井上 尚弥 カシメロ。 『井上尚弥 vs カシメロ』次戦3団体統一を賭けた試合が延期!完全版

井上尚弥vsカシメロの日程!試合時間・テレビ放送はいつ?ゴングを見逃すな!

井上 尚弥 カシメロ

VSドネアを「陣営は参考にすべし」、母国記者がカシメロに助言 のWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。 強気な挑発を繰り返すカシメロに苦言を呈していたフィリピン人記者は、両者の試合に向けた姿勢に言及。 さらに昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で井上が元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に苦戦した理由に触れている。 カシメロの母国・フィリピンでも3団体統一戦は注目度を高めている。 「カシメロと、ドネア対イノウエの真実」と見出しで報じたのは地元紙「マニラ・タイムズ」だった。 同紙のコンラッド・カリーニョ記者は以前のコラムで、挑発を続けるWBO王者に対し「カシメロには過信した状態でイノウエに挑んでほしくない」と苦言を呈していた。 改めて井上とカシメロの戦前における対照的な振る舞いに注目している。 「カシメロは自信に満ち溢れている一方、イノウエは静寂を保っている。 昨年11月のドネア戦の準備期間も騒々しさのなかった彼としては驚きではない。 しかし、私はカシメロの過信に懸念している」 海外ブックメーカーなどはWBSS決勝で井上圧勝を予想していたが、ドネアはそれを覆して名勝負を演じた。 カリーニョ記者は「フィリピンの閃光」の井上戦を「陣営は参考にすべし」と主張している。 コラムではドネア善戦の理由を分析。 WBSS開幕まで2階級上のフェザー級を主戦場としていたドネアについて「サイズのアドバンテージが存在した」と指摘。 その上で「ドネアとイノウエが対決した際、ドネアはより体格が大きかった。 少なくとも10ポンドは重かったと私は計算している」と推察している。 「イノウエにとってカシメロはリトマス試験紙」、井上の真価問われる試合と主張 記事では、先月の世界ヘビー級タイトルマッチで約124キロのタイソン・フュリーが約110キロのデオンテイ・ワイルダーを倒した事実から、体重差がパンチ力に与える影響の大きさを分析している。 一方、来月に迫る3団体統一戦について「イノウエ戦に挑む際、カシメロにはイノウエに対してサイズのアドバンテージがない」と断言。 さらにこう続けている。 「強烈なパンチャーは通常ディフェンスとリング上での戦略性の拙さの同義とみなされるが、イノウエはドネア戦でリング上の賢さと、優秀なボクシングスキルを示した」 それでも、現在31歳で脂の乗った3階級制覇王者カシメロにも勝機ありと主張するカリーニョ記者は「ドネア戦のあとで、イノウエにとって、カシメロはリトマス試験紙になる」としている。 井上の真価が問われる試合だと主張。 フィリピンでも注目を集める一戦まで残り1か月半だ。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

井上尚弥VSカシメロ戦、9月開催の可能性も 2500人〜3000人規模目指す: J

井上 尚弥 カシメロ

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級世界バンタム級統一王者の井上尚弥(26)=大橋=が2日、WBO同級王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との3団体王座統一戦(4月26日=現地時間25日、米ラスベガス)との対戦に向けてグアム合宿に出発するため、成田空港で取材に応じた。 WBC世界同級6位の弟・拓真、日本スーパーライト級王者のいとこの浩樹(ともに大橋)も帯同した。 グアムでの合宿は3度目で今回は6日まで滞在。 出発前に新型肺炎対策でマスクを着用して取材に応じた尚弥は、対戦相手の強打者カシメロを「自分はドネアより怖い相手だと思っている」と、昨年11月に激闘を繰り広げたノニト・ドネア(フィリピン)を引き合いに出して警戒を強めた。 その理由を「ドネアはしっかり組み立てるし、ボクシングをするので、やる前はラフファイトの怖さはなかった。 カシメロは頭からも突っ込んでくるし、恐れないで入ってくる選手。 もらえば危ないパンチを持っているし、勝つのもカウンターでコロッといくかもしれない。 一瞬も気が抜けないような戦いになると思う。 野性的な勘を持っている」と説明。 そのため、今回の合宿は「徹底的に走り込んで、パンチもある選手なので、耐えられるように体力作り。 いつもより練習メニューを長く取っている。 それだけやっぱり油断できない相手と認識しているので」と、1日2時間ほど練習を増やし、10キロ2本と中、短距離の走り込みに加え筋力トレーニングも行う予定だ。

次の

井上尚弥vsカシメロが延期でいつになる?海外の反応まとめ

井上 尚弥 カシメロ

4月の井上尚弥戦、米メディアがカシメロの弱点分析「彼は被弾してしまう」 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで拳を交えることが濃厚となっている。 米メディアではカシメロの弱点を分析。 「勝機を見出すためには被弾するしかない」としている。 「ナオヤ・イノウエとジョンリエル・カシメロがラスベガスで4月25日にファイトする。 ESPNで放送」と注目しているのは、米メディア「ボクシングニュース24」だった。 昨年11月、英・バーミンガムで行われたWBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)を倒し、3階級制覇を果たしたカシメロ。 井上と対峙すると海外メディアで報じられるなか、記事では王座陥落したテテのミスに注目している。 「テテはカシメロにあまりに接近させるというミスを犯した。 そして、リラックスしていた。 31歳のテテが小柄でパワフルなカシメロが近距離でいかに危険かを理解していないことは明らかだった」 3回TKO負けで王座陥落したテテの失敗を指摘。 テテから王座奪取に成功したカシメロだが、井上を倒すことはできるのだろうか。 記事では「彼にはイノウエを倒すパンチのパワーは持っている。 しかし、ハンドスピードに欠けている。 そして、彼は被弾してしまう。 イノウエはカシメロに着弾することができれば、彼を倒してしまうだろう」と記している。

次の