加根光夫。 夏井いつき

加根光夫(加根兼光)の結婚した妻は夏井いつき!年齢プロフや馴れ初めは?【プレバト】

加根光夫

1988年からは俳人として活動をし 1997年には俳句集団「いつき組」を組織。 2013年に毎日放送のバラエティ番組「プレバト!! 」で 俳句の才能査定ランキングで 毒舌先生として査定をし人気を博しています。 ちなみに上記番組での和装は コスプレのようなもので 普段は洋服しか着ていないとの事。 また、夏井いつきの「夏井」は 最初の夫の姓で「いつき」は本名を ひらがな書きにしたもの。 しかし30歳の頃に当時の夫の父がなくなり 当時の夫の母親もその影響で体調を崩して 老人性うつになってしまい 当時の夫の実家に引っ越して教師をやめて俳人に。 そして40歳の頃には一人暮らしだった 夏井いつきの母親が脳腫瘍を患い 後遺症も残って引き取ったものの 姑と実母はどうしても気が合わず。 夏井いつきも疲弊し当時の夫はうつ病に。 繊細な長女も不登校になってしまい その3年後にそれぞれの親を引き取って離婚。 2人の子供も引き取り 俳人としての収入だけでは厳しい生活でした。 現在は子供たちは巣立ち「御幸ハウス」は解散。 元々加根光夫さんは俳句を嗜んでおり 夏井いつきの俳句に惚れ込んで 付き人としてでも支えたいと思い猛プッシュ。 しかし夏井いつきはもう二度と 結婚はしないと思っており 自分の暮らしぶりをみせたら 諦めるだろうと自宅に招いたら むしろ加根光夫さんは料理をして 子供達の胃袋を掴んで馴染んでしまったという。 そうして出会ってから3年後、 2006年に玄関先でプロポーズ。 現在は子供たちも巣立ち、2人で暮らしており 加根光夫さんは家事もし、更には 夏井いつきのマネージャーとして 仕事面でもサポートをしています。 その時には気を紛らわせようと 以下のような肺がんの俳句を大量に作ったという。 朝の蝉明るし検温の時間 ぬるくふるえて病院食の冷や奴 プレバトは結構見ているんですが 俳句の毒舌先生、夏井いつきも かなり波乱万丈な人生を送っているんだなと実感。

次の

“毒舌先生”夏井いつき 公私ともに支える夫との「熟年再婚」秘話明かす― スポニチ Sponichi Annex 芸能

加根光夫

Q,献身的な夫をどう思うのか? 「家事も一緒にやってくれるというか大半を背負ってくれて『原稿書くのはあなたしか出来ないんだから あなたがさっさと書いてください。 締め切り守ってさっさと書いてください。 』と言って頂けることが幸せ。 」 ご主人は 「夏井いつきの俳句をもっと活かす為に それ以外のことは自分が色々とサポートしてやっていこう。 力あるものを伸ばしていくことが必要。 そのために自分が出来ることはやろうと。 25歳でひとつ年上の教師仲間と結婚。 愛媛県の小さな町で一男一女に恵まれて幸せな結婚生活を送っていました。 その当時から続けていたのが趣味の俳句。 生徒に俳句を教えることはありましたが完全に独学でした。 ところが30歳の時に別居していた舅が亡くなり そのショックで姑が体調を崩してしまいました。 独りになった姑と夫の実家で同居することに。 教師を辞めて家族4人で松山に引っ越しました。 教師への思いを断ち切るために夏井先生は学校を去る時に 宣言をしました。 「これからは俳人になります。 」 暫くは専業主婦を楽しんで その間にどうやったら俳句の仕事が出来るかゆっくり探そうと思っていたそうです。 『置かれた状況を楽しむ』という思いでした。 姑の世話をしながら俳句にのめり込み いくつも賞を受賞し高い評価を受けるようになりました。 ところが俳句を始めて10年 夏井先生が40歳の時にまた問題が。 実母が脳腫瘍を患い引き取ることに。 姑と実母・夫・子供達の世話をする日々。 病気の姑・実母の世話で夫婦間に溝が出来てしまい離婚。 実母と同居を始めて3年後のことでした。 43歳で病気の実母と子供を養うシングルマザーに。 夫の収入がなくなり俳人としての生活は苦しい物に。 そもそも俳句の原稿料はごく僅か。 収入源は句会を主宰して得られる会費・講演会など。 毎晩同じ悪夢にうなされました。 スケジュール帳が真っ白で仕事が無いという夢。 眠っていたはずの目に涙が。 事情を聞いた かつての学校関係者から非常勤講師としての誘いがありましたが全て断りました。 「俳人になります。 」と啖呵を切って学校を辞めたので己の首を絞めてしまいました。 後に引きたくない負けず嫌いで頑なに俳句の仕事を続けました。 声の掛かった仕事は全身全霊で取組み次へ繋げようと話術も磨きました。 今の毒舌交じりの絶妙なトークはこの頃に培われました。 苦しい生活の中にも拘らず 俳句で知り合った 家庭にトラブルを抱える子供を親に断り無償で下宿させました。 多い時には3人も。 夏井さんの家は いつしか地名から「みゆきハウス」と呼ばれるようになりました。 夏井先生 「登校拒否は他人が入ってくれるだけで事態が変わることがあるんですよ。 疑似家族であろうが大家族って結構やっていけるんですよ。 一言で言うと『助け合える』という陳腐な言葉になっちゃうんだけど。 代表作は中村玉緒さんが出演している「マロニーちゃん」です。 ネットTVへの出演オファーのため夏井先生の元へ。 事情により仕事の話は実現しませんでしたが俳人夏井先生に惚れ込み句会に参加することに。 大阪から松山まで足繫く通うようになりました。 そして加根さんは夏井先生の人柄にも惹き付けられてしまいます。 加根さん 「普通だったら仕事の顔・プライベートの顔・家の顔になるところが全部同じなんですよね。 同じというのが凄く面白くて。 」 そこから異性としての感情が芽生えたそうです。 夏井先生に猛アプローチ 夏井先生の俳句の携帯サイトにバンバン投稿。 俳句のペンネーム兼光というのが家族の間で話題に。 兼光さんの俳句は夏井先生も認める程のレベルでした。 そして夏井さんの心を捉えたのが屈託のない笑顔。 普段無表情なのに句会ライブの間中は本当に大口を開けて笑う加根さん。 夏井さん 「私という迷惑しか起こしそうにないような人間を目の前に置いてこんなに無防備に大口を開けて笑ってくれる人に最後は。 」 そして二人は交際を開始 47歳と55歳でした。 加根さんには2度の離婚経験が。 それでも夏井さんとの結婚にこだわったのは 「こんなに能力がある人は見たことがないから。 それだったら自分が付き人だったり役に立つことの方が きっと俳句の為になるんじゃないかなと思って僕が出来ることをして助けたいと普通にそう思っちゃう。 」 夏井さんは二度と結婚しないと決めていました。 加根さんを「みゆきハウス」に招待して諦めてもらおうと思いました。 初めて夏井さんの暮らしを目の当たりにした加根さんは 「みんなお腹減ってる? ちょっと待ってて。 」と言ってキッチンへ入り得意の料理を振舞いました。 家族とも直ぐに打ち解けました。 出会いから3年後にプロポーズ 「歳取ってるけど結婚しましょうか。 」 「もう歳も歳ですし。 」 「関係ありません。 」 「料理とか洗濯とかやる余裕ないですし。 」 「僕がやります。 」 「こんな風に他所の子も居ますし。 」 「大丈夫です。 子供達も僕を受け入れてくれてます。 もう問題ありませんよね。 結婚しましょう。 」 「はい。 お願いします。 」 再婚しない理由をひとつひとつ潰していった加根さん。 2006年 結婚 49歳と57歳 結婚から7年後 夏井さんの長女が結婚 記念撮影に前の夫を長女が招待。 夏井さんに「子供達を育ててくれてありがとう。 」 加根さんに「前の夫、前の父です。 子供と彼女を頼みます。 」と握手。 現在は子供達も巣立ち2人暮らし。 加根さんはCMプロデューサーを定年退職。 今は家事だけでなく夏井さんのマネージャーとして仕事面でもサポート。 テレビ番組の収録に付き添い。 俳句に精通する夫がカンペをセット。 夫は仕事の相談相手。 そして超売れっ子になった妻のスケジュール管理。 創作活動にも同行 吟行:俳句のタネを探すための散策 *夫の前では少女のようにハシャイでる夏井先生 とても可愛いです。 前の旦那さんとは親の介護が原因で別れなくてはならなかったなんて悲しいですね。 でも今の旦那さんに巡り会えて本当に良かったです。 ご夫婦の笑顔がいいですね。 (kyoko -.

次の

俳句の夏井いつきの夫は加根光夫! 前夫との離婚理由は?!

加根光夫

カッコイイ加根さん 夏井いつき 先生の現在の夫の 加根兼光(加根光夫)さんは1949年生まれのようなので、2019年で 70歳になります!夫の 加根兼光(加根光夫)さんは 夏井いつき 先生よりも 8歳年上です。 さすがの奥行き感。 日 学歴:関西大学卒業 経歴: 定年まで 博報堂関西支社にてCMプロデューサーとして活躍 その後フリーランスの映像プロデューサー兼夏井先生のマネージャー。 2015年肺がんで療養するも無事回復。 現在、株式会社夏井&カンパニーの代表取締役を務める きっかけはもともと、夫の 加根兼光(加根光夫)さんが 夏井いつき 先 生の俳句会にも出席するくらい 夏井いつき 先生 のファンだったそうです。 夏井いつき 先生の開く俳句講義にもかかさず出席し、 加根兼光(加根光夫)さんは「講義にいつも楽しそうに、そして話しているときにも笑顔をかかさなかった。 」のだそうです。 写真画像 夏井いつき 先生の現在の夫である 加根兼光(加根光夫)さんは当時、 博報堂関西支社にお勤めだったということで、 夏井いつき 先生へ ネットTVのオファーのため大阪から 松山まで何度も通っていたのだそうです。 今でも、ただそこに座っているだけで不思議とカッコイイ加根光夫さん 夏井いつき 先生の現在の夫・ 加根兼光(加根光夫)さんは 「マロニーちゃん」など のCMを手掛けた 優秀なCMプロデューサーだったそうです。 夏井いつき 先生へ依頼した番組は配信されることはなかったようなのですが、何度か 夏井いつき 先生にお会いして、そのお人柄に触れるうちに、 「人間としておもしろい」と、 夏井いつき 先生を見ていて感じたそうです。 博報堂と言えば、 篠原ともえさんの旦那さんとなった方も同じ会社にお勤めでした。 html ことの発端は、 夏井いつき先生が旦那様を呼ぶ時の言葉に気づいたことでした。 ケンコーサン。 あれ??なんて言っているんだろう、と何回か聞いてみたのですがどうも 「ケンコーさん」以外聞き取れません。 html ななな名前がちがう・・・。 以前は 「加根光夫」さんというお名前でメディアでも登場されていたはずでしたが、報道記事などでは少なくとも 2016年の段階ではすでに 「加根兼光」さんとなっていました。 私がお名前を誤って記載していたのでは?と少し焦っていたところ、 夏井いつき先生の活動事業の事務所である 「株式会社夏井&カンパニー」の会社概要に答えがありました。 画像: 夏井いつき先生の旦那さんも、いつの頃からか俳句に関わる活動の時には 俳号として 「加根兼光」さんというお名前を名乗るようになったのかもしれません。 どうやら調べていくと、まだ 夏井いつき先生もご本人を認識する前から 「 兼光」という名前で 夏井いつき先生へこの名前で俳句の投書もされていたらしく、それを後になってから知ったようです。 ケンコーサン と 夏井いつき先生が呼ばれるのはどうやら 「加根光夫」さんの最初からあった俳号だったようです。 画像: 俳号(俳名)とは? 俳号(はいごう)あるいは 俳名(はいめい、はいみょう)とは、 俳諧あるいは後の俳句を作る際に用いる雅号のことである。 現在は、俳人の雅号(愛称)という意味では「 俳号」、「 号」という呼びかたが主であり、「 俳名」という場合は後述する歌舞伎役者が持つ異名を指すことが多い。 現代では俳号を持たない俳人もいるが、 多くは句会で披講されるときに、選に入って自身の句が読み上げられると俳号を名乗る。 引用元: ちなみに 加根光夫さんが 「映像俳句の特別講義」の講師として招かれた際にも 「加根兼光」さん名義での授業となっていました。 画像:idea. kawahara こちらのカリキュラムで生徒たちが作った映像俳句の作品は平成23年からNHK松山放送局「えひめおひるのたまご」という番組で放送されているようです。 自分が作った作品が放送されるなんて生徒からするととても大きな経験となるでしょう。 俳句の種を撒く これが夏井いつき先生の合言葉です。 夏井いつき先生の旦那さん 加根兼光さんも、自分にできることを通して 「俳句の種」を撒く活動を続けていらっしゃるようです。 (笑) 引用元:婦人公論 結婚こりごり感が出ていますw もちろん最初は 加根兼光(加根光夫)さんも本当に 夏井いつき先生にTV番組を依頼し、実現しようという目的で来られていたのかもしれませんが、その企画もどうやら幻となってしまったようです。 企画内容は、作家の 中島らもさんとの対談。 私は 中島らもさんに興味があったので、すぐにお引き受けしました。 ところがそれから間もなく、 らもさんがお亡くなりになり、その番組は幻となってしまったのです。 救世主・ケンコーさん。 その日仕事で三重に居た 夏井いつき先生でしたが、翌日出演する番組の生放送までに四国へ帰らなければならない状況下で大阪までは辿り着けたものの、あらゆる交通網が遮断され、立ち往生してしまうことになりました。 その日たまたま 夏井いつき先生の事務所に連絡を入れていた 加根兼光(加根光夫)さんが 大阪の宿の手配などを、急遽サポートしてくれたのだそうです。 かっこいいー。 結局、台風のために翌日の生放送に出る必要もなくなりました。 宿泊先も確保できたし、急に心が楽になり、その晩、一緒に飲もうということになって。 飲みながら、 「えぇ人やなぁ、ありがたいなぁ」と思いましたが、 そのときはそれ以上の感情があったわけではありませんでした。 引用元:婦人公論 なかなかの鉄壁っぷりですw これだけの熱意をずっと注げるというのは何かしら 加根兼光(加根光夫)さんの中で 夏井いつき 先生へ大きく魅かれていく経緯があったのではないかなと思います。 一方、夏井いつき先生の当時の心境は? その頃の 夏井いつき 先生自身はというと、前夫との結婚生活にだいぶ懲りていたこともあったのか、夫の 加根兼光(加根光夫)さんに出会う前後はこんな風に思っていたそうです。 もう一度結婚するなんて、冗談じゃない。 43歳で離婚したとき、 「あぁ、自由になった」と思いました。 だから、二度と結婚するつもりはなかったのです。 離婚にはものすごく負のエネルギーを使いましたし、姓が変わることによる膨大な手続きが面倒で、もう、こりごり。 結婚さえしなければ、離婚する心配もありません。 だから、もう一度結婚するなんて冗談じゃない、と思っていました。 引用元: ようやく手に入れた自由。 それ以前から別居はしていたものの、後遺症を患う実母と育ち盛りのお子さん2人を引き取り育てるために、 夏井いつき 先生はそこから立ち上がって人生の再生へ向けて頑張っていくわけです。 悪夢にうなされる日々。 夏井いつき 先生は既に前の結婚時代から実母とまだ小さいお子さん二人を連れて、 松山市内のアパートに住んでいました。 しかし 離婚後も、 夏井いつき 先生は、毎日、毎日悪夢にうなされていたといいます。 スケジュール帳が真っ白で仕事がない夢を見る・・・。 家族4人の生活が腕にかかることとなり、当時は相当なプレッシャーだった。 夏井いつき 先生は当然、4人の生活を立てていかなければならないプレッシャーで かなり精神的に追い込まれていったそうで、 俳句一本で生きていくというのは並大抵の苦労ではなかったようです。 若い時代の夏井いつき先生 それでも俳句で生きていく。 育ち盛りのお子さん二人と後遺症を患う実のお母さんを支えての4人生活。 実質、 夏井いつき 先生が何とかするしかない!というが崖っぷちの状況です。 普通なら、この状況を考えただけでも気持ちが折れてしまいそうな状況です。 そこでも 夏井いつき 先生は気持ちを折ることなく、 俳句1本で頑張ります。 ともかく俳句で稼ぐしかない!と奮起した 夏井いつき 先生には、学校を中心とした活動の場や、テレビやラジオの仕事も少しずつ増えていったといいます。 そんな時、手狭になったアパートから 運命の出会いの地となる一軒家へ引っ越しをすることになります。 夏井いつき 先生の一家は通称 「御幸ハウス(みゆきハウス) 」での新しい生活をスタートさせます。 ここで、 夏井いつき 先生と現在の夫となる 加根兼光(加根光夫)さんとの関係も発展することになるので、縁起のいいお引越しだったようです(笑)。 まさに御幸(笑)へGO。 画像:NHK 夏井いつき 先生はたくさんの人に俳句の楽しさを知ってもらうため、 「俳句の種を蒔く活動」を松山市周辺でこの頃から行っていました。 その活動の中で市内の学校にも繰り返し通うことになり、 夏井いつき 先生はある時、 不登校の高校生に出会うことになります。 とある不登校児との出会い。 夏井いつき 先生の長女も、以前、不登校になった経験があったため、その時の長女自身と家族の大変さを思い出したといいます。 ほってはおけない。 何とか自分が力になることはできないだろうかと考えたそうです。 「うち、一部屋空いてるけど来る?」 こうして始まった 不登校などの事情のある生徒 、 最大で3人もの不登校児との暮らしが松山市御幸町の自宅・通称 「御幸ハウス」で始まる。 4人家族 プラス 不登校児最大3名との暮らし 夏井いつき 先生はご家族4人の生活を支えることも大変な状況なのに、そこへ食べ盛りの子どもたちがぞろぞろ3人も増えたというのですから、金銭面だけでなく、家事やもろもろのケアを考えるだけでどんなに大変なことか。 でも、ほっておけない。 画像:prtimes. jp やっぱり、生まれながらにして先生なんですね。 夏井いつき 先生 自身は 「おせっかい」なんて表現されていましたが、 そんな慈悲深い 「おせっかい」、なかなかできる事ではないです。 俳句の世界は「性善説」 きっと、預かられた子どもたちも 夏井いつき 先生の愛のムチをたくさん受けてすくすく育っていったのだと思います。 その生活の中で 加根兼光(加根光夫)さんという思わぬ協力者が出てくることになります。 画像:NHK 加根兼光(加根光夫)さんは 夏井いつき 先生の大変な状況である生活を色々と快くサポートしてくださったのだそうです。 「御幸ハウス」がもたらしてくれた出会いだったと、のちに 夏井いつき 先生は語っています。 普通だったら、そんな生活に巻き込まれるなんて、とんでもないと思うはずです。 ところが彼は、人柄なのか、クリスチャンとしての考え方なのか、 そういうことにまったく怖気づかなかった。 それどころか積極的にかかわり、その子たちを一所懸命、気にかけてくれました。 本当に心強かったですね。 引用元:婦人公論 この辺りの話を聞くと、 夏井いつき 先生がその後、 加根兼光(加根光夫)さんとの再婚を決心なさった理由が(私もバツイチ子持ちなので)何となくじんわり伝わってきます。 再婚を考えた時に、自分が「大事にしているもの」がその人との先々の共生において邪魔になったり、その人の人生において足手まといになることは 「縁がなかった」と思うしかありません。 けれども、初婚と違って自分の判断に巻き込まれる家族がいたりすると、そこで自分以外の人間を傷つけることにもなり得るので 「だったら選ばない方がマシ」そうした気持ちが先行します。 だって、それら全部が大好きな夏井いつきさんを構成しているものだから。 それがしっかり伝わったからこその再婚なのだろうなと感じます。 のちに 夏井いつき先生はこんな言い回しをしています。 「結婚しない理由」をひとつずつつ潰されていった。 いつしか兼光さんも松山に来ると、うちで飲んで、泊まるようになり……。 気がついたら、我が家の台所でフライパンを振っていました。 html その頃からなんとなく、 兼光さんが私に対して将来のことを考え始めているなというのは、空気で感じていました。 人から好かれるのは、嫌な気はしません。 ただ、結婚なんて話になったら面倒くさいな、というのが本音。 まぁ、老後のボーイフレンドとしておつきあいするだけならいいかな、くらいに思っていました。 引用元:婦人公論 めんどくさいなw 前の結婚生活で 「結婚に懲りていたこと」、もう成人されているとはいえ、 「2人のお子さんがいること、子供たちの気持ち」加えて 加根兼光(加根光夫)さんの方も、二度の離婚を経験されていました。 再婚なんて…。 しかし、お互いに多く弊害がある中、それらを乗り越えて、 出会いから 3年後の 2006年、 夏井いつき 先生が 49歳の時、 加根兼光(加根光夫)さん 57歳と再婚されます。 夫・加根光夫さんと夏井いつき先生 夫婦合わせて106歳! どうやら、 夏井いつき 先生が頑なに抱いてきた 「再婚したくない気持ち」も現在の夫・ 加根兼光(加根光夫)さんの 本気の愛情には根負けしたようです(笑) いまから11年前、私は 49歳で再婚しました。 当時、私には 23歳の娘と22歳の息子がいましたが、正直、まさか自分が再婚するなんて、想像もしていなかったのです。 引用元:婦人公論 加根兼光(加根光夫)さんは 「こんなに能力がある人は見たことがない」と 夏井いつき 先生の才能を絶賛しつづけ、 率先して 御幸ハウスでの家事など嫌な顔一つせず行っていたそうです。 夏井いつき 先生の自宅では 加根兼光(加根光夫)さんが 夏井いつき先生の実子などの面倒まで見ていたといいますから、も本気度が違います(笑)。 そして、何より 加根兼光(加根光夫)さんはいつも笑顔でいっぱいだったのだそうです。 平成最後の春満月~明日は『俳句王国がゆく』 公開収録in羽曳野 — 加根 光夫 kenkokane そんな 加根兼光(加根光夫)さんに対して 夏井いつき 先生は 本当に感謝しかないとおっしゃっていました。 この頃には、 夏井いつき 先生も 加根兼光(加根光夫)さんお互い人間として、弊害など何ともないと思えるほどに尊敬し合える関係になって居たのでした。 詰将棋。 夏井いつき先生が 「再婚」に対するあらゆる懸念事項を出すと、それを 加根兼光(加根光夫)さんはどんどん潰していく、という状況が続いたようです。 元夫も再婚したということを知り、その後、母親としては最も気にかけていた子供たちからもこんな風に言われたようです。 「僕らがこの先ずっと、いつきさんの相手をしたり面倒みたりするのはへヴィー(重い)やから。 誰かおってくれたほうがいい」 引用元:婦人公論 そして最後にロマンな一発があったようです。 やっぱりですね、結婚する時にはちょっと目がくらむくらいのロマンが必要あると思いますね(笑)。 冷静沈着な気持ちでは女は結婚なんかしないんですね(笑)。 夏井いつき 先生のような一人でも勝手に豊かでいられる女性に、さらに高度な夢とロマンをあげられる 加根兼光(加根光夫)さんはホント、凄腕プロデューサーだった理由が分かります。 はい、ではそのプロポーズをどうぞ。 自分が付き人だったり、役に立つことのほうが俳句のためになるんじゃないかな。 僕ができる事をして、助けたい。 歳とってるけど、結婚しましょうか。 引用元: 夏井いつき 先生がプロポーズされたのは 御幸ハウスの玄関先だったそうです。 夏井いつきさんは49歳で再婚を決意されたそうです。 画像: 「今度の週末はどこにいますか?」 引用元:婦人公論 そんな風にやり取りをして、週末に色々な都市で落ち合っていたようです。 そして、定年退職後は正式に 夏井いつきさんのマネージャーとして24時間共に過ごし、 「 夏井いつきとしての仕事を大事にしてください。 加根いつきとしては、適当でいい」と言って、 夏井いつき以外の仕事を率先してやってくれるようです。 また、ご結婚後もご主人に対してこんな風に語ってらっしゃいます。 「感謝しかない。 全然、まったく感謝以外の言葉は浮かんでこない。 」 現在も、 加根兼光(加根光夫)さんは 俳句に人生のすべてをかける 夏井いつき 先生を全身全霊で支えているそうです。 夏井いつき 先生の夫となった 加根兼光(加根光夫)さんも大手の会社で活躍されていた方だったにもかかわらず、そこから 夏井いつき 先生のマネージャーとして支えていく活動をしていくなんて、なかなかできる事じゃないですね。 html 優しく急かすww 近年、 加根兼光(加根光夫)さんは 夏井いつき 先生の活動全般の業務を行う法人を立ち上げており、そこの 代表取締役とやっぱりメインは マネージャーをされているそうです。 もちろん家のこともされているようです(笑)。 肺ガン闘病生活でも俳句を詠み続けた!? 画像 しかし幸せいっぱいの 夏井いつき 先生と 加根兼光(加根光夫)さんお二人の結婚から 9年後になる 2015年3月、 現在の夫の 加根兼光(加根光夫)さんに大きな病気が発見されます。 前後の話から考えると、9年後といってもようやく同居できるようになってすぐというイメージでしょうか。 加根兼光(加根光夫)さんは人間ドッグで右の肺に影が見つかったのでした。 夫に肺がんが見つかる・・・。 実は同年に 夏井いつき 先生は 俳都松山大使にも就任しています。 本当に 夏井いつき 先生の人生はいつもチャンスと大変なことが同時に起こり、一進一退といった状況です。 当時の 夏井いつき先生の心境はというと・・・。 「心配し、しんどかったけど、もうしようがない」 「俳句つくるか!」・・みたいな気持ちになった。 物事というのはどうなるのか分からないけれど、 「なるようになる」。 夫・ 加根兼光(加根光夫)さんの闘病に対する祈り、それに立ち合う 夏井いつき 先生の気持ち、病状の変化など、すべてを俳句にしていきます。 ここではその時の俳句のうちいくつかをご紹介します。 夏井いつき 先生は不安な気持ちにに襲われながらも、毎日毎日、その日の俳句を詠まれていたそうなのですが、 そうしている事で 夏井いつき 先生自身、なんとか平常心でいられたそうです。 俳句がいつも寄り添ってくれる。 摘出物をまだわずかに生きているかのように 「蛍の匂い」と表現するのが「生々しさ」と蛍の灯の映像がささやかな希望を感じさせる絶妙なことばですね。 html 夏井いつき 先生の中では、最後にとりあげた句 「朝の蝉(せみ)あかるし検温の時間」 に今改めて見ても、当時の心強い気持ちや喜びを思い出すようです。 この句は夫の 加根兼光(加根光夫)さんが手術後に快方へ向かう兆しが見えたこと、その喜びを詠んだ句であり、、よくこの句を取り上げてお話をされています。 一方の 夏井いつき 先生の夫・ 加根兼光(加根光夫)さんは当時の心境をこう語っていらっしゃいました。 その時、 俳句新聞「いつき組」の 1面すべて僕の肺がんの句で埋まってしまい、悔しく思って、自身で肺がんの句を作ったりもしていました。 加根兼光さんも肺がんの句をつくっていた! 加根兼光(加根光夫)さんの術後の経過も良いようで、現在、大活躍の 夏井いつき 先生をいつも番組撮影にも同行してサポートされているそうです。 夫婦助け合いで素敵ですね。 夏井いつき 先生と夫の 加根兼光(加根光夫)さんはご夫婦でこんな会話をされたことがあるそうです。 夏井いつき先生 「アタシのどこが気に入った?」 加根兼光さん 「一生退屈できそうもないところ。 いちばん上のお孫さんから順番に、 2010年生まれ、 2012年生まれ、 2014年生まれ、 2017年生まれということで、まだまだ俳句ファミリーは増えていく可能性がありますね! ちなみに 2017年に生まれたばかりのお子さんは 孫の中では初めての女の子で 「8:19分(はいく)」の時刻に誕生したというのですから、 夏井いつき 先生の強烈な血を受け継ぐかもしれませんね! 8:19(ハイク)生まれの孫! 夏井いつき 先生の少女時代の写真がありましたが、お孫さんも女の子ならこんな感じになるのでしょうか? 幼少期の夏井先生 現在お名前が分かっているのは、娘夫婦の長男 「太一(たいち)君」(たいちゃん)と息子夫婦の長男 「利吉(りきち)君」(りーくん、りんりん)です。 引用元:夏井いつき公式ブログ という絶妙な表現と、 夫の加根兼光(加根光夫)さんの緊急出動を思わせる 、クスッとするような投稿がありました。 com 祖父・加根兼光さん、育児でも活躍中! 今ここに来て、お母ちゃんが恋してく号泣中! 祖父、抱いてます~ 苦笑 引用元:夏井いつき公式ブログ いつまでも 夏井いつき 先生のご家族皆さんで鮮やかなその時その時のシーンを俳句にしたためていただき、益々ハッピーでたくましいご活躍をお祈りしたいと思います。 画像:.

次の