採血 皮下血腫。 採血のお話|検査のお話|検査科|診療科等一覧|東京都立大塚病院

打撲跡にしこりが出来た!?血腫によるものです!内出血のその後…。

採血 皮下血腫

血液検査後の正しい手当て 検査のため静脈から採血することがあります。 腕の肘辺りの静脈に針を刺し、血液が必要なだけ採血管に溜まるまで待ち、その後針を抜きます。 針を抜くと同時に清潔な綿を針が刺さっていた場所に当て、「しっかり押さえてください」と言葉を添えます。 しかし、かなりの数の患者さんが採血部を押さえてくれません。 少なくない数の患者さんは綿をすぐ取り、針のあとから血がにじみ出ないことを確かめると、もう押さえようとしません。 針の跡から赤い血がにじんでくると何度か綿でチョンチョンと拭き、それ以上血がにじみ出さなければ手を離します。 繰り返し「押さえてください」と言ってもすぐに手を離すのです。 あるいは、採血部を揉む人もいます。 時には患者さんへの説明を変えて 「今、血管に針を刺して採血しました。 血管には穴があいています。 その血管の穴から血が漏れて皮膚の下に溜まるのを防ぐために、静脈の穴を押さえてください。 揉むと血が固まりにくくなるので、揉まないで押さえるだけにしてください。 」 と伝えることもあります。 こう説明すると圧迫することの必要性を理解いただいて、正しい処置をしていただけることが多いです。 5分間くらい押さえれば止血完了です。 皮膚の表面に血がにじまなくてもしっかり押さえてください。 翌日採血部が痛くなったり腫れたりするのは血管から漏れた血液が皮下にたまったためです。 こうなっても待てば皮下に出血した血は吸収され元通りになりますが、採血直後に圧迫止血すれば防げます。 血液が固まりにくくなる薬を飲んでいたりすると、もっと時間がかかるかもしれません。 また予防接種は静脈に入れませんので後の処置は異なります。 Copyright 2020 東皮膚科 All Rights Reserved.

次の

採血による内出血について.健診会東京メディカルクリニック,日曜診療,夜間診察

採血 皮下血腫

皮内注射• 皮下注射• 筋肉注射• 静脈内注射 これらの方法は、目的などに合わせて 適切な処置を行うことが大切になります。 それぞれの注射の方法を見ていきましょう。 皮内注射 皮内に注射を行う方法です。 ツベルクリン反応などで実施され、真皮に薬液を注入します。 皮下注射 皮下注射は皮膚と筋肉の間の皮下組織に薬液を注入する方法です。 インスリン注射や ワクチン、ホルモン注射などの種類があります。 筋肉注射 筋肉注射は筋肉内に注射を行う方法です。 静脈内注射よりも ゆっくり薬効発現を期待したい時などに選択されます。 静脈内注射 静脈内注射は、血管の静脈内に薬剤を注入する方法です。 緊急時の処置が必要な場合や、静脈内注射以外の方法では投与できない薬剤を使用する場合に選択されます。 注射の合併症 注射には4種類の方法がありますが、 合併症に注意して実施することが大切です。 注射で起こる合併症は、主に4つ挙げられます。 発赤、腫脹• 神経損傷• 血腫 これらの合併症と 予防のポイントを詳しく見ていきましょう。 硬結 硬結は注射部位が硬くなることですが、 原因は薬物アレルギーによる局所反応などが考えられます。 予防策としては、同じ部位に何度も刺入をせず、刺入部位を変えることです。 発赤、腫脹 注射部位に発赤や腫脹が見られる場合は、操作時の不注意や 薬物アレルギーの局所反応などが考えられます。 予防策としては、薬物アレルギー反応の有無を調べたり、清潔操作を必ず行うことです。 神経損傷 神経損傷は、注射針を刺入した時に神経を刺してしまうことにより起こります。 予防策としては、神経の走行を理解して太い神経の少ない場所を選択し、 適切な角度と深さに刺入することです。 血腫 静脈内注射の場合、血腫が見られることがあります。 これは、 血液が血管壁から周囲の組織に漏出することによって起こります。 特に高齢者や糖尿病などの疾患を持っている人に起こりやすいことがあります。 予防策としては、注射針の刺入時や抜去時に起こりやすいので注意しながら実施することです。 注射を実施する時のポイント 注射では様々な 合併症が起こることがあります。 一番注意が必要な合併症は、神経損傷であり、 刺入した時に痛みを訴えることが多いです。 針を刺入した時にすぐに薬剤を注入するのではなく、 痛みの有無を必ず確認してから実施するようにしましょう。 高齢者の患者さんへの注射では血腫になりやすく、見た目を気にされる人も多いです。 高齢者への注射は血管がもろく血腫になりやすいため、注意しながら行いましょう。 合併症を理解して実施前後の観察を行うことがポイントです! 注射の合併症を予防するために 注射による合併症は、神経損傷など 患者さんの苦痛につながるものが多いです。 一度苦痛を経験してしまうと注射に対して拒否をされることもあるため、苦痛は最小限に留められるよう注意しながら実施することが大切です。 また、神経損傷では謝って神経内に薬剤が注入されてしまうと 神経刺激を引き起こしてしまうため命にも関わります。 注射を実施する時は必ず合併症の有無を確認してから実施することが必要です。 注射についてもっと深く学びたい人におすすめの参考書 注射についてもっと詳しく学びたい人には、こちらの参考書がおすすめです! () 注射についてもっと深く学びたい人には、「はじめての注射と採血」の本がおすすめです。 臨床で使われる皮下注射や皮内注射、筋肉注射、採血が主な内容となっていますが、全部で62ページという薄さなので手軽に持ち運ぶことができます。 突然の注射指示に対しても、この本があればすぐに基本を確認することができます。 その他にも、注射・採血について学びたい看護師のために、おすすめの参考書をまとめていますので、是非こちらも確認してみてくださいね! 関連記事(PR含む).

次の

採血による内出血について.健診会東京メディカルクリニック,日曜診療,夜間診察

採血 皮下血腫

皮下血腫とは皮膚の下にできた血液の塊のことをいい、この血の塊は骨のように固くなることがあります。 そうなると運動をするときに痛みを感じることもあるので、適切な治療を受けなければいけません。 打撲によってできた皮下血腫は病院で治療を受ければ、短期間で問題を解決できることが多いです。 この問題は固まった血をとかして拡散すれば良くなるので、そのような治療を受ければしこりの問題をよくできます。 打撲によってできた皮下血腫は自然に良くなることもありますが、長期間ほとんど治らないこともあります。 ですから打撲のあとに治りづらいしこりがあるならば、病院に行って適切な治療を受けたほうが安全です。 スポンサーリンク 打撲をした時は初期の段階でうまく対応をしておくと、内出血などを抑えることができ怪我の治りを良くすることができます。 しかしうまく対応ができないと 大きな内出血が発生することがあり、そういう内出血は後でトラブルの原因になります。 打撲時の内出血はしばらくするとになって、皮膚の下のしこりとしてあらわれてきます。 このしこりの問題はなかなか治りづらいものなので、適切な治療を受けて対応をすることが重要です。 皮下血腫の治療でよく行われるのは患部を温めてマッサージをする方法で、そのような対応は効果が高いです。 このしこりの問題は血液が固まってしまったことが原因で起こりますから、その固まった問題を揉みほぐせば改善できます。 ただこういうことは素人には難しいところがあるので、適切な治療を受けるために病院に行ったほうがいいです。 病院ならばどのような皮下血腫なのか調べてくれますし、向いている治療方法についてもアドバイスをしてくれます。

次の