なかしま しほ ツイッター。 なかしましほ

とてもくわしいシフォンケーキのレシピ

なかしま しほ ツイッター

旬の素材を使った毎日の料理や、時季ならではのおいしい食べ方をつぶやくツイッターアカウント、「きょうの140字ごはん」()を運営する文筆家の寿木(すずき)けいさん。 使いたいと思う食材や道具、そしてだれかへの贈り物は、四季に導かれるものだそう。 寿木さんから季節のあいさつに代えて、読者の皆さんへ「今日はこれを手に取ってみませんか?」とお誘いします。 新型コロナウイルスの影響で、家にいる時間が増えた人も多いと思います。 今回は寿木さんに、そんな在宅中の料理をワクワクさせてくれる、すてきな本について教えてもらいました。 今回ご紹介する3冊 今だからこそ手に取りたい、個性豊かな3冊 レシピや料理に関する本は、おそらくたくさんもっているほうだと思う。 どれも大切な本だけれど、そのなかでも、人生に何度とないタイミングに改めて出合い直すような、特別な本というものがある。 在宅勤務を始めて3週間たった今、手に取る頻度の高い3冊を紹介する。 『みんなのおやつ ちいさなレシピを33』なかしましほ 6~7年前まで、私には甘いものを手づくりする習慣がなかった。 産休に入って家で過ごす時間が増えたことをきっかけに買ったのが、なかしましほさんのこのレシピ本だ。 を何度か目にしていて、どこか懐かしくて端正なおやつの姿と簡潔なレシピに「私でもつくれるかもしれない」と思ったのが、この本を選んだきっかけだった。 写真・松原博子さんとスタイリング・岡尾美代子さんのコンビによる、てらいのないチャーミングな写真も魅力だ。 最初につくったのはビスコッティ。 初めてにしては上できで、会社にももっていきコーヒーと一緒に食べて休憩したりしていた。 甘いものが運んできてくれる時間の豊かさに気がついたのは、この本のおかげ。 それ以降、プリンやクラッカー、ゆべし、ガトーショコラ、マフィン、スイートポテトなど、たくさんのレシピに挑戦してきた。 ずっと家にいる子どもと一緒に、バナナを毎日観察して熟成させてから焼いたバナナブレッド。 それぞれの食べたい大きさにカット。 一読してつくり方が頭に入る。 そして、どこに手をかけ、どこなら少し手を抜いてもかまわないのか、非常にメリハリがきいたレシピであることがすばらしい。 今では「今日は甘いものつくろうかな」と言うと、子どもが「どれにする?」と目を輝かせながらこの本を本棚から持ってくる。 今までは時間のある週末だけつくっていただけれど、今は週に2~3回は朝ごはんの支度のついでにつくって、午後3時のおやつに食べている。 いつ開いても、すぐつくれて、そしていつまでも古くならないおやつばかり。 食のトレンドが目まぐるしく変わる時代において、愛すべき本だと思う。 『酒肴ごよみ365日』カワウソ 萬田康文と大沼ショージ 東京・駒形にアトリエ兼事務所を構え写真家として活躍するふたりが、365日つくり続けた酒の肴を撮影した、写真集のようなレシピ本。 1日1ページでボリュームたっぷり、370ページ超えの分厚い一冊だ。 なんてことない日々の肴がとても艶っぽくて、この本をきっかけに、私の本『いつものごはんは、きほんの10品あればいい』でも撮影をお願いした。 家で仕事をしていると、通勤時間というものが消滅する。 18時にパソコンの電源を落とせば、18時からお酒を飲みはじめてかまわないのだ。 台所をうろうろして、さて今日はなにをつくろうかなと算段しながら、この本をめくるのが日課になっている。 曜日感覚や季節感をなくしがちな自粛生活で、旬を感じることは精神の栄養になる。 よそさまの酒と肴さえも食前酒代わりにして、機嫌よく食事の支度にとりかかることができるのが酒飲みというもの。 本のレシピをそのままつくることもあるし、レシピがヒントになり、別の肴を思いついたりする。 本との対話も楽しいのだ。 4月15日のページで紹介されていた、レタスの湯引きをつくってみた。 丸々としたレタスが冷蔵庫で申し訳なさそうにしていたので、これはつくらにゃいかんなと。 白ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウ、パルミジャーノで味つけ。 『壇流クッキング』/壇 一雄 ずっと家にこもっていると、食材とがっぷり四つに組む硬派な料理をつくってみたいという気持ちが湧いてくる。 手に取ったのは、世界を見て歩いた作家・壇 一雄のあまりに有名な料理エッセイ。 たくさんのふせんがついていることに自分でも驚いた。 いつかつくろうと思っていたのだけれど、時間も手間もかかるレシピが多く、しばらく遠ざかっていたのだった。 昭和44年~46年までサンケイ新聞で連載された全94話が一冊に。 9歳のときに母親が出奔し、世間体と未練から女中を雇おうとしなかった父親に代わって、一雄少年は料理をはじめた。 小さな妹たちのためにも、栄養のあるものを、経済的に手早く、かつおいしくつくるにはどうしたらいいかをずっと考えて手を動かし続けてきた少年は、成長して作家になった。 そして昭和44年からサンケイ新聞紙上に書きはじめたが、このエッセイだ。 週に一度、レシピとそれにまつわる様々な思い出を1600字で書いている。 登場するのは、大量の臓物や骨つき肉から、秋田のきりたんぽ、異国のスパイス、暑い国の辛い料理まで、熱量たっぷりのグルメ。 それを令和の核家族の食卓には合わないと斬り捨てるのは早合点で、読みはじめると止まらない。 その理由は、隣りのおにいさんが語るような優しい口調と、繊細な神経でもって編み込まれた、料理の本質を突く実践的なハウツーにある。 本のなかから、エビの揚げ物をつくってみた。 泡立てた卵白に片栗粉を加え、それを衣にエビを揚げる。 カリッと軽やかな歯ごたえで、飽きずにいくらでも食べられる。 実用的なだけでなく、共感も至るところにある。 初めて片栗粉でとろみをつけた日の感激や、きんぴらごぼうへの郷愁、パリでオニオン・スープを食べた日の弾むような気持ち。 一雄青年のいくつもの小さな感動が、読む側の心にも染み入ってくる。 「じつは買い出しが一番好き」という告白に、私も! と手を挙げる人も多いはずだ。 膨大な経験と知識、そして健全な食欲に裏打ちされた、なんていい本だろう。 端午の節句には、檀流のちまきをつくろうと決めている。 「おいしいものを伝えたい」という気持ちに、昭和も令和もない。 売れっ子作家が昭和40年代に真正面から説いた、日々の食事は自分の手でつくるべきであるという人生観は、今こそ胸に響く。 【寿木けい(すずきけい)】 富山県出身。 文筆家、家庭料理人。 著書に『』(小学館刊)など。 最新刊は、初めての書き下ろし随筆集『』(CCCメディアハウス刊)。 趣味は読書。 好物はカキとマティーニ。 ツイッター:きょうの140字ごはん() ウェブサイト:.

次の

なかしましほさんのヨーグルトチーズケーキ、香り良いコーヒーと、ニーナ・シモンと。【読書記録】西加奈子『サラバ!』と、ニーナ・シモン。褐色の質量。

なかしま しほ ツイッター

【なかしましほTwitterレシピ】50音順 コーヒーゼリー コーヒーゼリー 1. ドリップバッグ(10g)をセットし、熱湯80mlを蒸らしながらぽたぽたゆっくり注ぐ。 しっかり混ぜてゼラチンを溶かす。 冷蔵庫で冷やし固め、アイスクリームを添える。 鍋に材料を入れ強火にかけ、沸騰したら弱火で15分煮つめる。 さつまいも小1本 250g)は皮をむいて一口大に切り、牛乳をひたひたに加えて柔らかくゆで、潰す。 残りの卵黄をぬりオーブントースターで焼き色をつける。 ボウルにAを入れ、湯を加え箸でほぐす。 油も加え、触れる熱さか確認して1分こねる。 ラップして15分おく。 生地を3等分して付きな具を包む。 強火で15分蒸す。 — なかしましほ nakashimarecipe 豆漿(トウジャン) リクエストいただいたので。 毎朝食べてる豆漿(トウジャン)レシピです。 好みで香菜やごま、万能ねぎなどトッピングしてもおいしいです。 — なかしましほ nakashimarecipe 豆花 豆花 粉ゼラチン 大1+水 大1をふやかす。 A 豆乳 300ml 絹ごし豆腐 100g(フープロorざるで漉してなめらかに) きび砂糖 大さじ1 鍋にAを入れ火にかけ、鍋肌がふつふつする直前に火を止め、ゼラチンを入れ溶かす。 粉を振り1cm厚さに伸ばして一口大に切り、170度の油できつね色になるまで揚げる。 砂糖ときなこをまぶす。 — なかしましほ nakashimarecipe バターカステラ バターカステラ 材料(18cm丸型) 卵(大)3個 砂糖、薄力粉 各90g A(湯煎して混ぜる) バター 30g、蜂蜜、ヨーグルト各大1 卵と砂糖を人肌まで湯煎し、リボン状に跡が残るまでハンドミキサーで泡立てる。 粉を3回に分けて加えツヤが出るまで混ぜ、Aをさっと混ぜる。 油、ちぎったバナナの順に加えて混ぜ、Aも加えさっと混ぜる。 170度のオーブンで40分焼く。 — なかしましほ nakashimarecipe バナナマフィン バナナマフィン A 卵1個+砂糖50g 生クリーム100g バナナ1本(約100g)*1cm角に切る B 薄力粉120g+BP小1 …… Aを1分間泡立て、生クリームを加えてよく混ぜる。 Bをふるって粉気がなくなるまでさっと混ぜ、バナナをへらでさっと混ぜる。 5倍になるまで置く 軽く混ぜて5分置き、お玉1杯ずつ弱めの中火で両面焼く(4枚分) — なかしましほ nakashimarecipe ビスケット ビスケット A 薄力粉120g、BP小1、砂糖 大1. ラップに牛乳にくぐらせたビスケットを置き、クリームをのせサンドする。 繰り返して横に寝かせる。 溶き卵1個+油をたらりと入れ、へらで粉気がなくなるなるまで混ぜる。 粗く砕いた板チョコ1枚、ナッツ80gを混ぜる。 なまこ形にして180度のオーブンで15分焼き、10分ほど冷まして1cm幅に切る。 切り口を上に150度で30分焼く。 Bを加えへらでまとまるまで混ぜ、暖かい場所で45分発酵させる。 6等分してCを包み、多めの油でヘラで押しつけながら両面弱火で焼く。 — なかしましほ nakashimarecipe ホットケーキ 3時のホットケーキ A 薄力粉 140g BP 小さじ1. 5 塩 ひとつまみ B 卵 1個 砂糖 大5 油 大1 生クリーム 50ml 牛乳 80ml Aを泡立て器でぐるぐる混ぜる。 Bをぐるぐる混ぜ、Aに加え、粉気がなくなるまで混ぜる。 弱火で両面じっくり焼く(4枚分) — なかしましほ nakashimarecipe プリン おおきなプリン 🍮15cm丸型 A グラニュー糖大3+水 小2 B 卵2個、卵黄2個、砂糖大3 牛乳 350ml … Aを中火にかけ時々ゆすり、茶色く焦げたら火を止め、型に流して粗熱をとる。 Bを泡立て器ですり混ぜ、ふつふつするまで温めた牛乳を混ぜ、型に濾し入れる。 天板に湯を張り160度のオーブンで30分焼く — なかしましほ nakashimarecipe プリン ふつうのプリン 1. 砂糖大さじ1. 5+水小さじ1を中火にかける。 時々ゆすり、茶色く焦げたら火を止め、湯大さじ1をそっと加える。 器に3等分する。 卵1個+卵黄1個+砂糖大さじ2を混ぜる。 牛乳1カップをふつふつするまで温めて混ぜ、器に濾し入れる。 160度のオーブンで天板に湯を張り30分焼く。 — なかしましほ nakashimarecipe 抹茶ババロア 抹茶ババロア ゼラチン大1+水 大2(ふやかす) A 生クリーム 100ml B 抹茶 大1. 5+砂糖 大5、牛乳250ml Aを柔らかめに泡立て冷やす。 Bを混ぜて鍋に濾し、中火にかけて鍋肌が沸々したら火を止め、ゼラチンを溶かす。 ボウルに移し氷水にあてトロみがつく迄混ぜる。 Aを順に加え、その都度混ぜる。 Bをふるいさっと混ぜ、型に入れ20分蒸す。 器に濾し粗熱を取り、 冷蔵庫で1時間以上冷やす。 きなこ&黒蜜 黒糖、砂糖各30g、水50mlを弱火で溶かし沸騰後少し煮詰める と。 — なかしましほ nakashimarecipe ゆべし ゆべし A 白玉粉 100g 水 120ml 黒糖 80g しょうゆ小さじ2 刻んだくるみ 40g Aを滑らかになるまで混ぜ、レンジ 600W に2分かけ、均一になるまで混ぜる。 くるみ40gを加え再び3分かけて混ぜ、片栗粉をふった皿にとり、粗熱を取って切る。 — なかしましほ nakashimarecipe ヨーグルトチーズケーキ ヨーグルトチーズケーキ:ヨーグルト450gをコーヒーフィルターで200gになるまで3時間水切り。 室温にしたクリームチーズ100g、砂糖60g、卵1個、生クリーム100ml、ふるった薄力粉大2を順に加え(全部ミキサーでも)15cm型に入れ160度のオーブンで1時間焼く。 バター生地のみ30分冷やし、4mm厚さにして型で抜く。 170度のオーブンで14分焼く — なかしましほ nakashimarecipe レモンリゾット レモンリゾット お米(洗わない)1合 水2cup+スープの素(薄味に) オリーブ油 大1、塩 A(国産🍋の皮 、黒胡椒、粉チーズ) 小鍋に油、米を入れ中火にかけ、1分炒める。 水分と米の芯が少し残る位で火を止め塩で味を調える。 Aをふる。 — なかしましほ nakashimarecipe 【なかしましほTwitterレシピ】まとめ なかしまさんのレシピは簡単で、身近な材料で作れるので大人気。 Twitterには作った人の投稿も多数あり、それを見るのもすごく楽しいですよ!.

次の

なかしましほさんに聞く、食べたくなったら簡単に作れる自分のためのおやつ。

なかしま しほ ツイッター

三國万里子(みくにまりこ) ニットデザイナー。 1971年、新潟県生まれ。 早稲田大学 第一文学部仏文科卒業。 編み物の書籍や雑誌での作品発表に加え、キットやプロダクトのデザインを手がける。 著書多数。 2019年冬に、株式会社ほぼ日よりニットの新刊を発売予定。 病気の日々が私の考え方を変えた。 三國万里子さんはそう語ります。 数年前に全身性のアトピー性皮膚炎になったことがありました。 症状があれよあれよという間に広がり、服から出ているところが全部、ちょっとびっくりするような見た目になりました。 鏡を見ながら「こりゃ、ホラーの特殊メイクだわ」と呆然とするような痛々しさです。 この病気はいつ治るのかわからないし、そもそも治るという保証もありません。 ごはん時に家族三人でテーブルを囲むと、当時まだ子どもだった息子がわたしの顔を見て、不安そうに訊くのです。 「お母さん、これはいつか治るの?」 わたしは「治るよ、でも少し時間がかかるけどね」と答えていました。 そう信じるしかなかった、ということもあります。 わたしがめそめそしていたら、家中が暗くなってしまうでしょうし、それはいやでした。 だから何はともあれ楽観的になって、できることをしようと決めました。 いい言葉や仲間に支えられながら…… グッドタイミングというのでしょうか、その頃読んでいた本の中でいい言葉に出合いました。 「漁師は漁に出られないときは、網を繕うのだ」 その通りだ、と思いました。 顔と手が真っ赤に腫れていて、外で人と会うのはちょっと無理。 でも家でなんとか仕事(ニットのデザインです)はできるし、手袋をはめれば家事も、そろりそろりとならできる。 インターネットで病気について調べたり、本を読んで知識を得ることもできる。 映画を観て笑ったり泣いたりもできる。 ご飯はおいしいし、家にやってくる野良猫はかわいく、春が巡ってくればウキウキする けろっとしていつも通りに生きるわたしを見て、夫がほめてくれました。 「見た目がえらいことになってるのに、暗くもならず、大したもんだ」って。 とはいっても、弱ったなあ、と思うこともやはりありました。 宅配便の人が来ると、わたしのすごい顔でびっくりさせないように、マスクをかけて、完全防備をしてからドアを開けるのです。 症状が一番進んだ頃には、まぶたが腫れて片目が開かなくなり、何をするにももう片方の目でこなしていました。 編みものというのは細かい仕事で、そういう状態でやるとしばしば間違うこともあり、我ながら情けなかったです。 でもしょんぼりしていても仕方がない。 「今日一日を生きれば、一日分健康になるさ」と思うことにして、ままならないあれこれをやり過ごしていました。 当時わたしは編みものの本を作っていたのですが、チームのみんなと顔を突き合わせて作業できないことで、随分不便をかけたと思います。 それでも仲間には「三國さんのできるペースで進めていきましょう。 焦らないで、養生第一で!」と言ってもらっていました。 その言葉に甘えて少しずつ、できる範囲で仕事を進められたのは、本当にありがたかったです。 ささやかなことに「まる」をつける 夫が優しかったことも大きな救いでした。 仕事から帰ると家事を手伝ってくれましたし、一日の終わりには(笑っちゃうのですが)「母ちゃん、かわいいぞ」と言ってくれるのです。 びっくりするようなご面相になっているのだし、それが本当でないことはわかっています。 でも励ましてくれる気持ちがうれしく、シュールな冗談だなあ、でもありがとう、と礼を言っていました。 わたしは病気をする前までは「努力すれば大抵のことはできるもの。 それが当たり前」と思っていました。 小さなことを気にして「減点方式」で生きていた気がします。 でも病気になり、ままならないことって確かにあるということを知りました。 体という自然は、自分のエゴとはまた違ったところで動いていますからね。 そういう状態でも「今日もなんとかなった。 ならば、それでよし」と、そのことにとりあえず「まる」をつけられるようになりました。 機嫌よく生きるって、もしかしたら「加点方式」で生きることなのかも、という気がします。 わたし自身がそういう心の持ち方ができるようになったのも、あの日々があればこそでした。 二年かかって症状は消えましたが、治った今もささやかなことに「まる」をつけながら、日々を味わって暮らしています.

次の