プロテイン 下痢。 プロテインを飲むと下痢で宙に浮かんでた僕が原因と対策方法を伝授します!

プロテインで下痢になる。。対策

プロテイン 下痢

乳糖不耐症とは? 乳糖不耐症は、乳糖が腸内で分解できないことが原因で起こる症状の事です。 小腸にラクターゼが存在しないか、存在しても充分でないことが、乳糖不耐症で起こる諸症状の原因である。 この小腸におけるラクターゼの状態は、全くの健康体であったとしても、成長した哺乳類全般に起こることであって異常とは言えない。 哺乳類は、が過ぎると、ほぼ例外なくラクターゼの活性が低下してしまう。 引用: 乳糖不耐症の症状が出るのは、乳糖の多さが関わっているようですね。 牛乳はダメでも、ヨーグルトは大丈夫という人もいますよね。 ラクターゼはに含まれるラクトースを加水分解するのに重要な酵素である。 引用: 乳製品アレルギーとは全く違うようです。 混合してしまいがちですが・・・。 この症状には個人差があり、量によっても耐性が変わってくるようです。 大人になると、ラクターゼ分泌が減少するため、昔は大丈夫だったけど、年齢を増すごとに症状が出てくる人もいます。 乳糖不耐症の人におすすめのプロテイン そんな乳糖不耐症の人におすすめなプロテインを3つご紹介します。 これらのプロテインを飲めば、乳糖不耐症の人は、下痢することはなくなると思います。

次の

プロテインを飲むと下痢で宙に浮かんでた僕が原因と対策方法を伝授します!

プロテイン 下痢

牧田善二 [医学博士] AGE牧田クリニック院長。 糖尿病専門医。 医学博士。 1979年、北海道大学医学部卒業。 ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。 1996年より北海道大学医学部講師。 2000年より久留米大学医学部教授。 2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。 著書に『糖質オフのやせる作りおき』『糖質オフ! でやせるレシピ』『糖尿病専門医にまかせなさい』『糖尿病で死ぬ人、生きる人』『日本人の9割が誤解している糖質制限』『老けたくないなら「AGE」を減らしなさい』『人間ドックの9割は間違い』他、多数。 それらは、人体のメカニズムを無視した食べ方だったり、根拠のない俗説、自分が試して良かっただけの自己流健康法、一部の効能の拡大解釈するエセエビデンス食事法も少なくありません。 この連載では、同書から1部を抜粋・加筆して公開します。 美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。 手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。 これは、肝臓と腎臓から来ています。 私たちが生きていくために必要不可欠な臓器としては、心臓や肺、脳などがすぐに思い浮かぶでしょう。 しかし、栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓がやられてしまったら、私たちは命をつなぐことができません。 詳しくは新刊で書いていますが、肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」は、大事な腎臓を悪くする可能性があります。 どういうことか簡単に説明しましょう。 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。 ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。 これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。 もし、腎臓の濾過機能がすっかり駄目になれば体中に毒素が回る尿毒症となって死に至ります。 それを避けるために、機械に血液を通して毒素を濾過しているのが人工透析です。 人工透析を必要としている患者さんは「身体障害者1級」の手帳を持ち、医療費が無料(*1)になります。 腎臓が機能しないということは、それほど重篤な状態だということです。 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。 また、タンパク質の大量摂取は骨に悪い影響を与えるという論文もあります。 こうした人工物で健康体をつくろうというのは大きな間違いなのです。 追記:*1 医療費が無料となるのは、年齢や所得等の条件に当てはまる対象者に限られます。 詳しくはお住まいの行政機関にお問い合わせください。 不自然な大量摂取は逆効果 では、人工的なタンパク質とはなんでしょう。 代表的な例が、パウダータイプなどのプロテインやアミノ酸です。 スポーツクラブに行くと、摂取している人をよく見かけます。 とくに男性に多いですね。 どうせ運動をするなら、筋肉がつくプロテインや疲労を取り除くアミノ酸の力を借りたほうが効率的だと考えるのでしょう。 しかし、私はいますぐやめたほうがいいと思います。 こうした人工的な商品には、自然な食品とは比べものにならないほど大量のタンパク質が含まれています。 もともと腎臓が悪い患者さんは、普段の食生活でも肉や魚、豆腐などのタンパク質を厳しく制限します。 ただし、健康な人が食品からとっている分には過剰摂取にはなりません。 問題なのは、プロテインやアミノ酸など、人工的につくられたものです。 こうしたものを日常的に摂取していれば、腎臓を壊す可能性が高いのです。 私の患者さんにも、パウダータイプのプロテインを摂取して、腎機能を示す「尿アルブミン」の数値がいきなり悪くなった人がいます。 尿アルブミン値は、とても重要な指標ですが、測定する医療機関は多くありません。 医師がその重要性を理解していないのです。 たいていの医師は「腎臓の状態を知りたかったら血清クレアチニン値を見ればいい」と思っています。 しかし、血清クレアチニン値に異常が見られるときには、腎臓は相当ひどい状態になっています。 その前に、尿アルブミン値の変化をつかみ、適切な手を打つことが必須なのです。 ところが、会社で行う普通の健康診断では、血清クレアチニン値しか測定しません。 そして、人工的なプロテインやアミノ酸を摂取していても、血清クレアチニン値にはなかなか変化は現れないということです。 このことがなにを意味するか、知的なビジネスパーソンならわかるでしょう。 糖尿病専門医。 医学博士。 1979年、北海道大学医学部卒業。 ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。 1996年より北海道大学医学部講師。 2000年より久留米大学医学部教授。 2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。 著書に『糖質オフのやせる作りおき』『糖質オフ! でやせるレシピ』『糖尿病専門医にまかせなさい』『糖尿病で死ぬ人、生きる人』『日本人の9割が誤解している糖質制限』『老けたくないなら「AGE」を減らしなさい』『人間ドックの9割は間違い』他、多数。

次の

プロテインは下痢をすると無駄になる!お腹を壊す原因と対策方法|カラダツクール

プロテイン 下痢

毎回プロテインを飲んだ後に下痢になりなどであれば、 間違いなく過剰に摂取していると思われるので量を減らしてください。 タンパク質は1日に体重1Kgに対して約2gくらいが上限だといわれています(体重60kgの人ならタンパク質120gが1日に体内で利用できる)。 つまりそれ以上摂取しても意味がないのです。 プロテイン サプリメント、特にホエイプロテインは消化出来ずに、 下痢をしてしまう人が結構多い様ですね。 プロテインの種類やメーカーを換えてみるのも一つの方法だと思いますが、 デカくなる魔法の薬ではないので、 あまり、過剰摂取しても効果は期待出来ないと思います。 あとは、オナラが出やすくなる事もありますが、 下の方に溜まった所まで飲まないとか、 ガス抜きの為に軽くジョギングしたり、 ウォーキングしたり縄跳びしたり。 自分なりのガス抜き方法を発見してください。 さらに高級なWPHとあるんですが お腹が弱いのであれば比較的WPIにしては安いバルクスポーツアイソプロが いいかと思います。 私の知る限りではプロテインが駄目だと言う人はアミノ酸を 使ってますね。 グルタミンとBCAA中心ですね。 トレ前はBCAAでトレ後、就寝前はグルタミン。 国産品は高価なのでアメリカ産をオススメします。 私も使ってるんですが味も風味も不味くはないですよ。

次の