トコフェロール 酢酸 エステル。 酢酸トコフェロールが配合される化粧品について

女性育毛剤の成分「酢酸トコフェロール」の育毛効果とは?

トコフェロール 酢酸 エステル

トコフェロールは酸化しやすい性質のため、製品自体の酸化防止剤としても汎用されていますが、アセチル化することで空気中で酸化を受けず、製品中では酸化防止作用を発揮しないため、皮膚へのビタミンE供給目的で使用されます (文献3:2006)。 酢酸トコフェロールの作用は、主に酢酸トコフェロールが表皮に存在する酵素であるエスラーゼによってトコフェロールに加水分解されることによる、トコフェロールまたはトコフェロール類似作用です (文献3:2006;文献5:1998)。 化粧品に配合される場合は、• 過酸化脂質抑制による抗酸化作用 過酸化脂質抑制による抗酸化作用に関しては、まず前提知識として過酸化脂質について解説します。 以下の細胞膜の構造図をみてもらうとわかりやすいと思うのですが、 皮脂や細胞間脂質、細胞膜を構成しているリン脂質などの酸化が進んだ脂質のことで、皮膚に過酸化脂質が増えると様々な物質の変性・損傷が起こり、肌はくすみ、ハリはなくなり、色素沈着は濃くなり、老化が促進されます (文献7:2002)。 皮膚において過酸化脂質が生成される主な原因のひとつが紫外線であり、紫外線により発生した活性酸素のひとつである一重項酸素が脂質と結合することで過酸化脂質の生成が促進されます (文献7:2002)。 このような背景から、紫外線照射をうけた場合に過酸化脂質を抑制することが重要であると考えられます。 0 10. 38 0. 2 9. 48 2. 0 8. 97 20. 0 3. 2mM添加した場合、0. 0と比較して10. 0 0. 0 10. 20 0. 2 0. 0 10. 74 0. 2 0. 2 9. 60 0. 2 2. 0 6. 36 0. 2 20. 0 0. このような検証結果が明らかにされており (文献6:1989)、酢酸トコフェロールに過酸化脂質抑制による抗酸化作用が認められています。 また、酢酸トコフェロールはリン酸アスコルビルMgをはじめとすると併用することで、過酸化脂質抑制の相乗効果が明らかになっています (文献6:1989)。 この相乗効果は、トコフェロールの抗酸化作用のメカニズムが、脂質過酸化を防ぐために自分自身が代わりに酸化し、酸化したトコフェロールは生体内で、グルタチオンおよびシステインのような水溶性抗酸化物質により還元され、再び抗酸化作用を示すという報告と一致していると考えられます (文献8:1998;文献9:1982)。 酢酸トコフェロールは医薬品成分であり、化粧品に配合する場合は以下の配合範囲内においてのみ使用されます。 03 粘膜に使用されることがある化粧品 3. 0 その他の薬用化粧品、腋臭防止剤、忌避剤 1. 0 薬用口唇類 1. 0 薬用歯みがき類 1. 0 浴用剤 1. 0 実際の配合製品数および配合量に関しては、海外の1998-2014年の調査結果になりますが、以下のように報告されています。 以下表におけるリーブオン製品は、付けっ放し製品(スキンケア製品やメイクアップ製品など)を表しており、またリンスオフ製品というのは、洗い流し製品(シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなど)を指します。 酢酸トコフェロールの現時点での安全性は、• 医療上汎用性があり有効性および安全性の基準を満たした成分が収載される日本薬局方に収載• 外原規2006規格の基準を満たした成分が収載される医薬部外品原料規格2006に収載• 10年以上の使用実績• 眼刺激性:ほとんどなし-軽度• 皮膚感作性(アレルギー性):ほとんどなし• 光毒性・光感作性:ほとんどなし このような結果となっており、化粧品配合量および通常使用下において、一般的に安全性に問題のない成分であると考えられます。 以下は、この結論にいたった根拠です。 皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2002)によると、• [ヒト試験] 110人の被検者(男性18人、女性92人)の背中に0. 312,1. 0,0. 312,0. 875であった。 また対照としてのワセリンのみの刺激スコアは0. 125であった (Roche,1999)• 5であり、平均刺激強度指数は0. 076であった。 感作値はすべて陰性であった。 酢酸トコフェロールは一次刺激剤ではなく、遅延過敏症を引き起こさないと結論付けられた (Roche,1999) Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献2:2014)によると、• 03であった (Anonymous,1996)• 076であり、いずれの被検者も高い刺激性を示さず、またチャレンジパッチ後に陽性反応は報告されなかった (European Chemicals Agency,2013) と記載されています。 試験データをみるかぎり、皮膚刺激性および皮膚感作性なしと報告されているため、 皮膚刺激および皮膚感作が起こる可能性はほとんどないと考えられます。 眼刺激性について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2002)によると、• [動物試験] 酢酸トコフェロールはウサギの眼を刺激しないと述べられている (BASF,1993;Hoffmann-LaRoche,1995;1996)• [動物試験] 酢酸トコフェロールはウサギの眼に刺激を与えなかった (BASF,1996) Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献2:2014)によると、• 角膜の変化は報告されなかった と記載されています。 試験データをみるかぎり、ほとんどなし-軽度の眼刺激性が報告されているため、 眼刺激性はほとんどなしまたは一過性の軽度の眼刺激が起こる可能性があると考えられます。 光毒性および光感作性について Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献1:2002)によると、• [ヒト試験] 11人の被検者の腰背部2箇所に酢酸トコフェロール0. 2mLを24時間閉塞パッチ適用し、パッチ除去後に処置部位のひとつおよび未処置部位にUVAを5-8分照射した。 試験および対照部位は照射の15分後および24および48時間後にスコアリングしたところ、照射部位および非照射部位で皮膚反応は観察されず、酢酸トコフェロールは光毒性ではなかった (Consumer Product Testing Co,1992) Cosmetic Ingredient Reviewの安全性データ (文献2:2014)によると、• [動物試験] 20匹のモルモットの8c㎡領域に酢酸トコフェロールを皮内注射し、試験部位にUVB(1. 反応は皮膚過敏症の可能性が最も高いと述べられており、対照群では反応は観察されなかった (European Chemicals Agency,2013) と記載されています。 試験データをみるかぎり、光毒性および光感作性なしと報告されているため、 光毒性および光感作性はないと考えられます。 成分一覧は以下からお読みください。 Cosmetic Ingredient Review(2014)「Safety Assessment of Tocopherols and Tocotrienols as Used in Cosmetics」Final Amended Report. 」Lipids 33 1 ,87-91. K Kramer-Stickland, et al(1998)「Effect of UVB on hydrolysis of alpha-tocopherol acetate to alpha-tocopherol in mouse skin. 」The Journal of Investigative Dermatology 111 2 ,302-307. 田川 正人, 他(1989)「リン酸L-アスコルビルマグネシウムの化粧品への応用」日本化粧品技術者会誌 23 3 ,200-206. 朝田 康夫(2002)「過酸化脂質の害は」美容皮膚科学事典,163-165. N Noguchi, et al(1998)「Dynamics of Vitamin E Action against LDL Oxidation」Free Radical Research 28 6 ,561-572. E Niki, et al(1982)「Regeneration of vitamin E from. ALPHA. -chromanoxyl radical by glutathione and vitamin C. 」Chemistry Letters 11 6 ,789-792. スポンサーリンク.

次の

ビタミンE

トコフェロール 酢酸 エステル

傾向と優先順位 ご存じのように、「ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル、トコフェロールコハク酸エステル)」は、「排泄に関わる部位に作用する薬」の「内服薬」として登場します。 市販薬には、「 」などがあります。 当該成分は、ときおり試験に出ます。 優先順位は「 高い」です。 …といった感じで出題されます。 」ですが、まさにそのとおりです。 ビタミンEは、滋養強壮薬等でおなじみの成分で、「血行改善」が最たる作用です。 試験ポイント 痔の薬には、内服薬もあります。 ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル、トコフェロールコハク酸エステル)は、外用・内用の痔疾用薬に配合されています。 そもそも、「痔」は、血行不良が元で生じる病気です。 んなもんで、ビタミンEの「血行改善」が効く、という塩梅です。 痔の薬では、よく登場するので、きっちりビタミンE(トコフェロール酢酸エステル、トコフェロールコハク酸エステル)を押えておきましょう。 コツ的なこと 登録販売者の勉強方法等は、「」に述べています。 独学の概要・注意事項などはこちらで。 次いで、医薬品の成分の暗記が苦手な人へのアドバイスです。 実地が一番頭に入ります。 成分・効能が頭に入らない方は、机の前の勉強を止めて、ドラッグストア等で、実際の医薬品を手にしてみてください。 先に挙げた、「 」などのページを見ながら、テキストと突き合わせるだけでも、記憶に残ります。 テキストの字面だけでは、記憶の残りは悪いので、実物を目で見て触って確かめて、憶えていきましょう。 他のページ 「排泄に関わる部位に作用する薬」の「内服薬」へのリンクです。 独学向け教材 使用教材の詳細は「」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「 」と、掲載問題数が一番多い「 」を使えば支障ありません。 わたしはこれで「117点」取れました。 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。 過去問演習は、「タブレット」が便利です。 もってない人は、受験を機に、アマゾンの「 」を推奨します。 最優秀のコスパです。 こまごましたもの 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。 興味のある方は、「」の「」や「」、「」などをお目汚しください。 そのほか、「」や「」、「」で、ヒマな時間を潰してください。

次の

ビタミンE

トコフェロール 酢酸 エステル

酢酸トコフェロールは血行促進・抗酸化作用がある成分で、女性育毛剤・化粧品・医薬品など幅広く使用されています。 実際のところ、毛髪に対しては具体的にどんな影響を与えるのでしょうか? 今回は、酢酸トコフェロールの育毛効果について詳しく解説したいと思います! 酢酸トコフェロールとは? 酢酸トコフェロールはビタミンE誘導体の一種です。 配合成分の欄には「トコフェロール酢酸エステル」と表示されることも。 血液循環を高め、新陳代謝をUPさせる• すぐれた抗酸化作用や水に溶けやすい性質をもつことから、女性育毛剤・化粧品ベビーオイルなど幅広く使われている成分です。 ビタミンE誘導体とは? ビタミンEは水に溶けにくい「脂溶性ビタミン」 結合状態が不安定でそのままでは水に溶けにくいという性質をもっており、育毛剤や化粧品にも配合しにくいという欠点があります。 さらにビタミンEは酸化しやすく肌への浸透力も低いため、育毛成分として配合された場合そのままでは十分な効果を発揮できません。 ビタミンE誘導体はそういったビタミンEの欠点を解消するため、ビタミンEを水に溶けやすく化合した物質。 水に溶けにくく結合状態も安定しているので、ビタミンE本来の力を損なわずに化粧品や女性育毛剤などさまざまな用途での活用が可能です。 さらにビタミンE誘導体は「皮膚の中でビタミンEに変化する」という性質ももつため成分が酸化する心配もありません。 トコフェロールとは? トコフェロールとはビタミンEのこと。 化学名が「トコフェロール」です。 合わせて8種類のビタミンEがあります。 酢酸について 天然のトコフェロールに「酢酸」を加え、作用を安定させたものが「酢酸トコフェロール」です。 無色透明でツーンとした匂いが特徴で、合成繊維や医薬品・食用調味料などさまざまな用途で使われています。 女性の頭皮ダメージの主な原因 健康な髪のためには、毛の土台となる地肌がよい状態であることが条件! そのためには、頭皮環境を改善し毛根へ酸素・栄養を十分に行き届ける必要があります。 しかし酸素や栄養を運ぶ、血の巡りは加齢をともに悪くなる傾向にあります。 さらに、皮膚の新陳代謝も衰えるため頭皮環境も悪化しがちです。 不規則な生活習慣により増加した活性酸素のダメージも加わり髪にとってどんどん悪い状況へ近づいてしまいます……。 代表的な女性の頭皮にダメージを与える原因についてまとめてみました。 血行不良 髪は毛根にある「毛母細胞が分裂する」ことで生まれて成長します。 細胞分裂のエネルギーとなるのが血液とともに運ばれる「酸素と栄養」 毛母細胞はからだの中でもとくに活発な細胞なので、エネルギー源となる成分がたくさん必要です。 しかし加齢によるコラーゲン・タンパク質の減少で血管の週軟性が失われると、血管が固くなり血液の流れが悪くなります。 十分な栄養が届かず毛根は栄養不足に。 髪の成長や発毛を維持できず、薄毛をまねきます。 代謝の衰え 地肌は古い角質が剥がれ落ち、あたらしく生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り替えしています。 ターンオーバーの期間は平均で2~4週間ほどです。 ターンオーバーは遅くても早くてもいけませんが、年を重ねるとこのサイクルも遅くなっていく傾向に。 頭皮ニキビやフケの増加へとつながります。 頭皮トラブルが深刻化すると抜け毛の増加や薄毛につながるため、早めの対策が必要です。 活性酸素によるダメージ 活性酸素は偏った食事・ストレス・運動不足などといった「生活習慣の乱れ」で増加します。 活性酸素の影響で細胞のサビ(老化)が進むと、細胞本来の力を発揮できません。 毛母細胞の働きも弱まり髪が生えづらい状態に。 若いから、まだ薄毛の兆候がでていないからといって油断は禁物です。 手入れを怠っているといつのまにか抜け毛が増えていた……なんてことになる可能性も! 酢酸トコフェロールの育毛効果 酢酸トコフェロールは育毛をサポートする成分! 酢酸トコフェロールの代表的な作用は頭皮の 「抗酸化作用」と 「血液促進」です。 かゆみや湿疹などの頭皮トラブルを未然に防ぐことによって、抜け毛や薄毛を予防。 スムーズな酸素・栄養の供給で毛母細胞の分裂を活性化させ、育毛をサポートします。 その他、不規則な生活により増えてしまった活性酸素除去し、細胞のサビを防ぐ効果もあります。 酢酸トコフェロール自体に育毛効果があるわけではありませんが、頭皮を良好に保つことにより他の成分が働きやすい状況をつくることは可能です。 酢酸トコフェロールの副作用について 酢酸トコフェロールの摂取量は、一日150mlが目安。 体内蓄積・貯蔵される性質があるため、摂取の上限が定められています。 とはいえ、普通に育毛剤を利用する分にはまず問題ありません。 サプリメントや医薬品などで大量に摂取しなければ大丈夫です。 副作用として便秘・胃の不快感・下痢・発疹などの症状がでる可能性があります。 サプリメントなどで酢酸トコフェロールを摂取する際は用法・用量をきちんと守りましょう。 ただ上記は、あくまで口から摂取した場合のみに考えられる副作用です。 育毛剤は頭皮に塗布するものなので、副作用の心配はありません。 女性育毛剤を選ぶときは、他の配合成分にも注目! 女性の肌は生理や出産・季節の変わり目などでも調子が変わります。 とくに頭皮に直接つける育毛剤の成分は、やさしさにこだわりたいところですよね。 酢酸トコフェロール自体は肌への刺激が少ない成分なので、敏感肌のひとでも安心です。 しかし、育毛剤に含まれる他の配合成分が刺激の強いものでは意味がありません。 酢酸トコフェロール以外の成分によりダメージを受け、かえって頭皮の状態を悪くしてしまう可能性もあります。 せっかくの育毛ケアをムダにしないためにも、女性育毛剤の成分は肌に刺激が少なく副作用の心配がないものをしっかり吟味しましょう。 また女性の薄毛は、血行不良・代謝の衰え以外にも「ホルモンバランスの崩れ」や「頭皮の乾燥」などが影響します。 保湿剤やホルモン様作用成分(女性ホルモンに似た働きをする)などが入ったものを選ぶと女性の薄毛へ幅広く、かつ的確にアプローチできますよ! 育毛剤を選ぶ際は、ぜひ他の配合成分にも注目してみてください。 その他の配合成分 「センブリエキス」 保湿・血行促進作用・頭皮ダメージを与える原因を抑える 「グリチルリチン酸ジカリウム」 甘草から抽出したエキス。 抗炎症、抗菌作用がありフケ・かゆみの防ぐ作用をもつ 「ヒオウギ抽出液」 女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン誘導体」を含む その他、56種類の頭皮ケア成分が入っています。 酢酸トコフェロール配合の女性育毛剤 酢酸トコフェロールを配合している女性用育毛剤はいくつかありますが、特におすすめなのが ベルタヘアローションと ミューノアージュです。 ベルタヘアローションは天然エキスを主成分とした育毛剤。 酢酸トコフェロールと併せて使用したい成分もいくつか配合されています。 ミューノアージュは2剤式の頭皮美容液と育毛剤のセットで、40代以上の女性からたくさんの支持を集めています。 肌にやさしいので安心! グリチル酸ジカリウムがいくら肌にやさしくても、他の成分に副作用の心配があったら意味がありませんよね。 その点、ベルタヘアローションは天然エキスが主成分で副作用リスクがとても少ない育毛剤です。 敏感肌はもちろん、妊娠・授乳中も使えるので産後の脱毛に悩む方も安心して使えます。 ベルタヘアローションの詳細は、下記の記事で実際に使ったレビューも詳しくご紹介していますので是非チェックしてみてください。 また、ミューノアージュは女性用育毛剤では数少ない「アルコール完全フリー」の育毛剤。 特に頭皮が敏感な方にはミューノアージュがおススメです! まとめ 酢酸トコフェロールの効果をまとめると、まず毛髪への作用は以下の3つ。 ・血行を高めて毛根へ栄養を届ける ・頭皮の新陳代謝を高めフケ・かゆみなどのトラブルを防止する ・肌の衰へつながる活性酸素を除去し、頭皮のハリを保つ 直接育毛を促すわけではありませんが、育毛の土台をつくる縁の下の力持ち! とくに「肌に負荷を与えずケアしたい」「薄毛を予防したい」という方におすすめです! おすすめの女性用育毛剤はどれ? 私が実際に試した5本の女性用育毛剤の特徴やおすすめポイント、使用感などをまとめた記事を書きましたので、女性用育毛剤を試してみたい方はまずこの記事をチェックしてください!.

次の