インデラル錠10mg。 インデラル錠10mg

インデラル錠の飲み方と効果や副作用!半減期や効果時間!酒は?

インデラル錠10mg

インデラル錠の効果は?効果時間や半減期など!飲み方のポイントも インデラルは、主に高血圧症や狭心症の発症予防に適応があるとされている薬ですが、これによって心拍数を正常に保つ効果があるので、あがり症や緊張時に起こる動悸を抑制する効果も得られるとされていて、あがり症の治療薬としても使われています。 そして、緊張時に声が震える方もいると思いますが、これは動悸から起こることが多いので、動悸を抑えることで声の震えも改善することができるそうです。 それから、インデラルは服用してから1時間ほどで効果が現れ始め、そのあと3~4時間ほどすると半減期になるので、効果時間は4時間程度持続するとされています。 このように、それほど効果時間が長くないため、薬による倦怠感が残りにくいのはメリットで、例えば面接や会議など緊張状態になることが分かっている場合に、事前に飲むことで対処できる便利な薬です。 飲み方のポイントは? 面接や会議など、緊張状態になる予定の30分~1時間前に服用することがオススメで、人によって効果が現れる時間は個人差があるので、大事なシーンを迎える前に一度試しておくと良いでしょう。 そして、高血圧や不整脈の場合は、30mg~60mgを1日3回服用し、最大で120mgまで増量して良いとされていますが、あがり症を改善する目的の場合は、0. 5~1. 5時間前に10mg~40mgを服用するという違いがあるので注意しましょう。 デパスとはどう違うの? インデラルはあがり症対策の薬ですが、一方で抗不安薬でデパスなどもあります。 なので、動悸からくる声の震えなどで悩んでいる場合はインデラルがオススメですし、インデラルを服用しても効かない場合は、デパスなどの抗不安薬を服用するという方が多いようですね。 ちなみに、インデラルと抗不安薬を併用する方もいるようですが、飲み合わせに注意がある場合もあるので、確かめてから併用するようにしましょう。 妊娠中は服用しても良い? インデラルには、妊娠中の投与により新生児の発育遅延、血糖値低下、呼吸抑制が認められたという報告があるそうなので、緊急時ややむを得ない場合を除いては投与しないことが望ましい薬とされています。 そのため、以前からインデラルを服用している方が妊娠した場合は、医師に相談して別の薬に変更してもらった方が良いでしょう。 インデラル錠の副作用は?飲み合わせの注意点も インデラルはあまり副作用が多くない薬とされていますが、それでも少なからず次のような症状が報告されています。 ・ 倦怠感、めまい ・ 徐脈(脈が弱くなる) ・ 心不全(特に高齢者) ・ 喘息発作 それから、ごくまれではありますが ・失神や発熱 ・喉の痛み ・口内炎 ・皮下出血 ・鼻血 ・低血圧 ・冷え ・しびれ ・目の違和感 ・抑鬱 ・眠気 ・不眠 ・幻覚 などが現れることもあるので、異変を感じたらすぐに医師に相談し薬の服用を中止しましょう。 そして、気管支喘息や気管支痙攣、低血圧症の方はそもそも服用を禁止されているので注意してください。 飲み合わせの注意点は? インデラルには、次の通り飲み合わせに注意が必要な薬があります。 3、禁煙薬チャンピックス 禁煙外来で処方されるチャンピックスを併用すると、インデラルの代謝に影響し、血中濃度が変動するリスクが高まるそうです。 このほかにも、高血圧症薬のジルチアゼムや、心臓の薬のジギタリス薬や抗不整脈薬などにも徐脈を引き起こす恐れがあるため、併用については注意する必要があるそうです。 アルコールは? インデラルに限らず、精神疾患に処方される薬の多くは、アルコールと同時に服用することについて注意を要するとされています。 そして、インデラルの場合は禁忌ではないのですが、併用することによって効果が強くなりすぎたり、それによって重篤な副作用が現れることがあるそうなので、インデラルを服用しているときにはアルコールはできるだけ避けるようにしましょう。 スポンサーリンク インデラル錠の口コミまとめ! それでは、実際にインデラルを使った方の口コミとして、インデラルジェネリックを使った方の口コミをチェックしていきましょう。 ・ yasushi(男性) 会議での発表時に声が震え、それを自分の耳で聞いて更に震えるということが今まであったのですが、これを飲んで臨むとビックリするぐらい落ち着いていました。 とにかく心臓がドキドキしなくなり助かっています。 ・ 春子(女性) 勤務先の朝礼当番が苦痛で仕方ありませんでした。 人前で話すと声は震えるし、足に至っては貧乏ゆすりの3倍くらい震えて恥ずかしい思いをしました。 心療内科に行き処方された薬が効かず最後の手段として勇気を出してこの薬をネットで買ってみて、今日朝礼に挑みました。 そうしたらなんと!!! 声も足もまったく震えず終える事ができました! わたしには、本当に効果抜群です。 ただその後、気が緩んだのか副作用かどうかは定かではありませんが、眠気とだるさがやってきました。 でも今後も頼る事になりそうです。 ・ r. r(女性) とてもよく効いて、ほんとうに購入してよかったです。 何より驚いています。 歌を歌っているのですが、あがらずに歌えたことがなく、練習が無駄なように思えてひどく落ち込んでいました。 こちらの薬を知って試してみました。 本当に心臓がドキドキしません。 何年歌っていても心臓が毎回バクバクだったのに。 心臓がバクバクすると息が上がって声が上ずり、何度も人前に出るのはやめようかと思いました。 練習どおりに本番でできたことが本当に嬉しかったですし、これができるなら、何も怖くないし、不安がありません。 練習の甲斐があります。 いままで本当に辛かったです。 ありがとうございました。 ・ トト(男性) ずっとピアノをやっているのですが、発表会では極度のあがり症でずっと悩んでいました。 緊張とうまく付き合うため、本などを読んだりしていろいろと改善に取り組んできましたが、いざ本番となるとやはり鼓動は激しくなるし、足の震えやひどいと腹痛まで伴う症状でした。 もちろん本番では練習でしてきたこと、表現したいことを何ひとつ出来ず悔しい思いをしてきました。 こちらの薬に出会って今回の発表会では震えや激しい鼓動、腹痛などは起こらず、良い演奏をするために必要な緊張はあったものの、練習通りもしくはそれ以上の集中力で本番を乗り切ることができとても嬉しかったです。 本番で今までの努力が発揮できないのは本当に辛いものです。 ゆくゆくは服用なしでも極度のあがり症を克服できるようにしていきたいと思います。 今回服用したのは本番の2時間前に10mgを2錠、そして30~40分前に1錠服用しました。 この薬には本当に感謝しています。 ・ Saw(女性) 就活の面接用に使いました。 1時間半前に2錠服用すると、全く心臓がドキドキせず流暢に話すことができました。 副作用としてはなんとなく喉が渇くぐらいでとても良い薬だと思います。 ・ Pon(男性) 10mgでかなり効果が期待できます。 アメリカでは普通に市販薬として街のドラックストアでも売られているものですが、禁忌が多いので、日本では処方薬となっています。 服用の前に禁忌については目を通すことをおすすめします。 緊張時のドキドキや赤面、手の振るえなどに効果があります。 私には特に副作用は出ていません。 ・ Mmm(女性) 定期的にライブをしているのですが、いくら練習を重ねても、本番では思うようなパフォーマンスができないことにずっと悩んでいました。 あまりの効果っぷりにやや不安を覚えながら購入。 薬が効きやすい体質なのでレビューを参考に、本番3~40分前に10mgを1錠だけ飲んでみました。 だるくなったり、眠くなったりしないかと心配していましたが、不自然な感じは全くなく、「そういえば今日はあがってなかったな…」と後で気づくくらいの自然な、それでいてしっかりとした効果がありました。 魔法の薬ではないので、服用したからといって普段以上の力が出るわけではないのですが、あがってしまうことに気をとられないだけで、パフォーマンスが格段に変わるんだなあと驚きました。 また、手の震えへの効果もあり、ライブの途中でスタンドマイクからハンドマイクに持ち変えたほどです。 しばらくはお世話になりそうです。 ・ うさぎ(女性) 人前で歌う機会が度々ありますが、極度のあがり症で毎回散々な失敗をしていました。 こちらを一粒飲み、1時間後に最後のリハーサルに臨み…いつもよりは落ち着いていましたが、途中緊張で声が裏返りました。 慌ててもう一粒飲み、さらに1時間後に本番…驚くほどに落ち着いて本番をこなせた自分がいました! この薬はもう手離せないと思いました。 ちなみにアレルギー性 ダニ、動物 の小児ぜんそくを持っているのですが、私は飲んでもぜんそくは出ませんでした。 ・ shiro(女性) 人前で話すとひどく緊張してしまい、声が震え涙まで出そうになります。 緊張しそうな場面の1時間半くらい前にこちらを2錠飲んでおくと、不安感はあるのに不思議と声の震えが収まりました。 私の場合、1錠 10mg だけなら大丈夫ですが、2錠飲むとやや眠気を感じます。 ですが、傍目からも分かってしまうくらい極度のあがり症の方には大変おすすめです。 ・ r56(男性) 効果はインデラルと全く同じです。 少し錠剤が大きめです。 プレゼンのときは欠かせません。 空腹時でプレゼン一時間前の服用が自分はベストの時間です。 (出典:オオサカ堂) いかがでしょうか? ジェネリックも成分は同じなので、インデラルの効果が実感できているようですし、仕事やライブなどにも影響して本当に悩んでいた方も、すっかり改善されているのが分かりますよね。 インデラルを購入するには?ジェネリックを購入する場合にオススメの通販も! インデラル錠には市販薬が出ていないので、薬局で購入することはできませんし、薬事法の関係でAmazonや楽天などの大手インターネット通販サイトでも購入ができません。 なので、病院を受診して医師に処方してもらわなければならないのですが、毎回病院を受診するのも手間ですし、あがり症の方などはできれば控えたいと考えるのではないでしょうか。 そこでオススメなのが、個人輸入代行サイトの「オオサカ堂」でインデラルのジェネリック10mgを購入する方法です。 とはいえ、初めて個人輸入代行サイトを使う場合は、本当に安全なのか不安になってしまいますよね。 しかしそんな方でも「オオサカ堂」であれば最大手という安心感と、創業19年の実績があるので安心して使ってもらうことができますし、先程紹介した口コミは全て、このオオサカ堂でインデラルのジェネリックを購入した方の声なので安心できますよね。 (オオサカ堂ではジェネリックではないインデラルの取り扱いもあります。 ) それから、「インデラルのジェネリック10mg」の気になるお値段ですが、1箱50錠で1,251円で購入でき、2箱だと1,609円、3箱だと2,169円と複数購入するとお買い得になるので、まとめ買いにオススメですね。 というわけで、インデラルのジェネリックの購入ならオオサカ堂がオススメなので、気になる方はぜひ気軽に試してみてくださいね! スポンサーリンク.

次の

インデラル通販|あがり症克服|効果・副作用|お薬なび

インデラル錠10mg

インデラル(プロプラノロール塩酸塩)が規制に… いつから個人輸入できなくなる? 厚生労働省の発表によると、インデラルの有効成分であるプロプラノロール塩酸塩は 2019年1月1日から規制となります。 事の経緯は2017年6月に『スマートドラッグ』(記憶力や集中力を高める効果がある薬)の規制が厚生労働省の医薬品医療機器制度部会で検討されたこと。 当初はやだけが規制対象だと噂されていました。 しかし、11月に開催された2回目の部会ではインデラルや利尿剤のも規制医薬品リストに入っていました。 記憶や集中力など認知機能を改善する効果はありません。 一部の個人輸入代行系の通販サイトではインデラルを 「緊張を抑える薬」としてスマートドラッグのカテゴリに入れていたため、規制リストに加えられたのかもしれませんね… 1月26日にが終了し、10ヶ月ほどの審議期間があり、11月26日に正式に規制が発表されました。 インデラル(プロプラノロール塩酸塩)を含む25品目の個人輸入が2019年1月1日より規制となりました。 以降は薬監証明がないと輸入できなくなるので、個人使用目的での輸入は不可能になりました。 ベータプロ・プロプラノロールWZFなどのジェネリック薬も規制対象 インデラルの有効成分自体が規制になったためジェネリック薬も通販で入手できなくなります。 海外製のジェネリックには、 ベータプロ(Betapro)・プロプラノロールWZF(Propranolol WZF)などがありますが、先発薬のインデラルと同じくこれらの個人輸入も規制されます。 アテノロール(商品名:テノーミン)と ナドロール(商品名:ナディック)の個人輸入もできなくなります。 個人輸入ユーザーは少ないようですが、インデラルの代わりにこれらを使うことはできません。 インデラルを通販で購入できるサイトの価格比較・最安値 この記事を書いている時点では、まだインデラルの個人輸入は規制されていません。 インデラルを通販で販売しているサイトを調べたところ、いくつかあったのでご紹介しておきますね。 海外製のインデラルはプロプラノロール塩酸塩が10mgと40mg含有の商品があります。 どちらも1箱600錠入りです。 現在40mgの在庫がなく、「入荷未定」や「販売終了」となっているサイトが多いです。 10mgの方はまだ少しだけ在庫が残っていることがあります。 インデラルが必要な方は下記サイトをチェックしてみてください。 厚生労働省による規制のため、下記サイトでのインデラル(ジェネリック含む)の販売は終了しました。 私が調べた時は多くの通販サイトで在庫がなくなっていました。 在庫があるサイトで最安値だったのは オオサカ堂でした。 オオサカ堂は20年以上運営している最大手の個人輸入代行サイト。 大手だけあって在庫がまだ残っているようですね。 90錠の小分けも商品リストにありますが、私が調べた時は入荷待ちとなっていました。 1箱600錠なら購入できるので必要な方は検討してみてください。 海外製のインデラルは成分量の多い1錠40mg含有の方が価格が安くなっています。 服用量を調整した場合は、カッターなどで簡単に分割できますよ。 オオサカ堂のインデラルは シンガポール発送で約5~10日で届きます。 Amazonや楽天では当然購入できません インデラルは医師の処方箋が必要なお薬です。 Amazonや楽天市場、Yahooショッピングなどの通販サイトでは購入できません。 上でご紹介したような海外製医薬品の個人輸入を代行してくれるサイトを利用する必要があります。 試しにAmazonで検索してみたところ、アラガンやイララックのような第2類医薬品、セントジョーンズワートのようなサプリメントが表示されました。 これらは気分を落ち着かせる働きがあるとされているので、規制後はインデラルの代用として検討してみてもいいかもしれませんね。 インデラルの代わりでオススメの緊張薬は? 最後に、個人輸入できるものでインデラルの代わりとなりそうな商品について調べてみました。 インデラルと全く同じ効果は期待できるかは分かりませんが、用途によっては十分役立ってくれるかもしれません。 日本ではメインテートやウェルビーなどの商品名で処方薬として販売されています。 薬理的効果はインデラルと似ていて心拍を抑える働きがあり、高血圧や不整脈、狭心症などに適用があります。 大手通販サイトのオオサカ堂でのカスタマーレビューを見ると、血圧や心拍を下げるために使用している人が多いです。 緊張緩和に対しては 「穏やかな効き目」という声がいくつかあったので、メインテートはインデラルと比較してゆっくりと効果がでるのかもしれません。 プレゼン時など大事な場面でインデラルと併用している人もいました。 メインテートの有効成分ビソプロロールフマルは、現在のところ個人輸入が規制される予定はありません。 個人輸入ではメインテートのジェネリック薬である ビセレクト(Biselect)という商品が定番。 神経伝達物質のアセチルコリンを抑え、多汗症にも適用があります。 顔汗や手汗など全身の汗に効果があると言われています。 日本ではという商品が販売されており、個人輸入ではというジェネリック薬も購入可能です。 緊張時の汗を抑えるためにインデラルを使っていた人は、代わりにプロバンサインやプロスパスを使ってもいいかもしれませんね。 なお、あがり症や心拍を抑える効果はありませんので、緊張状態そのものを緩和する効果は期待できません。 テルネリン(チザニジン) チザニジンを有効成分とするテルネリンは、筋肉のコリをほぐし痛みを和らげる働きのあるお薬です。 インデラルのような心拍を落ち着ける効果はありませんが、緊張すると体が強張ってしまう人がその対策として個人輸入しているようです。 オオサカ堂でテルネリンを購入している人のレビューを見ると、 インデラルより効果が穏やかという声が多いです。 その分、持続時間が長いという口コミもありますね。 インデラルとテルネリンは作用自体が違うので単純な比較はできませんが、緊張時の肩の力を抜く目的にはいいのかもしれません。 ハイプナイト・ハイプロン・メラトニン 後は、ハイプナイト(有効成分エスゾピクロン)やハイプロン(有効成分ザレプロン)のような睡眠薬として使われるものをインデラルの代わりにしてもいいかもしれません。 緊張を抑える目的としては強すぎる場合は、 メラトニンのようなサプリメントもありかもしれません。 こちらの方が副作用も少なく安全に試せるかと思います。 メラトニンサプリでは 『メラトニンタイムリリース』という商品が人気。 メラトニン5mgにビタミンB6(ピリドキシン)を10mg配合したサプリです。 オオサカ堂では500件以上もレビューのある定番商品で、緊張時の気分緩和のために使っているという方もいました。 ただ、眠たくなるので仕事用には向いていないかもしれません。 私はメインテートのジェネリックBiselectを購入 私はたまにインデラルを使っていたのですが、規制されたのでメインテートのジェネリック(Biselect)に切り替えました。 こちらがオオサカ堂で通販した商品。 しばらく使ってみた感想としては、私の場合は十分インデラルの代わりとなる感じでした。 ネットの口コミでは「少し効き目が弱い」とありましたが、確かにその通りかもしれません。 私は通常は1錠にして、絶対に緊張を抑えたい時だけ2錠飲んでいます。 2錠飲むとやはり効き目が強く、 インデラルとほぼ同じくらいの効果を実感できています。 汗対策は既にプロバンサインをもっているので、併用すれば緊張した時に酷い状態にならずに済むかなと考えています。 インデラルの完全な代わりにはならないと思いますが、規制になったものは仕方がありませんよね。 どうしてもインデラルでないとダメという方は、処方しくれるお医者さんを探してみてください。 あと、インデラルの規制を良い機会ととらえて、など専門的な治療を受けてみるのもいいかもしれませんね。

次の

医療用医薬品 : インデラル

インデラル錠10mg

・インデラル錠10mgの成分(プロプラノロール塩酸塩)に対し過敏症を起こしたことのある方。 ・気管支喘息、気管支痙攣のおそれのある方。 ・糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシスのある方。 ・高度又は症状を呈する徐脈、房室ブロック(II、III度)、洞房ブロック、洞不全症候群のある方。 ・心原性ショックの方。 ・肺高血圧による右心不全のある方。 ・うっ血性心不全のある方。 ・低血圧症の方。 ・長期間絶食状態の方。 ・重度の末梢循環障害のある方。 (壊疽等) ・未治療の褐色細胞腫の方。 ・異型狭心症の方。 ・リザトリプタン安息香酸塩を使用中の方。 症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もありますので医師に伝えておきましょう。 ・うっ血性心不全のおそれのある方。 ・甲状腺中毒症の方。 ・特発性低血糖症、コントロール不十分な糖尿病、絶食状態(手術前後等)の方。 ・重篤な肝、腎機能障害のある方。 ・重度でない末梢循環障害のある方。 (レイノー症候群、間欠性跛行症等) ・徐脈のある方。 ・房室ブロック(I度)のある方。 妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。 使用する際は、医師の処方どおりに使用してください。 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。 薬を使用中は飲酒は控えてください。

次の