三井 住友 カード 20 キャッシュ バック。 【まとめ】年会費永年無料&20%キャッシュバック・三井住友カードが次世代型に全面刷新│スマイラーズナビ

「三井住友カード」20%還元キャンペーンが知りたい!注意点は?【~2019年12月27日】

三井 住友 カード 20 キャッシュ バック

これらのスマホ決済事業者の還元キャンペーンが幾分小ぶりなものとなるいっぽう、新たに「20%還元」のキャンペーンに乗り出すクレジットカード会社や銀行が出てきています。 この背景にありそうなのが、10月1日からスタートした国による「キャッシュレス決済でのポイント還元」。 この施策によって、これまでにないほど注目が集まっているキャッシュレス決済で主導権を握りたい、という各社の思わくが透けて見えます。 クレジットカード会社や銀行も1万円以上の還元を受けられるキャンペーンに乗り出してきた 多くの人が特典を受けやすい3つの条件をクリア もちろん、クレジットカード会社はこれまでにもさまざまなキャンペーンを実施してきました。 それらの中には高額の還元を受けられるキャンペーンもありましたが、クリアするためのハードルが高かったり、特典を受けられる人を抽選で決めたりすることが一般的でした。 今回紹介する3つのキャンペーンがこれまでと違うのは、以下の条件をすべて満たしており、多くの人が還元を受けやすいものになっている点です。 (1)利用額の20%、最大1万円以上のキャッシュバック(還元)が受けられる (2)抽選ではなく、条件をクリアすれば、原則誰でも特典を受けられる (3)キャンペーン期間が長期にわたり、今から(2019年10月12日)の申し込みでも参加可能 「大盤振る舞い」とも言えるキャンペーンなので、参加できるものがないか、ぜひ検討してみてください。 (本記事内の価格表記は基本的に税別です) 【1】三井住友カード:新規入会者を対象に利用額の20%・最大12,000円還元 まずは、1980年に日本で初めてVisaブランドのクレジットカードを発行した三井住友カードからです。 三井住友カードは新規入会者を対象に、利用金額の20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。 還元の上限額は12,000円、対象期間中60,000円分までの利用が対象になります。 新規入会後、会員向けアプリにログインで条件クリア 特典を受けるには、以下の3つの条件をクリアすればOK。 ネットショッピングも対象 このキャンペーンのメリットは、対象となる決済が幅広い点にあります。 三井住友カードは「Visa」か「Mastercard」の国際ブランドを選べますが、両者の加盟店は多数あります。 リアル店舗はもちろん、ネットショッピングでの利用でも還元の対象になります。 還元の上限額について、家族カードは合算して計算される点は留意を 対象カードを複数発行した場合(「Visa」と「Mastercard」など2種類の国際ブランドで発行するケースなど)、それぞれのカードでキャンペーンへの参加は可能です。 ただし、家族カードは単独では参加できません。 たとえば、家族カードを発行した場合、本会員のカードと家族カードでそれぞれ12,000円の上限額が設定されるのではなく、両カード合計で上限12,000円となります。 キャッシュバックは、利用月の2か月後の月末までに、カード利用代金から相殺される形で行われます(該当月にカード利用がなければ、該当金額が登録口座に振り込まれます)。 三井住友カードのキャンペーンはアプリにログイン後、カードをショッピング利用すれば還元対象になる 対象カードは、法人カードや提携カードなどを除いた以下のとおりです。 年会費は1,250円で、基本のポイント還元率は0. 手頃な年会費でありながら、最高2000万円の海外旅行保険が付帯されています(保険適用には、旅行代金などをカードで支払うことが条件)。 また、25歳以下限定の「三井住友VISAデビュープラスカード」(年会費1,250円)は基本のポイント還元率が2倍の1%に、さらに入会後3か月間は5倍になります。 空港ラウンジの利用など、充実したサービスを求めるなら、年会費10,000円の「三井住友VISAゴールドカード」も選択肢に入ってくるでしょう。 参考: 【2】JCB:対象のカードをひも付けたスマホ決済で、20%・最大10,000円還元 日本を代表するカード会社のひとつ、JCBも20%キャッシュバックのキャンペーンを実施中です。 こちらは、クレジットカードの利用ではなく、対象のカードをひも付けたスマホ決済(「Google Pay」か「Apple Pay」)を利用することで還元の対象になります。 還元の上限額は10,000円、対象期間の2019年8月16日〜12月15日、50,000円分までの利用が対象になります。 2020年3月上旬に、カード利用代金から相殺される形でキャッシュバックされます(デビットカードは4月上旬、プリペイドカードは3月下旬の予定)。 キャンペーンに参加登録し、「Google Pay」か「Apple Pay」の利用が条件 特典を受けるには、以下のステップを踏む必要があります。 (1)対象となるJCBカードを用意(持っていない人は新規入会) (2)スマホの「Google Pay」か「Apple Pay」に対象のJCBカードを登録 (3)JCB公式サイトからキャンペーンに参加登録する (4)「Apple Pay」または「Google Pay」を、JCB発行の電子マネー「QUICPay(クイックペイ)」の加盟店で利用する 「Google Pay」や「Apple Pay」を利用したことがない方は、(2)の手続きで尻込みしてしまうかもしれませんが、意外と簡単。 筆者も今回、自分のスマホの「Google Pay」に登録してみましたが、必要なのは下記の1〜3の手続きで、2、3分程度で完了しました。 詳しくは、JCB公式サイト 「Google Pay」、「Apple Pay」とは 「Google Pay」はAndroid端末で使えるスマホ決済サービス。 スマホを店頭のリーダーにかざすだけで電子マネーによる支払いができます。 対応する「QUICPay」「Suica」「nanaco」「楽天Edy」「waon」「iD」6種類の電子マネーを介して精算します。 「QUICPay」はJCBが提供する後払い型の電子マネーで、「QUICPay」利用分は登録したクレジットカードからの支払いになります。 「Apple Pay」はiPhoneを使ったスマホ決済のサービス。 基本的な使い方などは「Google Pay」と同様で、「QUICPay」「Suica」「iD」に対応。 JCBのキャンペーンでは、「Google Pay」か「Apple Pay」でのスマホ決済の利用が対象になる 既存ユーザーもOK。 家族カードも対象になるのは大きな利点 今回のJCBのキャンペーンには、以下のメリットがあります。 ひとつ目は新規入会者だけではなく、既存ユーザーも対象とする点。 すでに対象のJCBカードを持っており、「Google Pay」か「Apple Pay」に登録していた場合も、上記(3)のJCB公式サイトからキャンペーンに参加登録すれば、20%還元を受けることができます。 2つ目は、持っているカードごとにキャンペーンに参加できる点。 たとえば、本会員カードと家族カードについて、それぞれ参加登録すれば、合計最大20,000円の還元を受けられます。 あるいは、ひとりで対象カードを3枚持っていてそれぞれのカードを登録すれば、合計最大30,000円の還元を受けられます。 大手コンビニなど全国に92万か所。 「QUICPay」加盟店での利用が対象 また、このキャンペーンは全国92万か所ある「QUICPay(クイックペイ)」加盟店での利用が対象になります。 大手コンビニ3社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)や大手スーパー(イオン、イトーヨーカドーなど)、大手外食チェーン(ガスト、吉野家など)も加盟店になっており、幅広い店舗での利用が可能です。 利用の際はレジのスタッフに、「QUICPay」で支払うことを伝え、リーダーにスマホをかざせば決済完了となります。 「Google Pay」や「Apple Pay」はあくまで仲介役ですので、支払いの際は「Google Pay払いで」などと言うのではなく、使いたい電子マネーを伝えましょう(今回の場合は「QUICPay」)。 オンラインショップなどのオンライン決済はキャッシュバックの対象にはなりません。 「QUICPay」は大手のコンビニや外食チェーンなど、さまざまな店舗で利用できる 要注意! JCBのロゴが付いているカードすべてが対象ではない 上記で説明したように、多くの人が参加しやすいキャンペーンですが、気をつけたいのは対象カードについてです。 JCBは「Visa」「Mastercard」などと同様、国際ブランドを展開しており、多くのカード会社にJCBのブランドを提供しているいっぽう、自社でもカードを発行しています。 つまり、券面にJCBのロゴがあるカードは以下の2種類存在することになります。 (A)JCBが国際ブランドを提供し、別の企業が発行するカード (B)JCB本体およびフランチャイズを受けた全国の銀行の「JCBグループ」が発行するカード 今回対象となるのは、(B)のカードのみになります。 券面にJCBのロゴが付いているカードすべてが対象となるわけではない点は注意しましょう(たとえば、JCBのロゴが付いていても、楽天カードやオリコなどのカードは対象外です)。 対象カードの詳細については、下記のキャンペーン公式サイトでよく確認しましょう。 参考: 39歳以下限定で申し込める「JCB CARD W」は還元率2倍 今回キャンペーンの対象となるカードの中で、最もスタンダードな1枚は、年会費1,250円の「JCB一般カード」です。 基本の還元率は0. 5%で、最高3,000万円の海外旅行保険が利用付帯されています。 39歳以下限定で申し込める「JCB CARD W」は基本の還元率が2倍の1%。 年会費も無料なので、年齢的に申し込み可能なら検討の価値は大いにあるでしょう。 【3】みずほ銀行:バーチャルのデビットカード利用で、20%・最大10,000円還元 メガバンクの一角、みずほ銀行も20%還元のキャンペーンを実施しています。 還元の上限額は10,000円、対象期間である2019年8月29日〜12月15日、50,000円分までの利用が対象になります。 みずほ銀行のキャンペーンは、バーチャルのデビットカード利用で還元される こちらも、既存ユーザーの利用も対象 こちらは、同行のスマホ決済アプリ「みずほWallet」の機能のひとつである「Smart Debit」利用で還元されます。 「Smart Debit」は、みずほ銀行の口座に直結するバーチャルのデビットカードで、「みずほWallet」から申し込むと即時発行されます。 「Smart Debit」は「QUICPay」加盟店で利用可能です。 「Smart Debit」を新規発行したユーザーはもちろん、既存ユーザーもキャンペーンに参加登録すれば還元対象になります。 特典金額は、2020年3月下旬に登録口座にキャッシュバックされる予定です。 みずほ銀行の口座保有が前提 キャンペーン参加にあたっては、前提として、みずほ銀行の口座を持っていることが条件になります。 キャンペーン参加のステップは以下のとおりです。 (1)「みずほWallet」のアプリをダウンロード (2)アプリから「Smart Debit」に登録 (3)「みずほWallet」から、キャンペーンに参加登録 「Smart Debit」はデビットカードなので、利用するとみずほ銀行の口座から即時引き落としされます。 口座残高を確認しつつ、決済に利用できるメリットがあります。 また、使いすぎなどの心配から、クレジットカードの利用に抵抗がある人に向いたキャンペーンと言えそうです。 参考HP: まとめ:アプリにログイン、エントリーを忘れずに 以上、今からでも申し込み可能で、条件をクリアすれば「利用金額の20%、最大10,000円以上の還元」が受けられる3つのキャンペーンを紹介してきました。 下記にキャンペーンの概要について表でまとめました。 条件をクリアすれば、重複して各キャンペーンに参加することも可能です。 三井住友カードのキャンペーンはクレジットカード払いを対象としており、数多くの支払いに使える点がメリットになります。 JCBは1枚あたりの上限は10,000円ですが、複数のカードで参加登録できるため、使い方によってはより高額の還元を受けられます。 みずほ銀行は、デビット払いの利用を対象としているのが特徴になります。 キャッシュバックを受けるにあたっていくつか注意点があります。 今回の3つのキャンペーンはいずれも、アプリにログイン、あるいは専用ページからエントリーする必要があります。 ログインやエントリーをせずに、対象のカードやスマホ決済を利用しても還元は受けられません。 また、キャッシュバックを受けるのはいずれも数か月先となりますが、それまでに退会やサービスをやめた場合、対象外となるので注意が必要です。 また、それぞれのキャンペーンごとに対象外となる利用法があるので、公式サイトでよく確認しておきましょう。 キャッシュバックに加えて、国の「ポイント還元」も受けられる 冒頭で触れたとおり、10月1日からの消費税アップにともなって、国の「キャッシュレス決済でのポイント還元」も始まりました。 今回取り上げた3つの企業は、この事業の決済事業者として登録されており、対象の中小店舗などで決済すれば、今回紹介した特典(キャッシュバック)とは別に最大5%の還元を受けられます。 今回の増税による、各家庭の負担増は1か月平均で約4,000円とされています。 増税による負担を軽減するひとつの方法として、これらのキャッシュレス決済の活用も検討してみてはいかがでしょうか。 ご利用上の注意• 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の

三井住友クレジットカード新20%キャッシュバックキャンペーン解説!対象カードは年会費無料、ポイントサイト案件あり、auPAYキャンペーン併用可能!!

三井 住友 カード 20 キャッシュ バック

タグ キャッシュレス d払い 楽天ペイ 楽天カード LINEPay 割り勘 メルペイ スマホ決済 メルカリ 電子マネー 楽天Edy コンビニ PayPay 節約 イトーヨーカドー 投資 ポイント 楽天 オリコカード dカード iD イオンカード WAON 7Pay ネットスーパー 美容費 格安スマホ UQmobile ゆうちょPay ドラッグストア エポスカード au 格安SIM 楽天モバイル mineo LINEモバイル OCNモバイルONE イオンモバイル Y! mobile ワイモバイル iphone6s iPhone7 データ容量 iPhone8 ファミゼロ学割 学割 家族割 自動車保険 ダイレクト型 ソニー損保 事故対応 自賠責保険 保険料 車両保険 見積もり 補償 等級制度 3等級ダウン事故 1等級ダウン事故 ノーカウント事故 年齢条件 範囲条件 本人限定 家族限定 年間走行距離 月払い 年払い インターネット割引 アクサダイレクト 割引 新車割引 解約 乗り換え 特約 医療保険 妊娠 診断書 終身保険 定期保険 女性疾病 生命保険 死亡保障 ASV割引 学資保険 自転車保険 東急ハンズ スマホ決済サービス エディオン 楽天キャッシュ ローソン ウエルシア ケーズデンキ ココカラファイン ファミマ ファミリーマート 楽天ぺイ イオン 公共料金 PayB 保険 電力自由化 上島珈琲店 ケンタッキー Ponta マクドナルド セブンイレブン イケア コンビ二 マツキヨ LINEPayカード サンドラッグ ミニストップ 家電量販店 映画館 ムビチケ ファミレス ガスト オートバックス エネオス ガソリンスタンド ウォンツ スギ薬局 すき家 牛丼 スタバ スシロー 回転寿司 ビックエコー カラオケ クレジットカード 大江戸温泉物語 ゴールドカード インビテーション たまるマーケット Amazon 延滞 JCB イオンシネマ 映画 何歳 学生 優待 モンテローザ サンシャイン水族館 よみうりランド 遊園地 nanaco チャージ TOHOシネマズ スパラクーア ユナイテッドシネマ ノジマ くら寿司 サイゼリヤ カフェ タリーズコーヒー トモズ モスバーガー ドトールコーヒー ツルハドラッグ レディ薬局 ミスド なか卯 ヤマダ電機 ユニクロ ヨドバシカメラ 吉野家 西友 Vドラッグ ニトリ ビックカメラ ソフマップ 牛角 TSUTAYA 阪急百貨店 阪神百貨店 百貨店 スーパー 平和堂 ミスターマックス 無印良品 GU ジョーシン 丸善ジュンク堂書店 大丸 ブックオフ 松屋 北海道 ATM 青森県 福島県 セイムス 茨城県 埼玉県 岐阜県 静岡県 愛知県 滋賀県 マツモトキヨシ ゆうちょペイ 京都 大阪府 兵庫県 神戸 山口県 福岡県 博多 佐賀県 Tカード Tポイント ウエル活 ドラッグユタカ クスリのアオキ ウェルネス くすりの福太郎 楽天市場 コクミンドラッグ ひまわり 育児 時短 ミルク 明治ほほえみらくらくキューブ ゲンキー ドラッグ新生堂 エポスゴールドカード 選べるポイントアップショップ NHK放送受信料 キリン堂 薬王堂 無料 ハッピードラッグ サツドラ ジャパン ドラッグイレブン ベスト電器 大賀薬局 マツヤデンキ コジマ キャンペーン イオンカードセレクト キャッシュバック FamiPay ファミペイ 料金プラン 即日発行 LINEポイント dポイント ETCカード ときめきポイントTOWN ときめきポイント WAONポイント ダイエー グルメシティ 携帯料金 マックスバリュ 電気代 水道代 マルナカ 未成年 即時発行 イオンウォレット ガス代 キャッシング 審査 限度額 主婦 JCB CARD W VIASOカード セゾンカードインターナショナル スターバックスカード 比較 出光カードまいどプラス 楽天24 日用品 三井住友VISAデビュープラスカード メリット デメリット 三井住友カード 高還元率 人気 まとめ おすすめ 入会特典 ポイント還元率 OkiDokiポイント QUICPay ガソリン代 初めて JALマイル 少額決済 ANAマイル リクルートカード セブンカード・プラス 三井住友VISAクラシックカード dカード シェルPontaカード ENEOSカード キャッシュレス還元事業 JCBカード 髙島屋 ポイント10倍 ドミノピザ タダチャン オリックスレンタカー 年会費無料 AOKI 洋服の青山 初月無料 シェア MNP 【三井住友カード キャッシュレスプラン】 期間:2019年6月1日~終了日未定 対象:以下の条件すべてを満たした本会員• 期間中に、 クレジットカードに新規入会• カードご入会月 の 2ヵ月後末までに、Vpassアプリへログイ ン• カードご入会月の 2ヵ月後末までに、クレジットカードまたはiDでお買物利用 特典:ご利用金額の20%(最大8,000円)プレゼント 三井住友カードの20%キャッシュバックの 終了日は未 定です。 期間限定で上限金額が12,000円に! 三井住友カードのキャッシュレスプランは終了日未定のキャンペーンですが、 2019年12月27日までの期間限定で、 キャッシュバック上限金額が4,000円上乗せの最大12,000円となっています。 対象カード一覧• 三井住友VISAデビュープラスカード• 三井住友VISAアミティエカード• 三井住友VISAアミティエカード(学生)• エブリプラス• 三井住友VISAエグゼクティブカード• 三井住友VISAプライムゴールドカード• 三井住友VISAゴールドカード• 三井住友VISA SMBC CARD クラシック• 三井住友VISA SMBC CARD プライムゴールド• 三井住友VISA SMBC CARD ゴールド• 三井住友VISAプラチナカード 全部で 13種類のカードが対象となります。 Vpassにはパソコンやスマートフォンからのログインも可能ですが、 キャッシュバックの対象とはならないので注意が必要です。 ただし、キャッシュバック金額は本会員と合計で最大12,000円までとなるので注意しましょう。 カード利用月の2か月後末までに、キャッシュバック金額を贈呈 キャッシュバックされた金額は、WEB明細書、または、利用代金明細書で確認しましょう。 【まとめ】三井住友カードで20%キャッシュバック!新規入会のチャンス! 今回は、三井住友カードが開催している20%キャッシュバックのキャンペーンについてご紹介しました。 最大12,000円のキャッシュバックが受けられるチャンスです。 三井住友カードは発行しているクレジットカードの種類が豊富で 自分にぴったりの1枚を見つけることができるでしょう。 新しくカードを発行して、最大12,000円のキャッシュバックを狙ってみませんか。 25歳以下の方なら、デビュープラスカードがおすすめ 還元率1%で、 マクドナルドやコンビニでポイント還元率3% の三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳~25歳の方のみ発行できるカードです。 【公式サイト:三井住友VISA】 【詳しくは以下の記事で】.

次の

「三井住友カード」20%還元キャンペーンが知りたい!注意点は?【~2019年12月27日】

三井 住友 カード 20 キャッシュ バック

もくじ : タップで該当箇所にジャンプ• 受け取れるキャッシュバックは12,000円まで。 お得すぎますね。 2019年12月27日までに、三井住友カードに申し込みます。 クレジットカードのブランドは VISAかマスター。 対象となるカードは次の12種類です。 三井住友デビュープラスカード• 三井住友クラシックカード• 三井住友クラシックカードA• 三井住友VISAアミティエカード• エブリプラス• 三井住友VISAエグゼクティブカード• 三井住友VISAプライムゴールドカード• 三井住友VISAゴールドカード• 三井住友VISA SMBC CARD クラシック• 三井住友VISA SMBC CARD プライムゴールド• 三井住友VISA SMBC CARD ゴールド• 三井住友VISAプラチナカード おすすめカード3選• (18〜25歳)• (26歳以上)• (ゴールドカード) 18歳から25歳なら「三井住友デビュープラスカード」 「三井住友デビュープラスカード」は25歳以下限定のカード。 学生でも申し込めます。 初年度は 年会費無料。 年に1回以上使えば、2年目以降も年会費が無料になるんです。 初年度で解約してもペナルティーなどはありません。 キャッシュバック目的なら、キャンペーン終了後に解約すれば一切費用は発生しませんよ。 26歳以上なら「三井住友クラシックカードA」 「三井住友クラシックカードA」は、三井住友カードの中でも一般的なカード。 初年度は 年会費無料。 2年目以降は年会費が1,500円(税抜)。 マイ・ペイすリボ(リボ払い)の登録・年に1回以上の利用で、 2年目以降も年会費が無料になります。 初年度で解約してもペナルティーなどはありません。 キャッシュバック目的なら、キャンペーン終了後に解約すれば一切費用は発生しませんよ。 ゴールドカードが欲しいなら「三井住友ゴールドカード」 「三井住友ゴールドカード」なら空港でのラウンジ利用など、様々な特典が受けられます。 初年度は 年会費無料。 2年目以降は年会費が10,000円。 マイ・ペイすリボ(リボ払い)の登録・年に1回以上の利用などで、年会費は最大40,000(税抜)に抑えられます。 初年度で解約してもペナルティーなどはありません。 キャッシュバック目的なら、キャンペーン終了後に解約すれば一切費用は発生しませんよ。 キャシュバックの注意点 つづいて、注意点について解説します。 キャッシュバックの条件は12,000円 キャッシュバックの金額は 12,000円が上限です。 つまり、対象となるの買い物は60,000円まで。 期限の確認 キャッシュバックをもらうにはカードを申し込み、Vpassアプリログインとカード利用が必須。 カードの申し込みは2019年の12月27日まで。 カードの利用、Vpassアプリログイン期限は下記となります。 年末年始は買い物する機会が多いので、6万円なんてすぐに使います。 この機会を逃すのは損ですよ。

次の