食欲 が 起こる こと を いう 慣用 句 で 正しい の は。 意味を間違えやすいことわざ7選|勘違いされて誤用されがちな慣用句は?

誤用に注意!「食指が動く」の意味と正しい使い方、「食思・触手」との違い

食欲 が 起こる こと を いう 慣用 句 で 正しい の は

A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 「たら」「れば」「なら」には、本来的には以下の 1 、 2 、 3 のような違いがあると思います。 ただ、慣用的には、その違いが不明瞭になり、同じような意味で使われてしまっているというのが現状だと思います。 ですから、例に挙げられたものについては、慣用的視点での意味の違いはあまりないでしょう。 1 「れば」は、現在形の仮定です。 この仮定は、普通の仮定です。 (例)気温が下がれば、寒くなる。 2 「たら」は、過去形の仮定です。 2つの用法があります。 一つ目は、過去に起こったことに対する仮定です。 すなわち、現実には起こらなかったことに対する仮定です。 (例)もし、彼が事故に合わなかったら... (実際には事故に合った) もう一つの用法は、現在、または、未来に対する仮定です。 この仮定は本来は、実際には起こる可能性が非常に低いこと(あるいは、感情として絶対起こって欲しくないこと)を仮定する場合に用います。 (例)もし、彼が死んだら、生きていけない。 (例)もし、空を飛べたらどんなに楽しいだろう。 3 「なら」は、「動詞等終止形+(の)+なら」あるいは「名詞or名詞句」+「なら」として使います。 意味的には、仮定というより、「~~の場合は」的な意味になります。 (例)赤なら止まれ、青なら渡れ。 (例)飲むなら乗るな、乗るなら飲むな。 (例)歩くなら良いが、走るならごめんだ。 以上の3つの違いを中国の方に説明する場合は、以下のような関係になると思います。 1 「れば」=如果 ruguo 2 「たら」=万一 wanyi 3 「なら」=的時候 deshihou 以上です。 「たら」「れば」「なら」には、本来的には以下の 1 、 2 、 3 のような違いがあると思います。 ただ、慣用的には、その違いが不明瞭になり、同じような意味で使われてしまっているというのが現状だと思います。 ですから、例に挙げられたものについては、慣用的視点での意味の違いはあまりないでしょう。 1 「れば」は、現在形の仮定です。 この仮定は、普通の仮定です。 (例)気温が下がれば、寒くなる。 2 「たら」は、過去形の仮定です。 2つの用法があります。 一つ目は、過去に起こったことに対する仮... A ベストアンサー 「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。 よくあるケースは、電話の伝言メモですね。 例えば、 田中さんへ 佐藤様からtelあり。 急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。 「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。 例えば、 1 佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたが、結果的には30分遅れで出席されました。 とか、 2 佐藤さんから電話があり、急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことでしたので、会議は中止しました。 1 の場合、時系列で佐藤さんの電話、30分遅れで会議の出席、今の順です。 2 の場合、時系列で佐藤さんの電話、会議中止、今の順です。 「ということ」を上の「とのこと」に入れかえても、意味は通じます。 でも、他の人から聞いた話を別の人に伝える場合、「とのこと」の方がより適切です。 「ということ」という言葉は、「とこのと」と同じ意味以外に、説明の時に使う言葉ですね。 例えば 「ドコモとソフトバンクの料金を比べた場合、トータルではソフトバンクの方が安いということです」とか。 ということの場合、後ろに来る「です」と「でした」の違いは、時制の違い、つまりですは現在形、でしたは過去形を表すと考えてよいと思います。 この説明でわかりました? 「とのこと」とは、自分が他の人から聞いたことをさらに別の人に伝える時に使います。 よくあるケースは、電話の伝言メモですね。 例えば、 田中さんへ 佐藤様からtelあり。 急用が出来たので、本日の打ち合わせは欠席するとのことです この場合、佐藤様からの伝言を聞いたのは過去になりますが、「とのこと」には過去のニュアンスが含まれるので、最後は「です」となります。 「とのことでした」を使う場合は、「でした」のあとに接続詞を付けて、話を聞いた、その後の出来事などを記述する場合に使います。 A ベストアンサー 法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。 長年内閣法制局の長官をつとめた方です。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。 「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。 少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。 ・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。 (第17条) ・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。 ・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。 ・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。 (これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。 ) (この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。 ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。 ) ・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。 (第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。 ・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。 (第34条) 最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。 1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。 (以下略) 2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。 (以下略) 第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。 さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。 「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき 若しくは (副知事若しくは助役)も欠けたとき」 又は 「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき 若しくは 当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」 は、… また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。 条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。 ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。 「小並び」「大並び」といいます。 以上,ご参考まで。 法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。 長年内閣法制局の長官をつとめた方です。 もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。 図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。 「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出...

次の

食欲が起こることをいう慣用句で、正しいのは?【ことば検定】 答え林修

食欲 が 起こる こと を いう 慣用 句 で 正しい の は

スポンサーリンク 食指が動くの語源とは? まず「食指」とは 「人差し指」のこと。 「食指が動く」の語源は、中国の 「春秋左司伝(しゅんじゅうさしでん)」にあります。 鄭(てい)の子公が霊公を訪ねる時に同行していた人(子家)に「私の人差し指が動いた。 これはごちそうにありつける前兆だ。 」と言ったことから「食指」は「人差し指」の意味になりました。 「食指が動」は「食欲が起こる」という意味になり、転じて 「物をほしいと思ったり、何かをしたいという気持ちになること。 」という意味になったそうです。 意味がしっかりと理解できると「食指が動く」という言葉を実際に使ってみたくなりますよね。 次に使い方や例文を紹介します。 食指が動くの使い方・例文 「食指が動く」は 間違った使い方をされることが多々あります。 まずは正しい使い方を解説し、そのあとに間違った使い方を説明していきますね。 正しい使い方• 料理をみながら「あの料理はおいしそうで 食指が動きます。 」(「食欲がおこる」の意味)• 骨董収集家が「立派なお皿を見ると、 食指が動く」(「物をほしいと思う」の意味)• 会社にて「新事業に、 社長の食指が動きそうだ。 」(「何かしたいという気持ちになる」の意味)• 就職活動中に「新しい仕事先を紹介されたが、 あまり食指が動かなかった。 」(「興味・関心をもつ」の意味)• 間違った使い方• 「食指が伸びる」 おいしそうなのでついつい手が伸びてしまう。 という意味として成り立っているように見えますが、間違った使い方です。• 「食指がそそられる」 食欲がそそられるという言葉と混ざってしまっています。 間違っているのでお気をつけください。 つづいて、以下例文です。 A「昨日の会議には社長が出席してたんだって?」• B「そうなんだよ。 なんでも新しい企画のプレゼンテーションを聞きたいとか言って急に会議室に入って来られてさ…」• A「それは大変だったね。 でも直接社長に提案できるなんていい機会をもらったね。 B「そうなんだけど…緊張しすぎてうまく話せなかったよ。 A「そんなに落ち込まないでよ。 それで、社長の反応はどんな感じだった?」• B「Cさんのプレゼンテーションに 食指が動いた様子だったよ。 A「さすがCさんだね。 自分たちも頑張ろう!」.

次の

ことわざ・慣用句・四字熟語一覧 「い」

食欲 が 起こる こと を いう 慣用 句 で 正しい の は

スポンサーリンク 食指が動くの語源とは? まず「食指」とは 「人差し指」のこと。 「食指が動く」の語源は、中国の 「春秋左司伝(しゅんじゅうさしでん)」にあります。 鄭(てい)の子公が霊公を訪ねる時に同行していた人(子家)に「私の人差し指が動いた。 これはごちそうにありつける前兆だ。 」と言ったことから「食指」は「人差し指」の意味になりました。 「食指が動」は「食欲が起こる」という意味になり、転じて 「物をほしいと思ったり、何かをしたいという気持ちになること。 」という意味になったそうです。 意味がしっかりと理解できると「食指が動く」という言葉を実際に使ってみたくなりますよね。 次に使い方や例文を紹介します。 食指が動くの使い方・例文 「食指が動く」は 間違った使い方をされることが多々あります。 まずは正しい使い方を解説し、そのあとに間違った使い方を説明していきますね。 正しい使い方• 料理をみながら「あの料理はおいしそうで 食指が動きます。 」(「食欲がおこる」の意味)• 骨董収集家が「立派なお皿を見ると、 食指が動く」(「物をほしいと思う」の意味)• 会社にて「新事業に、 社長の食指が動きそうだ。 」(「何かしたいという気持ちになる」の意味)• 就職活動中に「新しい仕事先を紹介されたが、 あまり食指が動かなかった。 」(「興味・関心をもつ」の意味)• 間違った使い方• 「食指が伸びる」 おいしそうなのでついつい手が伸びてしまう。 という意味として成り立っているように見えますが、間違った使い方です。• 「食指がそそられる」 食欲がそそられるという言葉と混ざってしまっています。 間違っているのでお気をつけください。 つづいて、以下例文です。 A「昨日の会議には社長が出席してたんだって?」• B「そうなんだよ。 なんでも新しい企画のプレゼンテーションを聞きたいとか言って急に会議室に入って来られてさ…」• A「それは大変だったね。 でも直接社長に提案できるなんていい機会をもらったね。 B「そうなんだけど…緊張しすぎてうまく話せなかったよ。 A「そんなに落ち込まないでよ。 それで、社長の反応はどんな感じだった?」• B「Cさんのプレゼンテーションに 食指が動いた様子だったよ。 A「さすがCさんだね。 自分たちも頑張ろう!」.

次の