小湊 鉄道 キハ 40。 只見線キハ40、小湊鉄道へ譲渡か? | akkiの鉄道旅行記

小湊鐵道

小湊 鉄道 キハ 40

小湊鉄道の従来車両(左右奥)とともに五井の車両基地に留置されているキハ40形(中央手前)。 【撮影:鉄道プレスネット編集部】 鉄道事業法では、鉄道車両を営業運転で使う場合、国土交通大臣の確認(車両確認)を受けなければならないと定めている。 小湊鉄道によると、現在はキハ40系の車両確認の申請に向け準備を進めているところ。 新型コロナウイルスの影響で今後のスケジュールは不透明な面があるとしつつ、年内の確認手続きの完了を目指しているという。 営業運転の開始はそれ以降になる見通しだ。 小湊鉄道の車両基地に搬入されたのは、キハ40系のうち、車体の両側に運転台があるキハ40形の2両(キハ40 2021・2026)。 JR東日本の只見線(福島県・新潟県)で使われていたが、3月のダイヤ改正にあわせて引退し、5月に郡山駅(福島県郡山市)から小湊鉄道の五井駅(千葉県市原市)に隣接する車両基地に搬入された。 キハ40系は1977年から1982年にかけて888両が製造された、国鉄の普通列車用の気動車。 1987年の分割民営化でJR旅客6社が引き継いだ。 老朽化のためJR線では順次引退している一方、引退した車両の一部は錦川鉄道(山口県)やミャンマー国鉄などが譲り受けて使用している。 小湊鉄道は五井~上総中野(大多喜町)間の39. 1kmを結ぶ小湊鉄道線を運営。 いすみ鉄道が運営する大原(いすみ市)~上総中野間26. 8kmのいすみ線と接続しており、房総半島の山岳地帯を縦断する鉄道ネットワークを形成している。

次の

「小湊鉄道にキハ40がやって来る!」MS241のブログ | MS241のページ

小湊 鉄道 キハ 40

只見線から小湊鐵道へ 只見線では、2020年3月のダイヤ改正にてキハ40形をキハE120系へ置き換えを行ないました。 新潟地区へ電気式気動車=GV-E400系を投入することで、8両の小所帯であったキハE120系を只見線へ転用する動きとなりました。 今後は只見線の長期不通区間再開に向けてキハ110系も転用される見込みです。 同時期に置き換えられた新潟支社・新津運輸区所属のキハ40系列 キハ47,48を含む は順次海外譲渡が進められていた一方で、仙台支社・郡山総合車両センター所属で只見線で活躍していたキハ40形8両は郡山総合車両センター内で一部車両は解体作業も進んでいました。 今回、が新型コロナウイルスに伴う休刊の補完として概要を掲載したことで、以前からのファンの間で飛び交っていた 只見線キハ40形2両の小湊鐵道譲渡の噂の実現が事実と答え合わせがされる形となりました。 郡山総合車両センターでは、 小湊鐵道向けと思われるキハ40 2021,2026の2両が輸送に向けた準備を進めていることが既に現地ファンにより確認されていますので、この2両が対象となりそうです。 一方で、残りの車両の解体進展などから、只見線からの譲渡対象はこの2両のみと考えることが出来そうです。 一方の小湊鉄道側でも、譲渡に向けた準備と捉えることが出来る動きが続きました。 直接公表はされていないものの、増車に向けた動きとして辻褄が合います。 小湊鉄道で活躍しているキハ200形は国鉄キハ20系列をベースに新造された車両で、キハ40系列に比べると軽量です。 ここ数年の小湊鐵道では枕木のPC化 コンクリート枕木 も少しずつ進んでおり、重量があるキハ40形入線に備えた動きだったのではないか?という推測の声もあります。 現時点では東北地域標準色と呼ばれる只見線時代のカラーリン グとなっていますが、 そのままのカラーリングで運用を始めるのか、小湊鉄道カラーや国鉄色などへ塗色変更が実施されるのかが今後の注目ポイントとなりそうです。 昨日発表された公式発表では会社としてはツイート削除までは求めていなかったとしているほか、各報道の取材回答を総合すると、あくまで会社としては「Twitter運用」自体への処分ではなく、「人事を巡る会社批判の投稿」への対処のようです。 小湊鐵道沿線に住んでいないファンが訪れるきっかけの1つとして一定の成果を収めているとも感じますが、同担当者はフォロワーノルマがあるのに肝心の運用指針は示されていない点など、会社側の対応に批判も記していました 社内事情を書くのもどうかと思いますが、先述のようにツイートは削除されています。 地方私鉄の公式アカウントとしては高松琴平電鉄が以前から積極的だったほか、同じく最近始めた岳南鉄道などもユーザー・フォロワーに寄り添ったツイートをしており、その親しみやすさで一定のファンを集めていました。 キハ40形入線についても、せっかくであれば 大々的なPRをして明るい話題として注目を集めれば、同社にとって最高の宣伝材料となったはずです。 何かともったいないと感じる方も多いのではないでしょうか。 車両導入に向けた一連の動きはフォロワーを中心に拡散され、結果としてファンの間で様々な話題となったほか、先述の貨車回送はYouTube動画も多く再生されており、ここまでの宣伝自体は一定の成果はあったようにも感じます。 一方で、車両譲渡には譲渡元となるJR東日本・輸送を担うJR貨物や陸送事業者など他業者を巻き込んだ動きとなることから、いくら会社の広報の動きが鈍かったとしても 一担当者の裁量で迷惑をかけるのは……という声もあります。 この辺りは賛否が大きく分かれるところかと思いますが、その後の対応も含めて1万人のフォロワーなど多くのファンを失ったほか、 担当者・会社ともにネットリテラシーの低さも露呈する格好となりました。 せっかく明るい話題で大注目となるところでしたが、自慢だった車両や設備だけでなく社内体制も古い……といった皮肉な話題となってしまいました。 肝心のキハ40形譲渡についても、 記事公開日現在は商業誌の荷受け主として判明しているものの、結局小湊鐵道からの正式発表はありません。 あくまで輸送完了後に公表する予定なのでしょうか。

次の

【小湊鐵道】只見線キハ40形2両譲渡へ・匂わせ過ぎた?Twitter騒動も

小湊 鉄道 キハ 40

小湊鉄道の従来車両(左右奥)とともに五井の車両基地に留置されているキハ40形(中央手前)。 【撮影:鉄道プレスネット編集部】 鉄道事業法では、鉄道車両を営業運転で使う場合、国土交通大臣の確認(車両確認)を受けなければならないと定めている。 小湊鉄道によると、現在はキハ40系の車両確認の申請に向け準備を進めているところ。 新型コロナウイルスの影響で今後のスケジュールは不透明な面があるとしつつ、年内の確認手続きの完了を目指しているという。 営業運転の開始はそれ以降になる見通しだ。 小湊鉄道の車両基地に搬入されたのは、キハ40系のうち、車体の両側に運転台があるキハ40形の2両(キハ40 2021・2026)。 JR東日本の只見線(福島県・新潟県)で使われていたが、3月のダイヤ改正にあわせて引退し、5月に郡山駅(福島県郡山市)から小湊鉄道の五井駅(千葉県市原市)に隣接する車両基地に搬入された。 キハ40系は1977年から1982年にかけて888両が製造された、国鉄の普通列車用の気動車。 1987年の分割民営化でJR旅客6社が引き継いだ。 老朽化のためJR線では順次引退している一方、引退した車両の一部は錦川鉄道(山口県)やミャンマー国鉄などが譲り受けて使用している。 小湊鉄道は五井~上総中野(大多喜町)間の39. 1kmを結ぶ小湊鉄道線を運営。 いすみ鉄道が運営する大原(いすみ市)~上総中野間26. 8kmのいすみ線と接続しており、房総半島の山岳地帯を縦断する鉄道ネットワークを形成している。

次の