シエンタ フル モデル チェンジ。 【トヨタ新型シエンタ】「2020年型改良!」6月2日マイチェン発売!最新情報、ファンベース、燃費、価格は?

トヨタ シエンタ ハイブリッドのモデルチェンジは2022年予定!?【随時更新】【自動車Webマガジン】

シエンタ フル モデル チェンジ

一方で、発売から8年目に突入する2020年になってもフルモデルチェンジの話は聞こえてきません。 スペイドはトヨタ販売店の全店舗全車種販売でモデル廃止の可能性が高い 残念ながら、 スペイドがフルモデルチェンジする可能性は低いと言わざるを得ないでしょう。 スペイドはがカローラ店とネッツ店販売車種、姉妹車ポルテはトヨタ店とトヨペット店販売車種として区別されてきました。 しかし、2020年5月以降は全販売店で全車種の取り扱いが基本となります。 もともとは2025年に実施となっていたのですが、計画が大きく前倒しされました。 2020年以降、取り扱い販売店違いの姉妹車などは積極的に統合されていく見込みです。 ポルテは2004年に初代モデルが販売されており、いうならばスペイドの先輩です。 ポルテ&スペイドの場合、スペイドはポルテに一本化される形でモデル廃止となる可能性が高いでしょう。 スペイドがフルモデルチェンジなしで生産終了の場合の後継モデルは? スペイドがフルモデルチェンジせず生産終了となった場合、後継として新型車種が登場する可能性はほとんどありません。 スペイドの後継モデルのポジションとなるのは、ポルテ、タンク(&ルーミー)、シエンタなどでしょう。 ポルテ:スペイドを廃止して一本化!スペイドらしさは特別仕様車に期待 スペイドが生産終了となりポルテに一本化される場合、当然ポルテにはスペイドの後継モデルとしての役割を担うことも期待されます。 ポルテとスペイドはフロントマスクが大きく違い、ポルテが大きくて丸みのあるヘッドライトがかわいらしいのに対し、スペイドは男性も違和感なく乗れるようなスタイリッシュなルックスです。 ボディカラーも、ポルテはクリームベージュやアクアブルーなど淡い色が多いのに対し、スペイドはボルドーマイカメタリック(濃紫)やフレッシュグリーンマイカメタリックなどが存在します。 スペイドがポルテに一本化された場合、ポルテからはよりスタイリッシュなデザインの特別仕様車が登場したり、新型へのフルモデルチェンジにはエクステリアが刷新されるでしょう。 タンク&ルーミー:スペイドより小さい両側スライドドアの小型トールワゴン ルーミー ダイハツ・トールのOEM車でタンクの姉妹車 もし国内車種整理の影響で、スペイドだけでなく姉妹車ポルテもモデル廃止となる場合、トヨタ内での後継車種は「タンク」「ルーミー」が最も有力です。 タンク&ルーミーは2016年11月発売の小型トールワゴン。 スペイドよりボディサイズは小さく、エンジンも1. 0L(ターボモデルあり)と明確にはスペイドより下のクラスに位置しますが、両側スライドドアを採用しており、乗降性の高さや多彩なシートアレンジがファミリー層に好評です。 スペイドとルーミーの比較(2020年モデルのスペック) スペイド(2WD・X) ルーミー(2WD・X) エンジン総排気量 1,496cc 996cc エンジン種類 直列4気筒DOHC 直列3気筒DOHC 全長 3,955mm 3,700mm 全幅 1,695 mm 1,670 mm 全高 1,690 mm 1,735 mm 最小回転半径 5. 0m 4. 6m 燃費(JCO8モード) 21. 今後、タンクとルーミーは一本化される可能性もあります。 シエンタ:スペイドより大きい7人乗り可能な小型ミニバン シエンタ 7人乗りも可能な人気コンパクトミニバン 2015年に販売を開始した現行型2代目シエンタは、登録車の月間新車販売台数で常に上位をキープしているコンパクトミニバンの売れ筋モデルです。 「トヨタ最小ミニバン」のキャッチコピーがついており、全長は約4. 2mm、全幅は1,695mmとギリギリ5ナンバーサイズを維持したうえで、両側スライドドアが採用されています。 シエンタは、ハイブリッドモデルや3列シート7人乗り仕様もラインアップしており、一般的にはスペイドより1ランク上のモデルと見なされます。 スペイドとシエンタの比較(2020年モデルのスペック) スペイド(2WD・X) シエンタ(G・7人乗り・ガソリン車2WD) 乗車定員 5名 7名 エンジン総排気量 1,496cc 1. 496cc エンジン種類 直列4気筒DOHC 直列4気筒DOHC 全長 3,955mm 4,260mm 全幅 1,695 mm 1,695mm 全高 1,690 mm 1,675mm 車両重量 1,160kg 1,320kg 最小回転半径 5. 0m 5. 2m 燃費(JCO8モード) 21. 人気車のため、リセールバリューも期待できる点がスペイドとの大きな違いでもあります。 スペイドの魅力を再考!フルモデルチェンジ前の現行型スペイドの特徴 新型モデルが登場しない恐れもあるトヨタ・スペイド。 タンク&ルーミー、シエンタなど、後継として活躍できそうな車種も多いですが、 「スペイドだからこその魅力」をもう1度確認してみましょう。 1枚の大型スライドドアこそスペイド最大の特長 大開口スライドドアの特徴を生かした福祉車両「スペイド助手席リフトアップシート車Aタイプ」 スペイド最大の特徴は、助手席側にある1枚の大開口スライドドアでしょう。 スペイドは車椅子仕様など、トヨタのウェルキャブ(福祉車両)としても根強い人気を誇っています。 加えて低床フラットフロアですから、 助手席の乗り降りのしやすさは別格です。 1990年代のミニバンがそうだったように、 子供の乗り降りのためならスライドドアは片側だけでも充分という声も意外によく聞きます。 そもそも1990年代のミニバンが片側スライドドアだったのは、剛性の問題もありましたが、「スライドドアは子供の飛び出しに気が付きにくい」と危険性が指摘されていたからです。 スペイドのようなコンパクトカーの場合、1人での買い物などの用途も多いはず。 ヒンジドアを開けて後部座席にさっと買い物袋を置けるのはむしろメリットともいえます。 パワー不足を感じにくい必要十分なエンジン 利便性ばかりが取り上げられがちなコンパクトミニバン(プチバン)ですが、スペイドは1. 5Lの直列4気筒エンジンを搭載しており、大型スライドドアを採用しているにもかかわらず車両重量は1. 2t未満に抑えられています。 5Lの必要十分なスペイドのエンジンは、パワー不足を感じにくく、「走りを楽しむクルマ」ではないものの走行性能に大きな不満を感じる人は少数派でしょう。 なお、もともとは1. 3Lエンジン搭載モデルもラインアップされていましたが、発売3年目の2015年に廃止、エンジンは1. 5Lの新型「2NR-FKE」に換装されています。 スペイドの中古車を狙いたい人は、この点に留意してください。 スペイドは「ちょうどいい」が詰まった車!新型誕生なら安全装備の強化は間違いなし スペイドは、走りがすごく良い、燃費がものすごく優秀、ものすごくたくさん荷物が詰めるなど、わかりやすい個性がある車ではありません。 しかし、やり過ぎないバランスの良さがスペイドの魅力でもあります。 運転しやすく、乗り心地良く、室内の快適性も高い。 天井に圧迫感はないけれど、背が高すぎるほどでもない。 飽きのこないシンプルなデザイン。 左右非対称スタイルを楽しみながら、肩肘張らずに付き合える日常の相棒としては「ちょうどいい車」です。 もし仮に新型モデルが登場する場合でも、スペイドが急に個性的で独創的なクルマに生まれ変わることはないでしょう。 基本はキープコンセプトで、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の内容を充実させるなど、「安全・安心なクルマ」として堅実な進化を遂げるはずです。

次の

トヨタ 新型 シエンタ 一部改良 FUNBASE G Cuero を設定 2020年6月2日発売

シエンタ フル モデル チェンジ

僕の場合、正規ディーラー店で見積もりをとったところ、28万円を提示されました。 でも買取業者で見積りしたところ、79万円の驚くべき金額を提示されたんです。 その差は 51万円!! 僕はこれだけの差額を獲得しましたが、交渉は何もしてません。 いきなりこの価格で提示があったんで即売っちゃいました(笑) 僕の経験からもわかると思いますが、複数の買取業者の査定を受けると、 ほとんどが正規ディーラーの下取りより高い金額を提示されます。 なぜ、そんなことが起きるかというと、 市場の競争原理が働くからなんです。 一社だけで見積もりすると、最安値を提示されて市場価格を知らないまま売るのがオチです。 その反対に、複数の買取業者を使って競争させると買取価格が釣り上げられます。 一括査定は大手買取業者10社以上が必死こいて自動で勝手に競争してくれます。 例えでいうなら、あなたがヤフオク出品者で買取業者が落札者ですね。 だからこそ、市場の競争原理を使った一括査定を有効に使う必要があります。 まず、新しい車が欲しいなら1度査定して車の価格を把握した方が次の計画が立てやすいですよ。 査定価格がよかったらグレード上げれますからね!! 査定費用は無料で、 スマホで 45秒操作するだけ で最高額がわかる 作る側も大きく変化させる勇気が必要だったんだろうな。 ふだんをアゲるシエンタって 引用先: 衝撃のフルモデルチェンジが行われた、コンパクトミニバンの代表選手とも言えるシエンタは ファミリー層だけでなく若者層にも人気が出てきています。 パワフルなイメージで、乗る前から元気が出そうですね。 エンジン別の価格 では、気になる価格をエンジン別に見ていきましょう。 ハイブリッド車 HYBRID G 1. エンジン始動もブレーキを踏みながらスイッチを押すだけで簡単に行えます)などの快適装備が、人気のGグレードにはあります。 その人気のGグレードの価格差は ハイブリッド車の価格 2,329,855 -ガソリン車の価格 1,980,327円 = 約35万円 実際の価格は ガソリン車の方が 約35万円安いことになります。 (エコカー減税の差で 約31万に縮まります。 ) ハイブリッド車とガソリン車の燃費 JC08モード 引用先: ハイブリッド車 28. 燃費向上の極意 ガソリン車• 発進時にアクセルの踏み込み方を少し抑えながら、状況を見ながらゆっくり発進すること。 優しくアクセルを踏むことですね。 急発進、急加速をなくす。 一定の速度を保つことです。 ハイブリッド車• EV 電気自動車 で走る時間、距離を長くする。 最初はシッカリ速度を上げて、少し加速したらアクセルを緩める。 ガソリン車は 最初の購入費用を安くしたい方、休日のドライブやお買い物がメイン、ハイブリッド車との差額分の元を取りもどす前に 2~3年で乗り換えるという方におすすめです。 ハイブリッド車は長く乗って消費するガソリン代を節約するのが一番なので、 10年以上乗る方、 高速道路など加速を必要とする道をよく利用する方におすすめです。 毎日の生活で、どういう風にシエンタに乗るかによって、ガソリン車かハイブリッド車のどちらがいいかを考えないといけないな。 エクステリア シエンタは インパクトでは誰にも負けない車です。 たくさんの車が並ぶ駐車場でもすぐに見つかりますよ。 カラーバリエーションも豊富です。 引用先: カラー展開は15色もあります。 モノトーンは9色で、ツートーンカラーは6色になりました。 派手な印象のシエンタですが、落ち着いた色もありますよ。 モノトーン• ホワイトパールクリスタルシャイン(070)• シルバーメタリック 1F7• ブラックマイカ(209)• センシュアルレッドマイカ(3T3)• ベージュ 4V6• ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン(4X4)• エアーイエロー 5B6• ラディアントグリーンメタリック(6W9)• ブルーメタリック 8T7 これ以外に車いす専用モデルで別にスーパーホワイトもあります。 ツートーン ブラックルーフ(屋根が黒い)ボディカラーの2色使いのツートーンが6種類です。 引用先: ニガテな車庫入れも、これで克服ね。 若者にも人気のシエンタ 引用先: 若者に人気の理由は、なんと言ってもヒゲみたいなラインです。 このヘッドライト下から続くラインは、動く、止まると言った 一筆書きをイメージしたアイデアから生まれたデザインなんですって! このヒゲのラインをダサいかも!と思うか、アクセントでカッコいいかも!と思うかの意見は分かれますが、このポップなデザインのおかげで、子育てファミリーだけが選ぶというイメージの車ではなくなって、若者にも受けているんですね。 子連れ家族にもちょうどいい大きさですが、若者同士でちょっと遊びに出かけるのにも、ちょうどいい大きさなんです。 荷室の広さ 引用先: 荷室サイズ• 高さ:1. 085mm• 幅 :1,260mm 3列目シートを格納すれば、ベビーカーを横にしなくても入れたり、幼児が立ったまま着替えるなんていうファミリー向けの情報も大切ですが、実は 高さが1mあるので、キャンプのテントやタープ(日よけ?の布製の屋根のようなもの)などの大荷物を 立てて載せることができるんです。 2、3列目を収納すれば、26インチの自転車を2台積むことだってできます。 ファンベースにはユーティリティフックやネットなどの「ファンベースセット」が用意されています。 若い方同士のアウトドアにもピッタリです。 デッキサイドにはユーティリティホールと呼ばれる穴が左右に9個ずつあり、オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせると、いろいろな便利な使い方ができますよ。 引用先: お得なFUNBASEセットにはユーティリティフック4つ、システムバー2本、ラゲージマルチネット、 ラゲージアッパーボード、ラゲージアッパーボックス、フロアマット(デラックスタイプ2列用)グレードエンブレムがセットになったもので、 75,000円(消費税抜き)になります。 工具を使わずに気楽に着脱できます。 ラゲージアッパーボードは荷室を上下で仕切ることができる板で、板の下側は直射日光が当たらなくなるため、食料品などを置いてもいいですね。 釣りもいいけれど、普段のお買い物の立体駐車場で走る時、すれ違う車にヒヤヒヤしてたんだけど、小回りが利いていると安心出来そうね。 運転初心者や運転が苦手な方には、小回りが利く車がおすすめです。 ライバルとのガチンコ対決 シエンタのガチンコ対決の相手は ホンダフリードです。 どちらのパワーユニットもガソリンエンジンとハイブリッドエンジンという、本当に 同じようなタイプの車なので、比較されるのでしょうね。 前席の開放感、パノラミックな視界は文句なし。 ハイブリッドは速力と実走燃費の両面でライバルのトヨタ・シエンタをリードできそう。 半面、操縦安定性や乗り心地の滑らかさではシエンタに劣る。 プラスは2列目の居心地もあまり良くなかった。 後ろからも、シエンタは残像が残りそうな特徴的な後ろ姿に対して、フリードは安心感があります。 ロングライフモデルのフルモデルチェンジ 引用先: シエンタのフルモデルチェンジは 12年で行われました。 日 本でのフルモデルチェンジのサイクルは4~5年に1度が一般的で、外車や商用車は7~8年に1度のサイクルが多いそうですよ。 早いスパンでにモデルチェンジをしている車は結構ありますが、あまりフルモデルチェンジをやっていない車ってどんなものがあるのか気になったので調べてみました。 スズキジムニーは20年ぶり、 トヨタセンチュリーは21年ぶり、 メルセデスベンツGクラスはなんと40年目にして初めてのフルモデルチェンジをしました。 どの車も長く愛されてきたモデルなので、シエンタのようなインパクトのある大変身ではなく、 それぞれの個性を強めたモデルチェンジとなっているんです。 2015年7月に現行シエンタが登場、そして2018年7月にマイナーチェンジを果たしています。 初代シエンタから計算すると3年~4年の周期でマイナーチェンジ、フルモデルチェンジをしています。 という事は次のシエンタフルモデルチェンジはズバリ 2022年~2023年が有力ではないでしょうか。 シエンタは現在のトヨタミニバンでもファミリカーとして非常に人気が高いですし、何よりカラフルなのが魅力ですよね! ちなみに次のシエンタのモデルチェンジは3代目となります。 名前だけ聞いたらさらにイケメンになってそうですよね。 ちょっと早いですがフルモデルチェンジしたシエンタを想像してみました。 あなたはシエンタの未来予想図は想像できますか? シエンタのコンセプトからみる未来予想図 2015年のシエンタのモデルチェンジの際はこんなコンセプトでした。 多彩なライフスタイルにマルチに応えるユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン わかりやすく言うと、 若い新米ママでも運転しやすいし、年配の方でも気楽にドライブ可能な、誰からも愛されるミニバンと思って下さい。 この幅広い年齢装を狙ったシエンタのコンセプトはフルモデルチェンジをしても変わらないのではないでしょうか。 シエンタのモデルチェンジはミニバンの中でも 小回りが利く5ナンバーサイズでありながら3列シートの2代目シエンタのイイとこをそのまま継承すると予想ができます。 また、シエンタはファミリー特化型のクルマなので荷室サイズがさらに充実していたら嬉しいですよね。 話題のコネクティッドカーがシエンタにも配備? コネクティッドカーってご存知ですか?ざっくり言うと 車両に通信設備配備したクルマをコネクティッドカーと呼んでいます。 例えて言うと、 クルマ自体がインターネットにつながっている状態と思ってください。 このコネクティッドカーは2018年6月より新型クラウン、カローラスポーツに標準装備されて発売されました。 このコネクティッドカーですが、シエンタにもモデルチェンジ時には装備されるんじゃないかと私はにらんでいます。 急なバッテリー上がりをあらかじめ教えてくれたり、人気の喫茶店を紹介、丁寧にナビゲートしてくれるコンシェルジュのようなコネクティッドカーはまるでアンドロイドのような役割を果たしてくれるでしょう。 スポンサードリンク まとめ• そこまでやるか、シエンタの大変身!キュートな印象でママ受けしそうな、つぶらな瞳から、もみあげもある鋭い切れ長の目の顔に大変身。 ふだんをアゲるシエンタの価格、燃費、ボディサイズの説明。 シエンタのこだわりの乗り降りのしやすさ、安全装備。 若者にも人気なのは、あの顔と室内の大きさ。 ファンベースは2列シートの5人乗り。 ライバルはホンダフリード。 ロングライフモデルのフルモデルチェンジについて。 シエンタの次のフルモデルチェンジは2022年~2023年の予測 初代シエンタは2003年から2015年までの12年間、子育て世代の車として支持され続けてきました。 大切な家族や仲間とのお出かけにちょうどいいシエンタ、衝撃のフルモデルチェンジした後は、子育て世代だけでなく、アウトドアや車中泊で楽しみたい若者世代にも愛され続けています。 ふだんをアゲるシエンタで楽しい家族や仲間と、毎日どんなワクワクドライブをしましょうか。 新車・中古車値引きの裏テク(見積もり限定公開中!! ) 正規ディーラーで勤めている友人に ディープな値引きの裏情報を聞きました。 バレたらやばいって言ってたけど、こっそり教えちゃいます。 正規ディーラーや販売店の言われるがままに、安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらってください。 買取金額はほぼ上がります。 僕の場合は、ウィッシュの下取り価格28万円が買取価格79万円で差額51万円でした。 買取業者同士で買取競争をしてもらうと、やばいくらい買取額は上がっていきます。 その場でスマホ入力(1分)すれば査定できます。 たった1分で何十万円と金額が変わってきます。 1ヶ月分の給料を上回る金額になるんですよ。 実は知ってたら誰でも使えるテクニックです。 それだけ変われば オプションやグレード上げれます。 やっぱり車の資金を確実に確保したいなら、試すだけでも価値あります。 なんせタダですからね。 自動車保険を安くするコツとディーラー裏事情 自動車保険も買取査定と同じ、 知っていれば保証額が同条件でも値段が変わってきます。 みなさんは新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?昔みたいに大手保険会社だけが良いわけじゃないですよ。 損しないためにも定期的に保険の見直しは必須です。 保険の一括比較で見てみると、ほとんどの場合、 3〜5万の節約に成功します。 今まで正規ディーラーや販売店さんに任せてきた方、営業マンの言う通りに保険を勧められて加入している方は間違いなく自動車保険を見直した方がいいです。 「昔からあの人にはお世話になっている」からなんて、この際割り切ってください。 もちろんそのお金は加入者には一銭も入ってきません。 だから成約金が自分に入らないので、 自動車保険自体を安くした方が賢いです。 心配しないでください!!お世話になっている正規ディーラーや販売店さんは保険の成約金が入らなくても、自動車メーカーからの報奨金とか他にも入ります。 気にせず安い保険に入るべきです。

次の

トヨタ新型シエンタのフルモデルチェンジはいつ?燃費やサイズと価格予想も!

シエンタ フル モデル チェンジ

シエンタのマイナーチェンジで追加される予想として熱いのが「シーケンシャルターンランプ」です。 シーケンシャルターンランプとは何かということですが、トヨタの高級ラインお車やレクサスなどに主に装備されているウインカーが流れるように光る仕様のことです。 現在の発売している現行のシエンタでもカスタム次第でシーケンシャルターンランプ二変更することが可能で街中でシーケンシャルターンランプのシエンタを見かけたことがあるかもしれません。 今シーケンシャルターンランプはおしゃれなカスタムや見た目で人気のあるウインカーとなっています。 今後のモデルチェンジで追加される予定とのことです。 今後の最新情報に期待して置きましょう。 シエンタのマイナーチェンジで追加される予想として熱いのが「インテリアの変更」です。 シエンタのインテリアはおしゃれで使い勝手の良い仕様と言われていましたが、シエンタのインテリアにも欠点がありものすごくチープだと言われていました。 シエンタの価格から見ても現行のインテリアは妥当な装備ともいえますが、やはりユーザーとしては物足りないとの声が多くあります。 今後予定されるインテリアの変更点は今人気のシートヒータが全グレードに追加オプションとして登場することとソフトレザーセレクションと言われています。 ソフトレザーセレクションとは現在アクアにあるシートオプションでフェイクレザーを使用したレザーシートモデルです。 今回のモデルチェンジに追加されるのではないかと予定されています。 レザーシートになれば乗り心地もかなり違ったものになるのではないかと思われます。 シエンタのマイナーチェンジで追加される予想として「セーフティセンス」ではないかといわれています。 セーフティセンスは自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティシステム)、車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)、追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)と言ったものを含めた安全性能のことです。 トヨタ社のマイナーチェンジでは必ず追加されているオプションなので可能性としてはかなり高い情報です。 セーフティセンスが追加されれば乗り心地もかなり変わってくるのではないでしょうか。 安全性能が充実すれば心に余裕が出来運転にストレスを感じなくなり乗り心地も改善されます。

次の