ライン ポイント 送る。 【LINE】LINEポイントはプレゼントできる?購入方法あるの?交換方法は?LINEコインへ交換できないの?

LINEギフトを自分用に購入する(贈る)手順。LINEポイントで支払う方法

ライン ポイント 送る

LINE Pay ラインペイ はポイントがもらえる?ポイントをもらう方法とは 電話やメッセージのやり取りが出来るLINE。 年齢問わず利用する方は増えてきましたが、LINEポイントについてはあまり知られていません。 LINE Payの利用には LINEのアカウント登録が必要となりますので、「まだLINEを始めていない」という方はLINEへの登録を先におこないましょう。 LINE Pay ラインペイ でポイントをもらうための決済方法 LINE Payとは、PayPayなどと同じキャッシュレス決済サービスの一つです。 キャッシュレス決済サービスのなかにも種類はたくさんありますが、LINE Payは事前チャージ式。 銀行などの預金、または現金でチャージした後、チャージした分の金額が「LINE Pay残高」に反映され、お店などで利用できるようになります。 代表的なコード決済をはじめ、LINE Payの決済方法は多数あります。 以下、 代表的な決済方法、 決済の内容、LINE Payを利用できる 店舗例 、還元率をご紹介します。 決済の種類 内容 決済店舗例 還元率 コード決済 LINE Payアプリに表示されるコードをお店の人に読み取ってもらうか、お店に提示してあるコードを読み込むことで決済が完了する ・ローソン ・ナポリの窯 ・IKEA ・カラオケの鉄人 ・大垣書店 3. 5~5. 0% LINE Pay請求書払い 請求書のバーコードをスマホで読み取り、電気代や水道代などの支払いが出来る決済 ・東京電力エナジーパートナー ・九州電力 ・東北電力 ・関西電力 0. 5~2. 0% LINE Payカード決済 お店でカードを提示して支払う方式 全国JCB加盟の実店舗 0. 5~2. 0% オンライン決済 ネットショップなどで利用できる ・ZOZOTOWN ・ラクマ ・SHOPLIST. com ・haco! ・HMV ONLINE 0. 5~2. 0% での決済が可能な店舗はどんどん増えています。 ローソンやヤマダ電機など全国展開しているお店でもLINE Payでの支払いが可能です。 LINE Payが使えるシーンは多いので、自分に合った方法を選択してくださいね。 LINE Payの使い方・チャージ方法などの詳しい内容は、以下のリンクよりご覧ください。 LINE Pay ラインペイ のポイント還元率について解説!マイカラー制度についても紹介 LINE Payの利用で貯まるのが、LINEポイントです。 またLINE Payを使うことで貯まるLINEポイントは、そのままLINE関連サービスに使えるだけでなくPontaポイントやnanacoポイントなど他のポイントに変えることも可能です。 ポイント還元率は前月使用した金額やキャンペーンによって異なりますが、貯まったポイントは1ポイント1円として、LINE Pay残高に変えお金として使うことも可能です。 LINE Pay ラインペイ のマイカラー制度について 2018年6月にスタートしたのがLINE Payの「マイカラー」という制度です。 この制度では、LINE Payサービスの利用状況に応じて与えられるバッジの色が変化し、色に伴って特典が充実していきます。 以下のように利用金額によって還元率が変わります。 対象となる支払いはLINE Payコード決済、残高決済、LINE Payクレジットカード決済などLINE Payに関係するもの全てですので、LINE Payを通していくら支払いをしているのか、意識しておく必要があるでしょう。 10万円と聞くと、大きな金額に感じてしまいますが、日々のコンビニでの支払いや、日用品の買い物の支払いをLINE Payにまとめれば、難しい金額ではありません。 最近ではLINE Pay加盟店も増えているため、コード決済を利用できるお店も多いです。 キャッシュレス・消費者還元事業とは、政府がキャッシュレス決済普及のため導入を予定しているお得な制度です。 この制度の対象となっているのは、 QRコード決済、LINE Payオンライン支払い、LINE Payカード、QUICPay+の4つです。 キャッシュレス・消費者還元事業でもらえるボーナスポイントは事前登録なしですぐに付与されるので、10月1日以降に確認してみましょう。 LINEポイントの還元に上限はある? ポイント還元を受けられる金額の上限は100万円 税込 なので、LINE Payを使って大きな買い物がしたいという方もお得にポイントが貯まります。 以前までは上限が10万円 税込 だったため、支払いはLINE Payで一括にまとめたいという方にとっては嬉しい変更ではないかなと思います。 LINE Payをコンビニで利用するとTポイントやPontaポイントのポイントを貯めることができ、ポイントの二重取りができます。 でのお得な使い方やチャージ方法について知りたい方は下記記事をご覧ください。 交換できるポイント• Amazonギフト券• メトロポイント• Pontaポイント• JALマイレージバンク• ベルメゾンポイント• LINE MUSICクーポン• 選べるe-GIFT LINEポイントを他のポイントに交換するのは簡単。 しかしnanacoポイントやPontaポイントに交換する場合、1ポイントが0. 9ポイントになってしまうため、「1ポイントを1円として使いたい」という方は不満を感じてしまうかもしれません。 貯まったポイントを最大限生かせるのが、LINEポイントをLINE Pay残高にする方法です。 LINE Pay残高とは、LINE Payを通して使えるお金のこと。 LINEポイントをLINE Pay残高にすれば1ポイント1円としてお店などで使えるうえ、合法的に現金化することもできます。 例えばチャージやポイント交換などにより残高を2,000円にすると、2,000円分の買い物ができるようになります。 貯まったポイントの使い方に迷ったら、LINE Pay残高にするのがおすすめです。 ただしLINEポイント利用の有効期限は、 最後にポイントを取得した日から180日間となっています。 「LINE Payを始めてみたけれど最近使っていない」という方はポイントの有効期限をしっかりチェックしてください。 キャンペーン時以外も年会費無料のうえ、審査なしで発行できる 対象の銀行口座とLINEのアカウントさえあれば、LINE Payの利用が可能です。 そのためL INE Payコード決済などに関しては、年齢制限もカードローンの審査もありません。 そのためまだ電子決済を使ったことがないという方も、気軽に利用できます。 一方LINE Payのリアルカードを作る場合、申込みからカードが手元に届くまでには少し時間がかかってしまいます。 「今すぐLINE Payを使いたい」という方はカードが手元に届くまでLINE Payコード支払いをするか、「LINE Payバーチャルカード」への申込みをしてください。 LINE Payでは、カードを持つ場合もアプリで支払う場合も年会費・入会費はかかりません。 そのため「年会費無しのカードが欲しい」という方にも、LINE Payカードはおすすめです。 キャンペーンを上手く利用すればお得に買い物が出来るので、以下で紹介するサービスをぜひチェックしてください。 2019年5月現在、次の超Payトク祭に関する情報はまだ出ていません。 しかし元号が新しくなったということもあり、次の大型キャンペーンにも期待できそうです。 対象となっているのは、スーパーマーケットやドラッグストアなど計45社となっています。 成城石井• オーケーストア• 東急ストア• ベイシア• ライフ• サミットストア まだ詳しい対象店舗については未発表ですが、今後キャッシュレス・消費者還元事業のポイントと合わせて還元が受けられる店舗が登場する可能性もあります。 お得にお買い物がしたい方は、LINE Pay公式の情報をこまめにチェックしておきましょう。 そのほか、LINE Payのおトクなキャンペーン 超Payトク祭以外にも、LINE Payは多数のキャンペーンをおこなっています。 例えば9月24日~実施されている、「LINE スターバックスカード」のクーポンキャンペーン。 このキャンペーンでは、LINE Payから「LINE スターバックスカード」を新規発行し、かつ1,000円以上の入金をすれば100円分のチャージクーポンがもらえます。 先着30万名限定のキャンペーンですので、気になる方はぜひ期間内に「LINE スターバックスカード」の発行をしてみましょう。 ここまで紹介したキャンペーン以外にも、LINE Payでは常時多数のキャンペーンをおこなっているので、最新のニュースをこまめにチェックしておくことをおすすめします。 LINE Pay ラインペイ で貯まる「LINEポイント」のデメリット LINE PayやLINEポイントには多数のメリットがありますが、使う上で少し不便に感じる点もあります。 ここからはLINEポイントのデメリットを2点解説していくので、ぜひ読んでみてください。 そのため月に100万円以上の買い物をしても、100万円を超えた分のポイントは付きません。 また現在LINE Payを通していくらお金を使っているか、LINE側は伝えてくれません。 今どれくらいお金を使っているか知るには 自分でLINEにアクセスし、利用明細をチェックする必要があります。 そのため毎月利用明細を送ってくれるクレジットカードと比べれば、少し不便に感じるかもしれません。 クレジットカードと比べて、セキュリティが不安 現在LINE Payカードは、クレジットカードのセキュリティでは定番のICチップが非搭載なので、 クレジットカードと比べるとセキュリティは弱いと言えます。 そのためせっかく貯めたLINEポイントやLINE残高も、カードやLINEアカウントを通じ第三者に不正に使われることがあるかもしれません。 もちろんパスワード・IDなどで不正利用の防止はされていますし、LINE Payカードの場合最大10万円の不正利用保証サービスがあります。 貯めたポイントについての保証はないため、ポイントが勝手に使われないよう 自分自身でアカウントやカードを管理することが必要となります。 一方、LINEアカウントでは、2019年に入り写真付き身分証から、本人確認の登録ができるようになりました。 本格的な本人確認の手段により、不正利用の危険が低下します。 セキュリティが気になる方は、LINEアカウントを利用することで、このデメリットをカバーできるでしょう。 さらにポイント制度の変更後、ポイント付与対象の上限は100万円 税込 にアップしました。 そのため大きな買い物をするときも積極的にLINE Payを使い、LINEポイントをどんどん貯めていきましょう。

次の

LINEポイントをプレゼントする方法はある?スタンプや着せかえを友達にあげたい方へ。

ライン ポイント 送る

この記事の目次• アカウント名やアイコンがマナー違反になっていないか要注意! LINEのマナーはメッセージのやり取りに目が行きがちです。 しかし、アカウント名やアイコンなどにも注意しないと「マナーに欠けている」と判断される場合があります。 まずはメッセージやスタンプの送信以外で気を付けたい、LINEのマナーについてお伝えします。 アカウント名は見てすぐ誰なのか分かる名前で登録する LINEを使用するときにはアカウント名を登録します。 本名ではなく、あだ名を登録する人もいますよね。 LINEを友達や家族とだけの連絡で使用するなら、あだ名でも良いでしょう。 しかし仕事でもLINEを使用しているのであれば、あだ名だとマナー違反にあたる場合があります。 例えば• 「A・K」などのイニシャル• 下の名前だけ表記する• 見てすぐに誰なのか判断できるアカウント名にしましょう。 職場においては悪い印象を与えかねないので、仕事でLINEを使う人は上記のようなアカウント名は避けることをおすすめします。 アイコンは頻繁に変えない。 マイナスイメージに映ることも LINEではアイコンを自由に登録することができます。 自分の顔や子供の写真、他にもペットや旅行先で撮った風景などを登録する人もいます。 マナーとして注意したいのは、アイコンを変更する頻度です。 アイコンを見て誰なのか判断している人もいるため、しょっちゅうアイコンを変えるのは控えましょう。 動画を立て続けに送る• 長時間通話をする こういったことが続けば、マナーが悪いと感じる人もいるでしょう。 通話が長引いたり、写真や動画をいくつも送ったりするのであれば相手がWi-Fiを使っているのか確認しておくと安心です。 メッセージを送るときのマナー。 相手のことを気遣って送信を LINEは気軽にメッセージを送れ、テンポよく会話できます。 使い勝手が良い反面、気を付けたいマナーも多くあります。 相手のことを考えずにメッセージを送ると、不快に感じてしまう人もいるため注意が必要です。 ここではLINEでメッセージを送るときに意識したいマナーをご紹介します。 時間帯に要注意!深夜や早朝にメッセージを送らない LINEはいつでもメッセージを送れますが、時間帯に気を付けましょう。 深夜や早朝にメッセージを送ると、マナーに欠けていると思われてしまいます。 相手との関係にもよりますが、 緊急の要件ではないならあまりにも早すぎる時間や深夜の連絡は避けてください。 寝る前や忙しい朝の時間帯などに通知音が鳴ると、わずらわしいと感じる人もいます。 注意しましょう。 もし深夜や早朝にメッセージを送った場合には、• 返事は時間が空いたときで大丈夫• 返事は明日で構いません などの一言を添えると良いでしょう。 短文を連投しない。 しかし短文を連投してしまうとその分通知音が鳴り、迷惑に感じる場合もあります。 1回で済むようなメッセージを数回に分けて送ると、通知が来るたびに確認するのを手間だと感じる人もいます。 例えば、下記のような1回で済むような返信を• そっか• 良かったね!• 私も嬉しい と3回に分けて送れば、通知も3回届きます。 通知を少なくするために、1つのメッセージで送れるならなるべく1回で済ませましょう。 また、反対に LINEで長文を送ると、読みづらくなることもあります。 何度もスクロールしなければならないほど長い文章は、• 読むのが面倒• 返信に困る• 電話の方が早い などの悪い印象を与え、マナーがないと思われかねません。 LINEは気軽にメッセージを送れるツールなので、長文を良しとしない人もいるようです。 3行以上は長いと感じる人もいれば、5行以上だと読みたい気持ちが失せるという人もいます。 相手が送る文章の長さに合わせ、短文には短文、長文には長文のメッセージを送ると失礼にならないでしょう。 急にトークが途切れても相手を焦らせない。 連絡が来るのを待つ 気軽にメッセージを送れるLINEを重宝し、トークルームでの会話を毎日のように楽しんでいる人も多くいます。 テンポよく会話していても、急用などで突然トークに参加できなくなることもあるでしょう。 急にトークから抜ける場合、「電話が来たから後で返事するね」などのメッセージを送れるなら良いですが、時には送れないこともありますよね。 もし相手からのメッセージが急に途切れても、怒ったり、相手を焦らせたりするのはマナーに欠けます。 「なんで返事しなくなったの?」「返事して」といった短文を連投して怒るなどの行為は避けましょう。 メッセージが突然来なくなっても、電話や来客、家族と会話中など何か用ができたと推測し、まずは次の連絡が来るのを待ちましょう。 一方的なメッセージを送らない。 相手が返信できる内容を送る 返信に困るメッセージを送っていませんか?• 今日のランチ美味しかった!今度一緒に食べよう• 相手が返信しづらく、やり取りに困るようなメッセージは控えましょう。 許可もなくトークのスクリーンショットを第三者に見せない LINEは1対1でのトークでも複数人とのグループトークでも、特定の人とメッセージのやり取りをします。 トークルームのスクリーンショットを撮れば、第三者にメッセージの内容を知らせることができます。 LINEのトークキャプチャという機能でもトークルームの会話は保存可能です。 しかし 許可もなくLINEのスクリーンショットをトークに参加していない人に見せるのは、マナー違反です。 もし感銘を受けた文章であっても、気心の知れた友人のメッセージであっても、トークの内容を勝手にスクリーンショットなどで送るのは控えてください。 あの人に既読スルーされた• 途中から既読がつかなくなった などの愚痴や悪口を言うのはマナー違反です。 状況によってはトークルームを開いたまま、仕事や家事などで急にLINEできない状況に置かれたり、来客の対応をしたりするときもあります。 既読スルーされても愚痴や悪口は言わず、相手の生活があることを忘れないようにしましょう。 スタンプを送るときのマナー。 連続して何度も送らない LINEはスタンプを使えるのも大きな特徴です。 好きなアニメや漫画のキャラクターをはじめ、ネタとして使えるような笑えるものなど、数多くのスタンプが利用できます。 スタンプを使うときもマナーに問われ、例えば一方的にスタンプを連投すると不快に思われることもあります。 LINEスタンプを使うときに意識したいマナーについてご紹介しましょう。 自分の年齢やキャラクターに合うスタンプを使う LINEスタンプはたくさんの種類があり、好きなものを自由に選べます。 しかし、自分の年齢やキャラクターに合わないスタンプを使う必要はありません。 普段のあなたのキャラクターとかけ離れたスタンプを使うと、返信に戸惑う人もいます。 特に職場の人や知り合って間もない人とLINEするときは、気を付けましょう。 自分より年下の人とLINEをするときも、相手が使うスタンプに合わせなくても大丈夫ですよ。 自分のキャラクターに合った年齢にふさわしいスタンプを使うことをおすすめします。 流行っているスタンプなどは、友達や家族など気心の知れた人とLINEをするなら良いでしょう。 スタンプを連続して送る・スタンプだけで返事するのは控えて LINEスタンプは画像1枚で質問やあいさつなどの返事ができる、大変便利な機能です。 文字を打たず画面をタップするだけなので、簡単に何度もスタンプを送ることができます。 簡単に送れるからといって、スタンプを連続して使うのはマナーに欠けていると思われてしまいます。 ノリでスタンプを連続して送っていると分かる相手となら良いですが、そういった相手以外とLINEする際には控えましょう。 また、LINEスタンプを連続して送ると下記のようなことが生じます。 トークルームがスタンプで埋まる• スタンプが届くたびに通知が来る これでは迷惑に思う人もいるため、ノリが通じる相手以外にスタンプを連続して送るのは避けましょう。 スタンプを使いすぎるのも問題ですが、スタンプ1つだけで返事を済ませるのも考えものです。 相手が多少なりとも文字を打ってメッセージを送ったなら、一言だけでもメッセージを返しましょう。 メッセージ1つに対してスタンプを1つ送れば、相手も不快に思わないでしょう。 仕事でLINEを使うときは、スタンプを送らないのが無難 仕事でLINEを使っている人は、スタンプを送ってもマナー違反にならないのか悩みますよね。 仕事でLINEを使うのであればスタンプを送るのは控えましょう。 文字だけのメッセージで済ませるのが無難です。 しかし相手との関係性にもよるため、同期や後輩などラフなやり取りをしても違和感がない場合にはスタンプを送っても良いでしょう。 上司や先輩には自分からスタンプを使わず、相手が使って初めて使うようにすると失礼になりません。 相手がスタンプを使っているのにこちらがスタンプを使わずにいると、かえって不自然です。 LINEのグループでのマナー。 複数人いることを意識して LINEには複数の人とトークルームで会話できる、グループという機能が付いています。 グループでは3人以上にも一斉にメッセージを送れ、情報共有しやすいなどのメリットがあります。 ところが複数人で同時にLINEのやり取りしていると、さまざまな問題が起きることもあります。 グループ内にマナーが悪い人がいると、雰囲気もどこか悪くなってしまいます。 グループトークで押さえておきたいLINEのマナーについてもお伝えします。 普段からよくグループで会話する人はぜひチェックしてみてくださいね。 特定な人しか分からない話題は避けて。 皆に関係する内容を LINEのグループ機能を使えば、3人以上で同時にトークできます。 会話する人数が増えれば、より配慮も必要です。 特定の人だけが分かるような話題で盛り上がるのは、他の人の迷惑になります。 グループ内にいる人全員が分かるような話題でやり取りしましょう。 グループであるにも関わらず特定の人とトークしているなら、その人と1対1でLINEするのがマナーです。 グループにいる特定の1人とのやり取りが続く場合には、個別にLINEしましょう。 グループは何かしら共通点があって参加しているはずです。 グループ全員に関係する話題でやり取りするように意識しましょう。 自分の話ばかりしていても会話は盛り上がらないので要注意 グループ機能はメッセージを複数人へ一気に送ることができます。 1対1で個別にLINEしなくて良いので、とても便利です。 だからといって、グループトーク内で自分の話だけをするのは控えてください。 一方的に自慢話をする• 大したことではなくても、何かあるたびに報告する このような自分の話ばかりすると、不快に思う人が少なからずいます。 自分が何か伝えたいときにグループの皆へ一斉に伝えられるのは便利ですが、自分の話だけしていても会話は盛り上がりません。 自分の周りの出来事をグループにいる全員に伝えたい気持ちもあるでしょう。 しかし時々なら良いかもしれませんが、いつも自分の話ばかりするのはやめましょう。 返信が必要なメッセージを既読スルーしない!早めに返事を LINEのグループは家族や職場、地元の友達など特定の複数人へ一斉にメッセージを送ることができます。 皆で集まって食事したり、旅行したりする企画をグループ内で考えることもありますよね。 日付や場所を皆で決めるときにグループを利用すれば、個別に連絡せずに済みますし、情報も簡単に共有できます。 しかし、 返信が必要な質問に対し数日経っても既読スルーや未読が続けば、決めたいことがなかなか決まりません。 LINEではなくても、悪口を言うのはマナー違反です。 悪口の内容そのものより、悪口を言ったこと自体が問題です。 人付き合いのマナーとしてLINEでも悪口を言わない、書かないようにしましょう。 LINEでグループを作成したのは、ケンカしたり愚痴を言ったりする場を設けるためではないはずです。 連絡しやすいなどのメリットがあるから使っている人がほとんどでしょう。 もし居心地が悪いなら、退会するのも手です。 相手のことを意識し、マナーを守ってLINEを楽しもう! LINEは便利なコミュニケーションツールですが、相手を気遣ってやり取りすることを忘れてはいけません。 一方的なメッセージを送ったり、連続してスタンプを使ったりといった自分勝手な振る舞いはマナーに欠けます。 相手がどう思うか意識し、特に仕事でLINEを使う際はマナーに注意しましょう。

次の

喜ばれる誕生日ライン(LINE)のメッセージのポイント【好きな人・彼氏・彼女】

ライン ポイント 送る

日々の買い物を現金から『LINE Pay』に置き換えれば、それだけでLINEポイントがざくざくと貯まります。 1ヶ月あたりの利用額が多ければ多いほど、還元率も高くなっていきます。 8%還元) ホワイト:0円~9999円(0. 5%還元) 出典: 前払い式のクレジットカード、と言えばイメージしやすいでしょうか。 あらかじめお金をチャージしなければならないものの、支払いの仕方はクレジットカードと同じ。 前払いですから審査もいりません。 JCBブランドに対応した店舗ならどこでも使えるため、本カードメインで生活しているとマイカラーが最高ランクのグリーンになりやすいです。 たとえばAmazonで買い物するとき、「LINEショッピング」を経由するだけで0. 何か買ったりサービスを受けたりする際、「LINEを経由できないかな?」 と調べる癖をつけておけば、自ずとポイントが貯まっていきますよ。 ただしLINEポイントを受け取るには「契約者連携」が必須です。 貯まったポイントは月々の支払いに充ててもいいですし、LINE Pay残高に交換して日常生活の買い物などに充てることもでき、使い道の自由度が高いです。 月額料金は他社と比べてだいたい平均的な水準。 LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICを使っても通信量がカウントされない使い放題プランもあります。 詳細・加入はこちら LINEポイントとLINEコインの違い LINEポイントは公式アカウントの友だち追加、広告動画の視聴などを通して稼ぐことができます。 一方LINEコインは自分の財布からチャージするものです。 スタンプや着せかえの購入にはLINEコインの方が必要ですが、LINEポイントはLINEコインに自動変換されるのでユーザーが心配すべきことはありません。 一方、LINE Pay残高に反映したり銀行から引き出したりする際には、LINEコインでなくLINEポイントが必要。 覚えて置きたいポイント・注意点 貯めるのも使うのも便利なLINEポイントですが、あらかじめ知っておくべきことがいくつかあります。 LINEポイントのプレゼントは不可 LINEポイント自体を人にあげることはできません。 ただしポイントでギフトを買って贈ったり、LINE Pay残高交換して送金したり、 別の方法に変換して贈ることはできます。 ポイント反映に時間がかかることもある ポイントを獲得する手段はたくさんありますが、即時反映されるものとそうでないものがあります。 公式アカウントの友だち追加や広告動画の視聴などは獲得ポイントが即時反映されますが、カード契約やローン申し込みなど確認に時間がかかるものだと1ヶ月単位で遅れることもあります。 こちらの記事もおすすめ.

次の