クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞。 「クラリネットをこわしちゃった」の歌詞。本当の意味は・・・?歌唱禁止?

玉葱の歌とは (タマネギノウタとは) [単語記事]

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

玉葱の歌(La chanson de l'oignon もしくは La t de l'o)とは、の・。 概要 の軍や親衛隊によって歌われていたとされ、要約すると「好き! う! 油で揚げたさえあれば獅子にもなれる! のどもにやるはねえ! !」というが好きすぎる内容となっている。 ・ともに不詳で、曲の誕生の経緯についても決定的な資料は今のところ存在しないが、その的としては以下のような話がられることがある。 0年、率いる軍と軍が北部で衝突したマゴの戦い。 その直前、はひとりの兵がに何かを勢い良く擦り込んでいるのを見かけ、一体全体何をそんなに擦り込んでいるのか尋ねた。 兵は「です! 栄のへ確かな歩みを!」と答えた。 そして、軍は軍を見事に撃退せしめた。 クラリネットをこわしちゃった この曲の部分はの「」(J' u le do もしくは J' u le do de ma te)と全く同じである。 これまた経緯は不明で確は存在しないが、玉葱の歌のがいつしか変され、を題材としたの歌になったとされている。 この部分の「オーパッキャド」( s cde)は「一歩進もう、戦友よ」という意味であり、では「に合わせてやろう、よ」などといった解釈がなされている。 詳しくは の記事も参照。 : s cde, s cde, s, s, s. s cde, s cde, s, s, s. 油で揚げたが好き 美味ければが好き 油で揚げたが好き が好き が好き 繰り返し 進もう戦友よ 進もう戦友よ 進もう 進もう 進もう 進もう戦友よ 進もう戦友よ 進もう 進もう 進もう• 油で揚げたひとつ ひとつでは獅子にもなれる 油で揚げたひとつ ひとつでは獅子にもなれる 繰り返し• だが人にやるはない あのどもにくれてやるはない だが人にやるはない はやらん はやらん 繰り返し• 油で揚げたを好きになろう うまいんだからを好きになろう 油で揚げたを好きになろう を好きになろう を好きになろう 繰り返し 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

童謡「クラリネットをこわしちゃった」ってとんでもなくひどい曲ですよね【検証/ただの雑感】

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

「クラリネットをこわしちゃった」の歌詞の意味 日本とフランスでは少し歌詞が違います。 簡単に言うと、日本では、お父さんから貰ったクラリネットを 息子が壊してしまった・・・ どうしよう?って感じですが、 フランスでは、クラリネットを壊してしまった息子に対して 父親が「お前はリズムを知らないのか?」です。 クラリネットが壊れてしまったことではなく、 息子の音楽に対するアドバイスをする内容になっています。 ちなみにクラリネットは普通に扱うぶんには壊れることは希で、 音が出ないのは大半が下手なだけなんだとか。 スポンサーリンク 「クラリネットをこわしちゃった」が歌唱禁止に? 国立芸術大学の調査で判明したらしいのですが、 この歌できた18世紀末~19世紀初頭のフランスでは、 クラリネットには 「召使い」という意味があったというのです。 「クラリネットをこわしちゃった」の本来の意味は、 領主である父親から女を譲られた息子が、 性的暴力を働いたことを意味するらしく、 女中や下女は主人に求められれば性的な仕事にも奉仕していたと 歴史研究により明らかになったと言います。 これにより全国の教育委は「小学生には早すぎる内容」として 全国の小学校へ歌唱を避けるよう通達したと言われています。 国立芸術大学の千秋真ニ教授によると・・・ 有名な「オ・パッキャマラード」のフレーズが 「おっぱい、毛、マラ、おっぱい、毛、マラ、おっぱい、 おっぱい、おっぱい、おっぱい」と聞こえるらしい。 その為、児童の性教育に悪影響を与えると言っておられるようです。 オ・パッキャマラードは訳すると、「ステップを踏むんだ」や 「足並みそろえろ」という意味がありあます。 個人的にはフレーズの部分に関して言うと、考えすぎでは?と 思うのですが、皆さんはどう思われますか? いかがでしたでしょうか?みなさんにとって、参考になれば幸いです。

次の

クラリネット壊しちゃったの歌

クラリネット 壊し ちゃっ た 歌詞

玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon フランスの古い行進曲 オパ キャマラード オパ オパ オパ! 『 La Chanson de l'oignon 玉ねぎの歌』は、18世紀後半のフランスの軍人ナポレオン・ボナパルトが率いた大陸軍やインペリアルガード(皇帝親衛隊)が歌っていたとされるフランスの古い行進曲。 作詞・作曲は不詳。 曲名は『 Le Chant de l'oignon』との表記もみられる 様々な歌詞が存在するようだが、大筋の内容としては、「油で揚げたタマネギ(玉葱)がうまいから好き。 食べれば強くなるぞ。 だがオーストリア人にはやらないよ。 」といったストーリーが歌われている。 「油で揚げたタマネギ」とは、オニオンリングのことだろうか?タマネギは乾燥させれば長期保存が可能であり、大航海時代から商船や軍隊の食糧として親しまれてきた食材だ。 歌詞の一例・日本語訳(意訳) 1. 油で揚げたタマネギが好き うまいから俺はタマネギが好き 油で揚げたタマネギが好き タマネギが好き タマネギが好き Refrain: : Au pas camarade, au pas camarade, Au pas, au pas, au pas. : 進もう戦友よ 進もう 2. Refrain. 油で揚げたタマネギ一つで 獅子奮迅の戦い 3. Refrain. だけどオーストリア人にやるタマネギはない 犬どもにやるタマネギはない クラリネットをこわしちゃったとの関係は? 注目すべきは、何度も歌われる歌詞の繰り返し部分(リフレイン)。 日本でも有名なフランスの童謡『』とメロディも歌詞もまったく同じリフレインが登場するのだ。 仮に、フランスの行進曲『 La Chanson de l'oignon 玉ねぎの歌』がナポレオン1世の時代に作詞・作曲された曲であるとすれば、フランスの童謡『クラリネットをこわしちゃった』がこの行進曲を参考にして作られた童謡である可能性がかなり高まることになる。 ただ、『 La Chanson de l'oignon 玉ねぎの歌』自体についても作詞・作曲の経緯について確定的な資料が見つかっておらず、同曲が『クラリネットをこわしちゃった』の原曲なのかについて断定的な結論を出せないのが現状のようだ。 ちなみに、ナポレオン戦争との歴史的関係については、音楽サイト「世界の国歌・行進曲」内のページ「」で解説しているのでこちらも是非参照されたい。 ルーツはナポレオン戦争? 一説によれば、『玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon』が生まれた歴史的背景・由来として、フランス革命戦争・ナポレオン戦争における戦闘の1つである1800年6月の「マレンゴの戦い(Battle of Marengo)」の名前が挙げられるようだ。 挿絵:マレンゴの戦い(出典:Wikipedia) この「マレンゴの戦い」は、イタリア北部の町マレンゴにおいて、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍がオーストリア軍に対して勝利を収めた歴史的戦闘。 プッチーニのオペラ『トスカ』でも言及されている。 戦闘中かその前後か詳細は不明だが、「マレンゴの戦い」に関係する戦場において、あるときナポレオンはパンに勢いよく何かをすり込んでいる兵士を見かけた。 一体パンに何をすり込んでいるのか、ナポレオンはその兵士に尋ねると、「タマネギです!力強い歩みで栄光への道を!」と兵士は答えたという。 『玉ねぎの歌 La Chanson de l'oignon』は、このタマネギエピソードが元になっているという説だが、これを裏付ける客観的な資料などは残っていないようだ。 一説には、イギリスがフランスを「カエル」と揶揄した名残とも。 『クラリネットをこわしちゃった』、『月の光に』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳 『クラリネットをこわしちゃった』の原曲として知られる『玉ねぎの歌』など、日本でも比較的有名なフランスの行進曲・愛国歌・軍歌を特集.

次の