高 解像度 降水 ナウ キャスト。 GPV気象予報、SCW、高解像度降水ナウキャストの使い方!1週間以上先の天気や雨の様子も予想できる!

ナウキャストとは

高 解像度 降水 ナウ キャスト

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の

高解像度降水ナウキャスト|リスク管理Navi [用語集]

高 解像度 降水 ナウ キャスト

気象庁が降水、竜巻発生確度、雷活動度の分布について、1時間先までの予測を発表する気象予報システム。 ナウキャストは、英語の現在nowと、予報forecastを組み合わせた造語である。 短時間予報ともいう。 気象庁では、250メートルか1キロメートル(竜巻発生確度については10キロメートル)四方の格子に区分けしたエリアの予測を、5分あるいは10分ごとに配信している。 1日3回発表される一般的ななどとは異なり、狭い地域ごとに詳細な気象予報を短い間隔で得られるため、日常生活で当座の行動の参考となる予報を得られる。 また、大雨のときには、防災対策や避難行動をとるために有効な情報を得ることが可能である。 予測情報は国際気象通報式にのっとったデータ形式や画像データとして配信されており、気象庁のホームページや民間事業者のコンテンツサービスなどを利用して見ることができる。 気象庁は、2004年(平成16)からレーダー観測結果をアメダスなどの雨量計データをもとに補正し、降水の強さとその分布を予測して提供する降水ナウキャストの運用を開始した。 続いて、2010年から竜巻などの激しい突風の発生確度に関する竜巻発生確度ナウキャストと、雷の激しさや発生可能性に関する雷ナウキャストの提供を始めた。 さらに、2014年からは、局地的な大雨の観測精度を向上させるため、気象ドップラーレーダーの観測値に加え、気象庁と国土交通省、地方自治体が保有する全国の雨量計のデータ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデによる高層観測データ、国土交通省のXバンドMPレーダー(XRAIN)などを活用した高解像度降水ナウキャストを運用している。 提供される予想値や解析値は以下の通り。 1 降水ナウキャスト 1キロメートル格子による、10分ごとの降水量と5分ごとの降水強度の予想値。 2 高解像度降水ナウキャスト 250メートルから1キロメートル格子による、5分ごとの降水量と降水強度の解析値と予想値。 3 雷ナウキャスト 1キロメートル格子による10分ごとの雷活動度。 4 竜巻発生確度ナウキャスト 10キロメートル格子による10分ごとの竜巻発生確度。 5 画像データ 250メートルから1キロメートル格子による5分ごとの、高解像度降水ナウキャスト、雷ナウキャスト、竜巻発生確度ナウキャストの画像データ。 なお、高解像度降水ナウキャストとして提供される250メートルの解像度の予測は、30分後までであり、これ以降の1時間後までは、同じアルゴリズムで予測された1キロメートルの解像度で提供される。 [編集部].

次の

気象庁|高解像度降水ナウキャスト

高 解像度 降水 ナウ キャスト

気象庁が降水、竜巻発生確度、雷活動度の分布について、1時間先までの予測を発表する気象予報システム。 ナウキャストは、英語の現在nowと、予報forecastを組み合わせた造語である。 短時間予報ともいう。 気象庁では、250メートルか1キロメートル(竜巻発生確度については10キロメートル)四方の格子に区分けしたエリアの予測を、5分あるいは10分ごとに配信している。 1日3回発表される一般的ななどとは異なり、狭い地域ごとに詳細な気象予報を短い間隔で得られるため、日常生活で当座の行動の参考となる予報を得られる。 また、大雨のときには、防災対策や避難行動をとるために有効な情報を得ることが可能である。 予測情報は国際気象通報式にのっとったデータ形式や画像データとして配信されており、気象庁のホームページや民間事業者のコンテンツサービスなどを利用して見ることができる。 気象庁は、2004年(平成16)からレーダー観測結果をアメダスなどの雨量計データをもとに補正し、降水の強さとその分布を予測して提供する降水ナウキャストの運用を開始した。 続いて、2010年から竜巻などの激しい突風の発生確度に関する竜巻発生確度ナウキャストと、雷の激しさや発生可能性に関する雷ナウキャストの提供を始めた。 さらに、2014年からは、局地的な大雨の観測精度を向上させるため、気象ドップラーレーダーの観測値に加え、気象庁と国土交通省、地方自治体が保有する全国の雨量計のデータ、ウィンドプロファイラやラジオゾンデによる高層観測データ、国土交通省のXバンドMPレーダー(XRAIN)などを活用した高解像度降水ナウキャストを運用している。 提供される予想値や解析値は以下の通り。 1 降水ナウキャスト 1キロメートル格子による、10分ごとの降水量と5分ごとの降水強度の予想値。 2 高解像度降水ナウキャスト 250メートルから1キロメートル格子による、5分ごとの降水量と降水強度の解析値と予想値。 3 雷ナウキャスト 1キロメートル格子による10分ごとの雷活動度。 4 竜巻発生確度ナウキャスト 10キロメートル格子による10分ごとの竜巻発生確度。 5 画像データ 250メートルから1キロメートル格子による5分ごとの、高解像度降水ナウキャスト、雷ナウキャスト、竜巻発生確度ナウキャストの画像データ。 なお、高解像度降水ナウキャストとして提供される250メートルの解像度の予測は、30分後までであり、これ以降の1時間後までは、同じアルゴリズムで予測された1キロメートルの解像度で提供される。 [編集部].

次の