メンズ 髪型 種類。 メンズ

≪ 2020 夏 : 新着順 ≫ メンズヘアスタイル髪型

メンズ 髪型 種類

hairstylo. html バーバースタイルでロングというとやはりマンバンではないでしょうか? マンバンとはお団子結びという意味です。 ロング丈の髪の毛をトップの後ろの方でお団子結びにするスタイルで、男らしい雰囲気があります。 サイドはアンダーカット(ツーブロック)やフェードカットにすれば、バーバースタイル風で近年の流行スタイルになり、かっこいいですね。 バーバースタイル・ロングは日本人に似合わない? バーバースタイルが日本人に似合わないのではないか?という疑問は根強くあるようですが、ロングの場合その問題はありません。 そもそもバーバースタイルが日本人に似合わないと思う原因は、日本人の骨格にあります。 東洋人の中でも、日本人は骨ばった頭蓋骨をしていてとくにハチ部分が飛び出しています。 また頬骨が出ていたり、耳の後ろが盛り上がっているのも特徴です。 しかし、その特徴的な骨格を生かしてくれるのもバーバースタイルの良い所です。 しかもバーバースタイル・ロングにすると骨格を気にせずスタイルができるのです。 バーバースタイル・ロングのセット バーバースタイル・ロングでセットをするときマストで必要なのはコーム(くし)とグリースもしくはポマードまたはジェルです。 サッカーの槙野選手はかっこいいネオ七三をしていますが、セットのコツは、熱・水・ジェルといっています。 つまりドライヤーの熱と髪を濡らす水でくせ付けをし、整髪料で固めるといった手順です。 ロングスタイルでもそれは同じです。 コームオーバーロングのセットの要点は分け目がしっかりしていることですし、オールバックでは全体のフォルムやツヤ感があること、スリックバックでは後ろになでつけて固める、ポンパドールに至っては、ドライヤーと水で高く前髪を立ち上げる必要があります。 マンバンスタイルでも整髪料とコーム(くし)でうつくしくとかしてから結びましょう。 バーバースタイル・ロングに合う服装 バーバースタイル・ロングに無難な服装はノームコアで、クラシカルに整えた髪型が映えます。 オールバックならルード系でワイルドにするのも男っぽくて良いですね。 ポンパドールならスーツもいいし、アメカジや革ジャンなんかも良く似合うでしょう。 マンバンスタイルならスタイリッシュな服装が良く似合います。 バーバースタイル・ロングのライン バーバースタイル・ロングでもサイドはアンダーカット(ツーブロック)やフェードになっているのが重要です。 せっかくかりあげているのだから、勇気のある人はラインを入れてみましょう。 刈り上げ部分にラインを入れるのは、カミナリ柄や単にライン状に剃りこむタイプもありますし、コームオーバーロングなら、分け目にパート線というラインを入れても髪型の個性が引き立ちます。 バーバースタイル・ロングのメンテナンス バーバースタイルを維持するために必要なのは、アンダーカット(ツーブロック)やフェードをこまめに手入れすることです。 アンダーカット(ツーブロック)やフェード部分の髪が伸びてしまうと、せっかくのかっこいいスタイルが台無しになってしまいます。 しかし、アンダーカット(ツーブロック)やフェードにしないバーバースタイル・ロングもあります。 下の画像は、コームオーバー・ロングのバーバースタイルですが、あまり刈り上げていません。 バーバースタイルはカットしたときが最高にかっこいいスタイルですから、1週間に1度くらいのペースで刈り上げたい場合は自宅でバリカンを使いこなすのも良いでしょう。 blog. naver. バーバースタイルは、もともとオランダのシュコーラムという伝説の理容室が由来です。 オランダの人は皆面長ですから、面長に似合うようなスタイルが出来上がったのです。 もちろん丸顔でも良く似合うのがバーバースタイルの特徴でもありますから面長でなくても心配はいりません。 美容室でバーバースタイル・ロング 美容室でバーバースタイルにしたい場合気を付けなければならないことがあります。 バーバースタイルにはスキンフェードというサイドを刈り上げた上に0mmにカミソリで剃り上げるスタイルがあり人気です。 しかし美容室ではカミソリを使用ができません。 それは国の法律で決まっているので仕方ないことです。 そして、今理容室業界では、新しいバーバースタイルの研修を頻繁に行っているらしく、また発生源であるオランダのシュコーラムが理容室であったことから、理容室(床屋)さんの技術が結集されているのですね。 美容室でバーバースタイル・ロングにしたい場合は、スキンフェード以外なら受けてくれます。 理容室には無い提案もしてくれるところもあるので、美容室・理容室どちらを選ぶか好きなスタイルで選ぶことになります。 バーバースタイル・ロングとヒゲ バーバースタイル・ロングにはヒゲが良く似合います。 僕の行く理容室は、グルーミングという髭のメンテナンスを得意とするバーバーショップです。 西欧ではバーバースタイルとヒゲはセットであることが多く、バーバーショップではブルーミングもお手の物なんですね。 どういったヒゲが似合うかもアドバイスを受けられるので、バーバーショップへ行くことをお勧めします。 バーバースタイル・ロングまとめ バーバースタイルというと、フェードに刈りあがったサイドに、クラシックでタイトにキメたトップの印象がありますが、ロングスタイルはさらにムーディーな印象のあるバーバースタイルです。 ここでは、バーバースタイル・ロングの種類をいくつかご紹介しましたが、そのメンテナンスや周辺情報を参考にして、男前な外見を手に入れてください。

次の

ツーブロックの「種類」と「何ミリ」にするかであなたの個性が際立つ!&ツーブロック[オシャレ]髪型厳選【15選】 | 軟毛メンズ髪型|25歳以上の出来る男の大人ヘアスタイル!

メンズ 髪型 種類

メンズパーマのヘアカタログです。 世代別• 髪型、 髪の長さ• パーマの種類• パーマの強さ• くせ毛の人のパーマ• 薄毛の人のパーマ• 黒髪へのパーマ• 白髪、グレイヘア向けパーマ• ビジネスマン向けのパーマ• 芸能人のパーマ など、各カテゴリーに分けて、いろんな角度からパーマヘアをチェックできるようにヘアカタログを作ってみました。 どんなパーマにするのか悩んだ際は、いろいろ眺めてるとアイデアが浮かびやすいと思いますよ。 髪型は20代~70代ぐらいまで幅広い世代に合わせられるものをピックアップしています。 ヘアモデルは若いですが、たとえば、白髪交じりの40代50代でも、グレイヘアの60代70代でも似合うような髪型をチョイスしています。 (グレイヘア世代はショートを中心に参考にしてください。 ) ヘアモデルが若いからといって、60代の人ができないというわけではないので、ご安心ください。 また最後の方で• パーマのお手入れ方法• おすすめヘアケア&スタイリング剤 なども併せてご紹介しています。 前髪を上げてもいいし、下ろしてもいいし、ワックスをつけて全体的に毛束感を作るセットがポイントです。 刈り上げツーブロックにゆるめのパーマをかけてふんわりと仕上げています。 あんまりかっちりとセットせずに、寝癖のようなボサボサ感が抜け感があっていいですね。 ワックスなしでもいいですし、ワックスつける場合はほんの少しだけつけるようにすると、より自然な仕上がりにできますよ。 スマートマッシュがベースのカットに強めのパーマをかけて、ワックスで毛束感を作るようにセットしています。 パーマなしのスマートマッシュもいいですが、パーマをかけると他の人と被らない髪型にすることができますね。 どちらかというと、10代後半、20代前半におすすめで、20代後半~30代だったら前髪をもう少し短くして顔を出すようにするといいですよ。 ショートカットを七三分けにして片方をタイトにセットしています。 パーマは根元からかけて、ワックスで毛束感を作り、外ハネさせるようにつまんでいくと、こういった仕上がりにできますよ。 刈り上げツーブロックに強めのパーマを根元からかけています。 トップを長めのしておいて、刈り上げ部分を短めに刈り込んでメリハリをつけます。 その上でスパイラルパーマをかけるといいですね。 前髪はパーマしなくてもいい感じに仕上がりますよ。 スマートマッシュがベースの髪型です。 ゆるふわパーマをかけて、ワックスを軽めにつけて、寝癖風に仕上げます。 抜け感があって作り込まない感じがいいですね。 40代50代に似合う髪型 メンズにしたら長めのショートカットに、ゆるめのパーマをかけてふんわりと仕上げています。 やさしい感じがいいですね。 40代50代に多い悩み、おでこが広くなっていくのも前髪を下ろすことでカバーできますね。 ショートレイヤーにパーマで外ハネを取り入れたヘアスタイルです。 これぐらいの外ハネや動きでしたら40代50代の人でも似合うと思いますよ。 白髪交じりのグレイヘアでも大丈夫です。 上と似たようなヘアスタイルですが、こちらはサイドと後ろをツーブロックに刈り上げています。 しっかり目のパーマなので、細毛でくせ毛の人でもこういったパーマならかけることができますよ。 ショートカットに強めのパーマをかけて動きを出したスタイル。 トップと前髪にカールをしっかり目に作るようにして、サイドや後ろはタイトにするように仕上げます。 気になりやすいおでこや頭頂部もパーマでカバーできますね。 こちらはゆるめのパーマで柔らかいカールがあっさりしてていいですね。 前髪上げて顔だして、程よいカール感もあり、爽やか印象になるのでビジネスマンにもピッタリですね。 60代70代80代に似合うおしゃれな髪型 60代70代80代は基本ショートがもっさりしなくていいですよ。 サイドは刈り上げて、トップにゆるいパーマをかけます。 グレイヘアでも見栄えのするヘアスタイルです。 セットはしなくてもいい髪型ですね。 中年~シニアにかけては薄毛が気になってきますが、そういったポイントをカバーできるヘアスタイルです。 トップは長くしすぎないようにしておくと、サイドとの段差が減らせるので、頭頂部の薄毛が目立たなくなります。 また短めの前髪を作ることでおでこ広くても大丈夫。 短い前髪だとスカスカ感も出にくいですよ。 ショートカットにトップ中心にパーマをかけたヘアスタイル。 サイドや後ろはあまり刈り上げずに、トップに合わせてカットしています。 ワックスありなしどちらでも大丈夫です。 上と同じような髪型ですが、こちらはサイドをソフトに刈り上げたスタイル。 仕上げはワックスをつけて毛束を作るようにするといいですよ。 白髪がある場合はこういった短髪の方が爽やかに見えます。 パーマの強さ別ヘアスタイル(強め/ゆるめ) 強めのパーマ マッシュに強めのパーマです。 小さいサイズできつくかけて、セットはムースなどでカールを崩さないように仕上げます。 個性的な髪型ですね。 こちらはツーブロックにきつめのパーマ。 上の髪型と違って整った感じの仕上がりです。 カールもキレイに出ていてまとまっているので、清潔感がありますね。 七三分けに根元のからのスパイラルパーマをかけています。 カールがほど良い大きさなので、強いパーマでもグリグリにかけた感じがしにくいですね。 黒髪へこういったパーマしてもいい感じに仕上がると思います。 外人さんショートヘア、強めのパーマを選抜してみました。 サイド・えり足はスッキリとしていますが、前髪とトップが長めにしてあります。 前髪に強めのパーマがあると、もう誰がしても個性的なヘアスタイルになります。 七三分けで大き目カールのパーマスタイルです。 乾かす時にあまりカールを取ってしまわないようにして、スタリング剤でカールを戻すとこんな仕上がりになります。 これぐらいのカールだったら、引っ張りながらブローするとキレイに流れるカールになるので、また違った仕上がりが楽しめます。 ゆるめのパーマ トップ長めのツーブロックです。 大き目にかけたパーマを伸ばしながらブローするとちょうどこんな仕上がりにすることができます。 これぐらいだったらセットなしでも大丈夫です。 マッシュにゆるめのパーマですね。 マッシュは動きがない髪型ですが、トップ短くしてゆるめのパーマで流すような動きをつけると柔らかい印象になります。 ショートレイヤーにゆるいピンパーマをかけています。 髪質が多くて硬い人ならワックスだけでもこういったヘアスタイルはできますが、髪が細い人はパーマしてるほうがセットしやすくいですよ。 七三分けのゆるめのパーマですね。 パーマがあると軽く乾かすだけでこういった仕上がりにすることができます。 この髪型だったらワックスなしでも大丈夫です。 楽ちんヘアですね。 こちらはツーブロックに大きいゆるいパーマをかけています。 ゆるいくせ毛の人だったらパーマなしでもいけそうな仕上がりですね。 直毛の人はパーマをかけることで柔らかい印象になりますね。 2パートに分かれている(=ツーブロック)ということです。 詳しくは写真で確認してみてください。 こちらはトップが長めでサイド・後ろも強く刈り込んでいないタイプのツーブロックヘア。 大きいゆるいカールが、柔らかいくておしゃれ感をアップしていますね。 比較的誰にでも似合いそうな髪型です。 刈り上げ強めのツーブロックカットです。 トップにはゆるくて流れを作るぐらいのパーマをしています。 ざっくり乾かすぐらいでセットはOKなので、ワックスなしでも大丈夫です。 後ろがV字状になっているツーブロックです。 パーマも少し強めにかけてカールを出すようにセットしています。 ムース1本あったら、どこに出かけても乱れない髪型ですね。 黒髪だと真面目感も少し残りますが、茶髪だと急にチャラ男になりますよ。 (笑) ハード系のツーブロックヘア。 こめかみぐらいの上部分まで刈り込んで、トップは長めに残しているメリハリが効いたヘアスタイルです。 パーマは強めではないですが、しっかりとウェーブが出ていますので、根元からかけていますね。 ツーブロックですが後ろは刈り込んでいないヘアスタイルです。 トップからゆるいカールを作ってサイドに流しているので、まとまって見えます。 落ち着いた印象のツーブロックヘアですね。 マッシュへのパーマ マッシュ、マッシュルーム、スマートマッシュとは? マッシュルームとは、昔でいうビートルズの髪型です。 まん丸でボリュームがあって、きのこみたいに見えるから「マッシュルーム」という名がついています。 今のお笑い芸人でいうと、バナナマンの日村さんのような髪型です。 「マッシュ」はまん丸いボブのような髪型の総称ですね。 これにはマッシュルームも含まれるし、これから説明するスマートマッシュも含まれます。 昔のまん丸な「マッシュルーム」とは違って、「スマートマッシュ」と呼んでいるヘアスタイルは、ツーブロックをかけ合わせて、ボリュームを出しすぎないようにしています。 トップも短くして動きを出しているスタイルが多いです。 今っぽいのは、動きをつけた「スマートマッシュ」ですね。 これからご紹介するマッシュヘアはすべてスマートマッシュと呼んでいいと思いますよ。 (マッシュウルフ以外) これなんかはショートのレイヤーカットとも呼べるのですが、全体的なフォルムがまん丸で「マッシュ」と呼んでもいいですね。 後ろはどうか分かりませんが、ソフトに刈り上げていたら、今っぽいスマートマッシュの完成です。 (笑) パーマを付けてピンピンハネさすような感じに仕上げるとOKですね。 こういったヘアスタイルは前髪にパーマをかけないほうが正解です。 前髪までパーマをすると、上記の「強めパーマ」のイメージになります。 スマートマッシュです。 前髪とトップを長めにしています。 先程よりも丸みが強調されるので、よりマッシュっぽく見えますね。 こちらは前髪にもゆるいパーマかかっていそうです。 前髪にパーマをかける場合は、これぐらいの流す感じに仕上げると誰にでも似合うようになります。 個性的な髪型にしたい場合以外は、前髪パーマはなしか、ゆるめが鉄則です。 スマートマッシュの七三分けスタイルです。 モデルさんの雰囲気と相まって可愛らしい仕上がりです。 トップにはボディパーマをかけて、ぺったんこにならないようにしています。 前髪パーマはなくてもワックスで流すように仕上げたらOKです。 同じマッシュの部類ですが、「マッシュウルフ」です。 ウルフカットとマッシュがMIXされたヘアスタイルです。 同じマッシュでもイメージが全然違いますね。 ピンパーマかスパイラルパーマをかけています。 ワックスを揉み込んで全体的に付けたあと、毛先をつまんで毛束感を出せばこういった仕上がりになります。 こちらのツーブロックのスマートマッシュにツイストパーマをMIXしています。 ツイストパーマならではの毛先の散った感、ラフな感じに仕上がっています。 マッシュは丸みがあってかわいいヘアスタイルですが、ツイストパーマをMIXするとまた違ったイメージになります。 パーマなしのスマートマッシュヘアですね。 前髪がややアシンメトリーになっています。 今まで紹介したマッシュは大体こういった髪型ベースにいろんなパーマをかけて、違う仕上がりにしています。 【番外編】パーマなしのマッシュ パーマなしのマッシュヘア、もしくはショートレイヤーです。 前髪が重め長めなので、マッシュっぽさが出ています。 ワックスで動きを付けるように仕上げるだけでOK。 スタリングが楽ちんですね。 まん丸を強調したスマートマッシュです。 スマートマッシュといえばこれ、というお手本ですね。 えり足を刈り上げて、トップにボリュームを持たせたヘアスタイルです。 韓国人芸能人に多い髪型ですね。 【番外編】マッシュ セットなし あまりセットしたくない場合は、カラーリングしておくとおしゃれ感アップです。 シルバーアッシュのスマートマッシュです。 ツーブロックにマッシュをかぶせているのがよく分かりますね。 明るめカラーをした後にシルバーアッシュ色を付けています。 手の込んだ髪型ですね。 ウルフカットのパーマ ウルフカットとは? ウルフカットはトップの髪が短くなっているレイヤースタイルのことをそう呼びます。 縦長シルエットで、ワイルドな狼男イメージといったところでしょう。 ウルフは一昔前によく流行りましたが、今はスマートマッシュが流行ヘアですね。 昔良く流行った動きのあるウルフカットです。 ピンパーマをかけてもいいし、ワックスのみで仕上げることもできます。 こういった髪型を作る時は大量のワックスを使いましょう。 (笑) ウルフカットですが、ブリーチハイライト、ツイストパーマ、ツーブロックがMIXされている手の込んだヘアスタイルです。 こちらの髪型だと、あまり古さを感じさせずに今でもいける仕上がりになりますね。 デコ出しのウルフカットです。 こちらはピンパーマあった方がやりやすそうです。 前髪上げることですっきり感もありますし、今でも全然いける髪型です。 パーマの種類別 スパイラルパーマ スパイラルパーマとは? スパイラルパーマは縦長にウェーブが出ているパーマをそう呼びます。 通常のパーマの巻き方と違って、コイル状に巻くことでそういった仕上がりにすることができます。 女性の場合だと髪の長さがあるので違いが分かりやすいですが、メンズの場合は短いので素人には分かりいですね。 ピンパーマにも見えますが、スパイラルパーマにも見えます。 (笑) 結局はどっちのパーマをしても同じ仕上がりにすることができますが、この仕上がりがスパイラルパーマっぽいです。 なんとなくイメージ伝わりますか??? ちなみにベースの髪型はスマートマッシュです。 これなんかはスパイラルパーマの感じがよく出ていますね。 縦長シルエットのウェーブがありますよね。 長めのセンター分けに、スパイラルパーマが出やすいように毛先を軽くしている髪型です。 パーマがあると、これぐらいの長さの黒髪でもうっとおしく感じにくいですね。 これなんかは普通のパーマをかけてそうですが、スパイラルパーマだそうです。 写真の説明書きにスパイラルパーマと書いてあります。 (へぇ~そうなんだ) ツーブロック&パーマのワイルドな髪型ですね。 カールはまだ大きいほうなのでグリグリ感が少なく、割とツーブロックが好きな人なら誰でも挑戦できそうなヘアスタイルです。 ピンパーマ ピンパーマとは? ロッドと言われる髪を巻きつける器具を使わずに、「輪っかを作ってピンで止めてかけるパーマ」です。 ロッドに巻き付けないので柔らかいカールを作ることができます。 通常のパーマよりもナチュラル感が欲しい場合に最適です。 たとえばこんな感じ。 トップの立ち上げや毛先の流れだけ付けたい場合はピンパーマの方がより自然な仕上がりに見えます。 パーマかけてるかどうか分からないぐらいの仕上がりが、ナチュラルでいいですね。 隠れた部分にもおしゃれを施しているところがハイセンスです。 ピンパーマはセットなしでも大丈夫なパーマなので、お試しで挑戦するにはいいですよ。 ツーブロックにゆるいピンパーマをかけて動きを出したヘアスタイルです。 前髪下ろしたツーブロックなので、優しい感じに仕上がってます。 ビジネスマンでも大丈夫な髪型です。 ショートカットにピンパーマ、もしくはツイストパーマの髪型です。 直毛で動きが出にくい人は、パーマを入れるとセットが楽になりますよ。 ツイストパーマ ツイストパーマとは? ツイストパーマはピンパーマにねじりを加えたパーマです。 カールがねじれているので、乾かしたり、セットすると独特な感じに仕上がります。 ワイルド・ラフといった感じのヘアスタイルです。 これは実際に写真を見てもらった方が分かりやすいので、下をご覧ください。 ツイストパーマをカールを崩さないようにワックス等で仕上げるとこんな感じになります。 独特でしょう(笑) ツイストパーマはそれ自体のイメージが強いので、やる人を選びますが、イメージを変えたい場合にはピッタリです。 こちらはツイストパーマのセットなしのバージョンです。 全体的に毛先がチリチリしている感じに仕上がりますが、そういったパーマなので、まぁセットなしでもOKです。 寝癖が気にならないヘアですね。 ショート~ロングまで 髪の長さ別のパーマヘア ショートヘアのパーマは各カテゴリーでいろいろ紹介しているので、そちらをご参考ください。 ミディアムヘアのパーマ ミディアムレングスのセンター分けにパーマをかけて、ブローでカールを伸ばすようにセットした髪型です。 黒髪で長さもあるので全体的に重い仕上がりですが、カールがあってえり足にもハネが見えますので、動きが感じられて重さが軽減されています。 目を隠すようにセットしていますが、顔を出すようにするともっとスッキリ感が出て、重さも感じにくくできます。 先ほどと見たようなヘアスタイルですが、片耳かけているのと顔にかかる髪が少ないので、よりスッキリ感が出て、清潔感もアップしています。 メンズは髪が長くなってくると、清潔感を出すことが重要です。 こちらは前髪下ろした七三分けに強めのパーマがかかっています。 パーマ強めですが、顔を出してまとまったウェーブを作っているので、清潔感も感じられる髪型です。 (好き嫌いは分かれると思いますが) 前髪パーマなしかゆるめにすると、もう少しソフトなイメージにすることができます。 ロングヘアのパーマ メンズのロングはうっとおしく感じられやすいですが、パーマで動きを作ることで、おしゃれ感を出しています。 片方の耳に髪をかけるともう少しスッキリするので、いいのではないでしょうか。 こちらは毛先を軽くして隙間を作って透け感があるので、黒髪でも重さが感じにくいヘアスタイルです。 ざっくりとブローして、ワックスか弱いムースを付ける感じで仕上げます。 メンズでロング・黒髪・ストレートだとあまりない感じですが、こういった毛先にパーマをかけていると変化があっていいですね。 耳に髪をかけていないと、顔が隠れてうっとおしい印象ですので、顔は出すように意識しましょう。 モデルさんのファッションと髪型がマッチしてますね。 「くせ毛」や「天然パーマ」の人はパーマどうしたらいいの? 基本的にはくせ毛が強い人にはパーマをかけない方が良いと思いますが、• 髪の長さ• くせ毛の強さ• 求めるヘアスタイル によってもできるできないは変わってきます。 くせ毛の人はパーマとくせ毛が混じると、お手入れが大変になってしまうことがあるからです。 くせ毛でもパーマがおすすめできるケース• 猫毛などの細い髪質でクセもあまり強くない場合• ツイストパーマやスパイラルパーマなどの強めのパーマをかける場合 といった場合は、くせ毛でもパーマできますよ。 逆に、パーマをおすすめできないケースは、• 硬くて太い、多い髪質の人• 広がりやすいくせ毛• 縮毛タイプのくせ毛• 髪が短く横広がりを感じてしまう髪型です。 弱いカールやうねりがあるぐらいのくせ毛だと、パーマをかけることができますが、 ウェーブが強かったり広がるくせ毛の人は、パーマしたら扱いが大変になることがあります。 くせ毛の場合はこういったことを念頭に、パーマありなしを考えてみるといいですよ。 パーマがかけられるタイプの髪質だったら、ここでご紹介しているヘアスタイルはほとんど大丈夫です。 各カテゴリーを色々チェックしてみてください。 猫毛・細毛のくせ毛だったらこういったショートカットにピンパーマをかけて、自然な仕上がりにするものひとつですね。 スタイリングもワックスつけるだけなので、簡単です。 ちょっとクセが強めの人はこういった刈り上げツーブロックがおすすめです。 サイドや後ろがスッキリしているので、トップにクセがあってももっさりしません。 この画像はトップにツイストパーマがかかってます。 ツイストはクセを強めに出すパーマなので、くせ毛の人でも相性はバッチリですよ。 こちらは猫毛・細毛の髪質に対してになりますが、こういった流れるようなパーマをかけてまとめることもできます。 髪が多い人や剛毛の人はできないので、自分がどういった髪質なのか分からない場合は担当美容師さんに聞いてみてくださいね。 薄毛が目立たないおすすめパーマ 薄毛の人がパーマする場合は、ショート、もしくはそれに近い髪型にかけるようにするといいですよ。 というのも、長くなればなるほど頭頂部の薄毛部分が目立つようになるからです。 また長い髪は分け目ができてしまうので薄毛が目立ちやすくなりますし、髪の重みで頭頂部がペタンとしてしまうからです。 基本ショートでトップに分け目ができないようにして、ふんわりと仕上げるのがポイントです。 薄毛の人がパーマする場合は、頭頂部にふんわりとしたボリュームを出しやすいヘアスタイルがおすすめです。 これはショートカットに近いツーブロックです。 トップにレイヤーをたくさん入れてボリュームを出しやすいようにしています。 仕上げにワックスを使うと、さらにボリュームコントロールがやりやすいですよ。 こちらの上の写真と同じような刈り上げツーブロックですが、もう少し短めのヘアスタイルです。 前髪を全部上げるとイメージが変わりますね。 これぐらいの長さだと頭頂部の薄毛も隠しやすくていいですよ。 少し長めのショートカットです。 ベースはショートカットですが、前髪長め、トップを短め、全体的にレイヤー多めに作ってあります。 パーマは強めにかけて、ソフトムースでカール感を作るように仕上げます。 カールが強いので薄毛部分をカバーしてくれますね。 おすすめできる人は薄毛がまだあまり進んでいない人です。 というのも、薄毛が進んでくると、長い髪型だと、薄い部分とその他の部分の差が出てくるからです。 サラリーマン・ビジネスマン・スーツ向けパーマ ビジネスマン向けのさわやかな髪型です。 営業さんなどこういった髪型は好印象になりますので、パーマしたい人は、まずはこういったところからトライするといいですよ。 写真が暗くてよく見えないですが、ツーブロックベースだと思います。 マッシュっぽいショートカットにゆるいパーマの髪型です。 動きがあってもこれぐらいなら、あまり派手さを感じずに、どこに営業にいっても大丈夫だと思います。 外回りの場合は特に、ワックスや他のスタイリング剤などを使ってセットしておくほうが、好印象になりますよ。 ツーブロックにソフトなピンパーマをプラスした髪型です。 前髪をおでこに沿わすように流しているので、丸みが出てかわいい印象もあります。 どこにいっても嫌な感じは持たれないヘアスタイルです。 こちらもツーブロックですが、上とは逆にツンツン感を出しています。 ゆるいピンパーマをかけてもいいし、パーマなしでも大丈夫です。 全体的に一方方向に流れをつけないようにして、ワックスで動きをつけるといいですよ。 スマートマッシュに根元からの強めのパーマしている髪型です。 七三分けにして顔をだすとスッキリ感アップになります。 逆に目にかかる長さの重い前髪は、ビジネスマンにはNGです。 黒髪へのパーマ 刈り上げツーブロックにゆるいピンパーマをかけたヘアスタイル。 ツーブロックですけど段差があまりなく、爽やかなイメージのヘアスタイルなので、20代からグレイヘア世代の70代までお試ししやすい髪型です。 黒髪のスマートマッシュへパーマで動きをプラスしたスタイル。 トップの動き、サイド・えり足の刈り上げ、重くて長い前髪がポイントです。 ショートボブに根元からのスパイラルパーマをかけて、ラフに仕上げたヘアスタイルです。 黒髪で長さがあっても、こういった動きを出すようにすると、軽く見えていいですね。 白髪交じり、グレイヘア向け、爽やかなパーマ グレイヘアとパーマはとても相性が良いので、割とどんなパーマでも似合うと思います。 ポイントとしては、白髪交じりになってくると清潔感を出すことが大切ですので、長いヘアスタイルよりも短めで顔を隠さないようにすると好印象になりますよ。 刈り込んだツーブロックにパーマをかけて、動きをつけたヘアスタイルです。 白髪があってもこういった髪型にすると、おしゃれなグレイヘアに見せることができます。 こちらも上と同じような刈り上げツーブロックですが、カールをほぐすように仕上げることでよりナチュラルな感じになります。 お手入れが楽な髪型です。 朝に寝癖直しウォーターつけるぐらいでいいですよ。 ショートカットにゆるめのパーマをかけて七三分けにしています。 白髪があってもこれぐらいの長さだとうっとおしく感じない長さです。 前髪上げて顔をスッキリと出しているのも印象良く見えるポイントですね。 ゆるめのパーマは失敗することがないので、パーマ初心者におすすめです。 男性芸能人のかっこいいパーマヘア 妻夫木聡さんのショートレイヤーヘア。 ピンパーマでもいいし、ワックスで毛先をつまむようにセットしてもオッケーです。 かっこいいので似合ってますね。 先程黒髪パーマでご紹介した七三分けのショートボブに近いイメージの髪型です。 なんでしょう、小栗旬さんがするととたんにおしゃれに見えるのは・・・ ショートボブではなくて、ツーブロックヘアです。 玉木宏さん。 こちらもツーブロックですが、前髪を下ろしていますね。 最近の中年層はおしゃれなので、ツーブロックでも全然似合います。 オダギリジョーさん。 七三分けに強めのパーマをかけたヘアスタイルです。 もうね、モデルがカッコいいとどんな髪型でも似合ってしまうという典型ですね。 個性的な髪型ですが、全然違和感がありません。 瑛太さん。 トップにボリュームがあるツーブロックです。 こめかみの所にライン入ってたのかな?薄っすらとラインっぽさが見えます。 もみあげは形作ってますね、個性的。 サイドと後ろは短めの刈り上げでトップは長めでメリハリ効かせてます。 パーマで動きを付けてワックスって流れですね。 長瀬智也さん。 ツーブロックっぽく見えますがレイヤーカットかな。 サイドをスタイリング剤でまとめてタイトに仕上げてます。 トップはパーマの動きを残す感じにスタイリング。 窪塚洋介さん。 なんなんでしょうこの髪型??トップが超長めのツーブロック? パーマをかけてボサボサっと仕上げてます。 眼鏡と服装がポイントになっていて、だらしなさをカバーしています。 本木雅弘さん。 モヒカンにパーマのワイルド系ヘアです。 本木さんもこんな髪型するんだなって印象があります。 この年齢層にはなかなかいないんじゃないでしょうか。 でも様になってますね。 髪が伸びてきたら横だけでもバリカンでセルフカットすると、ヘアスタイルが長持ちしていいですよ。 パーマの持ちが良くなるお手入れ方法 パーマのお手入れは以下の2つのポイントを意識すると、持ちが良くなるのでいいですよ。 パーマの後はまだ髪が不安定な状態です。 そういった際に真っ直ぐに乾かしてしまうと、せっかくパーマでつけたカールが伸びやすくなってしまいます。 乾かした後はクシやブラシで髪をとかさないようにしてください。 髪をとかしたい場合は、乾かす前の濡れている状態にするようにしましょう。 デジタルパーマやエアウェーブなどのホット系パーマをかけた場合は、オイル系よりも保湿力の高いヘアクリームなどをつけてから乾かすようにするといいですね。 髪の乾燥を防ぐだけでなく、髪のもつれ防止にもなりますし、さらなるダメージの拡大を防ぐことができます。 髪がダメージして毛髪内のたんぱく質が流出してしまうと、 髪にコシがなくなって、結果カールも取れやすくなりますので、ダメージ予防&対策が大切です。 お出かけ前にパサツキが気になるようでしたら、追加で洗い流さないトリートメントやヘアクリームを足してあげてくださいね。 その際は 乾かす前に使った半分ぐらいの量を目安にしましょう。 つけ過ぎるとベタついてしまいますから。 いつもまでもヘアスタイルを楽しむためには「育毛対策」が大切 髪がなくなってしまうと元も子もありません。 毎日のケアに育毛対策を取り入れることが、少しでも長い間ヘアスタイルを楽しむコツです。 薄毛を感じ始めた頃から薄毛がすすんだ場合でもあきらめないで、コツコツ頭皮ケアしていくことが大切です。 そのためには、薄毛や頭皮ケアにアプローチできるシャンプー、トリートメント、育毛剤などを取り入れてみましょう。 100%天然由来の超自然派ボタニカルシャンプー。 なのにキシまずゴワつかず、さらにトリートメント不要で、• 頭皮ケア• 抜け毛・薄毛ケア• 育毛対策• 白髪ケア もできるというクオリティーの高さ。 お手入れが面倒で、シャンプー1本でマルチにケアしたい人向けシャンプーです。 薄毛になってから本格的に使用する育毛剤と違って、予防のための育毛剤なら高価なものを使用する必要はありません。 この「ザクローペリ」は続けていきやすい価格なので、毎日のケアを継続的に行うことができます。 薄毛予防には日々のケアを欠かさないことが大切です。 業界唯一の「確かな育毛成分を配合した育毛剤」と、髪の発育に必要な「栄養素をサプリでサポート」するのはイクオスのみ。 インナーケアまでするから効果を感じやすく、また実感できるまでのスピードが早い。 もうこれでダメなら、副作用覚悟で医薬品に行くしかないと言えるぐらいです。 ヘアカラーの色持ちを良くする• 黄ばんだ髪を色ツヤ良く仕上げる• 黄ばんだ白髪を透明感のあるキレイな白髪にする 髪の見た目は第一印象に大きく影響します。 黄色っぽい髪だとせっかくヘアカラーしていても、良い印象に見えません。 そんな時に活躍するのが黄色を打ち消してくれる「紫シャンプー」です。 これで週1回~週2回シャンプーするだけでキレイに仕上げることができます。 いつものシャンプーをこれに替えるだけなので、余計な手間も入りません。 簡単なのに第一印象を大きく変えられるシャンプー、始めてみませんか? 以上、メンズのパーマヘアをカテゴリーごとに色々とご紹介しました。 あまりたくさん載せると見づらいので代表的なものをピックアップしています。 他の髪型もチェックしたい場合は、下のリンクをご活用ください。 他のヘアカタログ 20代30代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 40代50代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 60代70代80代の髪型• 【女性】 / /• 【男性】 パーマ• / グレイヘア• / 薄毛が目立たない髪型• 毛量少ない人向けヘアカタログ /• 【女性】 / /• 【女性】 / /• 【男性】 / /.

次の

2019最新!メンズパーマ・種類別ヘアスタイル30選

メンズ 髪型 種類

黒髪メンズにおすすめの髪型8種類 最近では、カラーリングすることだけがおしゃれではなくなってきています。 茶髪男子や金髪男子が増えた結果、日本人ならではの黒髪を維持しているメンズが魅力的になっているのです。 プライベートでもビジネスシーンでも、黒髪ほど好印象な髪型はありません。 しかし、ただ黒髪にしたからと言って印象が良くなるわけではありません。 黒髪だからこそ、よりかっこよく見せるために髪型を工夫しなければなりません。 男としてより魅力的になるための髪型を8選ご紹介します。 最近はマッシュと呼ばれているヘアスタイルが流行しています。 そのスタイルを取り入れたショートヘアスタイルです。 全体をマッシュベースカットします。 サイドと襟足も短くカットして、清潔感をアップさせます。 髪が直毛の方は、ニュアンスパーマをかけることで髪の動きが出やすくなるでしょう。 男らしくて清らかな黒髪に、ワイルドで清潔感あふれるベリーショートの組み合わせは最高です。 全体をショートレイヤーベースでカットし、トップは長めに残しながらカットしていきます。 パーマやカラーをしないのでナチュラルな印象に仕上がります。 セット方法も簡単です。 好感度をアップさせる要素満載のさわやかな髪型です。 サイドから襟足は刈り上げ、全体はモヒカンベースでカットします。 もちろん、カラーもパーマも必要ないスタイリングです。 ですから、学生に最もおすすめできる髪型です。 スタイリングの方法はほとんどありません。 寝癖が気になる方は全体に濡らしてから、ワックスを根元からなじませると良いでしょう。 髪に動きが欲しい方は、トップの部分を手でねじりながらスプレーでキープすると良いでしょう。 すっきりとした印象と大人っぽく落ち着いた雰囲気が、好感度アップさせます。 サイドを軽く刈り上げ、全体はショートレイヤーベースでカットします。 直毛の方で髪に動きや束感を出したい方は、ニュアンスパーマをかけておくとスタイリングが楽になるでしょう。 自然に動く毛束が ナチュラル感をアップさせます。 全体をマッシュレイヤーベースでカットし、隠れツーブロックを作ります。 ロッドで強めに巻いて、動きをダイナミックにします。 全体の毛束感とパーマによるウェーブ感、黒髪ならではの落ち付きによって、 男らしい色気が出ている髪型です。 襟足は長めに残し、ショートウルフベースでカットします。 パーマは強めにかけます。 シークレットパーマなどではなく、パーマをかけていることがはっきりわかる髪型になります。 顔の形を補正したり、よりすっきりスマートに見せることのできる髪型です。 全体はショートレイヤーベースでカットします。 前髪の片方は短く切ります。 くせ毛を生かしながら髪に束感を作ります。 動きが出にくい方はワンカールパーマをかけるとよいでしょう。 しっかりとおでこを出すことで 大人っぽくなりますし、清潔感がアップします。 サイドとバックはタイトに刈り上げます。 トップはボリュームを残し、柔らかな髪質にセットします。 直毛の方は緩めのパーマを後ろ向きにかけることで、スタイリングを楽にすることができるでしょう。 こんな悩みを持つ、黒髪メンズにおすすめのイメチェン可能な髪型をご紹介したいと思います。 人の印象は髪色だけで変わるものではありません。 黒髪のままでも髪型を変えれば印象も変わります。 今流行っている、 少しミステリアスな雰囲気のあるマッシュショートスタイルです。 襟足やサイドは刈り上げることでさわやかに見えますが、トップや前髪を重めに残すことで、黒髪ならではの 神秘的な雰囲気を作ることができます。 逆に前髪をアップバングにしてみたり、アシメントリーにしてみるとことでイメチェンすることも可能です。 清潔感がアップしますし、イケメン度も上昇します。 前髪を作ることで 少し若々しい雰囲気にすることもできます。 サイドから後ろにかけてはグラデーションカットを施し、ナチュラルなショートヘアにすることができます。 ツーブロックのような極端なカットではないので、学校でもビジネスでも好印象なの間違いありません。 顔の横の部分が隠しながらおでこを見せることで、 顔がタイトにスマートに見えるようになります。 また、おでこが見えていることで、 清潔感やさわやかさも感じられることでしょう。 髪に程よい艶をプラスしたり、動きをつけることで、さりげないムーブ感が大人っぽい色気を感じさせます。 毛先はクルクルにするのではなく、外に向かって逃げるような動きがおすすめです。 さわやかというより、 男らしい、ワイルドな印象になります。 今まで顔の印象を消しがちだった方は、この髪型にすることでガラッとイメチェンになるでしょう。 くっきりとした顔立ちの方はツーブロックが非常に似合います。 自分の顔に自信がないという方も是非一度挑戦してみましょう。 逆に塩顔の方にはおすすめできません。 さりげなく髪の束感がおしゃれなヘアスタイルです。 セットするのが比較的難しい髪型ですが、興味がある方はぜひ。 美容師さんの腕によって、前髪やサイドなどの毛流れを非常に美しく作ることができます。 髪をどれほどどのように梳くのかによって完成度が異なるので、信頼できる美容師さんにお願いするようにしましょう。 関連記事 ・ 黒髪風おすすめヘアカラー6種類 黒髪がモテるし、印象が良いことはわかっているけれども、やっぱり何だか物足りない…そう思われる方におすすめの黒髪風のヘアカラーをご紹介します。 これなら、就活でも問題ないほどです。 グレージュ まずはグレージュです。 黒髪に透明感を与えてくれるカラーです。 お休みの日はグレージュ感がより分かるセットに決めるのもよし。 ダークベージュ ダークベージュはベージュの色味が入っている黒髪です。 前髪を下ろしてもかきあげても 色っぽい雰囲気になるヘアカラーです。 カーキグレージュ カーキグレージュは 艶感が出るグレージュです。 黒髪のようなのに抜け感があり、キュートな髪色です。 パーマをかけることでこなれ感が出ますね。 ブルージュ ブルージュは、ブリーチをしなくても透明感のある黒髪っぽく仕上がります。 重すぎず軽すぎない、まさに黒髪に見えるのにおしゃれな髪色です。 スモーキーグレー 一見黒に見えるのに 柔らかい髪質に見えるのがスモーキーグレー。 マットなヘアカラーにしたい方におすすめです。 髪を巻くことで光が当たりやすくなり、髪の透明感が増すこともあります。 ダークグレー 黒くしたくないけど黒っぽくしたい、そんなわがままな希望も叶えてくれるのがダークグレーです。 外はねの髪型にピッタリです。 地毛に見えますが、 本当の黒髪にはない透明感が感じられます。 関連記事 ・ 黒髪メンズの魅力5つ 黒髪メンズが大人気なのはなぜでしょうか?その理由をご紹介します。 茶髪も確かに雰囲気が柔らかくなりますし、おしゃれに見えます。 しかし、誠実さとは正反対の遊び慣れているチャラい印象を与えることになります。 実際にそうであるかどうかは別として、 黒髪にすることで引き締まった雰囲気になり、まじめな印象を与えることができるのです。 男性が、女性に上品で清楚なスタイルを求めるのと同じです。 ですから、黒髪の男性は自然で、相手も自然に接することができます。 髪色やファッションが個性的すぎて過度に飾っている人は、一般的に好まれないものです。 美意識が高すぎる男性よりも、いつも自然体の男性の方が人気なのです。 その方が安定感があるからです。 いつも自然に見える男性は 一緒にいて気が楽で、いつまでも一緒にいたくなります。 その印象を黒髪で与えることができるのです。 それは、どれだけきれいに毎日シャンプーしていても、どれだけきれいに髪型をセットしていても同じことです。 黒髪が与える清潔感は他の髪色を凌駕しています。 特にきれいにセットされている黒髪は、 清潔感があふれ出ています。 逆にぼさぼさの黒髪、フケがついている黒髪などは壊滅的に不潔ですので、「黒髪だから」と安心しきらないようにしましょう。 男らしい落ち着きが感じられるのです。 女性は余裕があって落ち着いている男性を好みますので、男ならではのその魅力を黒髪でアピールすることができます。 もちろん、茶髪や金髪の男性の中にもそのような方はたくさんおられることでしょう。 しかし、一目見て知的、落ち着いている、と思えるのは黒髪の男性なのです。 大人っぽさを演出したいのなら絶対に黒髪がおすすめです。 黒髪に艶が必要なわけでもありませんし、日本人ならではの黒髪は日本人のどんな肌でも似合います。 そして、なぜか不思議なほど色気が感じられるのです。 黒髪で人気のある俳優さんを思い浮かべてみてください。 綾野剛さんやオダギリジョーさんなど、魅力的な方はたくさんおり、どの方も 大人の色気がある方ではないでしょうか。 ・黒髪は男性の魅力を引き出せる上に第一印象が抜群に良く、アレンジ方法も様々ある。 ・黒髪のままでも髪型を変えれば印象も変わる。 ・黒髪の男性は知的で真面目に見える上に大人の色気もある方が多い。 黒髪メンズにはたくさんのメリットがあります。 茶髪や金髪では、実際はまじめで誠実で知的な方でも、第一印象ではそれと正反対のイメージを持たれてしまうかもしれません。 最初の印象を良くするのに黒髪は最高です。 黒髪に見える黒髪風の髪色でも大丈夫です。 暗い髪色だからこそ、服装はシンプルに、そして髪型はおしゃれにしておきましょう。 そうすることで、メンズとしての魅力を最初から最大限アピールできること間違いなしです。

次の