鬼滅の刃 強さランキング。 鬼滅の刃・キャラの強さランキングベスト10!最強はだれだ!?

【2020】鬼滅の刃最強ランキングTOP23徹底考察まとめ!鬼殺隊・柱・上弦の鬼でどのキャラが一番強い?【強さ議論最新版】

鬼滅の刃 強さランキング

強さがわかるシーン ・童魔との戦闘シーンで、関節を外し直ぐに戻す離れ技を披露(第18巻) ・同じく童魔との戦闘シーンで、母としのぶの仇を仲間とともに討つ(第19巻) 獣の呼吸の特徴を分析 「獣の呼吸」は自らが編み出した型です。 繰り出した型の数も豊富です。 壱ノ牙 穿ち抜きは、刀を二本そろえ一息に突き刺す技で、下弦の伍である累の父役の鬼に対し、技を繰り出しましたが、刃が刺さるのみでした。 弐の牙 切り裂きは、腕を交差させるように刀を振るい広範囲を切り裂く技で、下弦の壱である魘夢に技を繰り出し勁の骨を見つけた。 参ノ牙 喰い裂きは、鬼屋敷の鬼2体の勁を斬り撃破した。 肆ノ牙 切細裂きは、細かい斬撃を入れ切り裂く技で、下弦の壱である魘夢の勁を斬るに至ったが、上弦の弐である童磨にはかわされた。 伍ノ牙 狂いざきは、四方八方に斬り付ける技で、魘夢の体の広範囲を切り裂いた。 また、童磨の血気術をかわす際も有効的な攻撃となった。 陸ノ牙 乱杭がみは、 のこぎりのように切り裂く技です。 堕姫や童磨に対し技を繰り出したが、その途中で反撃にあうなど、その攻撃力は不明です。 漆ノ型 空間識覚は、相手の場所を感知する技なので攻撃力を測る指標にはなりません。 捌ノ型 爆裂猛進は、 一直線に突進することに特化した技で、堕姫の勁を斬った。 強さがわかるシーン ・空喜 第13巻 炭次郎と空喜の戦闘シーンで炭次郎を切り付ける ・積怒 第13巻 禰豆子と積怒の戦闘シーンで禰豆子を稲妻で攻撃 ・哀絶 第13巻 玄弥と哀絶の戦闘シーンで玄弥を槍で突き刺す ・可楽 第12巻 時透と可楽の戦闘シーンで時透を団扇で吹き飛ばす 喜怒哀楽の特徴を分析 空喜は、空を飛び、鋭い爪で攻撃する。 積怒は、錫杖から稲妻を出す。 哀絶は、槍で攻撃する。 可楽は、天狗の団扇で相手を飛ばす。 憎珀天を除いて、この四体の状態が一番強い。 20位から11位 20位 胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ) 蟲柱で「蟲の呼吸」の使い手 胡蝶しのぶは薬学の知識を持っており毒の使う。 また、姉の仇を討つことに闘志を燃やしている。 強さがわかるシーン ・妓夫太郎との戦闘シーンで譜面を完成させ、妓夫太郎を追い詰める(第11巻) 音の呼吸の特徴を分析 音の呼吸で確認できたのは次の3つ。 壱ノ型 轟は、斬撃による爆発とともに轟音を立てる技で、相手への直接的な攻撃ではなかったが地面が掘り返る威力だった。 肆ノ型 響斬無間は、目の前に斬撃と爆発による巨大な空間を作り出す技で、妓夫太郎に対して繰り出したがその効果は不明。 伍ノ型 鳴弦奏々は、回転させた刃が爆発する技だが、妓夫太郎にはきかなかった。 宇随天元の音の呼吸の型から繰り出される技の威力は高く評価できないが、妓夫太郎がこれまで倒してきた柱とはひと味違うという発言や、譜面を完成させ妓夫太郎を追い詰めたことを考慮し17位にランクインしました。 強さがわかるシーン ・憎珀天との戦闘シーンで憎珀天の一撃に耐える(第14巻) 恋の呼吸の特徴を分析 恋の呼吸で確認できたのは次の4つで肆ノ型は確認できなかった。 壱ノ型 初恋のわななきは、しなる刃の一太刀で切り刻む技で、玉壺の分身を一撃で倒した。 弐ノ型 懊悩巡る恋は、高速の斬撃技で憎珀天に繰り出され、血気術をかわすことができた。 参ノ型 恋猫しぐれは、憎珀天から放たれた血気術を斬り攻撃を防いだ。 伍ノ型 揺らめく恋情・乱れ爪は、関節の柔らかさを利用した技で、憎珀天に対して繰り出したが、かわされた。 陸ノ型 猫足恋風は、憎珀天から放たれた血気術を斬り攻撃を防いだ。 甘露寺蜜璃の攻撃の技は、防御的な効果をもたらしている。 そして、その効果を発揮した相手が上弦の鬼であることや、肉体の自体の防御力の高さを考慮し、13位にランクインです。 強さがわかるシーン ・猗窩座と対峙するシーンで、猗窩座が認めるほど至高の領域に近い(第8巻) ・猗窩座との戦闘シーンで、瀕死になりながらも猗窩座を追い詰める精神力の強さ(第8巻) 炎の呼吸の特徴を分析 壱ノ型 不知火は、炎を発するような勢いで突撃する技で、無限列車の車掌の鬼の勁を斬る。 また、猗窩座に対しても一撃を放ったがその効果が不明。 弐ノ型 のぼり炎天は、猛炎のような攻撃で猗窩座の手を真っ二つにした。 肆ノ型 盛炎のうねりは、渦巻く炎のような剣技での攻撃だが、猗窩座にはきかなかった。 伍ノ型 炎虎は、烈火の虎を生み出すように斬りかかる技で、猗窩座に対して繰り出したが、その威力は不明。 奥義玖ノ型 煉獄は、灼熱の業火のごとき威力で猛進し、轟音とともに相手をえぐりきる技で、猗窩座は隙のない構えだと認めるものの、猗窩座の技の方が上回った。 煉獄杏寿郎は、猗窩座との技勝負では負けたといえるが、その後の生死をかけた勝負への執念は猗窩座を上回っている。 強さがわかるシーン ・猗窩座との戦闘シーンで、透き通る世界に入り猗窩座の頸を斬る(第18巻) 水の呼吸の特徴を分析 竈門炭次郎は水の呼吸の型を多くのシーンで繰り出しています。 型ごとにまとめていきます。 また、無限城の鬼に対しても一瞬で勁を斬った。 一方で、第3巻で登場する鬼の 矢琶羽や、下弦の鬼である累には攻撃が効かなかった。 第2巻に登場する 沼の鬼に繰り出したもののその効力は不明だが、水車の改良技である、身体を横に倒し回転斬りをする横水車で勁を斬った。 一方で 、第5巻で登場する累の父役の鬼には、水車の攻撃では刃が通らなく、 横水車も木を切ったにとどまる。 参ノ型 流流舞い(評価〇) 水流に身をのせ流れるように移動し刃を振るう技で、堕姫の勁を斬った。 また、派生形の技で、 打ち潮・乱がある。 これは、空中戦で活用でき、宙を舞いながら技を連続で繰り出すものだが、堕姫にかわされてしまった。 この技は唯一、累の母役の鬼に使われた。 下弦の鬼である魘夢に技を繰り出し、猪之助を助けた。 そして、 無限城の鬼に対して技を繰り出すと一瞬で勁を斬った。 第2巻で登場する鬼の朱紗丸の毬を刺す効果はあったものの、鬼の 矢琶羽には効かなかった。 ヒノカミ神楽の特徴を分析 亡き父の神楽の舞を呼吸法に応用したもの。 型ごとにまとめます。 一方で、 上弦の参である猗窩座には刀を素手で止められたが、 円舞一閃を新たに編み出し、上弦の肆である半天狗の勁を斬った。 一方で、 上弦の鬼である憎珀天には、技の途中ではねかえされてしまう。 幻日虹(〇) 高速のひねりと回転で攻撃をかわす技で、上弦の鬼である堕姫や猗窩座の攻撃をかわすことができた。 日暈の龍 頭舞い(〇) 龍が舞っているかのような動きの技で、上弦の鬼である喜怒哀楽の勁を斬った。 火車(〇) 相手の真上を飛んで背後に回り、隙の糸の確認と同時に切り込む技で、上弦のおに鬼である堕姫にかわされたものの、猗窩座 の腕を斬った。 灼骨炎陽(〇) 強大な力を持つ高速回転斬りの技で、堕姫との戦いでは、この技により堕姫の攻撃をかわすことができたが、猗窩座との戦いでこの技を使った際は、その効力は不明。 陽華突(〇) 上空へと飛び上がり攻撃の威力を一点に集中させる技で、上弦の鬼である半天狗を天井から落とした。 飛輪陽炎(〇) 回避したはずの斬撃の刃先が揺らぎ、伸びてくる技で、猗窩座の頸を斬りつけたダメージを与えた。 斜陽転身(〇) 逆さまに宙返りし、水平に斬撃を放つ技で、猗窩座頸を斬った。 技を単純に比較できないが、透き通る世界に入り放った斜陽転身は、竈門炭次郎の強さを測る最も重要な技だと言えます。 強さがわかるシーン ・縁壱零式を破壊(第12巻) ・玉壺の頸を斬り落とし撃破(第14巻) 霞の呼吸の特徴を分析 弐ノ型 八重霞は、連撃技で上弦の鬼である玉壺の血気術を破った。 一方で、 上弦の鬼である黒死牟には、余裕で避けられた。 参ノ型 霞散の飛沫は、素早い回転斬りの技で、玉壺は脱皮された。 肆ノ型 移流斬りは、流れるような太刀筋で刃を振るう技で、上弦の鬼である半天狗に避けられた。 伍ノ型 霞雲の海は、迫りくる攻撃を裂断する技で、玉壺の体に打撃した。 一方で、 黒死牟には避けられた。 陸ノ型 月の霞消は、広範囲にわたり霞で包み込むように斬り込む技で、玉壺の血気術をかわした。 漆ノ型 朧は、瞬く間に一撃を入れる技で、玉壺の勁を斬った。 一方で、黒死牟には余裕で避けられた。 時透無一郎の技は、玉壺に対し有効度なダメージを与えているが、半天狗や黒死牟にはかわされている。 11位 伊黒小芭内(いぐろ おばない) 蛇柱で蛇の呼吸の使い手 愛蛇「鏑丸」と行動を共にしている。 強さがわかるシーン ・下弦の伍である累を瞬殺する強さ ・猗窩座との戦闘シーンで、猗窩座と渡り合う(第17巻) 水の呼吸の特徴を分析 弐ノ型 水車は、全身を水車のごとく回転させ斬撃する技で、上弦の鬼である猗窩座の腕を斬った。 参ノ型 流流舞いは、水の流れの様な滑らかな太刀筋の技で、無限城の鬼の頸を一瞬で斬った。 一方で、 猗窩座にも繰り出されたが が効果は不明。 肆ノ型 打ち潮は、荒れた大海の波のような動きで相手に切り付ける技で、累の父役の鬼を豆腐みたいに簡単に斬った。 また、猗窩座の腕など身体を斬った。 一方で、 風柱である不死川実弥にも繰り出したことがあったがよけられた。 漆ノ型 雫波紋突きは、波紋の中心を狙う一撃技で、不死川実弥に繰り出し木刀を折った。 拾壱ノ型 凪は、義勇が編み出した義勇だけの技で、下弦である累の最硬度の糸を斬った。 また、 猗窩座の血気術を無効にした。 強さがわかるシーン ・黒死牟との戦闘シーンで黒死牟がその実力を認める(第19巻) 風の呼吸の特徴を分析 壱ノ型 塵旋風・削ぎは、凄まじい衝撃を与える技で、水柱の冨岡義勇に対し繰り出し木刀が折れそうになった。 また、 上弦の鬼である黒死牟との戦闘シーンでは、耳を斬るなどダメージを与えた。 弐ノ型 瓜々・科戸風は、爪で斬り付けるような斬撃の技で、黒死牟に防がれるものの黒死牟の刀を斬り付けた。 参ノ型 晴嵐風樹は、風を身にまとうような近距離の斬撃の技で、黒死牟の攻撃を防いだ。 肆ノ型 昇上砂塵嵐は、突き上げる砂嵐のような斬撃の技だが、黒死牟によけられた。 伍ノ型 木枯らし颪は、吹き下ろす突風のような斬撃の技で、冨岡義勇の木刀が折れた。 漆ノ型 勁風・天狗風は、風力で仲間の攻撃の威力を補強する技で、黒死牟との戦闘シーンで悲鳴嶼行冥の技とともに繰り出し 黒死牟の服を斬った。 捌ノ型 初烈風斬りは、突風のような一撃技で、黒死牟に繰り出したが効果は不明。 強さがわかるシーン ・ 柱稽古で岩を動かすパワーを持ち、鬼殺隊最強(第16巻) ・ 黒死牟との戦闘シーンで黒死牟が認める強さ(第19巻) 岩の呼吸の特徴を分析 壱ノ型 蛇紋岩・双極は、手斧と鉄球を回転させ同時に相手に放つ技で、上弦の鬼である黒死牟の服を斬った。 弐ノ型 天面砕きは、鎖を踏みつけることで鉄球の 落下速度を上げ威力が増す技で、黒死牟の髪の毛が千切れた。 参ノ型 岩軀の膚は、手斧と鉄球を振り回し相手の攻撃を斬り裂く技で、鬼舞辻無惨の攻撃を防いだ。 肆ノ型 流紋岩・速征は、縦横無尽に鉄球と手斧を振り回し攻撃する技だが、黒死牟にはよけられた。 伍ノ型 瓦輪刑部は、空中から鉄球と手斧を繰り出す技だが、黒死牟への効果は不明。

次の

【鬼滅の刃強さランキング】炭治郎や柱、十二鬼月一番強いのは誰だ!?

鬼滅の刃 強さランキング

第9位 累(るい) 第9位に選んだのは上弦の伍でもある累。 上弦の壱よりランキングが上なんておかしいと思われるかもしれませんが、あきらかにこちらの方が印象に残る戦いを繰り広げました。 炭治郎と禰豆子の共闘にも引けを取らず力では圧倒していたのですが、冨岡が助けに来たことで状況は一変。 やはり柱には敵わず殺されてしまいました。 ちなみに他の下弦の鬼たちは…… 10位と9位で下弦の壱と伍を紹介しましたが、その他の下弦の十二鬼月はどうなのかというと……累が殺された後に実力を発揮どころか戦闘シーンもなく無惨に殺されて終了してしまいました。 十二鬼月まで登り詰めた彼らが雑魚キャラ並みにあっさり殺されるのはちょっとかわいそうでした。 見た目も雑魚でしたが…… 第6位 半天狗(はんてんぐ) 第6位に選んだのはいつも何かに怯えている半天狗。 見た目は弱そうでも実力は上弦の肆。 時透や炭治郎がすぐそばに来るまで悟れない程気配を消したり、時透の技を交わすなど並みの鬼でない事が見て取れます。 姿かたちが小さく逃げ隠れされると見つけるのが難しいのもやっかいなところでした。 戦いで戦闘するのは本人ではなく喜怒哀楽の鬼たち 半天狗は切られる事で分裂し喜怒哀楽と舌に書かれた4人の鬼を召還します。 半天狗の本体は身を隠し戦闘はこの4人が担当。 その中でも「怒」の鬼がリーダーとなり、最終的に他の3人を吸収して炭治郎たちの前に立ちはばかりました。 ジャンプでは定番の合体して小さくなると強くなるアレですね(笑) 第5位 妓夫太郎(ぎゅうたろう) 第5位に選んだのは上弦の陸である妓夫太郎。 上弦の伍・肆といますが、それと比べても実力は上だったと思われます。 倒すには堕姫と同時に頸を切らないと倒せないので堕姫を隠して単騎で戦えば柱でも勝つのは難しかったかも……? 妓夫太郎を鬼にしたのは童磨 上弦の陸の妓夫太郎ですが、その妓夫太郎と堕姫を人間の頃に鬼へスカウトしたのは他でもない童磨でした。 ちなみに当時の童磨は上弦の陸。 妓夫太郎はその時の童磨と同じランクまで上り詰めた事になります。 (現在の童磨は上弦の弐ですが) 第4位 猗窩座(あかざ) 第4位に選んだのは上弦の参の猗窩座。 現在の所、唯一柱と戦い煉獄を殺害した鬼。 上弦の中でも微妙な立場であり、仲間意識は一切なく柱とも無惨以外の鬼とも敵対しているような存在。 煉獄の実力は認めており最後まで鬼になるように勧誘していました。 戦闘スタイルが肉弾戦というのも単純に強そうなイメージです。 第3位 童磨(どうま) 第3位に選んだのは上弦の弐である童磨。 何を考えているのかよく分からないお調子者ですが、先ほど紹介した猗窩座より後から鬼になったにもかかわらず上弦の弐になっている事から上弦のランクを賭けた戦いで勝利したと思われます。 性格は明るく残忍。 原作ではしのぶの毒にも対応し柱相手でも圧倒しています。 童磨は蟲柱しのぶの因縁の相手! 実は童磨は過去にしのぶの姉であるカナエを不意打ちで殺している過去があり、その事からしのぶに強い恨みを持たれています。 そしてついに対面した童磨としのぶ。 現在は童磨がしのぶを圧倒していますが……しのぶの継子としてカナヲの出番が多いだけに、しのぶがやられてカナヲが敵を討つ展開にならないか心配です。 第2位 黒死牟(こくしぼう) 第2位に選んだのは上弦の壱である黒死牟。 まだまだ謎に包まれた部分の多い鬼ではありますが明らかに只者ではないオーラが漂っています。 顔とクビにアザを持っており、炭治郎たちのアザとの関係も気になるところ。 猗窩座と童磨がいざこざを起こした際には目にも見えないスピードで猗窩座の腕を切り落としました。 黒死牟と炭治郎は過去に会っている? 黒死牟について1番気になるのは炭治郎が過去に出会った人物に姿かたちがそっくりである事。 おそらくは同一人物と思われるのですが、いったいどういった経緯で上弦の壱となってしまったのでしょうか。 第1位 鬼舞辻無惨きぶつじむざん) 第1位はもちろんこの人物!鬼舞辻無惨!全ての鬼の頂点で上弦であっても無残の前ではひざを付き頭を下げます。 口答えや確定していない曖昧な事を言った時には上弦であっても一瞬で首を切るほど。 童磨や黒死牟に敵意を剥き出しの猗窩座ですら無惨の前では従順な僕となります。 【鬼滅の刃】鬼の強さランキングまとめ ここまでランキング付けしてきましたがいかがだったでしょうか。 今回はあくまで敵キャラのランキングとして紹介したので禰豆子は含みませんでしたが……現在原作でも交戦中の上弦の鬼、さらに黒死牟と無惨の強さはまだベールに包まれたままなので今後の展開が楽しみです。 特に黒死牟は他の鬼と違い色々と謎があるので目が離せません。

次の

【鬼滅の刃】作中キャラクター最強ランキング|1位は意外なあのキャラ……!?

鬼滅の刃 強さランキング

鬼滅の刃強さランキング ここでは、鬼殺隊の主戦力である『柱』の9人が対象です。 第9位 胡蝶しのぶ 第9位は蟲柱の胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)です。 胡蝶しのぶは、作中の序盤で登場した富岡義勇に続く2人目の柱となります。 『身長151cm、体重37kg』とかなり華奢です。 本人も自覚しているようですが、低身長で手足が短いため筋肉量が少なく、 鬼の首が切れないという非力さが弱点です。 そんな彼女の武器は刀に仕込んだ「毒」であり、 ほぼすべての鬼に効く猛毒の使い手です。 鬼を倒せるのは日輪刀で首を切るか、日の光に晒すかの2通りですが、それ以外の方法で鬼を倒せる唯一のキャラクターでもあります。 しかし、上弦の弐である「童磨」との戦闘では、使用するほぼすべての毒が無効化され、自身の体に仕込んだ「 体重と同じ37kg分の猛毒」でなんとか弱体化させ倒すことができました。 この描写を見る限り、胡蝶しのぶが使う通常の毒はその他の上弦の月にも効かないと思います。 柱である以上かなりの実力者ではありますが、 柱の中では下位の強さとなります。 第8位 宇髄天元 第8位は音柱・宇髄天元(うずいてんげん)です。 雷の呼吸の派生である「音の呼吸」を使います。 宇髄天元は元忍と身体能力が高く、派手なみかけによらず頭脳派な一面もあります。 炭次郎らの援護もあって、100年もの間、歴代の柱たちでも倒すことができなかった 上弦の鬼討伐を達成。 しかし、左目と左手を失うという大きな犠牲を払ったため、 鬼狩りからの引退ということになりました。 戦闘後、伊黒小芭内からは「 左手と左目を失ってどうするつもりだ。 たかが上弦の陸との戦いで」と言われていたので、現柱メンバーにとっては上弦の鬼は無惨までの通過点に過ぎないといった印象です。 その後、時透無一郎が上弦の伍の単独撃破に成功したため、相対的に宇髄天元の評価も下がってしまいました。 第7位 甘露寺蜜璃 第7位は恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)です。 炎の呼吸の派生である「恋の呼吸」を使います。 彼女の特徴は、その華奢な見かけによらず 筋肉密度が常人の8倍という異能さです。 甘露寺はわずか1歳2ヶ月の頃に、15kgの漬物石を軽々と持ち上げた過去もある天性の肉体の持ち主です。 常人であれば木っ端微塵にされてしまう上弦の攻撃であっても、その 筋肉密度により耐え抜きました。 身体的な強さに関して言えば、鬼殺隊最強の悲鳴嶼行冥と並ぶ逸材です。 しかし、戦闘では相手が上弦の鬼ということもあってか、時間稼ぎやひたすら耐えるというものばかりで、大きな戦果はあげられませんでした。 特に上弦の肆との戦いでは、かなりギリギリの攻防を繰り広げ、 もう少し戦闘が長引けば確実に負けていたという描写があります。 肉体面の強さでは柱の上位ですが、メンタルや頭脳という面では他の柱に劣るため比較的下位の実力となります。 第6位 時透無一郎 第6位は霞柱の時透無一郎(ときとうむいちろう)です。 風の呼吸の派生である「霞の呼吸」を使います。 個人的には、ここから上の順位の柱はかなり強いと思います。 時透無一郎は柱の中でもぶっちぎりの才能の持ち主であり、宇髄天元に「 刀を握ってわずか2ヶ月で柱に入った天才」評される程です。 宇髄天元が苦戦しながらも上限の陸を撃破しましたが、単独でそれを上回る強さの上弦の伍を撃破するという驚きの戦果を上げました。 そして、その後の上弦の壱との戦闘の中で、無一郎は始まりの呼吸と呼ばれる 「日の呼吸」の使い手・継国家の子孫であることが判明。 14歳という若さから経験不足という評価をされがちですが、上弦の鬼との戦闘を経験済みであり、その他の隊士と比べても経験値はかなりあります。 そして、上弦の壱を前にしても、一瞬で動揺を鎮める 精神力の高さ、身体能力を大幅に向上させる 痣の発現、鬼に絶大な威力を発揮する 赫刀の発現などかなりの実力者です。 第5位 伊黒小芭内 第5位は蛇柱の伊黒小芭内(いぐろおばない)です。 水の呼吸の派生である「蛇の呼吸」を使います。 初登場は、他の柱たちと同じ柱合会議でしたが、長い間作中での活躍はありませんでした。 その後の、 作中でのまともな戦闘がいきなりラスボスの無惨という不安しかないデビューとなりましたが、圧倒的な強さを持つ無惨に対して、岩柱・風柱と並び苦しいながらも善戦しています。 さらに、無一郎と上弦の壱の戦闘の報告をカラスから受け、少ない情報から赫刀の条件を導き出しました。 そして、 痣と赫刀の発現に成功し、短時間で能力を大幅に向上させました。 無惨との戦闘を見る限りかなりの実力があり、 鬼殺隊の中でも上位だと推測されます。 第4位 冨岡義勇 第4位は水柱の冨岡義勇(とみおかぎゆう)です。 那田蜘蛛山では、炭次郎が苦戦した十二鬼月の下弦の伍・累をあっさり倒すなど底の見えない実力を発揮しました。 その後、過去が掘り下げられていく過程で、過去の自分の行動を引きずっていたり、自身のことを柱だと思っていないなど メンタル面の弱さが露呈しました。 しかし、炭次郎との連携で見事上弦の参・猗窩座を倒すことに成功しました。 上弦の鬼は参から上が上位陣といった印象なので、猗窩座の撃破はかなりの戦果です。 最終決戦前の柱同士の稽古では、 不死川実弥と実力がほぼ互角だった点も考えると、冨岡義勇も間違いなく柱上位の実力だと分かります。 第3位 煉獄杏寿郎 第3位は炎柱の煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)です。 炎の呼吸は基本の呼吸であり、炎の呼吸の使い手はどの時代も柱に入っていたという程の実力者揃いです。 煉獄杏寿郎が死んだとき、他の柱たちはかなり驚いていたので実力は柱の中でも上位だと思われます。 胡蝶しのぶいわく、 上弦の鬼の強さは「最低でも柱3人分」と評される中、上弦の参・猗窩座に一人で健闘しました。 敵である猗窩座からもその強さを評価され、その描写からも剣士としてかなりのレベルに達しているのが分かりました。 戦闘シーンが猗窩座戦のみという伊黒小芭内に次いで評価しづらいキャラではありますが、 上弦の参を追い詰めた実力は本物です。 第2位 不死川実弥 第2位は風柱の不死川実弥(しなずがわさねみ)です。 その言動と傷だらけの見た目から、いかにも好戦的で野蛮な性格だと思われますが、戦闘に関してはかなり冷静で攻めるのも守るのも完璧な優等生。 上弦の壱・黒死牟からは最強の悲鳴嶼と並んで「 柱の中でも実力上位」と評される程です。 霞柱の無一郎は黒死牟戦でかなりのダメージを受け敗北しましたが、不死川実弥は身体の欠損というダメージを受けることなく黒死牟の討伐に成功しました。 更に、不死川実弥は鬼を酔わせる血である 「稀血」の中でもさらに希少な血であることが判明しました。 その血は上弦の壱・黒死牟をも酔わせることに成功し、鬼を倒す能力が非常に高いということが分かります。 現在は痣も発現しており、 間違いなく悲鳴嶼行冥に次ぐ実力者です。 第1位 悲鳴嶼行冥 第1位は岩柱の悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)です。 伊之助は悲鳴嶼を「鬼殺隊最強」と断定し、それに対して炭治郎も同じ同意していました。 悲鳴嶼行冥の強さはなんといっても 強靭なフィジカルです。 鬼殺隊に入隊する前の時点で、鬼を素手で倒すという驚異の戦闘力を誇ります。 そしてその実力は、上弦の鬼・最強の黒死牟にして「 これほどの剣士を拝むのはそれこそ300年振り」と言わしめる程。 歴代の鬼殺隊隊士の中でも「日の呼吸」の使い手・ 継国縁壱に次ぐ強さだと思われます。 さらに、上弦の参・猗窩座が追い求め、 至高の領域と呼ぶ「透き通る世界」にも到達しています。 この透き通る世界は相手の体が透けて見えて、その微妙な動きから次の動作を予測するという高度なものです。 この透き通る世界に到達したのは、現時点では日の呼吸を受け継ぐ炭次郎、継国家の子孫である無一郎、そして悲鳴嶼だけです。 この手の作品ではめずらしく「最強」との評価通り、かませではない本当に最強のキャラです。 鬼滅の刃強さ・柱のランキングまとめ 鬼滅の刃の柱のランキングをご紹介しました。 鬼滅の刃はすでに最終決戦に入っているため、戦闘描写が少ないキャラが多く、順位をつけるのが難しかったです。 ですが、今回のランキングは結構順当ではないでしょうか? 今後、大きな変化があるようであれば随時更新していきます。

次の