韓国 犯罪 アイドル。 韓国で起きた衝撃の性犯罪「n番部屋事件」の深すぎる「闇」(トイアンナ)

チュ・ジフン、キム・ドンヒ…韓国ドラマ“次に来る俳優”はこの人!

韓国 犯罪 アイドル

アダルトサイト遮断は性犯罪が多いという理由から?韓国の足首GPSの効果は? 韓国で、政府が有害であるとみなした サイトのネット接続遮断や アダルトサイト遮断が行われました。 実行した理由は性犯罪が多い為なのでは と言われています。 韓国では、重度の犯罪を犯した人物に 足首にGPSを取り付ける措置を行って 10年が経過しましたが、 その成果も調べてみましょう。 韓国アダルトサイト遮断! 今回の韓国政府が行った アダルトサイト遮断ですが、 韓国政府は以前から度々、 アダルトサイト遮断を行っていました。 その理由としては、 違法動画の拡散を廃止する為 という事の様です。 性的コンテンツに対して韓国は日本と 比べると厳しく取り締まっており、 その為、 海外からセクシャルなサイトや動画を 無断で掲載するサイトが 乱立していた様です。 そこで韓国政府は、 違法動画根絶を目指し、 政府が認めた有害サイトや アダルトサイト遮断を実行した という流れとなっています。 韓国が性犯罪の多い理由って? ご存じの人も多いと思いますが、 韓国の 性犯罪率は 世界的に見ても 上位に食い込んでいます。 その為、今回、 アダルトサイト遮断を実行した事により 逆に、更に性犯罪が増えるのではないか と懸念されている様です。 また、 韓国で性犯罪が多い理由については 様々な理由が挙げられていますが、 幼い時の放置や 身分差によるものが 理由ではないかと言われています。 韓国が行っていた足首GPSの成果が気になる! 韓国では重い罪をおかした犯罪者には 足首にGPSを装着する法律が 2008年から施行されています。 施行されてから10年が経過し、 どの様な成果が あがっているのでしょうか。 韓国法務省が発表した結果によると、 再犯率が14. 1%から 1. 7%へ低下し、韓国民共々、 足首GPSには 抑止力があると認識している様です。 スポンサード・リンク アダルトサイト遮断の韓国で性犯罪の足首GPSは大丈夫? 前章では、 韓国政府がアダルトサイト遮断を 行った事について説明しました。 アダルトサイト遮断を韓国政府が行った 事により、足首GPSで下がった 性犯罪率が 上がる理由になるのではないか と言われています。 韓国は性犯罪が多い為、 韓国の教授が 国の経営する 娼婦制度を作った方が良い という程だった様です。 今回のアダルトサイト遮断の理由は、 違法動画を拡散しない為だと 言われていますが、 アダルトサイトを遮断した為、 ただでさえ多い韓国の性犯罪が、 逆に、更に増えるのではないか と懸念されています。 また、 政府がアダルトサイト遮断を 実行した事により、 表現の自由の侵害や、 時代に逆行している、 独裁時代である と言った意見も 韓国の男性から出ています。 更に、 暗号化されていない 個人情報を 監視する事に対して、 適切性に問題があるという 重要な指摘も見受けられました。 インドも性犯罪が多い事で 知られていますが、 インドにはカースト制度があり、 性犯罪を犯す男性は自分よりも 地位が低い女性を ターゲットにする と言われています。 カースト制度がない韓国の性犯罪が多い 理由には当てはまらないと思いきや、 実は、 韓国も 階級があり、 身分差というものが 存在しているそうです。 その為、 韓国の性犯罪が多い理由も男性より 身分の低い女性に被害者が多い といった傾向にある かもしれません。 韓国政府、アダルトサイトを11日から遮断…「独裁時代か」の声も Joongang Ilbo 中央日報 フェミニストや反差別やパヨクの界隈が大歓迎しそうな話だ。 アダルトサイトはただの口実なんだろう。 — SAS SASNIKU 性犯罪前科者の人権と村人の社会防衛がぶつかり合う悲劇を描いた作品。 韓国では2008年に性犯罪前科者の足首に衛星利用測位システム機能の付いた足輪を装着する制度が施行され、再犯率は8分の1に激減した。 だが足輪を装着したまま再犯に及ぶ者も多く、去勢等の極端な対策が議論になることもある。 — 映画で読み解く韓国 akiako8015 ねぇ、知ってる?韓国では悪質な性犯罪者には足首にGPSマシンの装着が義務付けられるんだよ。 また、 犯罪者に装着される足首のGPSですが 再犯率は低下しているものの、 最初に比べると 再犯率は上がっており、 通信障害の間に再犯する人や、 足首のGPSを 破壊して逃亡する人、 更には 足首のGPSが目立つ為、 自殺者が増加するなど、 様々な弊害が挙げられています。

次の

AB6IX リーダー ヨンミンの脱退から見えた韓国男子アイドルが抱える3つのタブー

韓国 犯罪 アイドル

SMタウンでは、すでにキム・ジョンヒョンの死はなかったことになっている。 同グループの展示には、彼の死についての記述がいっさいない。 キムの死後から、グループ写真には彼が写っていないが、それに対しては何の説明もない。 K-POPを揺るがすスキャンダル発生 K-POPの男性アイドルは、青年期から数年間にわたって厳しいトレーニングを受ける。 ある少年がデビューする段階になると、所属事務所はアイドルグループを結成する。 するとまたたくまに彼の歌声や姿が、アジア中の音楽や映像、そしてファンのソーシャルメディアに現れる。 韓国の理想的な男性アイドルは、毛穴のないキレイな顔で、一点の曇りもない道徳的な生き方をしており、薬物やギャンブルはもちろん、あらゆる不法行為を慎む人間である。 それゆえ、K-POP業界では、ファンとの関係は厳しく規制されている。 一方で女性アイドルグループの定番は、純情でありながら思わせぶりなスクールガール、という男性ウケの良いタイプだ。 リアーナやレディ・ガガのような大胆なセクシーさをウリにするアイドルはあり得ない。 あわせて読みたい: そして、多くの曲が恋や別れをテーマにしているにもかかわらず、アイドルの恋愛はご法度だ。 歌っている本人は恋愛していない方が、市場価値が高まるのだ。 こうした傾向は、韓国と同じく保守的な日本にも見られる。 だが、K-POP業界を揺さぶるスキャンダルが相次いだことにより、「美徳」という壁は崩壊した。 2019年1月、K-POP界一の人気グループ「BIGBANG」のメンバーであるスンリ(本名イ・スンヒョン、日本ではV. Iの名で活動)が運営に関わっていたソウルのナイトクラブ「バーニング・サン」で、セクハラ行為を止めようとして警備員らに殴られた男性がその出来事をインターネット上で暴露したのだ。 韓国の人気アイドルグループBIGBANG。 右から2番目がスンリ。 現在もスンリの他、複数のアイドルが捜査対象となっている。 また、BIGBANGを世に送り出し、「江南スタイル」で世界的なK-POPブームの火付け役なったPSY(サイ)の所属元でもあった「YGエンターテイメント(以下YG)」の創立者ヤン・ヒョンソクは、一連の騒動を受けて辞任。 さらにK-POPアイドルが絡んだ性暴力事件の報告を警察が無視し、バーニング・サンが不法行為の拠点となっていたことを容認していた疑惑が浮上し、検察が捜査を始めている。 深刻な女性差別も露呈 こうしたスキャンダルによって明るみになったのは、K-POP男性アイドルの歪んだ実像だ。 アイドルを目指す少年たちは過酷なトレーニングを経て、デビューを果たす。 20歳そこそこでトップアイドルの座に上りつめた彼らは、莫大な財産と名誉を手にし、バランスを崩していく。 あわせて読みたい: 韓国にとって、K-POPは非常に重要な財源だ。 韓国アーティストの海外進出を手がける「DFSBコレクティブ」によると、2018年のK-POP4大事務所の総売り上げはおよそ11億ドル(約1200億円)だった。 K-POPの在り方を変えるということは、韓国全体の意識を変えることに繋がるのだ。 だが、物質的な発展に社会の成熟度が追いついていない国では、市民の期待は裏切られることが多い。 暴力反対を強く呼びかける国会議員のシム・サンジョンは、韓国人女性にとって「いまは絶望的な状況だ」と述べた。 「警察も関係当局も、犯罪をもみ消そうとする権力者の味方をしています。 韓国の女性の日常には、安心できる場所がありません」 本誌は、K-POP業界を揺るがしたセックス・スキャンダルの真相に迫ることで、韓国の芸能界で問題が相次ぐ原因を探ることにした。

次の

歌手のチョン・ジュニョン、スンリらと“性暴行”を共有…なぜ韓国アイドルは暴走するか

韓国 犯罪 アイドル

「朝鮮日報」で、「性犯罪」・「性的暴行」で、検索してみてください。 日本の朝日新聞のような新聞ですが、「加害者が韓国人男性、被害者が韓国人女性、韓国国内の犯罪」で、韓国人に対して報道されたニュースが、こんなにあります。 日本では、ありえないぐらい性犯罪が多いです。 朝鮮日報 日本語版 私は、韓国人男性と結婚しています。 韓国は、嫌いではありませんが、残念なことに、事実として、「韓国は性犯罪が多い」と認めざるを得ません。 韓国人も、海外生活が長い人に聞いてみると、(本国から出たことがない人は、「韓国国内が、普通で、あたりまえ」なので、話になりません) 「残念ながら、韓国は、性犯罪は多い。 性犯罪どころか、日本に比べたら、犯罪全般が多い。 」という意見でした。 まず、韓国では、「全国民の3割がワーキングプアの貧困層」といわれているくらい、失業率の高い、格差社会です。 ですから、失業者がたくさんいます。 経済的に困窮している人が、犯罪者になったり、ストレスから、性犯罪者になったりも多いと思います。 基本的には、韓国は、2004年から「売春を全面禁止」にしたため、「売春業者が、地下にもぐってしまい、ブラックマーケット化して、性病が蔓延」「性犯罪・レイプが多発」「韓国人男性が、海外に買春ツアーに出かけるため、『自国の性欲は、自国内で対処』という常識からはずれて、国際世論で、糾弾されている」という状況がおきています。 日本国内は、AVビデオ、グラビアのヌード写真、ピンサロ・ソープなどが氾濫していますが、警察などが、「性犯罪を防ぐため、売春業のブラックマーケット化を防ぐため、売春業は、必要悪として、多少は目をつぶりますよ」と、黙認しているため、非常に安全な社会になっていると思われます。 (同じような理由で、ドイツ・オランダは、売春が合法になっています) (性の衝動が抑えられない人は、ピンサロ・ソープに通うなり、AVビデオをみるなり、合法的に発散させればいいわけです。 なにも、犯罪者になる必要は、ありません) このように、「強姦に限らず、犯罪率の高さ」というのは、経済的な不安定さ・社会政策と、直結していると思います。 (経済的に安定していて、国民みんなが、高い給料がもらえたら、わざわざ危険を冒してまで、犯罪をする必要はないし、社会政策的に、性の衝動を発散できるのなら、性犯罪者になる必要は、ありません。 売春が合法の国は、『合法な職業』なので、同業者が多く、競争相手が多いため、価格の値引き競争が起こります。 ですから、『より安く、よりよいサービスを受けられる』状態です。 このように、売春業が盛んで、懐具合があたたかい人が多いなら、性犯罪者には、わざわざならないかと思います。 日本に、性犯罪が少ない理由は、『失業率が低く、性に対して、おおらかな社会で、売春業が盛んだから』だと思います) 韓国国内で、よくあるのは、「山に連れ去られて、強姦・殺人・埋められる」というのが多いです。 ですから、韓国人女性も、「女性ひとりで、車に乗る」というのを、非常に気をつけています。 韓国では、「深夜のタクシーには、女性一人では、決して乗ってはいけない」といわれています。 (タクシー運転手は、採用時の履歴書のチェックがゆるい仕事なので、『もと犯罪者』も、平気で採用されていたりします)「女性が、1人で、深夜のタクシーにのって、タクシー運転手から、強盗・強姦・殺人される」というニュースも、よくあります。 また、「より弱者を狙った、性犯罪」ということで、女児に対する、強姦・殺人事件が多発しています。 「性犯罪、性的暴行、強姦」に関する統計は、朝鮮日報の過去の掲載記事に、いくらでも載っています。 (朝鮮日報は、「韓国が好きな人たち」の新聞ですが、毎回のように、強姦殺人のニュースがのってますよ。 「韓国が嫌いな人が言ってるだけ」じゃないんです、事実なんです).

次の