ヘア スタイル ボブ。 美人モテヘア♪ショートボブの前下がりスタイルでおしゃれに!おすすめヘア【13選】

【2020年夏】ボブの髪型・ヘアアレンジ|人気順|ホットペッパービューティー ヘアスタイル・ヘアカタログ

ヘア スタイル ボブ

髪の長さ• すべて• ミディアム• ショート• セミロング• ロング• ベリーショート• ヘアセット• ミセス カラー• すべて• ブラウン・ベージュ系• イエロー・オレンジ系• レッド・ピンク系• アッシュ・ブラック系• その他カラー イメージ• ナチュラル• モテ・愛され• カジュアル・ストリート• オフィス・コンサバ• ギャル• ティーンズ・ガーリー メニュー内容• パーマ• ストレートパーマ・縮毛矯正• エクステ 髪量• 少ない• 多い 髪質• 柔かい• 硬い 太さ• 太い クセ• 強い 顔型• 逆三角• ベース.

次の

ショートボブのヘアセット|外ハネ、簡単ヘアスタイリング&アレンジ、スタイル別おすすめスタイリング剤

ヘア スタイル ボブ

ボブの簡単ヘアアレンジまとめ。 髪が短くても、人気のアレンジは可能なんです!ハーフアップ、くるりんぱ、お団子、編み込みなど、毎日のお仕事や学校から、華やかにしたい結婚式などにおすすめのヘアアレンジを集めました。 どれも簡単にできるので、いつものヘアアレンジにマンネリを感じているなら、ぜひトライしてみて! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 動画でわかりやすく!簡単にできるボブのヘアアレンジ 上品ハーフアップ トップをふんわりさせた上品フェミニンなハーフアップ。 広がりやすい髪をボリュームとして利用し、華のあるアレンジに。 ハーフアップにすれば、膨張しやすいハチ上もスマートに抑えられ、頭が小さく見える効果も。 <How to> コームを使って分け目をジグザグにとり、顔周りの毛束がペタッとつぶれるのを予防。 その後、顔周りの毛束を残してハーフアップにし、大きめのクリップで留めて。 仕上げに、毛先中心にソフトワックスを薄くつけ、自然な毛流れをメーク。 その上から、パールピンをランダムにあしらったら完成。 ソフトワックスをなじませた手のひらで前髪を斜めに流した後、毛先にも手ぐしを通して毛束感をつけるのがポイント。 まとめた毛束を半回転ねじってピンで固定。 【2】残しておいた顔周りの毛束を2~3束にざっくり分け、1束ずつヘアアイロンを使って中間から毛先を外巻きに。 【3】ヘアワックスを指になじませ、巻いた毛先をつまんで程よくくずし、ニュアンスをつける。 ひとつ結びを大人っぽくアレンジ!分け目と後れ毛で今どきフェミニンに HOW TO 【1】短めの髪は、あらかじめ適当に巻いてジェルやワックスをなじませておく。 【2】センターで分けてからこめかみと耳後ろの毛束を残し、後ろの低い位置でひとつ結びに。 【3】残しておいた毛束に再度スタイリング剤をつけて完成。 丸顔+地味顔をカバーしてくれるカチューシャ風ツイスト編み込み 骨格や顔立ちが強調されがちで、スタイリングもマンネリしがちなボブ。 カチューシャ風ツイスト編み込みなら、骨格や顔立ちカバーが可能で、脱マンネリも叶う! HOW TO 【1】トップを7:3の位置でざっくり分けて、7側の毛束を少量とります。 【2】毛束を2分して、交差させツイスト編みにする。 【3】顔まわりの毛を少しずつすくい、交差させて前側にきた毛束と合わせて編み込み風に。 【4】そのまま耳うしろまでツイスト編み込みを続けます。 【5】ツイストした毛先を片手でしっかり押さえ、もう片方の手でトップの毛を部分的に引き出して、ボリュームとルーズ感を出す。 【6】同様に片手でツイストした毛を押さえ、もう片方の手でサイドの編み目を少しずつ引き出してルーズ感を出す。 【7】ツイストした毛先はアメピンで固定して完成。 HOW TO 【1】こめかみから上の毛束を2つに分け、2本を交差させていく。 反対側も同様に交差させたらクリップでセンターに留める。 【2】顔周りの毛束は、ストレートアイロンを斜めに入れて1回転巻く。 やや硬めのワックスを毛先へもみ込んで完成。 上品なのに華やかな、ボブの結婚式ハーフアップはコレ! シンプルなのにおしゃれで華やかな印象を与えるのは、後頭部にボリュームを持たせているから。 ピンだけで作る簡単&手軽さも魅力のヘアアレンジ! HOW TO 【1】ざっくり手ぐしで耳上半分の髪をとり、後頭部で強くねじる。 ねじって筒になった部分に盛りが出るように、ピンで下の髪に固定。 【2】トップから後頭部の髪をつまみ出し、【1】で作った盛り感にラフさが出るよう形を整える。 【3】バレッタで留めてスタイルを固定。 下ろしている髪もふんわりほぐし、耳前にひと束後れ毛を出して完成。 後ろ姿で差をつける正統派3つ編みハーフアップ 結婚式でのきちんと感を狙うなら、正統派な3つ編みハーフアップがおすすめ。 後ろ姿の美人度も高く、気になる存在になれるかも?! HOW TO 【1】表面の髪を編むと毛束が浮きやすくなるので、内側の毛束をきっちり丁寧に編む。 指でほぐし反対側も同様に編む。 【2】両サイドの毛束を後ろでひとつにまとめ、ゴムでハーフアップに。 【3】結び目が隠れるようにバレッタを留めた後、バレッタを押さえたままトップの髪を指でそっとつまみ出してふんわりさせる。 短いボブでもできる!華やかアップスタイル ボブをお団子風にアレンジ!必見テクニック 長さのないボブも、少しの工夫で魅力的なアレンジが可能に。 ロングの髪をふんわり結んだような後頭部の丸みや表面の毛束感、結んだ毛束を隠すヘアアクセ使いで、定番ひとつ結びをこなれたまとめ髪風アレンジに! HOW TO 【1】トップ~後頭部の根元をくるくるドライヤーでしっかり立ち上げる。 根元の立ち上がりを、手ぐしを通せるハードスプレーでキープ。 【2】内側から手ぐしを通しながら、下の位置で髪をひとつ結びに。 後頭部のふんわり感をつぶさないよう注意。 【3】後頭部の上部分の髪を、指先で少しずつつまみ出す。 サイドはハチの少し上部分の髪を引き出し、正面から見たときのふわっと感を作る。 【4】引き出した髪を指で再度つまみ、ハードスプレーでふんわり感をキープする。 【5】結び目にヘアアクセを飾れば、短い毛束が隠れてお団子風フォルムに。 清潔感のあるスタイルはオフィスシーンでも活躍! HOW TO 【1】ワックスを軽くとり手に広げ、ハチ上の髪を後ろでざっくりと束ねてハーフアップに。 【2】そのまま下の部分もひとつ結びに。 表面の髪を部分的に引き出し、耳前の後れ毛は束っぽくねじる。 複雑そうに見えてピンだけで簡単に作れます。 HOW TO 【1】トップの毛束を幅広にとって持ち上げ、毛束の裏側の中間から根元に向かってコームを下ろし逆毛を立てる。 目の細かいコームで、数回繰り返す。 【2】全体を3つに分け、襟足の毛束の面を平らたくとり、指で挟む。 その状態をキープしたまま、地面と平行にくるんと外側へ巻き上げ、襟足付近で横からピンを挿して留める。 全体的にハードスプレーを軽く吹きかけて完成。 アシンメトリーにねじ上げたバックスタイルが一枚上手のスタイルに。 HOW TO 【1】全体に軽くワックスをもみ込み、前髪を7:3に分ける。 量の多い方の毛束を一回転半ほど外巻きにねじり、耳の上でピンで固定する。 【2】残りの髪を右に寄せ、毛束を二つに分ける、右は耳上から、左は耳下から毛束をとり、それぞれ右の襟足まで外巻きにねじってピン留めする。 【3】右の毛束を毛先まで外巻きにねじり、左の毛束の上でピン留めする。 左の毛束も同様にねじり、右の毛束の上で交差させるように留めて完成。 簡単にできる!今っぽハーフアップアレンジ 波巻きとツヤぬれ感がキュートなハーフアップお団子ヘア 表面の立体感がこなれた印象だけど、お団子から出たちょこんと毛束がかわいいフェミニンヘア。 HOW TO 【1】ストレートアイロンで、Cカールを重ねながら波巻きに。 顔まわりは特にしっかりくせづけ。 【2】耳より上の髪を手グシで集め、表面や分け取った境目の毛束を指でつまみ出してくずす。 【3】集めた髪は、輪結びでハーフアップに。 残した毛束の一部を結び目に巻きつけてピン留め。 【4】完成! ハーフアップお団子の毛先をあえて残し、ラフに見せて。 3段階で押さえているから、くずれにくい! HOW TO 【1】こめかみから毛束をとってゴムでまとめてハーフアップに。 さらに、耳上の毛束を左右それぞれねじり、ハーフアップの結び目付近でアメピンを挿して留める。 【2】マジェステをつけて結び目とアメピンを隠したら、襟足の髪を低め位置でひとつにまとめてゴムで結ぶ。 トップの髪は指で軽くつまんでほぐせば完成。 HOW TO 顔周りの髪を残し、生え際より少し後ろにヘアバンドをつける。 手ぐしでラフにハーフアップを作り、毛先は輪っか状にしたお団子風にまとめる。 でも見た目が地味になりがちなので、ハーフップを加えてバックスタイルに動きを出す変化球スタイルがおすすめです。 HOW TO 【1】耳上の髪を後ろでまとめてゴムで結ぶ。 前髪は透け感が出るよう少なめに残すとリラックス感が! 【2】残った髪をひとつにまとめ、毛先を抜ききらないよう途中までゴムを通し、お団子の丸い部分を作る。 【3】毛先がお団子の上にくるよう折り返す。 お団子がくずれないよう固定。 【4】お団子と折り畳んだ毛先をひとまとめにして、ゴムできつく結ぶ。 余った毛先はゴムの間に挟み収める。 ボブさんはハーフアップと組み合わせるのが正解。 毛先、後れ毛、バックシルエットに緩やかなニュアンスが加わり、女性らしいムードが加速! HOW TO 【1】顔周りの後れ毛を細かくひと束残し、耳上の髪をまとめる。 ゴムを少し下げて結び目を緩める。 【2】ゴムの上に穴をつくって毛束をくぐらせる。 仕上げに毛束を左右にぎゅっと引っぱり、ゴムを押し上げる。 【3】結び目付近の毛束を細かく引き出してゴムを隠す。 トップと耳横の毛束も引き出し、ラフな感じに仕上げて完成。 【2】ゴムを少し下にずらしてから、結び目の上に指で穴をあける。 【3】穴に通し切ったら、毛先を下にキュッと引っ張る。 最後に毛束をふたつに分け、ゴムを押し上げるように左右に広げる。 襟足をピンで留めたアップスタイルは華やかなシーンにも好相性。 HOW TO 【1】耳の上からセンターまで編み込み。 毛先まで丁寧に編んで毛先をゴムで結んだら、指でつまんで軽くほぐす。 【2】編んだ毛束の毛先をねじりながら上げ、襟足の少し上でピン留め。 落ちてこないように、ピン数本を使って隠れるように奥まで差し込む。 面長をカバー!ボブヘアの小顔アレンジ 面長さんにおすすめなのが、横幅広めのぱっつん前髪ボブ。 サイドの編み込みアレンジで横幅をさらに広げ、顔周りをすっきりさせることでより縦長感をカバー。 HOW TO 【1】右側のこめかみの毛束を上下2段に分けてねじる。 下の髪をすくい足しながら、2本の毛束を毛先まで交差。 【2】耳の上でアクセサリーをパッチン留め。 反対側の髪も耳にかけ、顔周りをすっきりと。 ショート・ショートボブは前髪&サイドでヘアアレンジ! 短めボブもコームで簡単におしゃれに!こなれオールバックヘア 結べる長さがなくても、前髪を上げておでこを出した爽やかなヘアアレンジ。 ざっくり留められておしゃれさも引き出せる、コームを活用して。 HOW TO 【1】少量のソフトワックスを手に広げ、前髪をかきあげる。 【2】シンプルなコームで、髪が落ちてこないようにセンターから適当に留める。 【3】こめかみ部分は髪で隠すのが素敵に見えるコツ。 サイドをくるんとねじって留めるだけ!簡単アレンジ サイドの長さがあれば、髪をねじり留めしたヘアアレンジで簡単に印象チェンジ。 爽やかでクールなのに、ほんのり大人フェミニンな印象に。 HOW TO 【1】前髪を9:1に分ける。 根元からしっかりと髪をかき分け、手で押さえてくせをつける。 【2】分け目側のサイドの髪を、後ろ向きにねじりながら飾りピンで固定。

次の

【50代おすすめヘアカタログ】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアスタイル

ヘア スタイル ボブ

短いショートボブでも簡単にできちゃうヘアアレンジ&ヘアセット法を教えます!スタリング次第でイメージが変わります!外巻きを加えるだけで大人っぽくなったり、内巻き外巻きミックスでおしゃれヘアーが手に入ります。 そんなスタイリング法や作りたいスタイリング別おすすめのスタイリング剤をご紹介。 花冠みたいなフォルムが、春にぴったり。 ラフに散らした毛先を合わせ、抜け感を! 【ヘアアレンジ方法】 フロントはざっくりセンターパートにし、おでこの周りの毛束を、左右それぞれ後ろ向きにねじってピン留め。 ねじった毛束の上から、パールピンをランダムにあしらって完成。 センターで分けてからこめかみと耳後ろの毛束を残し、後ろの低い位置でひとつ結びに。 残しておいた毛束に再度スタイリング剤をつけて完成。 短めヘアの方にもおすすめ!フルアップ2段結び 長さが足りなくてひとつ結びにできない場合でも、2段に分けて結べば完璧。 潔いくらいのフルアップは清潔感があって、オフィスシーンにもぴったり。 【ヘアアレンジ方法】 (1)ハチ上の髪を後ろで全部留め、ハーフアップに。 軽くワックスをつけた手で、ざっくりと作って。 (2)そのまま下部分もひとつ結びに。 表面の髪を部分的に引き出し、耳前の後れ毛は束っぽく仕上げる。 【Back】 こなれ感たっぷりのタイトめひとつ結び 表面の不規則な立体感や、後頭部の丸みで女性らしさを演出。 (2)スプレーでキープ 根元の立ち上がりがヘタらないよう、手ぐしを通せるハードスプレーを吹きつける。 (3)内側に空気を入れながら結ぶ 内側から手ぐしを通しながら、後頭部のふんわり感をつぶさないように下の位置で髪をひとつ結びに。 (4)後頭部の少し上の髪を引き出す 後頭部の上部分の髪を、指先でひとつまみずつ引き出す。 いろいろな角度から見ながらバランス良く。 (5)ハチの少し上を引き出す 正面から見たときにもふわっと感がわかるように、サイドはハチの少し上部分の髪を引き出して。 (6)髪をつまんでキープ 引き出した髪を指で再度つまみ、ハードスプレーを吹きつけて隙間をキープ。 (7)ヘアアクセを飾る 結び目にヘアアクセを飾る。 短い毛束がうまく隠れ、お団子風フォルムに。 アシンメトリーサイドねじり 【ヘアアレンジ方法】 トップの毛束を取り少しずつ髪を拾いながら外側にねじり、耳上でピンで固定。 前髪を上げるだけの簡単ヘアアレンジ 結べる長さがなくても、前髪を上げておでこを出しちゃえば夏にぴったりの爽やかさ。 ざっくり留められておしゃれさも引き出せる、コームを活用してみましょう! 【ヘアアレンジ方法】 少量のソフトワックスを手に広げ、前髪をかきあげる。 シンプルなコームで、髪が落ちてこないようにセンターから適当に留める。 こめかみ部分は髪で隠すのが素敵に見えるコツ。 耳下プチ結びでタイトなシルエットをキープ 広がりやすい部分をタイトにまとめておけば髪がぬれても気にならない! プール、ビーチ…。 水辺で遊ぶときは、ぬれても様になるアレンジにしておきたい。 タイトに結んだり、広がりそうな部分を押さえておいたり、ジェルを使ったり。 ウエットな束感が映えるはず! ボブの場合、ぬれて乾き始めたときに広がってしまうシルエットが問題。 あらかじめシルエットを整えておくだけで、水に負けることなく清楚で爽やかな印象が長続き。 【ヘアアレンジ方法】 前髪をざっくりとセンターで分けたら、サイドの毛束を耳の後ろでタイトに押さえてちょこんと結ぶ。 ショートボブの外ハネヘアセット 毛先を内・外ミックス巻きの外ハネボブ 【スタイリング方法】 全体をバサバサッと乾かした後、26㎜の細めのアイロンで毛先を内・外MIX巻きに。 顔周りを外ハネにするとフェースラインが隠れて小顔効果も期待できます。 前髪は真っすぐ下ろさず、毛先に軽く隙間を作って。 軽く耳掛けをし、ウエット系のスタイリング剤を全体の毛先にもみ込み、束感と立体感を出せば完成です。 毛先はキレイに巻かず適当に巻けばOKの、くしゃっとした質感がおしゃれなヘア。 【Side】 顔周りを外ハネにして大人っぽく! 少しの外ハネでおしゃれになり、アレンジ幅が広がる! 【スタイリング方法】 (1)32mmアイロンを使用。 前髪は、外側に流しながら毛先は内巻きに。 (2)顔周りの髪も、毛先だけ外ハネにする。 毛束をほぐしながらスプレーを吹きつけ、動きをキープして。 軽やかモコモコカールでハッピーオーラ全開 【スタイリング方法】 襟足全体を外ハネに 毛先を外ハネにすることでアクティブ感をUP。 首元に内側に入ったカールにより、フェースラインをすっきりと見せてくれる効果も。 【Side】 【Back】 ショートボブの簡単ヘアスタイリング シンプルなショートボブを簡単ヘアアレンジでふわっと華やかに! \教えてくれたのは…/ メイクアップアーティスト レイナさん 【使用アイテム】 資生堂プロフェッショナル|ステージワークス トゥルーエフェクター(マット) 80g ¥1,500(写真はレイナさん私物) スーパーマットな質感とハードなスタイリング力を誇るヘアワックス。 「固めで動きがつけやすく、時間が経ってもベタついたり重みでヘタれたりしないところがスゴイ!」(レイナさん・以下「」内同) 【スタイリング方法】 (1) 表面の髪をクリップで固定する 髪が多いので、スタイリングする際は髪をブロッキング。 表面の髪をすくってクリップで留めます。 (2) 下側の髪をヘアアイロンでワンカール 手ぐしで毛先をとり、ヘアアイロンで内巻きにワンカールします。 「私は29㎜のヘアアイロンを使用。 短い髪でもちょうどよい自然なカールがつきます」 (3) 表面の髪もアイロンでカール クリップを外して、表面の髪も内巻きにカールします。 レイナさんいわく、下側の毛より少しだけ強めにカールするのがコツ。 「表面と内側、2段階でカールを入れることで髪が空気を含むので、最後の仕上げでふんわりと自然な丸みが生まれます」 (4) 前髪もアイロンで立ち上げる 前髪全体を外巻きにして、根元を立ち上げます。 (5) ワックスを手にとる 固めのワックスなので、使う量はほんの少しでOK。 とくに後頭部はしっかりとボリュームを出したいので、逆毛を立てるくらいのつもりで大胆に! (7) 全体を手ぐしで整えて完成! トップと後頭部にしっかりとボリュームが出て、毛先はふんわりと内巻きに。 簡単なのでぜひ試してみてください!」 前髪ヘアスタイリング!目元リバースバング 目尻を隠しながらの外への広がりにほんのり色気を潜ませて 【スタイリング方法】 (1) 根元をかきあげる 前髪は8:2の横分けに。 前髪の根元が起きるように、かきあげながらドライヤーの熱を当ててしっかりくせをつける。 (2) アイロンで外流し 太めの38mmのアイロンを、前髪の毛先が自然に外はねになるように、ハーフカールさせながらスルッと滑らせる。 (3) スプレーでキープ 毛先のカールをなじませてから、ツヤの出るハードスプレーを根元と毛先に軽くシュッ。 かきあげ〜リバースをキープ。 くせ毛風巻きでヘルシー色っぽい 【スタイリング方法】 (1)髪の表面からランダムに、細めの毛束を取り、ややきつめにねじる。 ねじる部分は毛先から半分くらいまでが目安。 (2)ねじった毛束の毛先3〜4㎝を外し、アイロンで1回転分巻いてくせ毛カールを作る。 内巻きの次は外巻きと交互に全体を巻く (3)少量のトリートメントオイルを手にとり、毛先中心に髪全体にもみ込み、ヘアをラフにくずす。 オイルのつけすぎに注意! (4)手ぐしでざっくりと、6:4に分け目を入れる。 手ぐしでラフにとかしながら、長めの前髪は、多く分けた方になじませる。 (5)ドライヤーで襟足から、下から上に風を入れ、自然にふわっとさせる。 サイドの髪は耳にかけ、耳前に少し髪を垂らして完成。 *価格はすべて税抜きです。

次の