デュアル モニター。 中古パソコンショップ PChands

デュアルモニターのメリットが強すぎるからオススメしたい!使い方や接続のやり方も紹介

デュアル モニター

デュアルディスプレイ マルチモニター とは デュアルディスプレイ マルチモニター とは、1台のパソコンで2台のモニターを接続する事をいいます。 デュアルモニター(ダブルモニター)とも呼ばれます。 また、モニターが3台になるとトリプルモニターと呼ばれます。 仕事でパソコンを使っていないなら、わざわざデュアルディスプレイにする必要はないですが、よくパソコンを使うならデュアルディスプレイは オススメです。 例えば入力作業をする場合なら、片方のモニターに資料を表示し、もう片方のモニターで入力作業を行う事なんかもできます。 こうする事でウィンドウを切り替える手間が省けて、とっても 作業効率があがりますよ。 あと映画を観つつ、作業をする事なんかもできますw デュアルディスプレイの導入と接続方法 デュアルディスプレイを導入するには、次のような物が必要になります。 ディスプレイ モニター 2台• 対応の出力端子 ビデオカード 2つ 出典 : 対応の出力端子 ビデオカード というのは、上記のような端子の事をいいます。 これがパソコンに二つ以上ついていて、各ディスプレイにも付いていれば今すぐデュアルディスプレイにする事ができます。 また上記画像のようにDVI端子の代わりにHDMIの接続端子が付いている事もありますが、これでも問題なくデュアルディスプレイにする事ができます。 まずは各ディスプレイに付いている端子とパソコンに付いている端子が、合うのかどうか確認してみて下さい。 もしパソコンに付いている端子とモニターに付いている端子が合わない場合は、 変換アダプターなどを使うと数百円などの出費で抑える事ができます。 近くの家電量販店に行けば 必ずあるので、もし合わない場合は見に行ってみて下さい。 ちなみにamazonにもあります。 デュアルディスプレイを導入するまでの手順は次のようになります。 モニターとパソコンを接続• デュアルディスプレイの設定 モニターとパソコンを接続する パソコンとモニターに付いているアナログ端子やDVI端子、もしくはHDMI端子にケーブルを接続し、 モニターとパソコンを繋ぎます。 ここではHDMI端子とアナログ端子を使っています。 まずはパソコンの各端子にケーブルを接続します。 パソコンとモニターの電源を落とした状態で 次に各モニターの各端子にケーブルを接続します。 これで準備完了です。 あとは3分も掛からずデュアルディスプレイを導入できます。 デュアルディスプレイの設定 まずは「 コントロールパネル」を開きます。 Windows8. 1の場合は、左下にある「Windows」ボタンを右クリックし、メニューを開くと「コントロールパネル」があるのでクリックします。 Windows7以上の場合は、コントロールパネルを開かず、デスクトップ画面で右クリックし、「画面の解像度の調整」をクリックしても大丈夫です。 コントロールパネルが表示されたら、デスクトップのカスタマイズの項目にある「 画面の解像度の調整」をクリックします。 そうすると「画面の解像度の調整」が表示されるので、「 複数のディスプレイ」の項目をクリックします。 ここでデュアルディスプレイの表示設定ができますので、通常のデュアルディスプレイにしたい場合であれば「 表示画面を拡張する」を選択します。 選択が完了したら右下にある 適用をクリック。 すると「 このディスプレイ設定をそのままにしますか」というダイアログが表示されるので、「 変更を維持する」をクリックします。 これで設定は完了です。 デュアルディスプレイが導入できているか確認して下さい。 まとめ こんな感じですごい簡単にデュアルディスプレイを導入することができます。 もしブログとかをやっているなら、早めにデュアルディスプレイにした方がいいですよ! 作業効率が良いですし、一度使うとディスプレイ1枚には戻れなくなるほど便利ですよ。 端子が2つ付いているパソコンならいつでもデュアルディスプレイにできるので、ぜひやってみて下さいね。

次の

デュアルディスプレイの設定方法や便利な使い方(Windows10版)

デュアル モニター

デュアルモニター環境を構築してみたいけど、サブ用にちょうど良いモニター無いかな… という方のために、 サブ用として買うのにちょうどいいPCモニターを紹介します。 どういう方におすすめかと言うと、• ゲームをしながらブラウザを開きたい。 動画を見ながら作業したい。 資料を見ながらタイピングしたい。 上記のような「ながら作業」に魅力を感じる方は、モニターを2枚使う「 デュアルモニター環境」がおすすめです。 作業効率がアップするのはもちろん、ゲームをしながら攻略サイトを見たりなど、遊びの幅も広がりますよ! しかし…おすすめしておいて言うのもなんですが、先に忠告しておきます。 一度デュアルモニターを体験してしまうと、 快適すぎてシングルモニターにはもう戻れません。 安易におすすめして「デュアルモニターじゃないと作業できない体になってしまいました。 どうしてくれるんですか!」 と言われても困るので、 メリット・デメリットもしっかり解説しました。 また、実際に 10年以上デュアルモニター環境(時にはモニター4枚だった事も…)で作業しているぼくが考える「 おすすめモニター」もいくつか紹介しますので、参考にしてくださいね。 デュアルモニターのメリット ウィンドウをたくさん開けるので、作業効率が良い。 モニターが増えるわけなので、単純にいろいろ表示できます。 」という ながら作業が格段にやりやすくなりますね。 資料を見ながら、絵を書く。 ゲームをしながら、攻略サイトを見る。 ブラウザで調べながら、プログラミングをする。 等々…。 ちなみに、ぼくは調子に乗って 4Kモニターでデュアルモニターをやったことがあるのですが、さすがにそこまでいくと 表示される情報が多すぎて頭が追いつかず、逆に効率が悪かったですw フルHDモニター2枚程度だったら、だいたいどんな作業においても効率がアップするんじゃないでしょうか。 「モニターが2枚あると逆に不便。 」という人が居たら、興味があるのでぜひ教えてくださいw 姿勢が良くなる。 ノートパソコンを使って作業をしていると、どうしても猫背気味になりますよね? 特に最近のノートパソコンは解像度が高くて、字が小さいですし…。 ぼくはMacbook Proに外部モニターを接続してデスクトップPCっぽい感じで作業しているのですが、こっちのほうが 圧倒的に疲れにくいです。 目線が正面に行くので、背筋を伸ばした自然な状態で作業することができていますね。 ぼくは多い時で一日15時間ほどPCの前にいますが、家で肩が凝ったことはありません。 逆にカフェ等でブログを更新しようとすると、すぐに姿勢がつらくなります…。 デュアルモニターのデメリット モニターの機種が違うと、色味が全然違う。 メインモニターと全く同じモニターを買うならいいのですが、たいていは違うモニターを購入するかと思います。 その場合にネックになるのが、「 同じ色が再現できない」という問題です。 文章を表示させる用途ならまだしも、デザインや画像・動画編集をちょっとでもやる可能性があるなら、メインと似たような性質のモニターを買うのをおすすめします。 「どうせアマチュアだからそこまで正確じゃなくても…」と思うかもしれませんが、毎回毎回「どちらの色を信用するか、一瞬迷う」という余計な思考が発生するのは長い目で見るとかなりストレスです。 地味に電気代がかかる モニターの電気代って、把握してますか? ぼくの家の場合、1日12時間つけっぱなしにしていたとしても、1ヶ月で300円程度です。 でもモニターが2枚に増えたら、月に600円になります。 モニターだけで1年間に7200円も電気代を払っている事になります。 それ以上にモニターが増えたことによる快適さのほうが大きいので、いいんですけどね…。 配線が増えてゴチャゴチャする たいていのモニターはコンセントから電源を取らないといけないので、配線が増えます。 特に「 電源タップが満員御礼で、もう差すとこないよ」という場合、新規で延長ケーブルを引っ張らなくちゃいけなかったりして、めちゃくちゃ面倒ですねw もし電源が取れないという場合、USB接続モバイルモニターというものもあります。 これは USBケーブルでPCと接続するだけでOKという画期的なモニターです。 (記事後半でおすすめ機種を紹介します!) そのかわりモバイル用なので少々サイズが小さいですが、お手軽にデュアルモニターが構築できるという点では素晴らしいですね。 サブモニターを選ぶポイント・注意点 「 サブモニターを買うとしたらどんなモニターを買えば良いのか?」についてのポイントを解説します。 IPSパネルが理想 サブ用のモニターは多くの場合、メインモニターの横、つまり 少し遠い位置に配置せざるを得ない事も多いと思います。 そういう場合、視野角が広い IPSパネルのモニターが理想的です。 IPSパネルには「 どの角度から見ても色が正確」という特徴があり、サブ用のモニターに最適だからです。 逆に、視野角の狭い TNパネルのモニターの場合、 少し斜めから見ただけで色変化が激しいので、あまりおすすめはしません。 「色が正確かどうかなんて気にしない。 映りゃいいよ。 」という場合はTNパネルでもOKですけどね。 ピボット機能があると便利 ピボット機能というのは、「 画面を回転させる機能」のこと。 画面が回転すると、写真のように 縦向きにモニターを使うことができます。 ドキュメントやWebページを閲覧するためにサブモニターを導入しようと考えている人は、 縦向きモニターはかなり便利です。 WordやPDFなどの文書ファイルはたいてい縦長ですし、Webページも縦長です。 スマホ画面だって縦長なので、PCモニターが縦長で便利じゃないはずがありません…! 自分のPCに接続できる「入力端子」が付いているか• DVI• D-Sub• HDMI• DisplayPort• USB-C 等々…。 モニターのケーブルって、なぜかやたら種類が多いです。 なので、購入するモニターが自分のPCで使えるのかをよく確認しましょう。 最近のモニターだと、 DVIがなくてHDMIのみというモニターも多いです。 少し古いPCだとHDMIがなかったりするので、要注意ですね。 接続:HDMI2. 0、DisplayPort1. 4、USB-C• HDR10対応• PS4Pro対応• ブルーライトカット機能• フリッカーフリー こちらはMac用のサブモニターに最適な、 USB-C対応4Kモニターです。 このモニターはUSB-C端子に対応しているので、 MacBookとの連携がめちゃくちゃ簡単です。 もうHDMIのゴツいケーブルをMacBookにつなぐ必要はありません。 その分少々値段はしますが、それでも競合の4Kモニターと比べたら幾分安いほうです。 4Kの解像度に慣れると、もうフルHDモニターなんて狭すぎて使えなくなります…。 「 MacBookで爆速で仕事をしたい」という方におすすめです。 ちなみに、このモニターはぼくも使っていたので、レビュー記事を書いてあります。 よかったら参考にしてください。

次の

配信で画面がゴチャつくって? → マルチモニター・デュアルモニターで完全解決

デュアル モニター

この記事の内容• デュアルディスプレイの設定方法 名前だけ聞くと難しいように聞こえますが、実際にやってみると難しいことは何もなく、簡単な設定だけでデュアルディスプレイにすることができます。 2台目の接続・認識 1つ目の画面と同じようにHDMIケーブルなどの接続端子を使い、パソコンに画面を接続しましょう。 その後、デスクトップの何もない場所で右クリックし、「 ディスプレイ設定」を選択します。 「 設定」ウィンドウの「 ディスプレイ」項目が表示されますので、「 検出」ボタンを押して2つ目の画面を認識させましょう。 2つ目の画面が表示されない場合 2つ目の画面が表示されない場合は、接続ケーブルを挿し直し、パソコンを再起動させると認識する場合があります。 画面の位置を設定する 次に、認識させた2つの画面を正しい位置に移動させます。 実際に使う画面の位置になるように2つの画面をドラッグで移動させてください。 MEMO「 識別」ボタンを押すことで、それぞれの画面に認識番号が表示されるので、どっちがどっちか分からなくなった場合はこのボタンを押しましょう。 この設定で画面の位置が逆になっていると、画面の境界線が逆になり、直感的にマウスを移動させることができなくなります。 拡大縮小とレイアウト・解像度・向き 「 拡大縮小とレイアウト」「 解像度」「 向き」はそれぞれに変更が可能ですが、まずはデフォルト(推奨)のままで設定しておきましょう。 後々、文字が見にくかったり小さくしたい場合に変更してみてください。 マルチディスプレイとメイン画面 「 マルチディスプレイ」の「 複数のディスプレイ」を「 表示画面を拡張する」に設定します。 デュアルディスプレイを使っている人にとっては、この変更はなかなか嬉しい変更でした。 それに伴い、メイン画面とサブ画面でタスクバーに表示する内容を設定することができるようになったので、設定方法を紹介します。 タスクバーの表示設定の手順 タスクバーの上で右クリックし、表示されたメニューから「 タスクバーの設定」を選択します。 「 タスクバー」の設定画面が表示されるので、「 マルチディスプレイ」の項目を設定します。 基本的な設定は「 タスクバーをすべてのディスプレイに表示する」にチェックを入れ、「 タスクバーボタンの表示先」を「 すべてのタスクバー」に設定します。 「 他のタスクバーのボタンを結合します」は「 常に結合、ラベルを非表示」を選択します。

次の