汗 を か かない 病気。 夏なのに汗をかかない...甲状腺機能低下症かも

【医師監修】大量の顔汗にひそむ病気とは?

汗 を か かない 病気

暑い日が続き、汗をかく場面が増えてきた。 自分の汗のニオイや量、汗じみなどはやっぱり気になるもの。 しかし、もっと注意すべきは『かくべきときに、適量をかいているかどうか』ということ。 汗と体調管理には深い関係があるのだ。 汗を毛嫌いするばかりではなく、体調の善しあしを示すバロメーターとして認識することも重要だ。 東京・中央区『大手町アビエスクリニック』の早田台史院長によると、汗の出どころは、『汗腺』という部位で、『エクリン汗腺』と『アポクリン汗腺』の2種類がある。 「頭、顔、背中、手足を中心に全身にある『エクリン汗腺』から出る汗の主成分は水で、酸性。 汗孔から排出され基本的にニオイはない。 一方、わきの下や瞼、鼻、耳の穴、乳首周辺、へそまわり、陰部などに多く存在する『アポクリン汗腺』から出る汗はアルカリ性。 水分が少なく、脂肪やタンパク質、アンモニアなどを含んだ粘り気ある汗が毛穴から出ます。 無臭ですが肌の細菌が感染し分解されると脂肪酸になりニオイを出す。 これが黄色い汗じみや腋臭症(ワキガ)の原因となるのです」 また、汗のかき方でも3種類に分類できるという。 1 体温を調整するためにかく温熱性発汗 2 緊張したときや不安を感じたときにかく精神性発汗 3 辛いものを食べたときに顔にかく味覚性発汗 これらは心配のいらない発汗だが、突然、大量の汗に見舞われたり、誰もが汗をかいているのにひとり汗をかけない場合や、かくべきタイミングで適量の汗が出ていない場合は、などの危険サインかもしれないという。 早田院長の説明が続く。 【更年期症状】 「『ほてり』と『汗』が気になる場合は、汗を抑える働きがある女性ホルモンのエストロゲンの欠乏に伴う更年期症状が考えられます。 妊娠中に汗が増えるのも同じ原因。 症状がひどく睡眠にも支障をきたす場合は、ホルモン補充治療も考えなければなりません」 【低血糖】 「『寒気』を感じ『冷や汗』が出る場合は、低血糖を疑いましょう。 肌が冷え、後頭部の生え際に汗をかき、震え、吐き気、めまいなども起こる。 すぐに飴やジュースなどで糖分を補給しないと危険です」 【】 「『暑いのに汗が出ない』場合には重度の熱中症の可能性も。 体温が40度を超えると、命も危ない状態です。 救急車を呼び体温を下げる努力(日陰に運び、霧吹きで身体を冷やし、水分を補給する)を速やかに行ってください。 子どもとお年寄りは汗が少ないので熱中症のリスクが上がります」 【や悩み】 「『いつもより汗のニオイが強い』となると、ストレスや悩みがあると考えられます。 特にワキガで悩んでいる方は、ストレスをためないように」 【甲状腺機能亢進症などの病気】 「甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫、パーキンソン病、結核、リンパ腫にかかっていたり、その疑いがあると、思った以上に汗をかくことも。 ひどくなるにつれ発汗が我慢できなくなり、日常生活に支障が出る度合いが上がっていきます。 持っている紙が手に張りつき、握手をためらうようになったり、服は汗じみで汚れ、ニオイが気になります。 わき下の多汗症を抑えるには、ボツリヌス毒素治療が有効ですが、ワキガも伴う場合には、マイクロ波照射治療をすすめています。 制汗・消臭両方の治療を行うことができます」 〈プロフィール〉 大手町アビエスクリニック・早田台史院長 専門は内科、外科。 約20年間、がんを中心とした外科治療、救急・外傷・災害医療に尽力。 経験値と丁寧な説明に定評がある。 外部サイト.

次の

汗が出ない:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

汗 を か かない 病気

バセドウ病で汗をかかないことってありますか? 大学生の女子です。 数年前から手の震えで悩んでいるのですが、【疲れやすい、だるい、落ち着きがない じっと座っていることができないです 、集中力がない、体温が高い(平熱36. 8度程 、血圧が高い、不安感】などバセドウ病と症状が似ているので自分はバセドウ病なんじゃないかと思っています。 しかし、汗はあまりかかないです。 また、以前病院でこの症状のことでMRIや血液検査などを受けた時、異常が無かったのですが、別の病院に行っても意味はないでしょうか?これらの症状で考えられる病気が他にありましたら教えてください。 元々緊張しやすい体質なのですが、普通にしているときも震えていて、水を上手く飲めなかったり、最近では字が書けないほど・・・恥ずかしくとにかく困っています。 私はバセドウ病です。 バセドウ病の検査、甲状腺ホルモンを調べる血液検査をしているのでしょうか?通常の血液検査項目には含まれていません。 こちらが頼んで、もしくは医者がバセドウ病を疑えば検査が初めてされます。 血液検査結果に関しては間違いはありません。 数値が正常なら正常なのだと考えられます。 もしギリギリ正常なのだとしたら今はもう少し悪化して発病しているかもしれません。 汗に関しては病気に関係なく暑いと感じても汗を中々かかない人、すぐかく人がいますから、かかない人はバセドウ病だからと言って急に必ずダラダラ汗をかきだすとは言えません。 症状は人さまざまです。 私は病気発覚前、通常の血液検査やMRIもしましたが病気は発覚出来ず、自分でネットで見つけて疑い、そして検査をしてもらいました。 この病気は何故か無知な先生が多いですので、検査はどこでも良いですが万が一の治療は専門病院、専門医に診てもらって下さいね。 ちなみに検査も専門病院だとすぐに血液検査結果が出るとこがほとんどです。 私が症状を聞いた感じではバセドウ病っぽいなと感じますが、私も間違われましたが精神的な病にとても似ている様ですね。 以前受けられた血液検査の項目に、「TSH」「FT3」「FT4」はありましたか? この3つの項目が甲状腺機能に関連したものになります。 仰っている症状はバセドウ病の症状の一部ではありますが、「バセドウ病特有」とはいえず、素人判断で「バセドウ病かも」と決めつけると、他の病気を見逃してしまう怖れがあるのではと心配です。 もし以前受けられた血液検査で既に「甲状腺機能は正常範囲内」と出ているのでしたら、別の病気の可能性を考えられてください。 反対に検査項目に甲状腺機能関連のものが含まれていなかった場合は、下記リンク先にある甲状腺専門病院で検査を受けられることをお勧めします。 日本甲状腺学会全国認定専門医施設 お大事になさってください。

次の

汗をかかない人ほど夏は危険!「無汗症」になる3大要因とは

汗 を か かない 病気

汗をかかない人は熱中症になるリスク大です Photo:PIXTA 関東甲信越地方では観測史上最も早く梅雨が明け、全国各地で気温35度以上の猛暑日が続いており、「汗」に悩まされている人は少なくないだろう。 なるべく汗はかきたくないものだが、汗には重要な役割があり、むしろ汗が出なければ大きなトラブルにつながりかねない。 そこで、気になる汗のメカニズムと、汗や皮膚にまつわる疾患について、長崎大学大学院医師学総合研究科の室田浩之教授に話を聞いた。 代表的な汗の機能をいくつか挙げるとすると、まず1つ目に「体温調節」の機能があります。 例えば真夏の暑い日に家の軒先に打ち水をしたり、霧状の水を浴びると涼しくなったりといった体験をされたことがあると思います。 水が蒸発するときに生じる気化熱は、地面から熱を奪い、温度を下げます。 汗にも同じような効果があり、体温の上昇に伴い汗をかくことで生じる気化熱を利用して皮膚を冷やし、体温の調節をしています。 通常、健康な人であれば環境と体温上昇に応じて、暑い日にはその分たくさん汗をかいて体温調節をしているのです。 2つ目に、汗には「保湿」作用があります。 人間のほぼ全身の表面に分布しているエクリン汗腺から作られる弱酸性の透明な体液である汗には、主な成分としてナトリウム、カリウムなどの電解質、尿素、ピルビン酸、乳酸、抗菌ペプチド、タンパク分解酵素、タンパク分解酵素を阻害する物質などが含まれています。 とりわけ豊富に含まれている乳酸ナトリウム、尿素は水との親和性が高く、天然保湿因子として皮膚の潤いを維持する作用に貢献しているのです。 皮膚の保湿にはこういった汗の成分が大きく貢献しており、汗をかけない人はドライスキン、つまり、乾燥肌になっていきます。 そのほかの汗の機能として、病原体から体を守ったり、皮膚を潤したりすることで健康な皮膚の状態を保つ作用があります。 このことから汗は最前線で体を守る免疫システムの1つといっても過言ではないと思います。

次の