくださいね!.

次の

旦那のお小遣いは給料の何割が平均?旦那は小遣いを何に使っているのか

旦那 の お 小遣い

結婚すると自由に使えるお金が減るのが一般的。 不自由と思わずにルールを決めてお小遣いライフをエンジョイしたい 世間のサラリーマンのお小遣いの平均はいくらなのでしょうか? 「2014年サラリーマンのお小遣い調査」(新生フィナンシャル調べ)によると、サラリーマンの平均お小遣い(昼食代を含む)は3万9572円、前年比1115円のアップで2年ぶりの上昇となりました。 とはいっても、このお小遣い金額は、1979年の調査開始以降、過去4番目に低い金額になっているんだとか。 まだまだサラリーマンの小遣い事情は低水準となっています。 40代50代 前年比アップ、20代ダウン。 世代格差が広がる 今回の注目点には、男性40歳代、50歳代のお小遣いが大きくアップしたこともあげられます。 40代の平均は4万1170円と前年の3万6924円より4246円アップ、50代は4万2110円と前年4万1331円より779円アップしています。 一方、20代は3万7865円と前年の3万8480円より615円ダウン、30代は3万7145円と前年の3万7093円より52円アップ。 20代は前年比減、30代は前年比ほぼ同じ、40代50代は前年比アップという結果に。 世代によってお小遣い事情が違っています。 前年比上昇、背景は昇給と40代以上 低水準ながらもお小遣いが増えた背景として一番に考えられるのが「昇給」です。 この調査では、「昇給あり」の回答が38. 6%と前年から微増しました。 また、お小遣いアップした人の中で昇給した人の割合は74. 3%とのこと。 昇給によりお小遣いアップとなった人も多くいるようです。 また、すでに説明した40代あたりの上昇が全体の平均金額を引き上げたとも考えられます。 未婚と既婚で9600円の差 男性サラリーマンのお小遣いの事情を詳しくみてみましょう。 未婚の平均は4万5256円ですが、既婚になると3万5659円という結果に。 あくまでも平均値ですが、男性は結婚をすると自由に使えるお金が9597円も減ることになります。 結婚後は、独身時代の金銭感覚を変えないといけませんね。 ただ、結婚後のお小遣いの範囲があいまいな夫婦も多いもの。 外食やレジャー費用などは、家計費とお小遣いのどちらから出すものかを夫婦で話し合って決めておきましょう。 子どもの有無で2600円の差 既婚でも子どもの有無でも、お小遣いの平均額は変わってきます。 既婚子どもありだと3万4963円、既婚子どもなしだと3万7617円という結果に。 子どもの有無で2654円の差となりました。 子どもができると育児費用がかかるので、パパのお小遣いも減ってしまうということですね。 ただ2013年の同調査では、子どもの有無での差は4000円ほどありました。 この差が減少しているのは、上にも述べたように、40代50代のお小遣いが増えたことにもよるでしょう。 20代30代の子どもが生まれた直後では、もっと大きな金額差が出ることが予想されます。 男の人の自由に使えるお金は、ライフステージが変わるごとに減っていきそうです。 このことを十分に認識して、少しずつ節約モードに移行していく必要がありそうです。 ではお小遣いの節約方法、気を付けておきたいポイントをご紹介します。

次の

【お小遣い制】令和婚の旦那が相場と内訳について解説【最新版】

旦那 の お 小遣い

夫のお小遣いについて。 月手取り20万だと相場いくらくらいでしょうか。 お昼代込みでお願いします。 アラフォーです。 会社の業績が落ち給料も下がる一方。 結婚当初は夫の希望金額で30000円でした。 でもここ数年まともに30000円で過ごしたことはなく今月は10日でお金が無くなったといいます。 お昼は私が作ってお弁当持たせましたが周りがみんな外食なので 食べづらいと食べずに帰ってくるので外食込みで30000円にしました。 勿論美容院や飲み会、欲しいものは全部別会計です。 友人はこの年代だともっと収入があるので恥ずかしくて聞けないので教えてください。 補足子供は四歳と妊娠中1人。 結婚当初より10万手取り下がっておりボーナスなし。 休みは月二回。 同期はリストラされ自分だけ安い賃金で残っております。 お小遣いの内訳は独身の後輩にお昼おごったり、コンビニでつまみやお菓子を毎日のように買ってきます。 私や子供はお菓子はほとんど食べないので 果物やゼリーなど お菓子は買っていません。

次の