ハッピーアワー 映画。 【ハッピーアワー】あらすじと映画を見る前に知っておきたいこと

映画感想「ハッピーアワー」

ハッピーアワー 映画

ネタバレ! クリックして本文を読む 私の家族は映画を観ながらよく寝る。 8割は寝る。 (最近では『シビル・ウォー』で寝てて、すごく面白いのに睡眠障害ではないかと心配になった。 ) 本作上映時間、5時間27分。 プロの俳優さんではない方々が主演。 冒頭、公園のシーンがあまりにも棒読みで心配になる。 これで5時間持つの?と。 朗読会のシーンなど眠気さそってんのか?と思わせる場面も延々と続く。 確実に寝るだろうなと思いながら家族と一緒に観た。 が、一睡もしなかった。 映画に釘付けだった。 凄い映画だった。 — 「ハッピーアワー」。 居酒屋などで「ハッピーアワー」と称してビール半額などのサービスをやってたりする。 たいていは開店まもない夕暮れ、17〜19時くらいだろうか。 本作は、30代後半、人生の夕暮れにさしかかった女性たちの物語。 夕暮れ…昼とも夜ともつかない。 変わり目であり分岐点の時間帯にさしかかった人たちの物語。 — 親友で何でも分かり合っていると思っていた、あかり、桜子、芙美、純の4人。 だが、互いに知らない素顔が少しずつ見えてくる。 最初は、アマチュアの方々の、こなれてない硬い演技が気になってしょうがなかった。 だが所々、彼女らの真情が垣間見えるような、生々しい表情が映し出され、そのギャップにドキっとさせられる。 彼女らの硬い皮を剥いで素顔を掘り出すような臨場感がある。 登場人物たちが役の設定上被っている「硬い皮」であり、演者本人の皮でもある。 「素顔を晒した」とこちらが感じても、それが本当の「素顔」かは判らない、判ったつもりは許さないスリリングさがある。 桜子、純が連れ立って街中を歩くシーンがあって、その姿があまりにも街並になじんでいて(有名は俳優さんだとどこかしらオーラがあって群衆の中で目立ってしまう)、ああリアルだなあと思う。 観続けるうちに,私の知人もこういう表情するなあとか、前にどこかで会ったことあるような人たちだなあという親近感・既視感も湧いてくる。 そういう意味でもリアルである。 リアルな存在感が増していくのだが、その一方、麻雀のシーン(「はじめまして純です」)やクラブのシーン(担ぎ上げられるあかり)など、普段の生活ではこんなことしないだろうというシーンもあって、彼女らがリアルな人物ではなく、映画というフィクションの世界の住人であるという当たり前のことに気付かされたりもする。 どこにでも居そうで、どこにも居ない人たち。 彼女たちを捉えるアングルは、突発的なハプニング的なものではなく周到に考え抜かれたものであり、構図も極めて映画的な企みに満ちている。 リアルさとフィクショナルな映画的企みが混然一体となって迫ってくる。 — 終盤、芙美が朝焼けをバックに歩くシーンが印象的だった。 人生の分岐点にさしかかった彼女たちは「選択」する。 分岐点で惑って立ち止まっていた彼女らの時間が再び動き出したような気がした。 ああ、これは人生の夕暮れの物語ではなく、何かが動きだし始まる物語だったのだと思った。 朝焼けの物語だったのだと。 彼女らの選択が「良かったのか・悪かったのか」が重要なのではなく(この映画は「判ったつもり」で断を下さない謙虚さに満ちている)、始まる事が重要だったのだと。 女性たちが毅然と歩き始めるなか、対する夫たちは分岐点で立ち止まったままだ。 その対比もまた、残酷さと隣り合わせの映画的な面白さに満ちている。 夫婦間のすれ違い、子育ての戸惑い、仕事の重圧、計りかねる他者との距離感…。 次々にあぶり出される、切実で身近すぎるあれこれ。 観ている時は、「ハッピーアワー」とは何て間逆なタイトルだろうと思った。 けれども、観終えてみると、これ以外のタイトルはあり得ないという気持ちに満たされた。 噂に違わぬ、至福の5時間17分だった。 この作品で特筆すべきは、とにもかくにも「時間」だ。 そこに流れているのは、めったに味わうことのできない、混じりない映画の時間。 映画が終わったら何を食べようとか、何をしようとか、あれはどうなっているだろうとか、そういったものが入り込む余地が全くない。 かといって、遊園地のアトラクションのように、別世界に引き込む訳でもない。 4人のヒロインをはじめとする映画の登場人物と、観る者の時間がすっと重なる。 彼らと共にそこに居合わせているような、そもそも昔から知って知るような、そしてこれからも何処かでふっと出会うような。 そんな印象を、確実に残してくれた。 印象と言えば、画面いっぱいに顔(表情)が捉えられ、二者を交互に切り返しながら会話が描かれるシーンも忘れ難い。 (往年の映画手法だが、最近はなかなかお目にかかれない。 近作なら、黒沢清監督の「岸辺の旅」。 また、濱口監督の共同ドキュメンタリー作品「なみのこえ」三部作でも、この手法が効果的に使われている。 )臆面もなく、という言葉が思い浮かぶくらい真正面。 それに耐えられる俳優さんたち(とはいえ、本作はワークショップから始まったであり、主役4人をはじめ多くは「新人」「素人」だが…。 )も、スタッフの技も素晴らしいと感じた。 また、人物の身体を逆光から捉え、漆黒のシルエットで描き出すシーンの数々も、凛として美しい。 表情を押し隠したその影を、まばたきを惜しんで凝視せずにいられなかった。 改めて、人をしっかり見る、言葉をきちんと聴くという、一見ありふれた行為の難しさや大切さに気付かされ、そんな行為を最近自分は怠っていたな、という自戒もわいた。 前半で身体ワークショップ、後半で朗読会のシーンがじっくりと映し出されることからも、「身体と言葉」が、本作で重要なテーマとなっていることは明白だ。 その中で、桜子の義母の振る舞いは、一つの答えであるように思った。 出番は少ないながら、彼女は主役4人に負けず劣らず魅力的で、軽やかな印象を残す。 彼女の言葉や仕草はゆっくりとしていて、よくよく考えられ、選ばれたものであることが多い。 息子宅の居候でもあり、周囲を気遣い、常に間合いを取りながら振舞っているように見えた。 けれども、そのさじ加減が絶妙で、わざとらしさは全くない。 ちょっと芝居がかったセリフや仕草までも、すとんと腑に落ちる。 閉塞した状況に、ちいさいけれど絶妙な風穴をあける彼女。 自分も、歳をきちんと重ねて、いずれはそんな振る舞いをできるようになりたいと思った。 今回は、5時間余を三部に分け、休憩を2度挟んだ上映形式で鑑賞したが、休憩というより中断に感じられた。 休憩時間に外に出て空を眺めながら、様々な想いや引っかかりを反芻し味わえたとはいえ、この後、ちゃんと彼女たちに再会できるのだろうかと心配で堪らなかった。 インターバルなしの濃密な上映も、ぜひ体験してみたい。 この映画が女優賞を獲得したことは衝撃というほかない。 というのも、ひとりひとりの演技は非常にぎこちなくて、はっきりって上手くない。 決して下手ではない。 内面というものを巧みに表現できているような印象をもつから、むしろ素晴らしい表現をしているといえる。 ただ、その台詞回しは非常にぎこちない。 でも、それが不思議なリアリティーを生み出しているように感じてしまう。 何せ、この世の中のコミュニケーションというのは、実はぎこちなかったりするわけで、上手い役者のようにはなかなか振る舞えないものであるのだから。 この映画の最大の難点はなんといってもその長さ。 すべてを見ようとすると5時間以上もかかってしまうわけで、気軽にというわけにはいかない。 正直あんなに長い必要があったのかどうか大いに疑問に思うところもある。 しかし、その脚本はその長さの分だけ濃いものがあり、手を抜いていたずらに長くしているのではなく、詰め込みたい内容があるから長尺になってしまったという意気込みは感じる。 ただ、さすがに削れる部分はあったように思ってしまう。 導入部分、正直睡魔に襲われた。 しかし、語られるセリフの量が増えるに従って徐々に魅せられていく。 人々の会話の面白さ、会話の中で巧みに捉えられるひとりひとりの表情、それらが見事に融合して、人間関係の面白さがどんどん伝わってくる。 話の内容は、現実世界に起こりうるものばかりで、突飛な展開というのもそれほどない。 しかし、どこにでもあるような展開されているはずなのに、人々が織りなす人生模様が非常に面白い。 そう感じてしまうのは、見事な脚本があったからなのかなーと感じた。 後半もやや退屈感を感じてしまう。 それまで、会話や表情などで丁寧に描かれていたものが、それこそ特殊な出来事や展開に頼ろうとした意図が見え隠れしていて、それがかえって自分の興味を削いでいったように思う。 展開を動かしたこと自体に不満はないけれど、丁寧な描写が徐々に薄れていったように感じてしまったことが、後半の退屈感につながっているように思う。 それにしても、この映画がどのように構築されていったのか、その演出とか撮影風景なんかが全くイメージできない。 まるで、そこら辺で起こったことをそのまま編集したような印象を持ってしまう。 それくらいリアリティーがあったし、それゆえの女優賞なのだろう。 自分としては、勝手ながら、監督賞が最適かなー、と感じた作品。 昔、日本語ペラペラのイスラエル人に 「真っ白なカーペットに赤いインクを落すようなものだ!」 と非難された事があります。 本作もそんな感じ。 仲良し30代後半の女性4人組にある事が明かされ次第に波紋が広がっていく。 ホラーでもサスペンスでもなく、 今の時代、この世代に起こり得る人間模様が描かれている。 冒頭、4人がピクニックに来て土砂降りの中お弁当を食べるシーン。 それは彼女達の波乱の始まり。 バツイチで看護師で姉御肌のあかり、 主婦で中3の息子のいる桜子、 キュレーターで編集者の夫を持つ芙美、 そして既婚の純。 舞台は神戸。 神戸を知る人は知っている場所が映るし、何より言葉やイントネーションが心地よく感じるだろう。 濱口作品は『親密さ』しか観ていないけど独特な作風で 『親密さ』でも芝居が丸々映されていたように 本作もワークショップやある女流作家の朗読会が丸々映されている。 自分も参加している体験ができるけど、逆に興味があって参加したワークショップや朗読会ではないから少し退屈に感じたり。。。 でも必要。 あとは別れのシーンや乗り物に乗ってのシーンが好きだな。 彼女達4人の着火剤的存在の脇役のセリフが棒読みで感情が見えにくいのも特徴。 ドラマチックな展開になりえるだろうシーンも冷静な気持ちになって新鮮に感じる。 真っ白なカーペットに着いた赤いシミをどのように落とすのか想像してみるのも悪くないと思う。 ネタバレ! クリックして本文を読む 俳優さんの演技は素人にしては見応えあり。 特に女性陣はプロには出せない素人ならではの良さが引き立ち、映画の内容に合っていた。 その分が星ひとつ。 映画そのものは駄作、5時間と3900円かけて観たのに残念、腹が立って仕方がなくて一晩眠れなかった。 普通の人の日常生活を単にトレースしただけの内容にエンターテイメントとしての映画の価値は見出せない。 登場人物は自分の枠組みと思い込みの中だけで生活して、出来事は色々と起こるがそこに発見も気づきも変化もなく話が進んでいく。 30代後半の女性仲良し4人組(独身、既婚子供あり、既婚子供なし、既婚離婚訴訟中)が織りなす学園ドラマ版のような映画。 現実の方がもっと厳しく、あたたかく、複雑ですよ。 人物の描き方にも深みがない。 観る側の立場に全く立たず作られた作品。

次の

映画『ハッピーアワー』公式サイト

ハッピーアワー 映画

2015年・映画・カラー 監督:濱口竜介 脚本:はたのこうぼう(濱口竜介/野原位/高橋知由) 出演:田中幸恵/菊池葉月/三原麻衣子/川村りら ワークショップで見出された、演技経験のない4人の女性たちが2015年のロカルノ国際映画祭で最優秀女優賞を受賞し、世界的にも大きな話題となった一作。 つねに挑戦的な意欲作を発表し続ける濱口竜介監督の5時間を超える超大作。 30代後半のどこにでもいる普通の女性たち4人が、それぞれの家庭や仕事、人間関係の中で不安や悩みを抱えつつ生きていく様を、緊張感あふれるドラマとして見事に表現している。 ロカルノでは脚本スペシャル・メンションも受賞。 ほかにフランスのナント三大陸映画祭「銀の気球賞」(準グランプリ)と観客賞を受賞した。 バツイチの看護師あかり(田中)、中学生の母の桜子(菊池)、仕事も夫婦関係も順調そうな芙美(三原)、夫と二人暮らしの純(川村)は、境遇は違えど固い友情を育んでいたが、ある秘密が各々に波紋を投げかける。 2016年・映画・カラー 監督:濱口竜介 脚本:濱口竜介 出演:岡部尚/小川あん/玄理 上映時間317分の長編「ハッピーアワー」で、主演に起用した演技経験のない4人の女性たちにロカルノ国際映画祭最優秀女優賞をもたらすなど、挑戦的な作品を手がけ続けている濱口竜介監督による短編作品。 もともと「ハッピーアワー」クラウドファンディングの特典として企画された。 17歳で死んだ三月は、それ以来、同級生の雄三にとり憑き、現世に留まっていた。 そんなある日、亡くなった姉に捧げるドキュメンタリーを作っているという三月の妹・五月が、雄三のもとを訪れる。 生前の姉の関係者に話を聞いて回っているという五月に、雄三は三月のことを話し始めるのだが…。

次の

ハッピーアワーのレビュー・感想・評価

ハッピーアワー 映画

演技経験のない四人の女性を主演にして描く日常のさりげない風景。 のベストテンにも入賞した317分の作品を見る。 監督はである。 青空のカットから映画が始まり、六甲山の続くケーブルカーがトンネルを抜けるシーンに続く。 トンネルを抜けると四人の女性が乗っているカット。 このオープニングがうまい。 山頂へ着いたものの、あいにくの雨。 四人は今度一緒にに行く約束をする。 物語はここから四人のそれぞれの日常を切り取り、交互に描きながら、後半、四人で、重心を極めるみたいなワークショップに参加、その後の打ち上げで、四人の今抱える悩みが表沙汰になり、ドラマが動き出します。 うまいのは、四人の日常を描くカットリズムの組み合わせと、四人揃ってのシーンのバランスである。 不思議なテンポがこの監督の感性の良さを見せて切れるのはなかなかである。 そして、第一部は、一人の女性純の離婚裁判シーンで終わる。 そこに他の三人も傍聴している。 そして第二部は、そのまま裁判の場面からスタート。 といっても、果たして分ける理由はなく、劇場側の入場料徴収のための休憩時間である。 純たちは、に行き、そこで純はわかれば、裁判はどんどん不利になる中、彼女は失踪。 それぞれ他の3人にも、何がしかの問題や不安材料が起こり始めるのがこの中盤になる。 このあたりになると、セリフの端々に、なかなかの名セリフが挿入され、場面の組み立てのうまさが際立つとともに、出演者のキャターがそれぞれくっきりしてくる。 つまり脚本のうまさが、表に出始めて、映画になってくるのである。 桜子の息子が中学生ながら彼女を妊娠させたり、看護師のあかりの後輩との確執から骨折騒ぎ、医師との恋愛関係まで匂わせる展開、芙美の夫の仕事のことやら、夫婦関係の不安も表に臭い始める。 物語の流れとしてはなかなかの出来栄え。 桜子の息子は彼女と駆け落ちしようとフェリー乗り場にいて、純と出会い、純を見送り第二部は一旦休憩へ。 画面は、桜子のアップから息子の妊娠騒動に相手の家に母親と謝りに行くくだりへ。 そして、前半でさりげなく関わっていた男たちと桜子ら四人との関係が深まり、やがて、それぞれの夫婦関係が危うくなり揺れて行くクライマックスへ。 淡々と繰り返される会話の周辺に不安と微妙な揺らぎが見え隠れして、ラストは、それぞれの夫婦に亀裂が生じる一方で、なんとなく元に戻るかのような匂いを漂わせてエンディングになる。 確かに評価されるだけのことはあるオリジナリティある作品だと思います。 前半のとっかかりのある様々な伏線から中盤の展開、後半のそれぞれの行き着く先を語る流れと、そして、ところどころに散りばめられる気の利いた練られたセリフの数々もなかなかでした。 長尺な作品ですが、最後まで見せてくれた点では面白かったというべきでしょうか?途中で描かれた何人かがラストに締めくくられず放っておいたのは意図的なものかどうかわかりませんが、クオリティの高い一本でした。 kurawan.

次の