満足 類語。 満足の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

『とことん』の意味や語源とは?類語やその使い方も解説していきます!

満足 類語

公開日: 2018. 06 更新日: 2018. 06 「悦に入る」の意味と使い方、由来、類語、「悦に浸かる」とは? 「悦に入る」という言葉をご存知でしょうか。 「一人悦に入っている」「悦に入った表情」などと言えます。 小説や映画の中で登場することがある言葉です。 日常会話でもよく使う言葉なので、見聞きしたことがあるという方が多いかもしれません。 ただ、知っていたとしても何気なく使っていたり、意味は分かっていないという人もいるのではないのでしょうか。 正しく使うためには、意味についてしっかりと理解しておきたいですよね。 そこで今回は「悦に入る」の意味や使い方、由来、類語について解説していきます。 適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「悦に浸る(ひたる)」は誤用!正しい使い方とは? 「悦に浸る」は誤りです。 正しくは 「悦に入る」となります。 「悦に浸る」は「喜びに浸る」などと混同して使われるようになったと思われます。 自分が進めた物事が上手く運んで、心の中で満足し嬉しく思っていることを表す場合に「悦に入る」を使います。 例えば、「自分が描いた絵が上手くて、満足する」「自分の演技が良くて、嬉しく思う」などは「悦に入る」と表現できます。 「悦に入る」「彼女は悦に入っている」などと、自分に対しても相手に対しても使うことができます。 基本的に「悦に入る」はプラスな場面で使いますが、マイナスな場面において自己満足や見当はずれの喜びなどに対して皮肉の意味を込めて使うことも多いです。 「何もかもできなくて悦に入る」「好きな人に振られて悦に入る」などと、ネガティブな言葉とともに使うことはありません。 言い回しとしは、 ・一人悦に入る ・悦に入ったものの ・悦に入った表情 などとなります。 「悦に入る」の例文 「悦に入る」の例文を紹介します。 ・彼は良いことがあったのか、ニヤニヤと一人悦に入っていて気味が悪い。 ・ライブ中、アイドルAが自分だけに微笑みかけてくれたと思い悦に入る。 ・念願のリーダーにやっとなることができ、彼は悦に入っていた。 ・今まで見たことがない珍しい虫を捕まえられて、一人悦に入っている。 ・どうやら彼女はぼーっと外を眺めて悦に入っているみたいだ。 ・物事に成功して遊びまわっている自分を思い浮かべ、悦に入る。 ・宝くじが当たると思い一人悦に入っていたが、実際そんな簡単には当たらない。 ・その時は自分が被害者になるとは考えていなく、悦に入っていた。 ・彼女は自分に気があるのだと思い、ニタニタと一人悦に入る。 ・学校の裏にいる野良犬は、耳の後ろを撫でてあげると悦に入った顔をする。 ・今までで一番良く自撮りが撮れて、一人ほくそ笑みながら悦に入る。 「悦に入る」の類語 愉悦(ゆえつ)する (意味:心の中から喜び満足すること) 「合格できて愉悦する」 小躍り (意味:喜んで舞い上がること) 「あまりの嬉しさに小躍りする」 浮かれる (意味:心がワクワクしてじっとしていられないこと) 「朗報に浮かれる」 勝ち誇る (意味:勝利して誇らしく感じる) 「すでに勝ち誇った表情を見せている」 大喜び (意味:大いに喜ぶこと) 「プレゼントが届き大喜びする」 ほくそ笑み (意味:事が上手く運び、一人で密かに笑うこと) 「よく分からないけれど彼がほくそ笑んでいる」 自己満足する (意味:自分の言動に満足すること) 「ただの自己満足でしかない」 はしゃぐ (意味:調子に乗って、浮かれること) 「彼ははしゃいでばかりで何もしていない」 ホクホクする (意味:あまりの嬉しさに顔がほころんでしまうこと) 「お金をたくさんもらえてホクホクする」 ニンマリする (意味:自分の思うように事が進み、笑みがこぼれること) 「出来栄えにニンマリする」 満喫する (意味:十分に満足するほど、心ゆくまで味わうこと) 「温泉旅行を満喫する」 気を良くする (意味:事が上手くいって、気持ちが良くなること) 「とにかく褒めていたら、すっかり気を良くしたそうだ」.

次の

「努めて」「努めてまいります」の意味とビジネスでの使い方、類語、漢字を解説

満足 類語

「努めて」の意味 「努めて」の読み方は「つとめて」 「努めて」は、「 つとめて」と読みます。 「努めて」の意味は「力を尽くして努力する」 「努めて」の意味は、「 できるだけ努力して」「 事を成し遂げるために力を尽くす」です。 「努めて」は、稀に「 勉めて(つとめて)」「 力める(つとめて)」などと表記されることもありますが、「努めて」と書くのが基本です。 ビジネスシーンなどでは、任された仕事に対して「努力します」という意味合いで「努めてまいります」などと使います。 「努めて」「務めて」「勤めて」の違い 努めて・・・・「事を成し遂げようとして力を尽くす」 務めて・・・・「役割や任務に当たる」 勤めて・・・・「一定の仕事に従事する・勤務する」 「努めて」「務めて」「勤めて」は、すべて「 つとめて」と読む類語です。 「努めて」は上述した通り、「 事を成し遂げようとして力を尽くす」という意味の言葉で、 事の実現に向けて努力することを「努める」といいます。 「務めて」は、「 役割や任務を引き受けて、その仕事をすること」で、例えば「生徒会長を1年務めた」というように、 責任を果たすために務めるというニュアンスがあります。 「勤めて」は、「 会社など、一定の仕事に従事する」という意味合いをもちます。 つまり、 会社などで働くことを「勤めて」といいます。 「努めてまいります」の敬語 「努めてまいります」は謙譲語なので上司に使える 「努めてまいります」は 謙譲語なので上司に使用できる言い回しです。 「努めてまいります」は、 「努めて」という言葉に「まいる」という謙譲語に「ます」という丁寧語で成り立っている言葉です。 「まいる」は、補助動詞「行く」「来る」の謙譲語として使用されているので、「努めてまいります」は、「 努力していきます」「 力を尽くしていきます」という意味になります。 つまり、「努めてまいります」は 「努力していきます」という自分の前向きな姿勢を上司や目上の人に伝えるときに使用する言葉です。 「まいります」は補助動詞なので漢字ではなくひらがなが正しい 「参ります」は「行く」の謙譲語だけでなく、 補助動詞「行く」「来る」の謙譲表現としても使います。 「参ります」を 補助動詞で使う場合は、「まいります」とひらがな表記をします。 別の動詞が直前にある場合は補助動詞になります。 本動詞の後に付けて謙譲のニュアンスを添えることができます。 「まいります」の例としては、 ・努めてまいります ・努力してまいります ・尽力してまいります ・精進してまいります などがあげられます。 「努めてまいります」のビジネスでの使い方と例文 就任・転職・異動での挨拶 「努めてまいります」は、 就任・転職・移動での挨拶といった場面で使用することができる言い回しです。 「頑張ります」という、自分のこれからすることに対する意気込みを「努めてまいります」という表現で丁寧に伝えることができます。 例えば、「 嘘偽りなく、真心をもって」という意味のある「 誠心誠意」という言葉を用いて、「誠心誠意、努めてまいります」といった言い回しをすると、さらに前向きに真剣な姿勢で努力をしていこうとする気持ちを伝えることができます。 皆様には大変お世話になり、深く感謝いたしております。 まだまだ至らない点もありかと思いますが、今後におきましても、弊社の発展のため、日々努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。 微力ではございますが、弊社の発展に誠心誠意努めてまいりますので、何卒前任者同様ご指導ご支援賜りますようお願い申し上げます」 履歴書 「努めてまいります」は、 履歴書でも使用することが多い言葉です。 履歴書の入社動機・自己PRで「努めてまいります」を使うことができます。 そこで使用されるのが「努めてまいります」という言葉です。 年賀状で、使用する「努めてまいります」は「今年もさらに努力しますのでよろしくお願いします」というような意味合いになります。 年賀状以外の挨拶文でも、「 これからもよろしくお願いします」という気持ちを伝える際に添える言葉としてよく使用されるので覚えておく便利です。 例文 「謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は大変お世話になりました。 本年もご期待に添えるよう努めてまいります」 「昨年は公私にわたり大変お世話になり、深く感謝申し上げます。 本年はより一層努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします」 「新春のお喜びを申し上げます。 おかげさまで弊社は、創業100年目を迎えることができました。 これも皆様のご愛顧の賜物と感謝いたしております。 今後も、ご期待に応えるべく努めてまいりますので、変わらぬご指導をよろしくお願いいたします」 謝罪 「努めてまいります」は、 謝罪や謝罪文でも使用することができます。 謝罪すると同時に「今後このようなことがないよう努めてまいります」と反省の気持ちを表現するときに使います。 まずは、 「大変申し訳ございません」という謝罪の気持ちを伝え、改善点や解決策を述べたうえで「今後はこのようなことがないように気をつけていきます」という気持ちを伝えることで、相手に誠意を示すことができます。 例文 「先程は、トラブル発生により、皆様には多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 同様のトラブル発生を防ぐため、再販防止に努めてまいりますので今後とも、ご理解ご協力のほでよろしくお願い申し上げます」 「この度は、多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。 今後、同じことがおきないよう、徹底した管理に努めてまいりますので、何卒ご容赦くださいますよう、お願いもうしあげます」 「ご指摘いただきました箇所の訂正が完了いたしました。 この度は私の不注意により多大なるご迷惑をおけしたことを深く反省しております。 今後二度と、同じミスを繰り返さぬようしっかりとした確認に努めます。 大変申し訳ございませんでした」 「努めてまいります」の類語 「精進してまいります」「精励する所存にございます」 「精進してまいります」をより堅い表現でいうと「精励する所存にございます」となります。 「 精進」は、「 しょうじん」と読みます。 「精進」の意味は「 一生懸命に努力すること」「 精神を集中して励むこと」です。 つまり、「精進します」の意味は「一つのことに精神を集中して、一生懸命努力します」となります。 相手に対して、自分の決心や決意を表明する言い回しで、目上の人に使うことができます。 「 精励」は、「 せいれい」と読みます。 「精励」は「 勉学や仕事などに精を出して励むこと」という意味のある言葉で、「精進」と同じく「頑張ります」という自分の決意を伝える際に使用される言葉です。 「所存にございます」は、 「思っています」という言葉の謙譲語であるため、精励する所存でございます」は、「 精を出して励もうと思っています」という気持ちを目上の人に対して伝えることができる言葉です。 例文 「これを機に、より一層精進してまいります。 今後ともよろしくお願い申し上げます」 「今後も社会への貢献と弊社の事業発展のために日々精進してまいります」 「今までの経験を活かして、早く皆様に貢献できるよう精進してまいります」 「先日は当方の不手際により、ご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。 新天地でも会社の発展のため、日々精進してまいる所存です」 「励んでまいります」 「励んでまいります」は、「 はげんでまいります」と読みます。 「励んでまいります」は、「励む」という言葉と「まいります」という謙譲語を組み合わせてできている言葉です。 「励む」の意味は「 気持ちをふるいおこして物事をする」です。 心を打ち込んで努力する・精をだすという気持ちを表現している言葉です。 「励んでまいります」は、「熱心に頑張ります・精を出して努力します」という前向きな気持を目上の人に伝える場面で使用する言葉です。 例文 「先日はお忙しい中、ご指導をいただきありがとうございました。 入院中は、お見舞いに来てくださり誠にありがとうございました。 今後は体調管理を万全に、より一層勉学に励んでまいります」 「この度は大変お騒がせいたしました。 心を入れ替え、日々励んでまいりたいと存じますので、今後ともよろしくお願い申し上げます」 「尽力いたします」 「尽力いたします」は、「 じんりょくいたします」と読みます。 「尽力いたします」は、「尽力」という言葉と「〜をする」という意味の謙譲語である「いたす」を組み合わせてできている言い回しです。 「尽力」は、漢字の通り「力を尽くす」という意味があります。 つまり、「 精一杯の力をだし、最大限に努力をする」という意味の言葉です。 ある目的のために、力を尽くして努力をすますと伝える言葉が「尽力いたします」です。 例文 「今後もより多くのお客様にご満足いただけるよう、尽力いたします」 「今後は、このようなミスを繰り返さないよう尽力いたします」 「微力ではございますが、尽力させていただく所存でございます」 「頑張ります」「頑張ってまいります」はビジネスでは不適切 「頑張ります」「頑張ってまいります」は、非常に簡単なフレーズで、使用してしまいがちですが、 ビジネスでは不適切です。 特に、上司など目上の人に使用する言葉としては カジュアルすぎる印象を与えてしまいますし、「口先だけだ」と思われかねません。 自分の「頑張ります」という気持ちをきちんと目上の人に伝えるためには、上述しているようなふさわしい敬語表現を使用するべきです。 同僚や、部下といった仲間内であれば「頑張ります」「頑張っていきましょう」というような言い回しで十分です。 相手との関係性や状況を見て判断しましょう。

次の

「堪能」の意味と使い方とは?読み方や例文で類語・対義語も解説

満足 類語

満足のいくように の意• 満足のゆくように• 申し分なく そのままにものに対して満足している、または、そのままにものに対して満足感を見せている の意• 慊焉たる 欲望や必要、食欲を満たす行為 の意• 満足させる行為あるいは事例 の意• 満足させること 要求に見合うさま の意• あらゆる側面で完璧で完全な; 必要な特性をすべて持つこと の意• 充実した• 完備した• 満足または喜びを与えるさま の意• 愉しい• 喜びを経験する、または明らかにするさま の意• 慊焉たる 満足感を与えるさま の意• 豊富ではなく必要または必要条件を満たすことができる量の の意• 要件または期待に添う の意• 何かを申し分なくやり終えた時に感じる満足 の意• 悪事に対する償い の意• 大いに満足すること の意•

次の