匿名配送 郵便局留め。 匿名配送とはなんですか? « フリマアプリラクマガイド集

匿名配送の仕組みってどうなっているんだろう

匿名配送 郵便局留め

の匿名配送、&おてがる版。 今まで10年以上お互いの住所を公開しあって取引してたから別に匿名だろうがなかろうがどっちでも良い派。 ただ郵便局もヤマトも取り扱って西に東にと移動しなくちゃいけないのが面倒くさくて郵便局取扱いに絞ったってだけ。 落札者さんから「はじめまして。 」とメッセージを貰う度に、「匿名配送ってあんまり意味のない機能だね」と思うくらい。 この匿名配送での同じトラブルが3月に2件もありました…。 共通点は「郵便局留め」! 匿名配送ではない一般的な配送方法で局留めを利用する場合、受取人の欄に郵便局の住所を書いて局留めにし、受取人の名前のみ記載っていうスタイルが多かったと思います。 (本当は局留めの下に括弧書きで住所と名前の両方記載するんだけどね。 この従来の方法で「おてがる版」&「おてがる版」を局留にしちゃうと実際にその郵便局までは届きますが、落札者さんは荷物を受け取ることが出来ませんのでご注意! なんでも窓口で受け取る際に認証番号(認証キー)が必要になるらしく、今までの局留めスタイルだとこの認証番号は発行されないんだよねー。 多分この認証番号って出品者側が発送の際に使える番号と同じものだと思うんだけど、仮に同じだとしても発送した時点でこの番号は見えなくなる。 しかも匿名配送で記載住所が郵便局留めになってても分からないのでこちら側からは対処のしようがないんだよね。 住所が見えてて「局留め」になってると気付いて認証番号をメッセージで教えてあげる、みたいな対処ができない。 一番下の「店舗などで受け取る」にして局留めにしないといけない模様。 一人の方はすんなり理解してくれたんだけどね…もう一人の方には「認証番号を教えないいじわるな落札者」としてまぁまぁ罵られて疲れました…。 「意地の悪い・傲慢で・詐欺師まがいの出品者」です。 こんばんはっ! ここまで相手に言って実は自分のミスってなった途端に特に謝罪もなくしれっと取引をすすめる人の気持ちが分かりませぬ、。 私のHPは残り1よっっ!!! happybear365.

次の

ヤフオクで郵便局留めのやり方と注意点を徹底解説します

匿名配送 郵便局留め

郵便局留めで差出人の住所は不要?必要?• 差出人の住所は書かなくても、送れる 郵便局留めの 差出人の住所は記載しなくても、発送してくれます。 住所を書かないと送れないワケではないってことですね。 でも、 差出人の住所は不要って意味ではありません。 できるなら住所は記載したほうが良い 可能なら、郵便局留めでも、差出人の住所は記載すべきです。 郵便局留めでも、住所を書かない ことで、デメリットが発生するためですね。 以下で、差出人の住所を記載しないデメリットを詳しく見ていきましょう。 差出人の住所を書かない時の3つのデメリット 一般常識がないと思われる 郵便局留めでも、「 送った側の住所は書くのが当然でしょ」って感覚の受け取り側もいます。 もし、フリマアプリなどで販売してる場合は、「一般常識がないな~」と低評価にされてしまう危険性も。 差出人の住所を書きたくないなら、前もって、 「還付不能郵便とは?」 差出人に返送したいけど、差出人が書かれてないので、返せない状態の郵便。 もし、 差出人が対応しないままだと、捨てられてしまう可能性もあるんですね。 受取人が、ずっと荷物を取りに来ないなどのトラブルも考えられます。 差出人が気付いて、対応しようとしても、わざわざ郵便局へ取りに行く必要がでたりする可能性も。 自分が出した荷物って証明する控えがなかったりすると、確認作業で時間を取られる場合もあるので、大変ですね。 「個人情報を相手に伝えたくない!」って気持ちはわかりますが、 トラブルを防ぐためにも、差出人の住所は記載すべきです。 でも、郵便局留め以外の方法で、個人情報を守ってくれる便利な送り方があるんですね。 差出人の住所なしで送りたい場合の対処法 専用の匿名発送を利用する 個人情報だからと、「送った側の住所を相手に知られたくない」って人は増えていますね。 フリマアプリなどでは、専用の匿名発送の方法があります。 メルカリ、ヤフオクで販売する商品は、差出人の住所を知らせず、送ってもOKな送り方があるんですね そのため、郵便局留めってめんどうなやり方で送らなくても、住所の記載なしで大丈夫なんです。

次の

【匿名で】SNSで発送も受取りも最安にする方法

匿名配送 郵便局留め

郵便局留め 郵便局留めについては、下記の記事を参考にしてください。 偽名や匿名での受取の可否 偽名・匿名・ハンドルネームでの受取の可否については、郵便局や担当者により対応が異なりますので一概に言えませんが、一般的な対応としては 受取りする事はできません。 ネット上には「偽名でも匿名でもハンドルネームでも受け取りができた!」という情報もありますが、原則としては受け取れないと思ってください。 受取人の住所の記載 郵便局留めの場合、本名が記載されている前提であれば、基本的に受取人の住所の記載は必要ないです。 住所の記載がなく、名義も本人確認書類と異なる場合は受取りする事はできません。 郵便局留めと郵便局受取りの違い 最近「郵便局受取りは匿名で発送・受取ができるのに、郵便局留めは匿名で受け取れないのですか?」というご質問をいただきます。 確かに言葉のニュアンス的には似ていると思いますが、基本的に サービス内容が全く異なります。 郵便局受取りが匿名で発送・受取ができるのには、売り手と書いて間は匿名ですが、郵便局は売り手と買い手の情報を把握しているので、受け取りに来た人が本人かどうかの確認が簡単で確実な情報なので、匿名で発送・受取が可能となっています。 郵便局留めの匿名は、受け取りに来た人が本人かどうかの判断ができないので、匿名での受け取りができません。 本人確認が出来ない以上、郵便物や荷物を渡す事ができない決まりです。 通知と暗証番号 郵便局受取りサービスは、「受け取り可能となった際の通知」や「認証番号」の連絡があってから郵便局に荷物の受取りに行くと思いますが、この「受け取り可能となった際の通知」や「認証番号」は郵便局が連絡・処理してるわけではなく、郵便局側は郵便局の追跡情報「到着」の入力しか行いません。

次の