永寿総合病院 クラスター。 【コロナウイルス・4/17追記】永寿総合病院でメガクラスター発生、160人以上が感染・20人死亡、屋形船から感染拡大

永寿総合病院のクラスター、陽性者100人に迫る:日経メディカル

永寿総合病院 クラスター

2020年4月11日、 東京都台東区の永寿総合病院は、入院患者20人が死亡したことをHPで発表。 同病院では、院内感染で患者や医師ら163人が感染しています。 入院患者20人死亡、永寿総合病院がHPで謝罪 TBS NEWS — Socrate84902028 Socrate835835 自衛隊病院では122名を受け入れ、114名が無事退院しているにも関わらず、なぜ院内感染が止められなかったのか。 新型コロナ感染源の永寿総合病院は地元でも有名なヤバイ病院だった 永寿総合病院は中国人ご用達病院 について調べていくと、こちらのTwitterの書き込みの通り、 かねてより中国人受入れを積極的に行っている病院で、台東区内の中国人や韓国人街のど真ん中に位置しています。 次に院内感染を起こす病院なんですけど、東大病院(永寿総合病院にヘルプで行って感染。 ソースは著名な方)国立がんセンター、順天堂大学だと思います。 永寿総合病院から転院した先でも、感染が広がったことからも、院内での抑え込みが失敗しているのは明らかです。 政府クラスター対策班,押谷仁教授が開示しています。 今は第二派。 第一波は封じ込め成功。 第二派対応中。 屋形船クラスターが永寿総合病院の集団感染につながっているとの調査結果もあります。 もちろんそれは、日本人から日本人への感染。 屋形船のタクシー運転手は、春節前の中国人を乗せたのは皆が周知 — まんさく mansakusen 永寿総合病院を地元民が避けている理由(口コミあり) 永寿総合病院とはどんな病院なのか。 それは4月12日時点の、Googleの口コミが169件の評価を見る限り、 「曾祖母からの遺言で、この病院だけには運ぶなと言われた」 「ナースコールが鳴らない」 「娘が殺されるかと思った」 といった口コミが多数あり、病院としては問題があるような気がしてなりません。 上記以外にも、まだまだ病院内での問題対応について言及されています。 お互いの行き違いによって、稀に低い評価となってしまうことはあるかと思いますが、ここまで書かれていると、やはり病院の対応に疑問を感じずにはいられませんよね。 永寿総合病院と慶応大学病院の関係 永寿総合病院の患者が、慶応大学病院へ転院し、そこでも集団感染が発生。 そもそもなぜ慶応大学病院へ?と思ったら、永寿総合病院は人事を慶應へ依存していた関係なんです。 ペストによってもたらされた人口減は、それまでの社会構造の変化を強いられる大きな打撃を与えた。 永寿総合病院と安倍首相が繋がってしまいましたね。 満州国で総理大臣の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた! — Socrate84902028 Socrate835835 東京都の感染者の約半数は永寿総合病院の患者。 そして入院患者が20名死亡。 最初の段階で感染を封じ込めていれば、これほどの感染拡大にはならなかったはず。 しかし、安倍首相と永寿総合病院の繋がりがあるとすると、いくらでも情報操作ができることも分かりますよね。 感染者の封じ込めに失敗し、ついには20名の死者まで出してしまったにも関わらず、WEBサイト上でのみ謝罪文を掲載し、その詳細や経緯を話さずにいられるのは、やはり首相や政府の御用達病院だからでしょうか。 永寿総合病院 この病院だけで20人が亡くなり、ここから患者が慶應大学病院に移り、そこでも感染が拡大した 経緯を含め、病院長は説明をする必要がある なぜ病院長は会見を開かないのか — たけたけ taketake2w.

次の

永寿総合病院のクラスター、陽性者100人に迫る:日経メディカル

永寿総合病院 クラスター

院内クラスターが発生した永寿総合病院 永寿総合病院(東京都台東区)で3月29日、新たに入院患者1人と既に自宅待機となっていた職員26人の計27人が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染していたことが判明した。 3月23日以降、同病院で確認された陽性者は95人となった。 台東区によると、同病院では3月23日に、入院中の70歳代の男性2人が陽性と判明。 1人は3月9日に発症(発熱)し、陽性判明の翌日に死亡した。 もう一人の患者は、2月27日に発症(発熱、咳、咽頭痛、呼吸困難)していたことが分かっている。 翌24日には30歳代の女性職員と入院患者(60歳代女性)の感染が確認された。 それぞれの発症日は、3月19日、3月21日だった。 複数の感染者が確認されたことを受け同病院は24日から、外来診療を休診とした。 さらに3月25日に11人、26日にも10人、27日には14人と感染者の確認が続いた。 28日には29人と急増し、29日にも27人と20人台が連続した。 1週間連続で確認されており、患者数は95人と100人に迫っている( 図1、表1)。

次の

永寿総合病院のクラスター、陽性者100人に迫る:日経メディカル

永寿総合病院 クラスター

北海道がんセンター(札幌市、430床)では4月16日に患者ら4人の感染確認後、6月3日時点で入院患者や医療従事者ら82人が感染。 そのうち4割近くが看護師だった。 担当者は「同じ病棟の看護師同士で感染が広がったのでは」とみる。 二ツ屋病院(石川県かほく市、156床)でも、4月19日に職員の感染が判明。 感染者は6月3日時点で入院患者や医療従事者ら85人に拡大し、入院患者20人が死亡した。 感染が医療従事者に及べば、医療機関は深刻な人手不足に直面する。 6月3日時点で147人の感染が確認された、なみはやリハビリテーション病院(大阪市、120床)では、感染した複数の看護師に感染者がいる病棟を担当させていたことが発覚した。 永寿総合病院(東京都台東区)の院内感染は3月下旬に判明した。 それ以降、永寿を超える規模の院内感染は起きていないとみられる。 国際医療福祉大の松本哲哉教授(感染症学)は「他の病院が脅威に感じ、感染防止策を一層強化する契機になったのだろう」と分析。 その上で「地方では、一つの大規模病院が地域の医療を一手に担う側面がある。 そこで院内感染が起きれば、地域の医療が崩壊しかねない」と警鐘を鳴らす。 緊急事態宣言の解除後も、院内感染は後を絶たない。 福岡県では5月23日以降、感染者が多発する北九州市の4病院で集団感染が起き、感染者は6月4日現在で患者や医療従事者ら計54人に上る。 武蔵野中央病院(東京都小金井市、306床)も5月25日、職員3人の感染を公表。 6月3日時点で入院患者ら32人に拡大した。

次の