オニャンコポン 進撃。 【進撃の巨人】106話ネタバレ!エレンとアルミンが対立?

【考察】進撃の巨人106話「義勇兵」 衝撃の新事実まとめ(ネタバレ注意)

オニャンコポン 進撃

Contents• イェレナとオニャンコポン 進撃の巨人106話はアルミンの回想シーンからはじまります。 あとで判明しますが、アルミンが水晶の中にいるアニに語りかけるような形の回想となります。 アルミン (君は・・・こんなことを聞かされても困ると思うけど) (君に聞いてほしい) (3年前のあの時・・・) (あの時ならまだ・・・何かを変えられたかもしれない) 引用:進撃の巨人106話 パラディ島に上陸しようとするマーレ兵ですが、エレンが巨人化し船ごと持ち上げ陸地に落とします。 そしてハンジが登場し、マーレ兵へ向けて「お茶でもたのしんでいって下さい」と叫びます。 さらに先に捕らえていたマーレ兵「ニコロ」を人質にしますが、ハンジに屈する様子がないマーレ兵の隊長。 ハンジは後ろに構える巨人化したエレンを脅し文句に使いますが、「悪魔の力などに屈するものか」とハンジに銃口を向けたとき、隊長を射殺するイェレナ。 イェレナは前回ジークと一緒に飛行船に乗っていた女性で、ヘルメットがすごく似合います。 進撃の巨人106話 ハンジはそれだけの力を持ったマーレが、1年間パラディ島を攻めてこなかった理由を聞きます。 イェレナは2つの理由があると答えます。 1つめの理由は、パレディ島に放った「無垢の巨人」が最新鋭の兵器を持ってしても未だ上陸困難な障害であること。 マーレがエルディア人を壁の中に幽閉するための政策だったが、逆にマーレの進軍からエルディアを守る存在となってしまったとのこと。 間もなく夜が明け巨人が活動する頃だが、今、自分達が壁の外でのんびりお茶ができるということは、島の巨人をすべて殺してしまったのかとイェレナは聞きます。 リヴァイは「だったらどうする?何とかしてマーレに伝えるか?」と答えますが、イェレナは「素晴らしい、期待以上だ」と驚きの表情を見せます。 2つめの理由は、敵の多いマーレが連合国複数の国と戦争状態に突入したから。 「鎧の巨人」「獣の巨人」が打ち負かされ、「超大型巨人」と「女型の巨人」のマーレの主力兵器が奪われ、諸外国は瞬く間に団結し戦争の火蓋が切って落とされた。 この2つの理由からマーレはパラディ島を攻めることができなかったとイェレナは話します。 ハンジは、今回マーレを裏切ったイェレナとオニャンコポンは、マーレに恨みを持つ亡国の民であり、マーレ軍に潜入する諜報員のようなものか尋ねます。 無言になる二人に、ハンジは「当たり?」と興奮気味。 諜報などと呼べるような代物ではないとイェレナは答えます。 マーレに故郷を奪われ兵士として徴用された自分達。 とても非力で大国に坑う気概は失われつつある状態だったが、ジークに導かれたと。 マーレや世界の人々が悪魔と呼んで恐れる巨人が、自分には全く別の物に見え、無力な自分達に希望を見せてくれた神だと言います。 進撃の巨人106話 そして自分達は、ジーク・イェーガーの命を受け上官を撃った反マーレ派義勇兵で、目的はエルディア人の解放だと言います。 地鳴らしの発動条件 イェレナの話は会議の議題となり、ハンジからジーク・イェーガーの要求が皆に伝えられます。 ジークに残された時間以内に自分をパラディ島に受け入れ、「始祖の巨人」を有する腹違いの弟エレン・イェーガーと引き合わせること。 そのための条件としてパラディ島の安全を保障、武器を始めとする最新技術の提供、自分達に存在するとされる友好国との橋渡し、マーレに対する情報工作等々の支援。 全ては生存が危ぶまれるエルディア人の救済を目的としたものだと、ジークの目的が語られますが、周りからは「獣の巨人」の言葉ということで「論外」の声が出ます。 ハンジは続けます。 ジークが言うには、エルディア人の問題を一挙に解決する「秘策」が残されている。 その「秘策」を行う条件として必要なものが、「始祖の巨人」と「王家の血を引く巨人」の2つが揃えば世界は救われる。 その「秘策」を明かすことができるのは条件が揃ってからだと。 この時、エレンは何かを思い出したような顔をします。 そしてその場で立ち上がり、ジークの言葉が本当であることを伝えます。 かつてエレンが1度だけ「始祖の巨人」の力を発動させることができたのは、「王家の血を引く巨人」と接触した瞬間だった。 その巨人の顔は父親が残した写真と同じ人物ダイナ・フィリッツに違いがなかったと。 偶然にも自分は、あの日あの瞬間に無垢の巨人として彷徨うダイナ・フィリッツと接触し、窮地を脱したと話します。 そしてダイナの息子であるジークは、「不戦の契り」を出し抜く術、エルディア人に残された唯一の希望である、壁に潜む幾千万もの巨人で世界を踏み潰す「地鳴らし」の発動条件を解明したのだろうとエレンは言います。 リヴァイはエレンが今までこのことを黙っていた理由を問います。 エレンはヒストリアの身を案じたと答えます。 自分の不確かな情報で巨人にさせるわけにはいかないと。 ハンジは、それが本当ならジークの「秘策」にも筋が通ると言います。 オニャンコポンが黒い理由 3年前、イェレナとオニャンコポンが調査兵団に加入したばかりの頃は楽しかったとアルミンは回想します。 自分達エルディア人は世界から恐れられ憎まれている。 だが、海の向こうにいる人達は敵だけではなかったと。 調査兵団主要メンバーは、オニャンコポンから港の必要性を聞きます。 港が作られることで鹵獲した船を使い海の外と公益ができると、いち早く港の重要性を理解するハンジ。 オニャンコポンも港は世界と繋がる場所だと言います。 建設的な話で盛り上がる中、サシャが誰もが気になることをブチ込みます。 「オニャンコポンは何で肌が黒いのですか?」 凄く気になっていたのですがサシャが聞いてくれました。 ただ、今このタイミングなのか?と思いましたが、そこは流石サシャといったところでしょうか。 オニャンコポンは答えます。 「自分達を創った奴はこう考えた、いろんな奴がいた方が面白いってな」 巨人になる人間「ユミルの民」も同じで、自分達は皆、求められたから存在すると言います。 アルミンは誰が自分達を作ったのか聞きます。 オニャンコポンは「始祖ユミル」に力を与えた存在、すなわち神だと考えるものいると答えます。 そして、考えるだけなら自由だと。 時間が必要 イェレナやオニャンコポンから世界のことを教わる調査兵団。 海の幸を食べたことがない調査兵団ですが、マーレ料理の達人ニコロの料理に 「ぐあぁぁぅまぁいいい」 とエビにかぶりつくサシャ。 進撃の巨人106話 そして涙を流してニコロを天才と言うサシャ。 頬を赤らめまんざらでもない顔のニコロ。 最初はお互い疑心暗鬼だった調査兵団とマーレ兵。 時間をかけて肩書を抜きにし人間同士向き合えばわかり合うことができました。 アルミンはイェレナ達の作戦通りに進めていいのか危惧している様子。 本当に「地鳴らし」で世界を脅すことでしかエルディア人を守るすべは無いのか。 それでは世界を恐怖に陥れる悪夢だ。 そうなる前に話し合えないのかと考えます。 港ができればマーレや世界中の人と話し合い、誤解を解くことができるのではとアルミンは言いますが、世界から見れば自分達は巨人に化ける怪物で、そこに誤解はないとエレンは答えます。 仲良くなれたマーレ人もいるとミカサは言いますが、殆どのマーレ兵が収容所の壁を睨みつけているとエレン。 時間をかければと言うミカサに、アルミンも時間が必要だと言います。 そしてエレンは時間を稼ぐために手出しできないようにすると。 エレンとアルミンが対立? サシャが死んだことに、もしかしたら別の道があったのではないか、そんなことばかり考えてしまうアルミン。 誰よりもエレンを理解しているつもりだったが、もうわからないとアルミンは言います。 エレンは1人でもやるつもりだった。 エレンに協力しても見放しても最悪の選択肢になっただろう。 戦艦も軍人も民間人も全て巻き込んで大勢の人を殺しました。 それは、突然自分達のすべてを奪ったあの日のようだとアルミンは言います。 だが、あの軍港が健在だったらすぐさまマーレ軍はパラディ島に報復攻撃ををしただろうし、和睦の道は絶たれたが、やるしかなかったと。 「あの日の君達のように・・・」 そう言ってアルミンが向ける視線の先には.

次の

【29巻ネタバレ】進撃の巨人116話は、ジークの家族への執着がとてもよく分かった回

オニャンコポン 進撃

曖昧さ回避• アシャンティ人の神話に登場する神。 本項で解説する。 『』の登場人物。 名は「偉大なる者」を意味する。 アボソム(、)の長であり、なおかつ神々のでもある。 至高の存在であり、他のアボソムには存在する専門の司祭がいない。 司祭はいないものの、信徒は彼に捧げものをすることはできる。 アシャンティの宗教においては、アボソムの司祭は、担当する神と直接向き合い神々と人々との間を仲介する役職とされ、オニャンコポンの「司祭のいない神」という性質は、「人間は至高の存在に直接向き合うことはできない」事を表すとされるが、「司祭なしでも向き合える」という別のニュアンスにも解されている。 オニャンコポンのための祭壇は各家庭に存在しており、至高でありながら身近な神であるとも言える。 神話における描写 かつては人間と共に暮らしていたが、でヤムイモを挽いていた老女の手からうっかり飛んでいったが当たってしまったため、空中に住む事にした。 老女は彼に謝ろうと(または)を積み上げてそこに到ろうとしたが、臼一個分足りなかった。 積まれた臼の一番上にいた彼女は下にいる人に、一番下の臼を引っこ抜いて上に寄越してくれと頼んだ。 下の人がそうすると臼のタワーは崩れ、多数の犠牲者が出てしまった。 オニャンコポンはこれを悲しみ、下界からさらに遠く離れた高い天へと去った。 他の神との関わり 同じく創造主とされるオドマンコマ、家族を持たない天の王ニャメと同一視される事がある。 かつて地上において人間に見える姿で現れていたためか、ニャメの化身とする説もある。 ニャメ経由で西アフリカにおけるとも関わりを持つ。 その他 の感覚からするとでかわいくもある語感の神名のためか、の神々としては珍しく、複数の作品に登場している。 オニャンコポンが登場する日本の版権作品においては、メイン画像の『』でのように、 全てされている。 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

【進撃の巨人】104話ネタバレ!オニャンコポンて誰やねんw

オニャンコポン 進撃

マーレの外交情勢 出典:進撃の巨人23 諫山創 講談社 マーレは最近まで、複数の国と戦争状態にあった。 戦争の引き金になったのは、パラディ島での始祖の巨人奪還作戦失敗。 壁内人類に二体も巨人を奪われたことで、周囲の国々が団結しマーレを叩きにかかる。 結局、マーレの軍事力の大概は「巨人の力」によるもの、そのツケを払わされることになったようだ。 巨人の力を過信したあまり、今や、兵器技術は他国に一歩も二歩も劣ることになるありあさま。 しかも、かつて強大な力を誇っていた巨人の力さえ、近代兵器の前に負けつあるという。 とはいえ、辛くも戦争には勝つことができたマーレ。 この戦争によって、マーレに故郷を奪われた人物が オニャンコポンであった。 その後マーレの兵士として徴用され戦うことになる。 反マーレ派義勇兵 タイバー家当主ヴィリーは、世界に向けて演説をする前、馬車の中で国内で暗躍する組織について話していた。 壁内人類がマーレに潜伏していること、そして、彼らに協力する者がいること。 どうやらヴィリーは、ジークが裏切り者であることや、反マーレ派義勇兵の存在までは把握できていなかったようだが、このシーンは、その後の伏線にはなっていたわけか。 反マーレ派義勇兵とは、 ジークがエルディア人の解放を目的に活動する組織のこと。 オニャンコポンはこの組織に所属して秘密裏に活動していた。 ピークの回想によれば、ハンジさんたちとの初接触は、始祖の巨人奪還作戦失敗後にはじめてエルディ島に向けて調査団を送ったときの乗組員の一人。 出典:進撃の巨人26 諫山創 講談社 イェレナの隣にオニャンコポンがいるのが確認できる。 その後この調査団は、帰還することなく行方不明となっていたが、壁内人類との接触に成功したわけか。 名前の由来は天空神? 初登場から気になっていたのが、 オニャンコポンという名前。 由来があるのかと調べてみると、そもそもオニャンコポンという言葉自体が存在するようなのだ。 オニャンコポンは西アフリカ・ガーナのアシャンティ人に伝わる 神であり、天空神である 出典:オニャンコポン|wikipedia どうやら、「オニャンコポン」というのは、アフリカに伝わる神、もしくは天空神を指すようなのである。 そういえば、彼の初登場シーンでは空だった。 ハンジさんの指示で飛行船の操縦を任されていたが、天空神とどこかかかっているように思える登場シーンと言えなくもない。 さらには、オニャンコポンの肌は他のキャラと違っていた。 単行本26巻で、彼の肌の色が「黒」であることが明らかになったけど、これも「オニャンコポン」を信仰してる地域がアフリカに属するところから、この肌の色に設定したのだろうか? ハンジさんと相性抜群w 今回の初登場したオニャンコポンの登場で気になったのが、ハンジさんからの信頼感がハンパナイこと。 このコマを見ると、操縦をオニャンコポンだけに任せっぱなしにしとる! 出典:進撃の巨人26 諫山創 講談社 飛行船の操縦室に居たのはオニャンコポンのほかは、ハンジさんとアルミンだけ。 ってことは、今操縦室にいるのはオニャンコポンだけってことで、かなりの信頼を集めているようだ。 一方、反マーレ派義勇兵のイェレナは、味方のフリをしているような、どこか怪しい動きをしてる。 ピークたちを落とし穴にハメたときも、ワラを敷きつめてダメージを軽減してたからね。 船内でのやり取りをみると、ピークたちは落とし穴で拘束する手はずだったようだ。 明らかに「わざと」逃がしたって感じだよね。 イェレナの場合は、ジーク信奉者だというから、彼女の行動には注意が必要になってきそう。 というわけで、次回は要注意人物と思しきイェレナについて書く予定。

次の