ダメージ 類語。 ビジネスでの「見受けられる」の使い方!正しい意味や類語も解説!

ダメージの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ダメージ 類語

2発のを被弾し、煙を上げながら傾斜する「」。 艦橋・CICなど枢要区画を焼損し、ミサイル弾庫にも火が迫ったが、適切な応急対処により鎮火に成功した。 軍事分野におけるダメージコントロール(: Damage control)は、特に火災・・あるいは等が発生したにおいて、・を保ち、予備とを維持し、を除去・を鎮火させ、ガスを排除、非常用の各装置を準備、被害の拡大を食い止め、負傷者を処置し、さらに故障を復旧・所要の動力等を供給することである。 一般的にを強化するといった被害自体を受けないようにする行為は「ダメージコントロール」の分野には含まれず、あくまで被害を受けた場合にその被害局限の対策を指す。 防火 [ ] 艦艇の火災は、応急対策上、下記の3種類に分けられる。 A火災 - 一般火災• B火災 - 油火災• C火災 - 電気火災 これらのうち、一般火災に対しては通常の海水による消火対応が可能であるが、油・電気火災に対しては原則的に海水の使用が不可である(万能ノズルを使えば油火災には対応可能)ため、化学消火装置による対応が必要となる。 海水消火管装置 [ ] 海水消火管装置( Fire main system)は、消火液としてを使用する装置である。 海水は、船底の海水吸入箱(sea chest)から吸い上げられて消火海水管に通水されたのち、上方の消火主管に導かれる。 これらの循環は、機械室などに分散配置されている消火海水を動力としている。 のの場合、通例、消火主管は第2(応急甲板)上に配置されており、艦が被害を受けた場合の防御を考慮して、なるべく舷側を避けて船体中心に寄せて配管される。 また損傷時に機能の損失を最低限に抑えるため、大型護衛艦の場合は艦の中央部前後で消火主管を左右に分けるリングメイン方式を採用しており、前後2区分以上と左右舷2区分以上で、計4区分以上に分割される。 このほか、片舷分は導設する甲板を変える場合もある。 消火主管からは、各水防区画内で枝管を導設し、が設けられている。 消火栓同士の距離は15メートル長のホース2本で接続できる範囲内とされているが、これは、仮に損傷によって艦内1区画内で消火主管が使用不能になった場合、当該区画の消火栓を、他区画の消火主管に属する消火栓とホースによって接続し、仕切弁を閉鎖することで、損傷箇所を迂回して海水を導くことで、海水の循環を極力維持するための措置である。 また中は消火海水ポンプが停止されることから、1甲板上の消火栓と陸上の消火栓をホースで接続することで艦内火災に備えている。 この消火栓には、消火管内の類による出力低下を防ぐため、(strainer)が設けられている。 ここに消火ホースを接続して、ホース先端のノズルから放水を行うことができる。 ノズルとしては万能ノズルが広く用いられているが、これはハンドルの位置によって、通常の直射放水のほかに水霧としての噴霧放水も実施でき、これによって油火災への対応を可能としている。 また火災箇所から離れた場所から放水できるよう、ノズル先端にアプリケータを取り付けることもできる。 アプリケータは先端が60度または90度に曲がっており、全長は4フィート(1. 2 m)、10フィート(3. 0 m)、14フィート(4. 3 m)の3種類がある。 通常、消火栓の近くにホース掛(またはホース籠)が設けられ、15メートル長のホース2本を連結して収容している。 片方のホースは平時から消火栓に接続されている。 近くの隔壁にはアプリケータもかけられていることが多い。 可搬式消火ポンプを用いて艦外から海水を取水する場合に備えて、アプリケータとともに消火用蛇管も隔壁に備えられているが、海水中の異物を吸入しないよう、こちらも濾し器を備えている。 また海水消火管装置から分岐して、弾庫散水管装置も設けられる。 これは艦の弾火薬格納区画に散水ノズルを設置して、爆発や誘爆を防ぐため散水を行うものである。 また甲板上には、汚染物除去のための甲板散水管装置や赤外線遮蔽のための赤外線対策散水管装置も設けられているが、これも海水消火管装置からの配管を受けている。 海水消火管装置からの海水は、他にも乗員の汚染除去や、さらには主錨・錨鎖の洗浄など様々に用いられる。 ハンガー上には赤いターレットノズルが配置されている(「」) TASは、一般・油火災用の水成膜泡消火と、油・電気火災用の粉末薬剤消火を同時に行うことができるもので、ヘリコプター搭載艦において、機械室やハンガー、に配置される。 水成膜泡消火では、放出区画付近に配置された比例混合器において泡消火薬剤と海水を混合して使用する。 放出は、リール式のハンドノズルのほか、ハンガー上に設置されたターレットノズル、ハンガー内の天井部に設置されたスプリンクラーヘッドによって行われる。 一方、粉末薬剤消火では、薬剤の放出はハンガー内の天井部に設置されたスプリンクラーヘッドとリール式のホース付ノズルによって行われる。 このため、ハンガー天井には水成膜泡消火と粉末薬剤消火の2系統のスプリンクラーヘッドが別々に設置されている。 TAUは、いわばTASを小型化して可搬式にしたものであり、一般・油・電気火災のいずれにも対応できる。 泡薬剤容器と混合器、粉末薬剤容器と加圧用窒素ガスタンク、ホースとハンドノズルを台車に設置しており、水成膜泡消火を行う場合は海水消火管装置の消火栓と混合器をホースで接続して、その海水を使用する。 通常、応急員待機所に配置されており、必要に応じて機動的に運用される。 泡沫発生器は一般・油火災用であり、TAU消火装置の水成膜泡消火装置を簡易化したものであるが、大重量で艦内運搬は不便であるので、基本的には火災現場までホースを接続して泡を放出して使用する。 15メートル長のホース2本まで接続可能である。 ハロンガス消火装置 [ ] による消火装置であり、一般・油・電気火災のいずれにも対応できる。 航空動力室、発電機室、ポンプ室、塗料・油脂倉庫に設置されており、ハロンガスが人に対して有害であることから、火災区画から人を待避させて扉・ハッチを閉めて密閉した上で使用する。 ただし機械への悪影響がないため、消火後、区画内にあって焼損していない機械は点検なしでただちに使用できるというメリットがある。 防水 [ ] 浸水制限 [ ] 艦船の設計にあたっては一定のが見込まれており、浸水があってもある程度までなら沈没を避けることができるよう配慮されている。 特に軍艦の場合は、過酷な戦闘に耐えて各種の被害に対しても十分な抗堪性を保持できる区画配置と強固な船体構造が要求される。 現代の護衛艦の場合、DE級の小型艦では2区画グループ、DD以上の大型艦では3区画グループまで、あるいは破口の長さが水線長の15%までと定めるのが一般的とされている。 また浸水時に耐えられる限度として、限界線(boundary line)が設定されている。 アメリカ海軍の場合、限界線は隔壁甲板舷側点から76mm下としているが、これは商船の数値と同じである。 水線下に損傷を受けると、特に中小艦艇の場合は、復原力や予備浮力、船体強度の低下によって沈没に至ることが多い。 このため、浸水区画から排水する一方、対側の区画にあえて注水することで復原力を保つこともある。 防水作業 [ ] 船体に破孔やクラックが生じた場合、特に浸水の原因となるならば、早急な遮防が必要となる。 完全な防水閉鎖ができなくとも、排水ポンプやエダクターとあわせて浸水量を減少させることで、艦の復原性・浮力維持には有用である。 艦内から遮防作業を行う場合、破孔に毛布・マットや箱パッチを当てて、その上から当て板を当てる。 その近くで、ロンジビームなどを活用して縦方向の支柱を立てて、当て板との間に梁支柱を突っ張ることで、水圧に対抗するのである。 これらの支柱としては、艦内に備えられた木製の角材が使用され、その場で必要な長さに切り出して用いられる。 また可能な場合は、艦外から箱パッチをあてることで、水圧によって密着させることも行われる。 このほか、特にクラックの場合は、艦が航行するとともに割れが伝播して拡大するので、小さなクラックに対しては傷の両端にあえてドリルで穴を開ける(クラック・アレスタあるいはストップ・ホール)ことで進行をストップさせることもある。 角材により艦内補強作業中の米海軍の応急員 応急組織 [ ] 海上自衛隊の場合、第3分隊(機関科)内に応急長および応急士が配置されており、応急作業の指揮にあたる。 専門の要員としては応急工作員がいるが、最初の損傷によって応急要員が全滅し、残った乗員が応急対策に不慣れであったために艦の喪失につながった例も少なくなかったことから、現在では全乗員が応急対策の訓練を受けるようになっている。 また応急要員が全滅することを避けるため、自衛艦の場合は応急員待機所を艦の前・中・後部の2・3ヶ所に分散配置している。 現在の護衛艦では遮浪甲板型かそれに準じた船型を採用しており、2層の全通甲板(あるいはほぼ全通した甲板)を有するが、このうち下側の第2甲板が応急甲板として位置付けられており、応急対策の首座となる。 上記の応急員待機所や、作業を統括する応急指揮所もこの甲板に設けられている。 また1980年代以降に建造された護衛艦では、応急指揮所に応急監視制御盤を搭載している。 これは主要区画の火災の早期発見や各種タンクの監視、補機類の作動・運転状況を1個のコンソールに統合したものである。 呼吸用保護具としては、以降、循環式呼吸装置である酸素呼吸器()が広く用いられてきた。 これはによってを吸収するとともにを供給するものであるが、逆に酸素供給過多に陥る場合があるなどの欠点があったことから、アメリカ海軍では、より空気タンクを用いる自給式呼吸器()への更新に着手した。 またでも、よりSCBAに移行している。 負傷者や火元の確認用の ノウハウ [ ] などの「ダメージコントロール」については、やの頃から艦艇などの被害を軽減する方法として知られていた。 現在、この分野においては、中に大規模な海戦を経験したやの頃の戦訓を取り入れたのは、世界でも類を見ないものになっている。 一方、日米の艦艇と比べると、それらの経験が比較的少ない諸国やの艦艇は、被害対策に対する意識の違いが表れているのが分かる。 ヨーロッパ諸国やロシアの艦艇は居住区などの居住性が良い一方で、現在でも可燃性のある材質を使用していたり、延焼を食い止める構造が弱かったり、被弾すると危険な箇所に士官室が配置されていたりする。 近年、増強著しいの艦船も、ダメージコントロールのノウハウにおいては基準と比較しても開きがあるという。 こういったものは実戦を経験して初めて得られるノウハウでもあるため、訓練等で補うのは難しい。 においての攻撃を受けたの「」は、機関部がシフト配置でなくパラレル配置になっていたうえに製の隔壁や仕切弁が融解したため、機械室が容易に延焼してしまった。 艦は放棄され、数日後の曳航中に荒天に遭遇、沈没している。 この事件について、の著名な海軍史家であるは、「現代の精緻な軍艦は対艦ミサイルに耐えられないという誤解が蔓延したが、20年にわたる冒険的なコスト削減のツケがとうとう回ってきたというのが実態である」と評している。 反対に、それらの経験を踏まえて設計された艦艇・訓練を行っているアメリカ海軍では、やにおいて、ダメージコントロールを迅速・確実に行った結果、(非戦時で、安全な後背地が近かったこともあり)米艦艇は沈没を免れている。 もっとも先見の明というものはあり、太平洋戦争においてはじめて実戦投入された艦種であるのダメージコントロールについて、日本海軍は実戦で甚大な被害を受けてからようやく対策に乗り出した反面、アメリカ海軍は実戦を経験する以前から対策に余念がなかった。 詳細は「」を参照 医療 [ ] 重傷により (代謝性、、)が切迫した場合、これに大規模な根治的手術の侵襲が加わると、患者にとって致死的となりかねない場合がある。 この場合、呼吸と循環に関わる損傷の治療を最優先とし、それ以外の部分は全身状態が良くなってから二期的に再手術とすることがある。 この場合の初回手術はとして、開胸・開腹術では、ガーゼ圧迫留置(パッキング)や単純結紮など止血と汚染回避に徹した簡易術式が選択される。 腹腔内圧が高く閉腹困難である場合、輸液用のフィルムバッグによる閉腹(silo closure)も検討される。 多くの機関では、ダメージコントロールの思想を駆使して、多発外傷患者の救命に全力を尽くしている。 スポーツ [ ]• 196-212. 258-270. Naval Sea Systems Command. アメリカ海軍. 2007年4月6日閲覧。 「船体・艤装・機関 特集 新型護衛艦「あきづき」 - 徹底解説 最新鋭DD「あきづき」のハードウェア 」『世界の艦船』第764号、海人社、2012年8月、 100-109頁、。 116-117. , pp. 271-296. , p. 289. 参考文献 [ ]• 2012. 海人社, 編纂. 「今日のダメコン そのハードとソフト ダメージ・コントロール 」『世界の艦船』第436号、海人社、1991年5月、 76-83頁。 海野, 陽一「ダメージ・コントロールの歩み ダメージ・コントロール 」『』第436号、海人社、1991年5月、 70-75頁。 『いまこそ知りたい自衛隊のしくみ』、2004年。 森, 恒英「2. 護衛艦」『続 艦船メカニズム図鑑』グランプリ出版、1991年、16-135頁。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

「お察し」の意味や類語、「お察しします」の正しい使い方と例文集

ダメージ 類語

諸刃の剣と言う言葉の意味は、相手に攻撃すると同時にこちらもそれなりに傷を負うと言う意味になり、このやり方をすればこちらにも多少のダメージはあるけれど、相手に確実にダメージを与えることができる方法や道具全般のことを指します。 あるいは、正しい使い方をして入れば大変便利なものだけれど、一歩でも使い方を間違えると、とんでもない事態を引き起こす存在全般のことを指し、移動手段として大変便利ではありますが、運転手が使い方を間違えれば事故などを起こす可能性のある車は最も身近な諸刃の剣と呼べるでしょう。 使い方と例文 では、諸刃の剣というのはどういう使い方をするのでしょうか。 先に意味を紹介したとおり、諸刃の剣と言うのは便利だけれど使い方を間違えるととんでも無い事を起こす存在にも使われる時もあるのですが、それを踏まえると、諸刃の剣と言うのはこのように使用されます。 ・重工業機械の事を意味して「この機械が無ければ仕事ができないが、危険と隣り合わせの諸刃の剣だ」 ・ゲームの一覧で、一発逆転ができる課金アイテムがあるがそれがすごく高価である事を意味して「この課金アイテムは諸刃の剣だ」 ・意中の人の気をひくチャンスが巡って来たが、一歩間違えると印象が最悪になる手段を意味して「この方法は諸刃の剣だ」 「諸刃の剣」の意味の語源と由来 語源と由来 諸刃の剣の「もろ」と言うのは、両刃の剣の事を指します。 この諸刃の剣の筆頭は、ルネッサンス期まで使用されていたマインゴーシュであり、日本では青銅の剣なのですが、切れ味を追求されたサーベルの登場以前のヨーロッパではこの剣が主流で、日本でも短刀に対して「諸刃作り」と言う技法を使用し、両刃の刀を作る技術があります。 通常、剣や刀と言うのは長い棒を薄く伸ばし、ややカーブした胴体に刃をつけて切れるようにするのですが、通常、刃は剣を振るう人の安全を考慮し、片方にしか付けません。 しかし、あえてこれを両側につけたのが諸刃の剣で、こんな剣を実際に使ったら自分の身も傷つけてしまうので、この危険な諸刃の剣が語源となり、諸刃の剣と言う言葉は生まれました。 しかし、この文章の後に書いてありますが、実際の剣は切るためのものではないので、ちょっとリアルの剣と比べると、がっかりしてしまう所があります。 リアルの諸刃の剣は本当に危険なのか 鉄の両方に刃が付いていて非常に危険な剣と言うのを意味する諸刃の剣なのですが、実は実際の諸刃の剣は全く切れない剣です。 理由はその製法にあり、元々型に流し込み大量生産をしていただけだったので、刃をつけるなんて言う方法は使われていません。 刃がついた片刃刀は「半月刀」とも呼ばれ、武器の切れ味と意味を追求する過程で生まれました。 諸刃の剣と言うのはそれ以前に生産されたものなので、用途としては斧やナタに近い所があります。 斧も、切ると言うよりは打ち付ける事で木を切り、ナタも、切ると言うよりは叩きつけると言う方が正確な切り方をしますが、実はリアルの諸刃の剣も切ると言うよりは叩き割る、切ると言うよりは打ち砕くと言う武器です。 「諸刃の剣」と「諸刃の刃」の意味と違い ところで、「諸刃の剣」と書かず、「諸刃の刃(もろはのやいば)」と書いて同じ意味とする時がありますが、この諸刃の剣と諸刃の刃、実はパソコンの変換ミスでも無く、まして別物でもありません。 この諸刃の剣諸刃の刃の違いについて説明します。 「諸刃の刃」の意味 諸刃の刃の意味は、諸刃の剣と同じで、それを使えば自分にとって有利だけれど、使った事によって自分も多少ダメージを受ける事。 になります。 実は、日本語では剣と言う武器の文化がないせいか、「刃」と書いて刃物全般を指す時代もありました。 もちろん、現代において日本語でも刀と剣は明確に区別がつけられているのですが、現在でも「刃物」と言ってカッターナイフから日本刀まで日常にある全ての刃物全般を示すように、いかにこの剣と言う観念は最近日本語として組み込まれたものか、いかに日本人にとって刃物の武器と言えば刀であったのかと言うのがよくわかる言葉です。 違い 諸刃の剣と諸刃の刃の違いというのは、剣か刃か。 と言う事でしかありません。 意味は同じ、用途も同じ、使い方も同じという、一文字違うだけで、全く同じ意味と言葉になります。 ただ、諸刃の剣の方が現代では有名な表現なので、「諸刃の刃」と言っても通じる人はあまりいませんし、ちゃんとした意味で使っているつもりだったのに諸刃の刃と諸刃の剣が同じ意味だと言う事を相手が知らず、それは違うと指摘されてしまいます。 両方とも同じ意味なので、どちらを使っても構わないのは本当なのですが、一時期、昔の文学独特の表現で驚いた時の表現として「すわ」と言うのを復興させるのが流行していた時がありましたが、これと同じで、あまりにも昔の言い方だと、誰も通用せずに終わってしまう可能性があるので、ちゃんと「諸刃の剣」と言いましょう。 「諸刃の剣」の類語と言い換え ところで、日本語は1つのものや存在を表すのにいくつもの言い方や表現をしますが、諸刃の剣には、諸刃の刃以外での別の表現や言い換えの表現というのはあるのでしょうか。 類語 諸刃の剣の言い換えは、危険が多い様子や、危険な実験や冒険になる可能性がある事を示す「リスキー」「リスキーな」。 主に、投資の世界で表現される表現になります。 後、単純に「 自分もただでは済まない」と表現する時もあります。 そして、「失敗をすれば取り返しがつかない」を筆頭とした、「失敗をしたらこっちも〜」と言う言葉を含んだ表現は大体諸刃の剣と同じ意味であり、言葉の言い換えになっています。 これ以外も「見返りは多いがリスクも高い」「ハイリスクハイリターン」と言う言葉も、諸刃の剣の言い換えとしては最適でしょう。 「諸刃の剣」の意味の慣用句.

次の

鋭さの効果とは?武器の使い方と入手方法を解説!

ダメージ 類語

虎穴に入らずんば虎子を得ず [読み] こけつにはいらずんばこじをえず [意味・解説] リスクを取って実利を得る事. 危険を冒さないと望んだものは手に入らないという事. 物事の成就には覚悟が必要. [ 中国語] 不入虎穴 , 焉得虎子 [類義語] 枝先に行かねば熟柿は食えぬ えださきにいかねばじゅくしはくえぬ スポンサードリンク [類語・同義語] 1, リスクを取る You must climb the mountain if you would see the plain. 中国のことわざ 平野を見るなら 山を登れ [意味・解説] 眺めの良い場所へ行くには周辺よりも高いところまで登らなければならない. 上に立つならば, 高い目標を持っているならば, その頂きを目指して実力で上に立つしかない 2, 痛みを伴ってこそ No pain , no gain. 苦労せずして 喜びなし [意味・解説] 何事にも準備が必要であるし苦い経験も必要である. 何もしないでお金が儲かるという話は後で苦労する未来を暗示している. 練習は裏切らないし, ひと手間掛けたものこそ評価される. スポンサードリンク 3, 厳しい環境が生むもの It is the great north wind that made the Vikings. ノルウェーの名言 バイキングを生んだ 偉大なる北風よ [意味・解説] 厳しい環境にいた方が人は強くなる. 日々 鍛えられる環境はその者を逞しく成長させる. 4, リスクと背中合わせ Thorns and roses grow on the same tree. クルド人のことわざ 美しい薔薇には トゲがある [意味・解説] どんなものにも短所長所があること. 一見華やかなものでも, うかつに近づくと傷ついてしまう可能性がある, 欲しいもの, 喉から手が出そうなもの, 念願のものなど, 願望を簡単に叶えてしまうものなど注意する必要がある. またそのトゲのような障害をうまく乗り越えられるような立場であればその恩恵を享受することもできる. 何事も首尾よく進行すると考えずに よく見極めていけば案外 朗報が期待出来る. スポンサードリンク 5, 対価を払って A beautiful woman smiling , bespeaks a purse weeping. イタリアのことわざ 美女の微笑み 財布の悲鳴 [意味・解説] 憧れの異性をものにしたいと思えば, そこにはライバルがいる. どんどんアピールするためにはお金も必要になってくる. 彼女が喜んでくれれば尚更にである. バントゥー族の諺 その道は 旅人に 行き先を教えない [意味・解釈] 旅路は決してその先の難所を教えたりはしない. 人生の起こりうる将来は誰も教えたりはしてくれない, コンディションが悪くなろうと自分で進んでいくしかないのである. スポンサードリンク 7, 行動を起こして得る If you want clear water, draw it from the spring. ポルトガルの教え きれいな水が欲しければ 湧き水から引き入れろ [意味・解釈] 井戸の水がキレイでなければ清水から汲んで来るしかない. 不満があればその場から離れるか現状を改善させる事である. スポンサードリンク [対義語・反義語] 反対語1, 登りつめるほど The highest tree hath greatest fall. ルーマニアのことわざ 最高の木は 最高の落差がある [意味・解釈] 期待が高ければ高いほどリスクも大きくなる. 見晴らしも素晴らしいかもしれないが, 登りつめた分だけ落ちた時のダメージも大きい. うまく行っている時ほど気をつけた方が良い場面がある. 反対語2, 好物を得るには The cat also likes fish but keeps away from water. ハンガリーの諺 魚好きの猫 水を嫌う [意味・解説] 魚が好物な猫は水を極端に嫌う. 大好きなものでもその障害があまりにも大きいケースがある. 苦手なものは克服しなくてはならないがどうする事も出来ないものもある. スポンサードリンク.

次の