結婚 しない ほうが いい 女。 女性は、自分から追いかけないほうがいいの?

「結婚しない方がいい」という思想のバランスの悪さ

結婚 しない ほうが いい 女

お金を無心する女性• 法律などを平気で破る女性• 周りを巻き込む喧嘩をする女性• 借金がある、ブランド好き• 本質とは違うことを批判してくる女性• 感情の起伏が激しい女性• 男性のことを外見でしか見てない女性• 感謝の気持ちがまったく無い女性• 人の物を勝手に使ったり盗む女性• 弱い人間を平気で叩く女性• 都合が悪くなったら話から逃げる女性• 自分が都合の良いところだけ言ってくる女性• 強者には弱く弱者には強い女性• ウソばかりつく女性• 自分を棚に上げ人のことを執拗に批判する女性• 自分より下の人間を探し出す女性• 人のアイデアを自分の物にする女性• 悪口が大好きな女性• 感情のコントロールができない女性• お金がないのに金使いが荒く、カードしか使わない女性• 服装が卑猥な女性• ペットをイジメてる女性• SNS依存症の女性• メンヘラ、心がおかしい女性• 極度の負けず嫌いな女性• 付き合ってないのに束縛ばかりしてくる女性• 人生にヤル気のない女 1. お金を無心する女性 常にお金が無いのか、誰かといれば すぐにお金を貸してと言って来る女性は危険です。 またこうした女性は本当はお金を持ってるケースも多く、付き合ったらカモにされるケースも多いので恐ろしいです。

次の

嫌婚男子が急増!結婚しない方がいいのか

結婚 しない ほうが いい 女

近年晩婚化の風潮がさらに強まり、若い人に結婚願望がある人も少なくなってきました。 私の周りでもバリバリ働いて忙しそうにしている女の子は 「一人でも十分楽しいから」と言って、あまり恋愛に積極的ではないような子が多いような気もします。 生涯未婚率も「 20%前後()」ですよ。 まあ、そりゃそうもなるよね……。 ただ、女性目線で見ていて、 「この人は早く結婚した方がいいな」と思う人が結構いるので 結婚した方がいいと思う人の特徴について話してみるよ。 一人で頑張れる人 男女かかわらず、「 一人でも大丈夫」「 一人でも頑張れる」という気持ちを持っている人は早く結婚した方がいい人です。 というのも、「 一人で大丈夫」という人の方が実はいつも虚勢を張っている人が多いから。 本当に強い人なんて、人類でどれくらいいるのでしょうか。 きっと少ないよね。 絶滅危惧種だと思う。 そういう人は、 ここぞという大事な場面で潰れてしまう人が多いです。 意外と人間はもろいものなんですよ……。 普段から人に甘えるのが苦手な人はストレスを溜め込みやすく、他人に頼ることがうまくできないため 多くのことを一人で抱えがちになってしまうんですね。 「 あー!もう無理!」と家の中で独り言を言っている人も多いでは……。 私か……。 ただ、こういう人は結婚してからもうまくいく人だと思います。 「 他人に配慮して自己犠牲が強くなってしまうタイプ」なので、いつもそばにいてくれる甘えられる人を作ることによってバランスがうまくとれるようになり より自分の生活や感情が安定する。 甘えるのが下手な人も、 他人に甘えるのはハードルが高いかもしれませんが 結婚することによって結婚相手には甘えることができるようになると思うんですよね。 一緒に生活する人がいる、というだけで変わってくるものなのですよ。 絶対的な味方ができるだけで変わるものです。 なので「 一人で頑張りすぎてしまう人」は「 早く結婚した方がいい人」なんですね。 私の経験からはそう思う。 感情的すぎない人 意外かもしれませんが「 感情的すぎない人」は結婚した方がいい人です。 バランスが大事なんですけどね……。 感情的すぎない、ということはやはりどこかで自分の感情を我慢してしまっているようなところがある人なんですね。 自分から沸き起こる感情をそのままぶつけられる人がいないと、最悪の場合感情が乏しい人はうつ病になってしまう危険性もあります。 実は感情が薄い、というのは立派なうつ病の初期症状でもあるんです。 ただ、感情的過ぎない、という事は「 感情をコントロールする事が得意な人」ということだと思いますので 結婚をしてもうまくいくことが多いケースの人だと思います。 感情をコントロールすることができない人と結婚すると大変ですよ……。 感情がコントロールできる人は結婚生活においてもきちんと話し合いができる人、ということなので 喧嘩も少なく、円満な家庭を築くことができると思う。 緊張感のある仕事をしている人 「 緊張感のある仕事をしているという自覚がある人」は結婚した方がいい人ですよ。 緊張感のある仕事というのはとてもやりがいのある仕事だと思います。 ただ、それと同時に「 ストレスや疲れのたまりやすい仕事」なんですね。 みなさんの中にもいるでしょう?そういうストレスの溜まりやすい仕事をしている人。 自分が楽しいと思っている仕事だと、アドレナリンが出ているので、仕事をしている時には「 自分がどれだけ疲れているのか?」という事がわかりません。 自覚がないんですね。 ただ人間の生活のうち、多くの時間を「 仕事時間」が占めますよね。 そうすると、必ず「 ほっとできる場所」というものが必要になってくるのです。 「 ホッ」とすることができる家庭、人間関係を作るために結婚した方がいいんですね。 趣味・友達の多い人 趣味や友達が多い人は一見「 結婚した方がいい人」とは程遠く感じるかもしれませんが、 実は趣味や友達の多い人は結婚に向いている人なんですよ。 自分の時間を充実させることができる人は、「 結婚相手の時間も尊重してあげることのできる人」です。 なので、結婚してからも結婚相手と良好な距離感を保つことができ、結婚生活が安定したものになりやすいんですね。 趣味や友達が多く、「 一人でいてもよく外に遊びに行く人」こそ結婚した方がいい人なんです。 兄弟姉妹が近くに住んでいない人 少し現実的な話になりますが、兄弟姉妹が近くに住んでいない、もしくは一人っ子だ、という人は結婚した方がいいです。 結婚する、ということは「 生涯一緒に暮らす」ということですよね。 少し現実的な話になってしまいますが、若いうちは一人で良いと思っていても、 年をとってから一人で生活する、となるととても条件が悪くなってきます。 自分が怪我をした時• 病気の時 を想定すると、近くに兄弟姉妹がいない環境で生きている人はやっぱり結婚した方がいいんですね。 現実的すぎる話に聞こえると思いますが、人生を長い目で見た時に必要なことなのです。 家にこもってしまいがちな人 これも結婚した方がいい人の特徴だと思うんですよね。 家にこもりがちな人は、結婚というものからは縁遠いと思ってしまいがちなのですが、 こういう人こそ、結婚した方がいいと思うんですよね。 家にこもりがちな人は、一人でいると、仕事がない限りは ずっと家にいてしまう可能性があるわけなんですよね。 私もこういうタイプなんですよ・・・ もちろん、「 家にこもる事」が悪い事だとは思いませんが、家にこもりがちだと本来であれば出会える人やモノ、 そして場所から遠ざかってしまうわけよ。 しかし、結婚をしていれば、相手と共に家の外に出て、 たくさんのモノに出会うチャンスが出来るのです。 本来の自分であれば、家でずっと過ごしている、という人でも、 パートナー次第でいくらでも変わってくるのですよ。 私の知り合いでも、元々は家にこもりがちだった人がいるのですが、結婚を機会に海外旅行に行く事が増えたりとか、 新しいお店や土地に行く事が増えたんですよね。 だからこそ、こもりがちな人こそ結婚した方がいいと思っています。 結婚を機会にたくさんの面白い発見が待っている事だってあるのです。 婚活するなら 婚活をするならがついている楽天オーネットがおすすめです。 オーネットの結婚チャンステストはプロフィールや条件などを入力するだけで 自分にマッチする相手のプロフィールを無料で紹介してくれるんですね。 項目はこのようになっていてかなり細かいので、より自分に合ったお相手が見つかると思います。 楽天オーネットの紹介動画もあります。

次の

結婚しないほうがいい女の特徴5つ!恋愛はいいけど結婚に向かない女も

結婚 しない ほうが いい 女

結婚に向いていない女性というよりも結婚するには論外な女性。 軽く吸う程度であれば我慢できると思いますが、ヘビースモーカーの場合は難しく、子どもの前でも吸うことになってしまいます・・・。 お酒も同じです。 お酒をたしなむ程度、我慢できる程度の酒飲みなら全く問題ありませんが お酒が好きで好きでたまらないという女性は子どもを妊娠中、授乳中お酒を我慢する必要があり、それが出来なそうなレベルであれば結婚はやめておいた方がいいでしょう。 もちろん、ヘビースモーカーでも酒豪でも子どものためなら何でも我慢できるというタイプもいますのでそれが見極められるならそういう女性でもいいと思います。 論外編は男性にも当てはまりますが、女性の場合は浮気性であれば離婚の際に子どもが悲しい思いをする、また男と遊んで子どもは1人で留守番という可能性だってあります。 家事が出来なければ子どもにまともなご飯を食べされることも出来ませんし、不潔な状態となることもあります。 ギャンブル好きも子どもが1人で留守番、あるいは車で待機など子どもの生死に関わります。 酒癖が悪いのが暴力や言葉の暴力などであれば、子どもはつらい思いをするでしょう。 男性は論外をやってもいいということではありませんし、子育ては女性だけがするものではありませんが、やはり子どもと接する可能性が高くなるのは女性。 この論外部分はきちんと見極めたいところですね。 イケメンが通るたびにそわそわしたり、ちらちらみたり、自分の身なりを正したりするような女性はちょっと危険かも。 ただ、母親が作っている場合もあります^^;なので、1人暮らしをしているなら、家で料理を作ってもらう方がいいですね。 また、急に家に押しかけて部屋をチェックするのも1つ。 たまには女性の車に乗ってみる、急に部屋にいってみるなどして隠れて吸っていないかをチェックしたいですね。 この点は絶対わかると思います。 見栄っ張りなので、必ず見せているはずなので。 平日は夜に電話してみて、何度も出ないようなら怪しいかも。 パチンコ店内にいると音がうるさくて携帯の着信音が分からないようです。 職場近くのパチンコ店の駐車場に彼女の車がとまっていないか見てみてもいいでしょう。 あとは財布の中にパチンコ店のカードがあるかないかや、パチンコ店の携帯メルマガなどを受信していないか探ってみるのもいいでしょう。 買い物を我慢できずにクレジットカードで買うような女性は、結婚してもやめられません。 隠れて消費者金融でお金を借りられたりしたら、悲惨です・・・。 もちろん結果はどうであればその日はきちんと介抱してあげてください。 結婚式の費用も出してもらう、免許取るのも費用を出してもらう、車も買ってもらうなどを している女性は、結婚後も実家に甘える可能性が高いです。 親が金持ちでも自分のことは自分でやるという気持ちがなく、それくらい親ならやってくれてもいいでしょという気持ちの女性は結婚後、義実家にもそれを勝手に期待し、勝手に残念がります。 結婚後、実家に入り浸るようになり、実家に長期間泊まるようになります。 実家に泊まれば上げ膳、据え膳、家事もろくにせずにすみ、子どもも面倒見てもらえるし 楽だからです。 さんざん、お金も出しているし、世話もしているため、嫁実家の親がいちいち口を出してきます。 また娘が正しかろうが悪かろうが娘の味方になります。 しかも、そういうのはおかしいよと言っても、お互いが依存しあっているため 私の子育ての苦労も知らないでと逆にきれてきて話し合いにもなりません。 男性にとっては、かなりストレスでしょう。 きれい好きなのは家にとっても、子どもにとってもよいことです。 ただ、それを夫、子どもに徹底的に求めるタイプはかなり疲れることを覚悟しておいた方がいいです。 夫のだらしなさに幻滅したり、口うるさく毎日言われたりすることになります。 自分がきれい好きでない、だらしないという場合は きれい好きすぎる女性は避けた方がいいでしょう。 子どもも潔癖症になることもあります。 自分が潔癖症でも、他人はそうでないということを理解している女性で なおかつ自分のレベルを他人に求めることはしないという賢明な女性なら問題ないです。 また、きれい好きすぎると色々と汚す子どもが嫌いという人もいますので よく観察しておいた方がいいです。 専業主婦をしていると、細切れの暇な時間などがあり、 堕落していきがちです。 人に会わないから寝巻き同然でもいいし、メイクもしなくていいしと身だしなみも堕落 家に誰もこなければ家が汚れていてもいいし、 運動も億劫だからしないしとなってくるとどんどん太ってきます。 これは時間に追われない生活、手を抜いても誰にも何も言われない状況から 自分に甘いとどんどん堕落していってしまいます。 それでいて、普段育児を頑張ってるからとかたまに大掃除をしたりすると 今日は頑張ったー。 とか、たまにはいいでしょと友達とランチに出かけたり プチごほうびを買ったりすることになります。 ですから、自分で自分をコントロールすることが出来る、また少しでも向上心があるなど 何かそういったものがないと、結婚当初で働いているときはそうでもなかったのに 子どもを産んだとたん、変わってしまった・・ということもありえます。 自分に甘い女性は致命的ではないですが、そういった女性が許せないというタイプの男性は避けた方がいい女性です。 自分の欲しいものをいつも衝動買いしてしまう。 それがいつも高いものばかりとか 現金では買えないためクレジットカードで買ってしまう、借金をしてでも買ってしまうというのは論外です。 家計簿をつけないとダメということではなく、ざっくりでもいいから家計にどれくらいお金があるのか、また子どもの学費をどう貯めるのか、毎月一定額の貯金をしているとかそういった部分がないと、一生を生活することは難しいです。 一生のうちでどこでどれだけお金がかかるのか、今の生活をしていてお金が足りるのか足りないのかそのあたりが全然分からず、月や1年単位で家計にゆとりがあると思い、 つい、財布の紐がゆるみがちになる女性はあとで大変です。

次の