ブリザード 歌詞。 三浦大知 Blizzard 歌詞

三浦大知 Blizzard [Movie Edit

ブリザード 歌詞

---------------- Blizzard, Oh! 広大な雪景色を感じさせる壮大なサウンドとキレの良いベースラインが特徴的なこの曲は、1984年発売のアルバム『NO SIDE』に収録され、1987年公開の映画『私をスキーに連れてって』の劇中歌に採用されました。 現在でも冬ソングと検索すればランキング一覧のページ等で名前を目にすることがあり、YouTubeの公式試聴動画は2019年12月現在36万回を超える再生回数を記録。 リリースされて30年以上たった今もなお愛されている名曲です。 」 曲に登場する「Blizzard」とは、雪山での吹雪のこと。 スキーを楽しむ2人を突然の吹雪が襲います。 しかし曲中の女性はそれを、自分たちを周りの世界から切り離して孤立させることができるカーテンのようなものとして捉えているように感じられます。 「二人きりで挑む一面真っ白の世界」というなんともドラマチックな状況設定が恋する男女の心を鷲掴みにして離しません。 少し離れればもう見えなくなってしまうような悪天候の中「あなた」の背中を追いかけるようについていく主人公の女性。 2人の世界から取り残されないように、必死にもがきます。 ユーミンはその状況を、曇りの晴れない不安感の中で想いを募らせるという、恋愛に悩む女性の心理像とピッタリと一致させました。 心情と状況をマッチさせることで、歌詞に臨場感と説得力を生んでいます。 ふと訪れる静かな美しさ。 まさにその逸話の通り、ゲレンデではキラキラとした雪の結晶の美しさや冷え切って澄み渡った空気を感じ取ることができます。 日常とは切り離された、非日常の世界です。 そこで「あなた」と2人きりになれるのならば、こんなに素敵な瞬間はないのではないでしょうか。 この一節では、今まで語られていた不安感や一生懸命さからの解放を経てガラッと雰囲気を変え、静かな冬の美しさを感じる瞬間を切り取っています。 毎日の生活から切り離され、全身を使って大自然の息づかいを感じながら風を切る。 そしてふとした瞬間にまるで世界がスローモーションのように静かになり、美しくキラキラして見えるような感覚。 スキープレイヤーであればこんな瞬間を経験したことのある人もいるのではないでしょうか。 一度再生すれば、歌詞に浸るうちに記憶と感情が揺さぶられてしまうユーミンならではの作詞術が確かに息づいています。 普遍的な状況を普遍的なエモーションに重ね、大自然の美しさとともに描き切る気持ちよさです。 こういった点が、CDより前のレコードの時代から2019年現在になってもなお冬ソングの定番として愛され続ける理由の一つかもしれません。 TEXT ヨギ イチロウ.

次の

The Blizzard [Live][*] ([ライブ] ブリザード [*]) の歌詞

ブリザード 歌詞

こちらは映画版MVです。 反則的な強さのブロリーとぶつかり合う悟空とベジータ。 ブロリーは次々と進化を重ねては、悟空たちの前に立ちはだかり、最後にはサイヤ人ブルーの状態の悟空・ベジータと渡り合う。 悟空&ベジータVSブロリーの大規模バトルが展開していく。 圧巻のバトルシーンが特徴的です。 映画限定の敵キャラなのに、強敵のメインを張るほど群を抜いて強かった。。。 今回紹介する主題歌 「Blizzard」が このブロリーとのバトルシーン を更に盛り上げます。 主題歌を担当した三浦大知は 大人の思う子供らしさと、今の子供達が思う子供らしさ、リアルに思ってる子供らしさにはズレがある。 と楽曲に対する想いを語っています。 盛り上げてかっこいい楽曲 これが本楽曲のテーマのようですね。 確かに後述していく歌詞でも• 盛り上がる• かっこいい 要素・表現がふんだんに使われています。 そしてこちらが三浦大知verのMV。 MVでは、劇中の戦闘シーンに登場する 「氷の世界」 がイメージされているとのこと。 三浦が氷を砕き割り自らをさらけ出すことで歌詞に込められた 「自分自身を超えていく」というメッセージを表現している。 フリースタイルのダンスにも注目です。 では、本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 単色の大地 朝でも暗い 張りつめた大気 並ぶ氷塊 右に倣え そう教えられて 似たような幸せ 気付けば呼吸まで凍りつく ここは分厚い氷の真ん中 いつからか閉ざした心の殻 気体を詰め込む圧が乱反射 鼓動が己に問いただす 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して ありふれた正解より ひとつだけの答えを Oh Oh Oh Oh 選ぶのは他の 誰でもないのさ ここにしかない未来へ ぼんやりしていた 明日の輪郭 集めたピースも 今じゃチグハグ 世に蔓延る 見えない不条理を 照らし出す太陽 この胸に滾る熱い炎 ここは分厚い氷の真ん中 水蒸気に湿る心の殻 にじみ出てきた光が乱反射 この宇宙のすべてを照らす 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して 何を背負っていたって その手の中の人生 Oh Oh Oh Oh 決めるのは他の 誰でもないのさ 君にしかない未来へ 狭い世界 塞ぐふた 枯れた夢 絡むツタ 深い霧 叫ぶ今 すべて吹き飛ばすLike A Blizzard Break the ice Break the ice Break the ice now Break the ice Break the ice Break the ice now 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して ありふれた正解より ひとつだけの答えを Oh Oh Oh Oh 選ぶのは他の 誰でもないのさ ここにしかない未来へ 物語は続いてく スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 単色の大地 朝でも暗い 張りつめた大気 並ぶ氷塊 右に倣え そう教えられて 似たような幸せ 気付けば呼吸まで凍りつく 映画版MVからも分かりますが 決戦の場は、まさに 「Blizzard」ともいえる、大氷塊の中。 単色で暗い大地は、お遊戯ではない 「真剣バトル」を強調させる。 この部分の歌詞の後半では、 なんの凹凸もない人生は面白味がない と説いており、 「非日常」を感じさせます。 ここは分厚い氷の真ん中 いつからか閉ざした心の殻 気体を詰め込む圧が乱反射 鼓動が己に問いただす 心を閉ざす=なにかに怯えている 心を閉ざして何もしないと、何も成すことができない。 「前向きであることの大切さ」そのメッセージ性が強いです。 気体を詰め込む圧とは ドラゴンボール特有の 戦士達を覆うオーラのことでしょう。 サビ1 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して ありふれた正解より ひとつだけの答えを Oh Oh Oh Oh 選ぶのは他の 誰でもないのさ ここにしかない未来へ 聳える強大な壁 これは、映画でいうブロリーを指す。 「壁を乗り越えていく」 これは私たちの日常でも必要性は同じで、成長するにはなにかに挑戦していくしかないのです。 すべては自分のために、自分で未来を切り開いていくしかないのです。 当たり前な事ですが、自分の選択次第で未来なんてどうとでも変わります。 「壁を乗り越える」「成長」「進化」 まさにドラゴンボール要素ですね。 2番に移ります。

次の

松任谷由実 BLIZZARD 歌詞

ブリザード 歌詞

こちらは映画版MVです。 反則的な強さのブロリーとぶつかり合う悟空とベジータ。 ブロリーは次々と進化を重ねては、悟空たちの前に立ちはだかり、最後にはサイヤ人ブルーの状態の悟空・ベジータと渡り合う。 悟空&ベジータVSブロリーの大規模バトルが展開していく。 圧巻のバトルシーンが特徴的です。 映画限定の敵キャラなのに、強敵のメインを張るほど群を抜いて強かった。。。 今回紹介する主題歌 「Blizzard」が このブロリーとのバトルシーン を更に盛り上げます。 主題歌を担当した三浦大知は 大人の思う子供らしさと、今の子供達が思う子供らしさ、リアルに思ってる子供らしさにはズレがある。 と楽曲に対する想いを語っています。 盛り上げてかっこいい楽曲 これが本楽曲のテーマのようですね。 確かに後述していく歌詞でも• 盛り上がる• かっこいい 要素・表現がふんだんに使われています。 そしてこちらが三浦大知verのMV。 MVでは、劇中の戦闘シーンに登場する 「氷の世界」 がイメージされているとのこと。 三浦が氷を砕き割り自らをさらけ出すことで歌詞に込められた 「自分自身を超えていく」というメッセージを表現している。 フリースタイルのダンスにも注目です。 では、本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 単色の大地 朝でも暗い 張りつめた大気 並ぶ氷塊 右に倣え そう教えられて 似たような幸せ 気付けば呼吸まで凍りつく ここは分厚い氷の真ん中 いつからか閉ざした心の殻 気体を詰め込む圧が乱反射 鼓動が己に問いただす 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して ありふれた正解より ひとつだけの答えを Oh Oh Oh Oh 選ぶのは他の 誰でもないのさ ここにしかない未来へ ぼんやりしていた 明日の輪郭 集めたピースも 今じゃチグハグ 世に蔓延る 見えない不条理を 照らし出す太陽 この胸に滾る熱い炎 ここは分厚い氷の真ん中 水蒸気に湿る心の殻 にじみ出てきた光が乱反射 この宇宙のすべてを照らす 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して 何を背負っていたって その手の中の人生 Oh Oh Oh Oh 決めるのは他の 誰でもないのさ 君にしかない未来へ 狭い世界 塞ぐふた 枯れた夢 絡むツタ 深い霧 叫ぶ今 すべて吹き飛ばすLike A Blizzard Break the ice Break the ice Break the ice now Break the ice Break the ice Break the ice now 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して ありふれた正解より ひとつだけの答えを Oh Oh Oh Oh 選ぶのは他の 誰でもないのさ ここにしかない未来へ 物語は続いてく スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 単色の大地 朝でも暗い 張りつめた大気 並ぶ氷塊 右に倣え そう教えられて 似たような幸せ 気付けば呼吸まで凍りつく 映画版MVからも分かりますが 決戦の場は、まさに 「Blizzard」ともいえる、大氷塊の中。 単色で暗い大地は、お遊戯ではない 「真剣バトル」を強調させる。 この部分の歌詞の後半では、 なんの凹凸もない人生は面白味がない と説いており、 「非日常」を感じさせます。 ここは分厚い氷の真ん中 いつからか閉ざした心の殻 気体を詰め込む圧が乱反射 鼓動が己に問いただす 心を閉ざす=なにかに怯えている 心を閉ざして何もしないと、何も成すことができない。 「前向きであることの大切さ」そのメッセージ性が強いです。 気体を詰め込む圧とは ドラゴンボール特有の 戦士達を覆うオーラのことでしょう。 サビ1 聳える強大な壁 超えるのは誰のため Oh Oh Oh Oh 自分を目指して ありふれた正解より ひとつだけの答えを Oh Oh Oh Oh 選ぶのは他の 誰でもないのさ ここにしかない未来へ 聳える強大な壁 これは、映画でいうブロリーを指す。 「壁を乗り越えていく」 これは私たちの日常でも必要性は同じで、成長するにはなにかに挑戦していくしかないのです。 すべては自分のために、自分で未来を切り開いていくしかないのです。 当たり前な事ですが、自分の選択次第で未来なんてどうとでも変わります。 「壁を乗り越える」「成長」「進化」 まさにドラゴンボール要素ですね。 2番に移ります。

次の