トイレ 黄ばみ。 トイレの黄ばみ汚れの原因と掃除方法・落とし方6個!便座裏や水の中は?

トイレの底の黄ばみ黒ずみ~がちがち汚れを落してキレイを再スタート

トイレ 黄ばみ

トイレの黄ばみや、汚れは、 カビキラー・ドメスト・キッチンハイター・強力トイレハイターなど 「塩素系漂白剤」で落ちると思います。 壁等の壁面は浸け置きしにくいので下記のようにします、 水面部は、自然に吹き付けた薬剤が溜まります。 1、汚れ部分に、上の薬剤を吹き付ける。 2、トイレットペーパーを便器に垂らして、その上から「塩素系漂白剤」を吹きつけます。 3、汚れ部分に全てに貼り付ける、重なっても良いです。 4、30分程度そのままに置いておきます、途中で乾かないように 何度か、薬剤の吹き付けを追加してください。 何度も吹き付け、湿布時間を伸ばすと、より効果があがります。 5、暫らくすると汚れが溶解し始め、トイレブラシなどで擦れば落ちやすく なっています。 ・・・・ 泡タイプの方が少しでも壁際に残り 「付着し」 使い良いですが。 泡が無くても他の漂白剤系を何度か掛けていれば、水面にも溜まるし効果は十分にあります。 【注意 1】 頑固な汚れの塊が水面の中にあるのでしたら、 キッチンハイターをタップリと流し込んで30分~60分ほど置いてから トイレブラシなどで擦り取ってください。 または、『便器の底、水溜まり部分はタップリと薬剤を投入するか? ラバーカップでポコポコして水を抜いてから、薬剤の漬け置き をするかですね。 この場合は、サンポールなどの酸性品を使用します。 サンポールをタップリと流し込んで30分~60分ほど置いてから トイレブラシなどで擦り取ってください。 【どうしても取れない黄ばみや汚れは、 プロの行う研磨を 1200~1500番程の耐水ペーパーで汚れ部分を磨きます、 この番号のペーパーなら、傷は付き付き難いです】 どうぞ、気を付けて、お使いください。 そこまで酷い汚れなら、サンポールを使ってください。 尿の汚れはアルカリ性の汚れなので酸で落ちます。 もう少し軽い汚れならクエン酸を使うと簡単に落ちますが、酷くなったら塩酸の入った強力なサンポールが必要です。 ゴム手袋をして、ペーパータオルにサンポールをたっぷり浸し、それを汚れの所に貼り付けて1~2時間放置しておくと汚れがゆるんできますので、そうしたら、ヘラなどで擦って落としてください。 手や顔にかかると危険なので気を付けて作業してください。 なお、当然「混ぜるな危険」と書いてあるものなので、塩素系の漂白剤やカビ取り剤とはまざらないようにしてください。 まざると塩素ガスが発生して命にかかわります。

次の

トイレの壁紙についた黄ばみを取るための掃除方法と予防策

トイレ 黄ばみ

トイレ汚れで一番気になるのが「黄ばみ」ですよね。 見た目も非常に汚いですし、放っておくと悪臭を放つようになります。 お客様が来た時にトイレを見せられなくなってしまいます。 頑固で落ちにくい黄ばみ汚れですが、効果的に落とす方法をご紹介します。 また「やってはいけない掃除法」も合わせてご紹介します(便器の寿命を縮める恐れがあります)。 黄ばみ汚れの原因 黄ばみ汚れのほとんどは「尿石」が固まった物です。 尿石とは、尿に含まれるカルシウムなどが固まった物です。 尿石の初期症状はうっすらと黄ばむ程度ですが、長年放置すると文字通り石のようにびっしりとこびりつきます。 酷い場合だと排水管に尿石が詰まることもありますので適度に掃除しておきましょう。 便器内の黄ばみ汚れ 便器内は一番多く尿に触れる場所ですので黄ばみ汚れが付きやすいです。 黄ばみ汚れは放っておくと菌が繁殖して臭いを放つようになります、細めに掃除しましょう。 便座裏の黄ばみ汚れ 尿の跳ね返りで黄ばみ汚れが付きます。 便器内と違って水で洗い流されないので菌が溜まり易い場所です。 便座を全く上げないご家庭(女性が多いご家庭)で付きやすく、数か月振りに便座を上げたら黄ばんでいたというケースが多いです。 床、壁の黄ばみ汚れ 男性が立ったま用を足した際に、跳ね返りで床や壁に付くケースが多いです。 掃除の手間を考えると絶対に座って用を足した方が楽なので、男性もできるだけ協力しましょう。 私も自分でトイレ掃除するようになってからは断然座る派です。 立ってするなんて考えられません(すごい飛び散ります)。 また、トイレを流す際に蓋をしないと周囲に飛び散りますのでコチラも気を付けましょう。 絶対やっちゃダメ!黄ばみ汚れ掃除法 黄ばみ汚れを落とす方法は色々ありますが、まずは絶対にやってはいけない掃除方法をご紹介します。 便器を傷つけるような掃除方法はやめましょう。 ドライバー、尖った金属で擦る こびりついた尿石をドライバーやヘラなどで削り落とそうとする方がたまにいらっしゃいますが、絶対にやらないでください。 便器を傷つける恐れがあります。 便器の表面に傷が付くと、そこに菌や汚れが入り込みます。 この汚れは非常に掃除しにくい上に、そのほとんどが黒ずみ汚れになってしまいます。 傷が付くとさらに掃除が余計大変になるので絶対にやめましょう。 金ダワシを使って擦る ドライバーと同様に、金ダワシも便器を傷つけるのでやめましょう。 金ダワシの方が細かいキズを沢山つけるので厄介です。 サンドペーパー、紙ヤスリで擦る 黄ばみ汚れを削り落とすためにサンドペーパーを使う方がいらっしゃいますが、コチラも便器を傷つけるのでやめておきましょう。 研磨剤 研磨剤は名前の通り細かい粒子で汚れを削り落とす方法です。 コチラも便器を傷つけるのでやめておきましょう。 黄ばみ汚れにオススメの洗剤 トイレの黄ばみ落としには専用洗剤のがオススメです。 ドラゴンはプロの清掃業者(ハウスクリーニング業者)向けに製造された強力洗剤です。 黄ばみ落とし、尿石除去に効果的です。 市販洗剤で落ちないような頑固な汚れにオススメです。 プロ向け洗剤ではありますが、毒物劇物を使用していないため一般個人の方でも安心して使えます。 使い方は一般的なトイレ用洗剤と同じです。 黄ばみ汚れ、尿石に薬液を直接塗布するだけです。 液だれするような場所ではキッチンペーパーを湿布のように貼り付けると効果的です。 商品ページ 品名 規格 価格 税込 送料無料 4リットル 12,100円 尿石除去剤ドラゴン 使用事例 実際にを使ってトイレ掃除をした様子をご紹介します。 小便器の黄ばみ落とし これは某企業の男子小便器の掃除の様子です。 小便器に黄ばみ汚れがびっしりと付いてしまい大変汚らしい様子になっていましたが、ドラゴンで掃除したところピカピカになりました。 こういった垂直面で液だれしやすい場所では、キッチンペーパーを使って湿布のように貼り付けるのがオススメです。 (キッチンペーパーはトイレに流せないので注意しましょう) 小便器目皿の尿石除去 先ほどの小便器の目皿をひっくり返した様子です。 長年掃除を行っていなかったせいか尿石がびっしりとこびり付いています。 見るのも触るのも嫌になるような気持ち悪さです。 こういった細かいパーツは浸け込み洗いがオススメです。 バケツやペットボトルなどの小さい容器にドラゴンを注ぎ、そこに直接パーツを浸け込みます。 数時間放置すると尿石が溶けて写真右のようにピカピカになります。 公衆トイレの男子小便器清掃 コチラは公衆トイレの男子小便器掃除の様子です。 小便器の目皿の裏に尿石が石のようにびっしりこびり付いています。 ここまで結晶状になってしまうと市販の洗剤では全く落とせません。 しかし、ドラゴンなら落とすことができます。 薬液に浸け込んで数時間放置したところ、写真右のように綺麗になりました。 浸け込み洗いの様子 目皿や排水口のパーツをバケツに入れ、尿石を溶かしている様子です。 尿石が薬液と反応して溶けているのがわかります。 尿石を溶かす際にガスが発生しますが、毒物劇物を一切使用していないため、有毒ガスは発生しません。 ご安心ください。 トイレ用洗剤ドラゴンの使い方 の使い方はとっても簡単です。 普通のトイレ用洗剤同様に使用できます。 ただし、他の洗剤と混ぜないでください。 便器内側の黄ばみ汚れ• 液だれする場所の黄ばみ汚れにはドラゴンをしみ込ませたキッチンペーパーを湿布のように貼り付けてください(トイレットペーパーを使うとすぐボロボロになってしまうのでオススメしません)• 30分~1時間ほど放置したら湿布を剥がします。 キッチンペーパーはトイレに流せないので注意しましょう• ブラシで擦って掃除します。 最後に水で流して終了です。 トラップ内の黄ばみ汚れ• 灯油用のポンプなどでトラップ内の水を抜きます。 トラップ内にドラゴンを注ぎ、1時間ほど放置します。 ブラシで擦り汚れを落とします。 最後に水で流して終了です。 目皿についた尿石汚れ• 小さいバケツや、ペットボトルを半分に切った物を用意し、目皿を入れます。 目皿が浸かるようにドラゴンを注ぎます。 そのまま30分ほど放置します。 薬液から目皿を取り出し、ブラシ洗いします。 最後に水で流して終了です。 まとめ 今回はトイレの黄ばみ汚れを落とす方法をご紹介しました。 黄ばみ汚れには専用洗剤のがオススメです。 黄ば汚れ、尿石を溶かして落とします。 ドラゴンはプロ向け(ハウスクリーニング業者向け)の強力洗剤なので、市販洗剤で落ちないようなしつこい汚れにオススメです。 毒物劇物を一切使用していないので安心して使用できます。 黄ばみ汚れ、尿石汚れをドライバー、サンドペーパー(紙ヤスリ)、金だわし、研磨剤などで擦って落とそうとするのはやめてください。 便器表面を傷つけてしまう恐れがあります。 傷が付くとそこに汚れが入り込んで黒ずみ汚れになります。 商品ページ 品名 規格 価格 税込.

次の

トイレの黄ばみはハイターで掃除できる?検証結果を画像付きで紹介

トイレ 黄ばみ

もくじ• トイレ黄ばみの基本的な掃除方法 「別にそこまで黄ばみ汚れがひどくないので、簡単にできる基本的な汚れの落とし方を知りたい」という人もいると思います。 そこでまずは、トイレの黄ばみ汚れを落とす基本的な掃除のやり方をご紹介いたします。 トイレの黄ばみ掃除は「酸性洗剤」で尿石を溶かす 日頃のトイレの掃除では「中性洗剤」を使うのが一般的ですが、黄ばみの掃除をするときは「酸性洗剤」を使います。 これは、黄ばみの原因である「尿石」がアルカリ性の汚れだからです。 メーカーによって色々な酸性洗剤が販売されていますが、一番有名なのは緑のボトルと黄色いキャップの「」です。 軽度の黄ばみ汚れはサンポールとトイレブラシだけでOK! ちょっと黄色くなっている程度の汚れであれば、をかけてトイレブラシで磨くだけで黄ばみ汚れを落とすことができます。 ただし、下記のような黄ばみ汚れの場合はサンポールを使うだけでは落ちないことがあります。 毎日掃除しているのにできた黄ばみ汚れ• 長期間掃除をしていなくてできた黄ばみ汚れ• 公共施設など多数の人が使うトイレでできた黄ばみ汚れ 上記のような黄ばみ汚れについては、次から紹介する「3つの裏技」を試してみてください。 トイレの黄ばみの掃除術~白い便器に戻す3つの裏技~ 通常の酸性洗剤とトイレブラシを使った掃除では落ちないような「頑固な黄ばみ汚れ」。 「もう10年以上使っているトイレだし、落ちないのかな」と諦める前に、ここで紹介する「3つの裏技」を試してみてはいかがでしょうか。 少し強力な洗浄剤を使った方法もありますが、複数回やることで徐々に黄ばみ汚れを落とす方法も紹介しているので、自分に合いそうな方法がないかチェックしてみてください。 【裏技目次】• 黄ばみ掃除術1. サンポールとトイレットペーパーパック 黄ばみ掃除に使うは、実はトイレットペーパーと組み合わせることで、より効果的に尿石汚れを落とすことができます。 今回は、そのサンポールとトイレットペーパーパックのやり方をご紹介します。 サンポールとトイレットペーパーパックの手順 必要なものは、サンポール、トイレットペーパー、ゴム手袋、トイレブラシです。 トイレットペーパーを黄ばみ汚れが気になる箇所に2枚重ねで貼り付ける。 トイレットペーパーの上から、サンポールを浸すくらいかける。 20~30分ほど放置。 放置後は、水で流す前に軽くトイレブラシでこする。 水を流して完了。 1回のパックで落ちないときは、2~3回と複数回に分けるとよりきれいに汚れが落ちるようになります。 ただし、この方法ですと「水たまりの中」「便器の奥」の尿石汚れは落とすことができません。 水たまりの中や便器の奥(排水管手前)の黄ばみ汚れを落としたい場合は、次で紹介する「デオライトL」を使うのがおすすめです。 黄ばみ掃除術2. デオライトLで強力な尿石除去 デオライトLは、業務用の尿石除去剤です。 デオライトLのパッケージには小便器での使い方が書かれていますが、実は「洋式便器」の黄ばみ汚れを落とすのにも使えます。 デオライトLでこすらず尿石除去 トイレ便器にべったりこびりついた尿石の掃除をするときは、「」と呼ばれる業務用の尿石除去剤を使うのがおすすめです。 デオライトLは、男性小便器の尿石除去剤のイメージがありますが、洋式便器でもしようすることができます。 デオライトLには、小便器で使うときの説明しか書いていないので、ここでは洋式便器の尿石除去のときの手順をご紹介します。 【必要なもの】 ・ゴム手袋 ・バケツ ・給油ポンプ(100均で小さいの売ってます) ・デオライトL• 給油ポンプで、便器の水(封水)をバケツにくみ出す。 デオライトLを黄ばみ汚れの上からかけつつ、もともとあった水の量と同じくらい注ぐ。 15~30分ほど放置して、トイレの水でしっかり流して完了。 上記がデオライトLの使用手順です。 水を抜かずに使う人が多いですが、効果をしっかり発揮したい場合は水を抜くことをおすすめします。 サンポールのときと同様に、1回で汚れが落ちない場合は2~3回繰り返すことで徐々にきれいになっていきます。 黄ばみ掃除術3. 重曹とお酢でやさしく尿石溶かし 「子供もいるし、強力な洗浄剤は使いたくない」「肌が弱いので刺激の少ない洗浄方法が知りたい」というときは、重曹とお酢を使った掃除方法がおすすめです。 重曹を粉のまま振りかけてお酢を流すという方法でもいいですが、今回は、より効果的に黄ばみ汚れを落とせる手順をご紹介します。 重曹ペーストとお酢を使った掃除手順 重曹とお酢は、100円ショップやネットで大量販売されているもので問題ありません。 重曹はお掃除用と食品用とがありますが、掃除に使う場合はどちらでも大丈夫です(料理に使うときは、食品用が安心です)。 【必要なもの】 ・重曹 ・お酢 ・水少量 ・霧吹き(100均で購入可能) ・トイレブラシ ・ゴム手袋• 重曹と水を2:1の分量で混ぜて、ペースト状にする(重曹ペースト)• 重曹ペーストをトイレの黄ばみ汚れが気になる箇所に塗る• 霧吹きにお酢を入れて、重曹ペーストにお酢をふきかける• 「しゅわしゅわ~っ」と泡が立つので、そのまま10~20分ほど放置する• 放置した後はトイレブラシで軽くこすって、水を流して完了 重曹ペーストにしておくと、ふち裏やウォシュレットノズルなどの際どい箇所にもしっかりと塗布することができます。 ただ、刺激が少ない分、やはり酸性洗剤と比べると洗浄力が弱いので汚れがひどいときは複数回にわける必要があります。 トイレの黄ばみの掃除術~元の白い便器に戻す3つの裏技~まとめ 今回は、トイレの黄ばみ汚れをきれいにする3つの裏技についてご紹介しましたが、最後にポイントをまとめておきたいと思います。 【黄ばみ汚れの掃除ポイント】• 通常の掃除はサンポールとトイレブラシ• 落ちない黄ばみはサンポールとトイレットペーパーパック• 重度の黄ばみはデオライトL• 刺激を抑えたいときは重曹ペースト ここで紹介した方法を使えば、黄ばみ汚れを落とすことができますが、「自分でやるにはトイレが汚すぎる」「忙しすぎて自分では掃除する暇がない」という人もいるかと思います。 そういったときは、ハウスクリーニング業者にトイレのクリーニングだけ頼んでみてはいかがでしょうか。 最近は、家全体でなくても、トイレだけ、キッチンだけ、お風呂だけと必要な箇所だけクリーニングしてくれるサービスが増えています。 共働きや子育て中で時間がない人、年末の大掃除だけプロにまかせてゆっくりしたいという人は、一度ハウスクリーニングサービスの利用を検討してみるといいでしょう。

次の