芳澤 すみれ コープ。 【レビュー】ペルソナ5 ザ・ロイヤル(P5R)をネタバレや考察をガッツリ交えてレビューをする! | 冴えたスマホアプリの始め方

【P5R】芳澤かすみのコープ(信念)解禁条件・ランクアップ選択肢・アビリティまとめ!│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

芳澤 すみれ コープ

信念:芳澤かすみ コープ発生事態は5月と早めなのだが、5が最大と他キャラよりも低い。 撃破後イベントにて、コープが変化し、芳澤すみれのコープになり、信念コープが継続できるようになりランク上限10に。 ・コープランク10 コープアビリティ:超覚醒 所持ペルソナが進化し、神話上のトリックスターとして誕生する。 サンドリヨンからヴァナディースに進化 極・呪怨見切り:即死を除く呪怨属性に対する回避率が大幅に上昇。 見切りとの効果累積なし 合体解禁:マリア• 284• 413• 813• 141• 133• 978• 120• 208• 819• 128• 1382• 253• 179• 102• 115• 102• 180• 104• 1375• 189• 155• 109• 162• 170• 120• 1345• 271• 218• 193• 138• 137• 110• 128•

次の

【ペルソナ5R】芳澤かすみや冴は恋人にできる?【ネタバレ】

芳澤 すみれ コープ

2019年10月31日に発売予定のペルソナ5完全版こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』に追加キャラとして登場する新ヒロイン・ 芳澤かすみについてまとめました! 彼女が 他のペルソナ5ヒロインズに対抗できるかどうかを検証します! 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』概要 出典 : Amazon. jp ペルソナシリーズはアトラスが展開しているRPGシリーズで、同会社の人気シリーズ『女神転生』から派生したタイトルです。 1996年に第1作『女神異聞録ペルソナ』、1999~2000年に『ペルソナ2 罪』および『ペルソナ2 罰』を発売。 心の奥底に秘めた別の人格を呼び起こすことで発動する特殊能力「ペルソナ」によって異形の敵と戦うジュブナイルRPGで、人の心の闇をテーマにしたドラマティックなストーリーを主軸に、恋愛や友情といった若者ならではの要素も加え、従来の女神転生シリーズとは違ったファン層を獲得することに成功しました。 それからしばらくリリースは滞っていましたが、2006年にそれまでのゲームデザインを一新し、明るくポップな世界観で描いた『ペルソナ3』をリリース。 好評を博していた従来の設定・システムに加え、主人公とその仲間たちとが親密になるにつれ戦闘面でも恩恵が得られるなど、キャラクターをより前面に出したRPGとして生まれ変わり、次回作の『ペルソナ4』共々爆発的なヒットを記録しました。 シリーズ第5弾として2016年9月15日に発売された『ペルソナ5』は、無実の罪で前歴持ちとなった主人公が謎の生き物「モルガナ」と出会いペルソナに目覚め、周囲の大人の心に根付いた異形の存在「シャドウ」を倒すことで改心させていく「心の怪盗団」を結成し、仲間たちと協力し世間の悪人たちを心変わりさせていく物語です。 本作も全世界で270万本の出荷本数を記録するなど3、4に続き大ヒットを記録し、2018~2019年にはテレビアニメ化も果たしています。 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は、そのペルソナ5に様々な新要素を盛り込んだ完全版として2019年10月31日に発売されるPlayStation4用ゲームソフト。 オリジナル版にはなかった三学期のストーリーや 新エリア「吉祥寺」、ベルベットルームの双子看守・ カロリーヌ&ジュスティーヌとのイベントなどが追加されています。 そして目玉となる追加要素は、 新キャラクターの登場です。 コープキャラとしてスクールカウンセラーの 丸喜拓人(まるき たくと)が新たに追加されます。 更にもう1人、大本命といえる追加キャラとして、 芳澤かすみ(よしざわ かすみ)が登場。 彼女はペルソナを覚醒させるパーティメンバーの1人で、主人公と交流を深める ヒロイン候補でもあります。 芳澤かすみは正統派後輩ヒロイン 出典 : Amazon. jp 新たなヒロインとしてペルソナファンから熱い注目を集めている芳澤かすみは、ペルソナシリーズでは珍しい 正統派後輩ヒロインです。 元々ペルソナシリーズは主人公より年下のキャラが少なく、特に3以降はメインキャラクターは 同級生か年上が大半。 年下は、3の天田乾(あまだ けん)、4の巽完二(たつみ かんじ)、久慈川りせ(くじかわ りせ)、白鐘直斗(しろがね なおと)、5の佐倉双葉(さくら ふたば)のみです。 この内女性キャラは、りせ、直斗、双葉の3人ですが、直斗は男装をしており、双葉は不登校なので学校でのイベントはなく、 正統派の後輩ヒロインはりせくらいしかいませんでした。 かすみは、そんな 年下好き・後輩好きに厳しいペルソナシリーズに新風を巻き起こすキャラとして大きな期待を寄せられています。 主人公の1年後輩で、 新体操選手として優秀な成績を収めているスポーツ少女。 しかも 美少女との評判で、実際かなり可愛い容姿です。 外見は、ウェーブがかった赤髪と、その髪を真っ赤なリボンで結ったポニーテールが印象的です。 ペルソナのキャラでは珍しく、規定通りの制服を着用しています。 スポーツ少女らしく性格は快活で、後輩らしく丁寧語で接するため朗らかな印象を受けます。 紹介動画では明らかに 常人の域を越えた量の食事をしており、早々に大食いキャラの仲間入りを果たしました。 怪盗として活動する際には、体操選手らしく 黒のレオタードを着用。 全身をほぼ黒で統一しつつ、手袋は髪の色に合わせ真っ赤な物をセレクトしているようです。 ペルソナ5のヒロイン勢は弱い? 出典 : Amazon. jp 芳澤かすみが『ザ・ロイヤル』の発売前から大きな注目を浴び、 大型新人的な扱われ方をしているのは、彼女のビジュアルと性格が ペルソナファンから大いに受け入れられているのが主な理由と思われます。 ただ、もう1つの理由として、 「ペルソナ5はメインの女性キャラがあまり人気がない」という身も蓋もない点も指摘しなければならないでしょう。 株式会社イードが運営するゲーム情報メディア「インサイド」で実施された 「『ペルソナ5』であなたが一番好きな主要キャラは?」というアンケートでは、 1位が主人公で、2位も男性キャラの明智吾郎(あけち ごろう)。 女性陣は彼らの後塵を拝しています。 また、『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』の企画として行われた 「PQ2でパーティに入れたいペルソナ3・4・5キャラクター人気投票」でも、やはり 主人公と明智がヒロイン勢よりも上でした。 そういった事情もあって、かすみへの期待は高く、彼女が人気面で他ヒロインを凌駕する可能性はかなり高いと言えるのです。 ペルソナ3では女主人公が人気者に 出典 : Amazon. jp 幾らメインキャラの女性陣が弱いからといって、 追加キャラであるかすみがそう簡単に人気No. 1の座を獲得できるものなのか……という疑念はあります。 通常、大ヒットしたゲームはオリジナル版に思い入れが深いユーザーが多く、オリジナルメンバーの空気感を新キャラが壊してしまうのを危惧されるもの。 完全版やリメイクなどで追加キャラを投入するゲームは多数ありますが、その追加キャラが既存のキャラ以上に人気を獲得するケースは滅多にありません。 しかし、ペルソナシリーズはその稀有なケースの一例が既にあります。 ペルソナ3のPSP移植版 『ペルソナ3 ポータブル(P3P)』で新たに追加された 女性主人公です。 元々ペルソナ3は 男性主人公のみでしたが、このP3Pでは男性主人公と女性主人公の内どちらかを選ぶことができます。 主人上が男性か女性かで仲間の接し方も当然変わるため、既にオリジナル版をプレイした人でも新鮮に楽しむことができるなど、この新要素は 大好評となりました。 その好印象に加え、ビジュアル面でも高い評価を得たことで、 女性主人公は絶大な人気を獲得。 公式で彼女の名前が 「主人公子(あまと きみこ)」と名付けられていることから、ユーザーからは親しみを込めて 「ハム子」と呼ばれるようになり、一番人気の男性主人公と同等の人気者となりました。 一方、完全版『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』で追加された新キャラのマリーは、決して不人気ではないものの、既存キャラを上回るには至っていない印象です。 ペルソナ4は人気キャラが多いため、層の厚さに阻まれた格好ですね。 そういう意味でも、ヒロイン勢が弱めのペルソナ5では、かすみが不動の人気キャラとなる可能性が十分にあると思われます。 余談ですが、 かすみのビジュアルがハム子に少し似ていることも、ユーザーの間では話題になっているようです。 それがプラスに働くのか、マイナスに働くのかは……神のみぞ知る、でしょうか。

次の

【ペルソナ5R】芳澤かすみや冴は恋人にできる?【ネタバレ】

芳澤 すみれ コープ

また、心を盗た。 言うまでもなく、THE ROYALのことだ。 発売日が決定してすぐにを取得し、万全ので臨み、5が終わる直前にした。 できたのは八十稲羽のの力による所が大きかった あにも、あにも素晴らったので、2周目にする前に、作中の「怪盗」のように、を立ち上げ、「僕らの光」を何度も流しながら、でを書き散らしている のをだけは知っていたが、なぞしないは、の秋、8年ぶりに同の最新が出るという素晴らしいがあっとすら露知らず、どうしてもやりった二人の白皇の為に、を購入して(らも言うまでもないほどのの大傑作だ)し、が歌う、付のシーンで涙を流していた。 それ以外やりたいも無く、当時で暇を持て余していたは、近場のに行き、見つけたのを手に取っていた。 それがとの、ひいてはのだった。 そのにあにハマってったせいで、を500ほどした。 そして3で命の答えにたどり着き、4ザ・で霧を晴らしを見つけ出した。 それでも飽き足らず(と2はまだやっていないにではあるが)を見てを見て、で闘い、を踊った。 はと(というもう一との)とという「」にあるの3要素がにしていて、とすら思えるほどの没入感を与えることにしている。 での目の前に座っている杏、竜司とともに食べたの、真と共に闘った、と共に食べた、春と飲んだ…一緒に眠ったナ…「痛み」を共有した仲間たちとの楽しくどこかくすぐったいような日々だけではない。 な、どこにでもいそうなの主たちまで、確する。 そして、を終えたあと、は確怪盗団であっと、しこのには怪盗団がいないということを実感せずにられない。 のは、になってった鴨志田、真加入の前半は的なであり、中盤は、の期待に煽られていき、「許せないこと」があり、それを貫いていく、という怪盗団のがブレはじめ、とを味わう。 終盤はそののを切り口として、人々ののどこにでもありふれている閉塞との中で、それでもにはしていく・立ち向かっていくとがあり、(しているが)それらを自らしていくエンド。 「のを集めて作られた」ナが「には、を変える力がある。 今はそれをほんの少し忘れてっているだけ」というであらわされるように、作中には「と」がありふれている。 その最たるとして、はののとして、に出頭し、に入ってうことになるわけだが、「痛み」を共有した仲間たちがのをする。 の答えが、そしてのであった「真なる更生」が果たされる。 彼らの「」はわれわれのにもされ、ありふれたと閉塞ので、「ほんの少し」忘れていたとを思い出す。 さて、 THE ROYALでは、そんな「と」のであった、今回の「ROYAL」な3学期では、異なるで「と」のが繰り広げられることになる パーフェクトであったに、当然のように追加される新しいたち。 言うまでもなく、芳澤と丸喜のことだ。 になってうが、二人にはがある、「大切な人」を失ったという「痛み」を持っている点だ。 丸喜はを、芳澤は、姉であった「芳澤」と「芳澤」。 丸喜はであったのが殺されたショックで、がになる。 芳澤は、を獲ると共に誓った姉を、自らの不注意でに遭わせてい、失う。 丸喜は「を救いたい」という「願い」をもって、をさせ、を救った代償に、は丸喜のことを忘れる。 は「になりたい」という「願い」を持ち、それを丸喜がを「」させることで、はを「」として生きていく。 その代償にはを失う。 3学期に解禁されるにおいて、芳澤は「」のように凛々としたではなく、いつも姉のを追けている内気なとして描かれる。 の影自ら脱却しので歩み始める。 ので、下していた髪を再度括るシーンは、の持っていた強い目が、の中に宿っていた。 の強さと脆さ、そしてや丸喜にすがってう点は「怪盗団」のにはない、どこかチックなの向き合い方で大変好みだっただけに、もう少し長く仲間として使いったというもある。 話しを怪盗団に戻そう。 怪盗団がにも願っていた願いが叶えられた。 「な」の中にいる怪盗団は、たちが「にいない」ということにすら気が付かない。 彼らがにも願っていた願いが変えられた。 ナはになり、竜司はを続け、杏はと共に過ごす。 真や春には父がいて、には母もいる。 はとして、凛々とそこにいる。 ただ、だけは違うかのように描かれる。 が、ではない。 彼は同じようにここがではないと気がついていた、そしてを見つけていた芳澤と協力して、元のへ戻ろうとを始める。 をしたのち、戦力を増たまず、は一人一人一味を説得していくわけだが、改めての的なの強さには驚嘆する。 彼は問ける「これで本当にか?」自ら痛みを乗り越え、選ばなければがなかったんじゃないのか? 仲間たちは気がつく。 竜司のでいうなら「が正しいと思っらなのかも」 その瞬間、は打ち砕かれる。 丸喜は「みんながに暮らす」を作りだすことによって全てを救おうとする。 そのことに気がついた時、怪盗団は今まで考えていなかった、改心することの是非を問われる。 という問いにぶつかる。 し!目を覚ました怪盗団の答えは。 「」よりも「と」を尊ぶのだ。 例え、そのがなでなかったとしても。 丸喜は叫ぶ「僕は君たちも救いたいんだ」そして、しているというが「がもう一度闘いたい」という願いに丸喜が応えとによって生ただということを明す。 そして、は自らののことを知りながらも、に、自らの「」を貫くよう勧める。 らしい、突き放すような言い方で。 その時、私はそうか、と少し嬉しくと思う。 にも、きちんと願いがあり、後悔があったのかと。 あにもなを持っているので忘れていた。 私ははじめてが真なるで「我々の」になったような実感を得た。 そこ先はもう言うまでもなく、「歪んだ」と「まっすぐな」との対決。 怪盗団に改心することの是非やなどではない。 を気にしてるようでは怪盗団なんかやってならだ。 確今回の丸喜は根っのではないし、どこかをとさせるようなのだと思う。 それでも、怪盗団にとっては、の力でまだ見ぬを切り開いていくになるは。 バトルで、はを外し、丸喜とにもな殴り合いを行う。 少し狙いすぎるきらいはあるが、その青臭さと眩しさを再度できただけでも、THE ROYALは最高のであったと私は言える。 ビにおいて、丸喜はとしてを駅まで載せていくシーンがあり「になって失敗しても、もう一度やり直せる。 それが僕のかな」(大意)丸喜も見事にをつかむことが出来たのだと思い、うれしくなる。 の際にが現れないのも、怪盗団のがやけにあっさりしている所も、自らの「」によって、だけの道を歩みはじめとのだろう。 ので、「前を向いて歩けよ」という声がする。 前を向くと、強い目をした「」がいる。 「それでは」というだけを交わして、二人はすれ違っていく。 前を向いて進む、だが、二人は同じ方向を向いていない。 なんと素晴らしい別れ方だろうか。 と、怪盗団と、もう一いたいと思にいられない。 もう一度、ありふれた閉塞と、を切り開くために。 そして別れをする為に。 その為に何度もTHE ROYALを周回し、そのたびに、の心の中に怪盗団があることをするだろう。 にには、最高の女芳澤のの参戦を、大変期待している。

次の