うつ伏せ練習。 【理学療法士に聞く】“うつぶせ遊び”が赤ちゃんの運動能力を高める!?| たまひよ

【理学療法士に聞く】“うつぶせ遊び”が赤ちゃんの運動能力を高める!?| たまひよ

うつ伏せ練習

新生児期が過ぎて、1か月健診でも 問題なく、 そろそろ 「うつ伏せの練習をしようかな?」 と、思っているママや、 健診でうつ伏せをさせるように アドバイスをもらって、 「赤ちゃんにうつ伏せをさせてみよう!」 と思ったママが、いざ赤ちゃんを うつ伏せにしたら・・・。 泣いて嫌がる! そんなことはありませんか? 乳児のまだ小さい身体で、泣いて 嫌がっている様子は胸を痛めるママも 多いようです。 「赤ちゃんが泣くから、うつ伏せは やめよう!」 と、思いたくなりますよね。 でも!ちょっとまって!! うつ伏せ練習では手の位置に ポイントがあるんです! それだけでは上手くいかない場合は、 裏技でタオルを使うやり方も。 そこで、 今日は実際私が試してみた方法を、 保育士・ママ目線から、• うつ伏せ練習での手の位置の ポイント• タオルを使ったうつ伏せ練習の やり方の裏技• ママの身体の上でのうつ伏せ 遊びのやり方 も、ご紹介したいと思いますよ。 赤ちゃんのハイハイは・・ 赤ちゃんの歯について・・• 赤ちゃんをうつ伏せにする。 脇をしめて、手の位置は 肩の下にくるようにママが 調節してあげる。 これで、大分赤ちゃんは身体を支え やすくなるはず。 これは我が子の画像。 このように脇をしめて、手の位置は 肩の下にしています! 肩から、肘までが一直線になる ような(大体でいいと思うんですが) イメージをすると分かりやすいですね。 手の位置は、赤ちゃんが自然に置いた 手の位置だと上手くいかないことも あるんです。 なので、 ママが 肩の下に手がくるように、 調節してあげるほうがおすすめ。 うつ伏せにしてみると、 しばらくは頑張っていた。 早い時期から、寝返りを しようとしていた。 こんな特徴のある赤ちゃんは、 この方法で、おそらくしっかり うつ伏せが出来ると思います。 私は、我が子で何回も試して、 その結果、この手の位置にたどり 着いたんですが、 この方法だと、何もしないときよりも 身体を支えやすいようです。 泣いて嫌がることも減りました。 普通に脇が開いている。 手の位置も無調整の状態。 で、うつぶせをさせると、わりと早く (うちは早いときは3秒くらいでした) 赤ちゃんがうつぶせに疲れて、 ベチャっと潰れる姿勢になってしまい ました。 なので、• 脇をしめる。 手の位置を肩の下に調節する。 この状態を意識して、うつ伏せの練習を することで、より身体の筋力もつき、 うつぶせで泣くことも、だんだん なくなりますよ。 【うつ伏せ練習のやり方】• 赤ちゃんの腕を前に出す。 脇の下から胸あたりに、タオルの 補助具を入れて、身体を支える。 この練習のやり方は、• 赤ちゃんの筋力不足を補助する。 無理なくうつ伏せ練習が出来る。 することが、できますよ。 バスタオルで作ると、赤ちゃんの よだれがついても、すぐに洗うことが できるので、清潔に保てます! 座布団、バランスボールを使ったうつ伏せ練習 次は、おうちにある座布団を使う方法。 これも 上の図の一番右を見ていただく 通りなんですが、• 座布団を半分に折り曲げて段差を 作る。 その上で、赤ちゃんをうつ伏せに する。 座布団だと傾斜もゆるやかなので、 調節しやすいです。 バランスボールを使う方法は、• 少し弾ませるようにしてあげる。 ママが乳児の手を支えて、前後に ボールをゆっくり動かす。 と、いった方法。 保育園で、全然うつ伏せをしない 子どもにやってみて、効果的だったので、 おうちにバランスボールがある場合は、 取り入れてみてください。 うつ伏せ練習の時間はどのくらい? うつ伏せ練習って、どのくらいの 時間すればいいんでしょうか? うつ伏せ練習は、絶対させなければ いけない時間は決まっていません。 どちらかというと、 いきなり長時間うつ伏せ練習をさせる よりは、• 一日に数回うつ伏せをする。 短い時間のうつ伏せを沢山させる。 ほうが、赤ちゃんにも負担になりにくい と思います。 ママも、そのほうが取り入れやすいです よね。 そして、 毎日繰り返して続けることが、大切! この、毎日の繰り返しということは、 赤ちゃんの発達には欠かせないんです。 これから先、赤ちゃんは色々なことが できるようになっていくわけですが、 それは、ほったらかしでは無理なものも あるんです。 なので、 この段階から赤ちゃんと、しっかり 向き合って、繰り返し続けることに ママが慣れておいたほうが、のちのちの 発達に困ることも少ないと思います。 赤ちゃんがうつ伏せで、しんどくなって くると、身体が支えきれずに泣きますが、 ママが・・ 「がんばれー!」 「上手上手」 など、声をかけてあげると、赤ちゃん にもママの気持ちが伝わりますよ。 あと、 授乳直後は、うつ伏せは避けましょう。 お腹が圧迫されてしまいます。

次の

【赤ちゃんのうつ伏せの練習】始める時期と練習方法から、気を付ける点まで!

うつ伏せ練習

赤ちゃんはうつぶせになると、頭を持ち上げようとしたり手を伸ばしたりしようとして、背筋や肩や首の周囲の筋力を使います。 そのため、運動面での発達が自然と促されます。 背筋がしっかりしてくると、ハイハイもしやすくなりますよ。 欧米では、うつぶせ・腹ばいの練習の時間をタミータイム(Tummy Time)といい、赤ちゃんの成長を促すために新生児のころから推奨されているようです。 赤ちゃんは成長にしたがって自然に筋力がつくため、うつぶせの練習は特に必要ではありません。 しかし赤ちゃんとの遊びの中に、取り入れてみても良いでしょう。 ただし、「うつぶせ」と「うつぶせ寝」は違います。 「うつぶせ寝」はSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクがあるため、やってはいけません。 ここでお話するのは、「うつぶせの姿勢」になることです。 うつぶせの姿勢のおかげで首すわりや寝返りが早かった! 息子はうつぶせが大好きで、生後2ヶ月頃からうつぶせにさせていました。 意識して練習していたわけではありませんが、息子が喜んでいたのでうつぶせにさせていた時間は長かった気がします。 その効果なのか、首がすわるのも、寝返りをするのも早かったほうです。 ただ、寝返りができるようになってからは、うつぶせ寝もするようになったので、いつもドキドキしていました。 1歳を過ぎた今でも、どちらかというとうつぶせや横向きで寝ていることが多いので、うつぶせが好きな子なのだと思います。 「練習させなきゃ!」という気持ちではなく、気軽な気持ちでうつぶせの姿勢を取り入れてみると、心配し過ぎないですむかもしれませんね。 赤ちゃんをうつぶせの姿勢にすることは、筋力が早くから鍛えられて自分の身体を支える訓練ができ、小さいうちからの体力作りにつながります。 しかし、あえてうつぶせの姿勢を練習しなくても、成長とともに赤ちゃんは自然と首がすわり、寝返りやハイハイができるようになります。 無理にうつぶせの練習をしなければいけないわけではありません。 赤ちゃんの遊びの中に、上手にうつぶせを取り入れることが理想です。 最初は赤ちゃんの頭が上がらないため、名前を呼んであげたり、ガラガラで音を出してあげたりして、赤ちゃんが首を持ち上げるサポートをしてあげましょう。 うつぶせになっている時間が、赤ちゃんにとってもママやパパにとっても楽しい時間になると良いですね。

次の

赤ちゃんの首すわりに効果あり!うつ伏せの練習のやり方紹介

うつ伏せ練習

赤ちゃんのうつ伏せの練習はいつから始める? 赤ちゃんの打つ伏せの練習は生後何か月の時点から始めるか?に関しては、さまざまな考えがあります。 中には、新生児から始めても良いという考えもあります。 個人的な経験では、生後3か月児定期健診でうつ伏せの練習をすすめられました。 出産した産婦人科では、生後すぐから始めても良いと言われました。 本当に色々な考え方があります。 基本的な考えとしては、成長や赤ちゃんの反応には個人差があるため、様子を見て、少しずつで良いと思います。 生後1か月くらいから、大人が必ずそばで見ながらうつ伏せの練習をすることで、背筋がしっかりしてきます。 いくらうつ伏せの練習が子どもも成長にとって良いことが多いとはいっても、無理はせずにマイペースで進めることを意識しましょう。 大人が焦って赤ちゃんに無理をさせないようにしてください。 あくまでも、機嫌の良い時間帯に少しずつ始めてください。 うつ伏せの練習方法と注意点 2. はじめてうつ伏せの練習をする時の注意点 最初は数秒単位から始めて 生後すぐの赤ちゃんの筋肉や体はまだまだ未発達で、とても繊細です。 うつ伏せの練習は最初は数秒単位から始めてください。 そのまま寝かせてしまったり、ほんの少しの時間でも目を離したりすることは絶対にやめてください。 機嫌の良い時間に始め、慣れてきたら少しずつ時間を延ばしてみてください。 いつも仰向けに寝ている赤ちゃんにとって、うつ伏せの世界はまったく違う世界なので、いつもとは違う反応を見ることができるかもしれません。 赤ちゃんの近くに物を置かないで 赤ちゃんは自分で首の向きを横向きにしたり、腕で自分を支えたりすることができません。 そのため、赤ちゃんの近くに物を置かないように気を付けてください。 また、 練習をする際の下の敷物は柔らかい布やクッションを使うことはやめてください。 窒息してしまう恐れがあります。 当然ですが、忘れがち。 必ず大人が付き添って 赤ちゃんの不注意に関する事故は思わぬところから起きます。 必ず大人が付き添い、赤ちゃんの手を持つなどをして付き添ってください。 実際にやってきたうつ伏せの練習方法 うつ伏せの練習と一言に言っても、段階があります。 順番に説明しますので、最初は親御さんが抱っこした状態から始めてあげてください。 赤ちゃんが仰向けに寝ている状態から始めるのは、慣れてきてからで大丈夫です。 赤ちゃんを抱っこした状態から始める 抱っこしている大人がゆっくりと仰向けになり、そのままの姿勢で赤ちゃんをずらしてあげてください。 赤ちゃんが仰向けに寝ている状態から始める 大人が赤ちゃんの首と肩を手で支え、もう片方の手でお腹を支えながらうつぶせにしてあげてください。 このとき、赤ちゃんの体をひねらないようにゆっくりと慎重にしてください。 初めてのときはあなたもドキドキされるかと思いますが、ベビーバスで新生児の赤ちゃんの背中を洗うときの状態を思い出しつつやってみてください。 赤ちゃんの顔が下向きにならないように気を付けて 赤ちゃんはまだ自分で首の向きを自由に動かすことができないため、うつ伏せにすると自然と顔が下向きになってしまいます。 もちろん自分ひとりで首の向きを直したりすることはできないことの方が多いです。 そのため、大人が首を横向きに修正してあげてください。 最初は寝ているだけの赤ちゃんも、少しずつ頭を持ち上げようとしたり、広がる新しい世界に足をばたつかせて喜んだりといろいろな反応を見ることができます。 楽しめるようになってきたらおもちゃも使って うつ伏せの練習を赤ちゃんが楽しみ、ほんの少し頭を持ち上げられるようになってきたら、普段使っているおもちゃなどを手元や頭の近くに持って行ってあげましょう。 手を伸ばそうとするので、それも運動につながります。 音の鳴る布製のおもちゃや、鏡のついているおもちゃはとくにおすすめです。 仰向けに戻すときも慎重に 打つ伏せから仰向けに戻すときは、赤ちゃんの股の間から入れた手でお腹全体を支え、片方の手で頭と頸椎をしっかりと支えて戻してあげてください。 このときも、赤ちゃんの体をひねらないように慎重にしてください。 うつ伏せの練習から期待できる成長とは 首まわりの筋肉が鍛えられる 最初はうつ伏せになることに驚く赤ちゃんも、慣れてくると首を持ち上げようと頑張ります。 その結果、首まわりの筋肉が発達し、首座りが早くなると考えられていまが、うつ伏せの練習をしなくても成長と共に首座りの時期は来ますので、無理は禁物です。 肩や背中の筋肉が鍛えられる 赤ちゃんはうつ伏せになることで、頭を持ち上げたり、手足を伸ばしたりするので、肩や背中の筋肉も鍛えられます。 首座りや寝返りのきっかけになる 首まわり・肩・背中の筋肉が鍛えられることで、首すわりが早くなるとされています。 おのずと寝返りも早くなると言われてます。 仰向けで寝るよりも、うつ伏せで寝るほうが色々なところの筋肉を遣おうとするからですね。 【気を付けてほしい】うつ伏せとうつ伏せ寝のちがい うつ伏せの練習をすることで、赤ちゃんが窒息しないか気にされる方もおられると思います。 大人がうつ伏せの練習をしているときはそばで見守り、短時間できちんと赤ちゃんを仰向けの状態に戻してあげているなら問題ありません。 うつ伏せにしたまま寝かせていると、窒息してしまう危険性があります。 とはいえ、赤ちゃんは寝返りができるようになると、今度はうつ伏せの状態を好んで仰向けで寝ないようになります。 そのまま、ずりばいやハイハイへの成長へと繋がっていきます。 寝返りができるようになったら、周囲に小さい物を置かないようにしたり、柔らかいクッション類を置かないようにしたりして、安全な環境づくりをしましょう。 うつ伏せの練習は必ずしないといけないの? 赤ちゃんのうつ伏せの練習は必ずしないといけないわけではありません。 他の子どもが練習をしているからというだけの理由で無理に自分の子どもにもやらせる必要はありません。 もちろん練習することで、首座りや寝返りの成長をサポートし、運動にもなるので、メリットはたくさんあります。 しかし、生後3か月未満の首がしっかりと座っていない時期の赤ちゃんは、うつ伏せにされるだけで泣いてしまうこともあります。 日々の赤ちゃんとの遊びの一つとして、気が向いたら取り入れるくらいの軽い気持ちで取り組んでください。 子どもの成長をみながら自分の焦りのためではなく、子どもの為にやるように意識したいものです。 まとめ 赤ちゃんのうつ伏せの練習や時期について触れましたが、いかがでしたか? 最初はあなたも赤ちゃんもためらいながらのため、オロオロすることもあると思いますが、慣れてくるとけっこう楽しいです。 触れ合いのひとつとして、ぜひ続けてみてください。 夜泣き、赤ちゃんの体重の変化、母乳の量が足りているのか…など気になることはいっぱいあるかと思います。 そうこうしているうちに、5~6か月頃になると離乳食が始まり、最初の頃は用意するのが本当に大変なのでまた気になることが増えます。 気になることと同じくらい成長するのもあっという間で、ハイハイをし始めたなと思ったらつかまり立ちをし、歩くようになります。 愛おしい赤ちゃんの時間は本当にあっという間です。 毎日毎日を大切に、そして適当な気持ちも大切に、歩いてください。

次の