これがお前のやり方か。 これがお前らのやり方かぁぁぁぁ???安倍総理「給付金あげるけど〇〇対象となるからね」

マサの投げ釣り釣行記:これがお前らのやり方か!

これがお前のやり方か

「よう 探したぜ。 どうやら間に合ったようだな。 電話は繋がらないし マンションはもぬけの殻・・・ そうなればココだと思ってな。 お前に渡すものがある。 それを見た愛美は 「・・・これを受け取ってしまったら 私は事実を受け入れなくてはならなくなります・・・」 ーーー1ヵ月前、 優に報告に行ったあのに、ほんのわずかな時間だったけれど 最愛の人と過ごした後、愛美は優と手を繋ぎそのまま眠ってしまっていました。 朝を迎え、隣の優に声を掛けると すでに優は冷たくなり、亡くなっていました・・・--- 「お前がここにいるってことは、現実を受け入れている証拠だ。 一応聞くがこれからどうするんだ?」 そう聞かれた愛美は 「ご報告が済んだら出頭するつもりでした・・・ ですが、もう罪を償ってまで生きる理由がありません。 院なら躊躇なくここから飛び降りられます」 と答えました。 「・・・・そのネックレスを託した優の想いを否定するのか?」 と聞かれた愛美が 「私は遺産なんていりません。 」 と答えたので、 「何ならまた名前と顔を変えて人生をやり直せばいい。 そして愛した男と子供を作れ。 そうすればそれが生きがいになる」 と渡瀬は言ってきました。 「私が愛するのは優様ただ1人です。 今までもこれからも・・・」 そんな風に言う愛美に渡瀬はこう言いました。 「だったら優の子供を作ればいい」 その話を聞いて、愛美は驚きました。 すると渡瀬は優の家の血筋を絶やさないために必要な事だったから、 種は冷凍保存してあると説明しました。 「正気ですか?!第一それは後継者を残すためのものでしょう・・?」 愛美がそう聞くと、 「そうだ。 そもそも本人が死ねば種を残しておけない。 廃棄処分だ。 だが、 今ならお前の子として産ませることができる。 勿論後継者としての権利はないがーーー 優はお前に生きることを望んでるんだ。 どの面さげて会いに行こうってんだ?」 ーーー1年後 「おお君か!待ちかねたよ。 1年ぐらい前から急におかしくなってしまってね・・・ 名のある先生方に診てもらってるんだが 未だに原因が分からないんだ。 ここが娘の部屋だ。 よろしく頼んだよ」 渡瀬はある豪邸を訪ねていました。 「誰・・・?」 心美はうつろな表情で渡瀬の方を見ました。 「カウンセリングに来た医師の渡瀬です」 渡瀬がそう挨拶をして早々、 「何も話すことはありません。 お帰りください」 と心美は言いました。 「まぁそう仰らずに・・・なんでも伺いますよ? 例えば・・・ 学生時代のお友達の事とか・・・ね」 そう言われた心美はハッと思い出しました。 「アナタ・・・そう・・・どこかでお会いしたことがあるかと思ったら、 早乙女さんのお友達だったのね。 」 心美がそう言うと 「察しがいいな。 さすが愛美の整形を見破っただけはある」 と渡瀬は言いました。 「私を探っていた貴女が来たということは・・・ また早乙女さんの差し金かしら? 彼女はまだ私を諦めていなかったのね!よかった・・・」 と心美が興奮気味でそう言うので、 「残念。 今日は医師としてきたんだ。 愛美は関係ない。 」 と渡瀬は否定しました。 すると・・・ 「そう・・・で貴方とは有意義なお話ができそうね。 だって・・・ 私と同じ香りがするもの。 」 と心美が言いました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「早速だけど、早乙女さんのお話が聞きたいわ。 彼女は今どうしているの? もう私の所へ来てくれないのかしら・・・・ 早乙女さんだけが私の生きがいだったのに・・・」 お茶を飲みながらそう話す心美の言葉を聞いて、 渡瀬は何不自由ない生活の中で何故そこまで愛美に執着するんだろう?と思いました。 「この暮らしも婚約者も。。。 用意されただけで 私が望んだことではないわ。 でも彼女は私に生きている実感を与えてくれる唯一無二の存在なの。 貴方なら・・・共感はできなくても理解はできるでしょ?」 そう聞かれた渡瀬は 「ああ・・・俺も普通の人間には理解してもらえないこだわりがあるからな」 と答えました・・・.

次の

橋本VS小川戦、長州が「それがお前のやり方か?」と詰め寄った理由は?

これがお前のやり方か

これ、コロナが本格的に流行り始める前の1月頃のお話なのですが。 好きで好きでたまらない人が出来まして。 職場の違う部署の人。 好きすぎるから私から猛烈アプローチをかけたわけですよ。 「ご飯食べに行きましょう。 」とか「遊びにいきましょう。 」とかしつこい位に言いまくってたら、ついに相手も折れてくれて。 夜にLINEしてたので、「詳細は明日決めましょう!」って向こうから言われてニヤニヤしながら眠りにつきました。 突然夢にもその人が出てきて、「嗚呼、多分この世のブスの中で私が一番幸せだな」なんて思ってました。 私のブス人生のピーク。 でも翌日、待てど暮らせど相手から連絡は来ず。 「あれ、詳細どうするんだろう…」なんて思ったけどこれ以上しつこくすると普通に嫌われそうなので、その日は悶々としながらも諦めました。 また翌日、「そろそろ連絡来るだろう」って思ったけどやはり来ず。 夜に思わず私から連絡しました。 「あの、詳細どうします?」って。 相手からの返事は、「なんのことですか?どうかしました?」でした。 はーい、なかったことにされました。 もうね、世紀末来たと思った。 だってさ、めちゃめちゃ勇気出して連絡したのに、まさか何もなかったことにされるとは。 大大大ショック。 世知辛い世の中ですね。 コロナがおさまる頃には私の心の傷も癒えていると信じて、今日もおうちで過ごします。。。 anne135.

次の

「やり方」と「しかた」

これがお前のやり方か

質問 「やり方」と「しかた」の違いは何ですか? こたえ 「しかたがない」のような連語や「しかたない」のような形容詞形は「やりかた」にはありません。 また、「〜の…」というときには「しかた」と続くことが多く、「やり方」は単独で使われることが多いように思います。 ただ、「うまくできないのは、お前のやり方が悪いんだ。 」のように「〜のやり方」と言えないわけではありません。 「しかた」と「やりかた」とは、動詞の「する」と「やる」の違いに対応した意味合いや用法の違いがあるように思います。 以下に、少し考えてみます。 「する」も「やる」も(動作性の)名詞を受けて〈主体が状況を成立させる〉という共通の意味をあらわします。 「みんなでサッカーをする。 」と「みんなでサッカーをやる。 」とは、どちらも、主体である〈みんな〉」が〈サッカー〉という状況を成立させるという意味です。 よりわかりやすい言い方をすれば、〈ものごとを行なう〉という意味だとえます。 ただ、次の用法には共通性がありません。 名詞を動詞化する機能=運動する/矛盾する(*やる)• 物や人を変化させる意味=部品をバラバラにする/子供を医者にする(*やる)• 行かせる・移動させる意味=手紙をやる/息子を大学にやる(*する)• 状態性の名詞を受けて状態・性質を表わす=空が青い色をしている(*やる)• ある状態になる意味=病気をする(*やる)• 授受表現=娘に小遣いをやる/植木に水をやる(*する)• その他の用法=[値段や数量を表す]3万円もする本(*やる)、[何かに決める意味]僕はウナギにする(*やる)、[身につける意味]ネクタイをする(*やる) また、「やる」には、特定の動詞(句)の代わりをするという機能があります。 「煙草をやる[=好んでのむ]。 」「今の給料ではやっていけない[=安定して生活していけない]。 」「競馬でずいぶんやられた[=負けて損をした]。 」のように使われます。 この場合、「やる」が代行する動詞(句)は、主に慣用的なものですが、直接は表現しにくい事柄が多いといえます。 そのため、以下のような解釈の傾向があると思います。 以上のことから、「しかた」と「やり方」とは、〈行為や行動の方法〉という点では共通していますが、「やり方」の方が意志性が強いといえそうです。 「やり方(?しかた)がわかりません。 この場合、「しかた」では文脈がよくわからない。 また、「しかた」の方が、より多くの文脈で使うことができるようです。 これは「する」の方が一般的に用いられるのと同じです。 「説明のしかた(?やり方)が悪い。 なお、すでに述べたように、「やる」は〈ある状態になる意味〉を表わさないので、〈ある状態になる手段〉という意味で「やり方」を使うとおかしくなります。 「動詞との接続のしかた(*やり方)に違いがある。

次の