糖 質 制限 ダイエット 効果 いつから。 男女共に糖質制限ダイエットの効果は何日くらいで出るか

【第3回】脂肪を摂れ!これまでの糖質制限ダイエットへのアンチテーゼ

糖 質 制限 ダイエット 効果 いつから

【スポンサードリンク】 効果が出るまでだいたいどのくらい? 糖質制限を始めて経口からの糖質量が減ると、肝臓にあるブドウ糖から作られたグリコーゲンがエネルギー源として使われ始めます。 このグリコーゲンは水と結合しているため、グリコーゲンが消費されると水も一緒に消費され、ぐっと体重は落ちます。 糖質制限開始から1〜2週間で体内に蓄積されていたグリコーゲンが消費されていきます。 しかしこの体重減少は、体内の水がなくなるために起こるものですので、脂肪燃焼という観点から見ると、まだ本格的にダイエットできているわけではないようです。 脂肪燃焼を伴う本格的なダイエットは、だいたい3週間を過ぎたあたりら実感される方が多いようです。 これは体内のグリコーゲンがなくなってからエネルギー源が脂肪にシフトしていくためと考えられています。 体脂肪が落ちたり、体型がスリムになっていったりという形で成果を感じられるようになります。 この3週間目というのを、だいたいの目安として覚えておかれるといいと思います。 効果が出ないのはなぜ? では、3週間経ったのに、なかなか成果が現れないといった方には、何が起こっているのでしょうか? 考えられる原因をピックアップしてみました。 原因1. タンパク質を十分量摂取できていない場合 糖質制限ダイエットは、【糖新生】というメカニズムを利用して痩せる方法ですが、この糖新生は、アミノ酸や脂肪を使って体内でブドウ糖を作り出します。 お食事から摂取したタンパク質はアミノ酸へと分解され、このアミノ酸がエネルギーへと変わっていくのですが、お食事から十分なタンパク質が摂取されていない状態ですと、使っていない筋肉をアミノ酸に変えて糖を作るようになってしまいます。 つ まりは体を削ってエネルギーの確保をしていくのです。 こうなってくると、筋肉が減り続け、筋肉が減るということは、脂肪を燃やす能力も落ちていくということになります。 こういった悪循環に陥ってしまうと、痩せていかないどころか、不健康な身体になってしまいます。 糖質制限される場合は、タンパク質量をしっかりと確保して、お身体を守ってくださいね。 原因2. きちんと糖質を制限できていない場合 ごはんやパンなど、はっきりと糖質だとわかる食材は意識して減らしたり、残したりして制限しやすいのですが、天ぷらやフライなどの衣、練り製品のでんぷん、糖質の多いお野菜(じゃがいもなど)、糖質の高いアルコール類、和食の味付けに使われるお砂糖やみりん、ソースやケチャップなどの調味料類など、一見糖質だと気付きにくい隠れ糖質を知らず識らず摂取しすぎている場合は見直す必要があります。 また、糖質オフの商品をいくらでも食べてしまうといった事にも注意が必要です。 原因3. 3食きちんと食べていない場合 糖質制限のお食事は、糖質を減らして、タンパク質とお野菜で糖質のカロリー分を補う事が基本となり、むしろ、何をどれだけ食べるのかを意識して「しっかり」食べることが重要となってきます。 このことに反して、食べない方が簡単に痩せるといった思考になって、例えば1日1食や2食にするといった欠食をするようになると、お体は軽い飢餓状態と認識してしまいます。 そうなると体は省エネモードに突入し、エネルギー消費を避け、脂肪燃焼しにくくなってきます。 こうなると、痩せにくい身体になるので、3食、決まった時間に召し上がり、腹8分を意識してお食事リズムを作っていかれるといいですね。 原因4. 脂肪が筋肉に変わっている場合 食事と適度な運動で身体が変わってきているにも関わらず、体重だけ見て、「痩せていない」と判断するにはまだ早いかもしれません。 実は筋肉は脂肪よりも重いので、体重がグッと減ることはあまりないことが多いです。 しかし、この変化は健康的な体作りが成功に向かっている証拠です。 しっかりと筋肉をつける事は、脂肪燃焼に効果的に働いてくれるので結果的に痩せていく体質へと導いてくれます。 体重計で判断するのではなく、体組成計を利用して、脂肪量、筋肉量の変化も見ていけるといいですね。

次の

【糖質制限】高脂質食のダイエット方法が効果的すぎた!

糖 質 制限 ダイエット 効果 いつから

・主食(ご飯やパン)を抜いても全然平気になってきた。 ・少量の食事で満足するようになってきた。 ・自分自身を制限(コントロール)出来ていることに自信が持ててきた。 ・体が健康的になってきた(気がする) ・周りの人から頑張っているね、と褒められる(笑) などです。 慣れたとはいえ、辛い部分もあります。 しかしこれらの効果を思うと 実行する価値は十分にあると思います。 糖質制限ダイエット2週間の体重推移 糖質制限ダイエットを2週間継続した結果 体重73. 9kg になることが出来ました。 しかし実は糖質制限ダイエットを開始する10日前からダイエットは開始しており、その内容は昼食置き換えダイエットでした。 昼食を取らずに、するめで我慢していたのです(笑) まぁ、昼食を抜いていたので体重は減ったりもしていますが、その時はお酒も飲んでいたのでアップダウンは激しかったです。 丁度その頃から体重を記録するようにしていたのでその期間も含めてグラフ化しましたのでご覧ください。 ぱっと見た感じは順調に見えるかもしれませんが、 2週間目に突入してから6日間ほど体重が変化しない軽い停滞期が有りました。 そこで諦めていたら今の自分はなかったでしょう^^ 糖質制限ダイエット2週間目までの食事・運動メニュー・生活ルール では 2週間でマイナス2kgの結果を出すことのできた糖質制限ダイエット。 ライザップ方式で運動も並行してやっていたのでそれぞれのメニューを紹介します。 糖質制限ダイエット2週間目までの食事メニュー 主食を抜く ご飯やパン、パスタなどの炭水化物、いわゆる 主食を確実に抜くことが一番の目的です。 理由は 糖質の摂取量を1日50g以下に抑え、 糖質ではなく脂質からエネルギーを取る体に変えるためでもあります。 タンパク質を意識して1日3食とる 基礎代謝を上げるためにも必須である筋肉を落としてしまわない為にも タンパク質を多く摂取する食事にします。 さらに主食を抜くことで摂取カロリーが極端に減ってしまわないためにも 1日3食をとるように心がけました。 これら2つのルールを守り2週間継続しました。 僕が具体的に食べていたのは以下のような食事メニューです。 朝食:豆腐・納豆・野菜・スープ・胸肉 昼食:コンビニの海藻サラダ・ひじき・サラダチキン 間食:チョコレート(カカオ70%)・さけるチーズ・するめ 夕食:豆腐・納豆・野菜・スープ・胸肉・鮭・チーズ 夜食:ゆで卵 日中は仕事しているので昼食が毎回コンビニになってしまうのが少し辛いです^^; でもスーパーなどもありますし、サラダやドレッシングの種類を変えて楽しむようにしていました。 どうしてもお腹がすくときは チョコレート(カカオ70%)・さけるチーズ・するめ・ゆで卵でしのぎます。 糖質制限ダイエットの目的は糖質の摂取量を抑えることなので、カロリーは極端に抑える必要はありません。 もちろん過剰摂取はいけませんが^^; 僕の場合は1日の目標摂取カロリーは基礎代謝量から計算した1日に必要なカロリーから750を引いた数値に設定しました。 (約1700kcal) 大好きだったビールも2週間我慢し、2週間達成後にご褒美として飲みました(笑) 糖質制限ダイエット2週間目までの運動メニュー 基礎代謝の高い体を作るためにも 筋トレは欠かせません。 自宅でできるライザップ運動編に書いてあった 運動を週2~3回実践していました。 具体的には 1日目は腕立て・腹筋・腕や肩の筋トレ 2日目はスクワットなどの足元を中心に余裕があれば腹筋 その間には柔軟体操 などです。 体が慣れてきたら ベンチタイムの感覚を30秒に縮めて自分を追い込んでいきます。 これがまたしんどいのです(笑) ストレッチをすることで筋肉痛はだいぶ抑えることができました。 毎日続けろとなるとむずかしいのですが、 週に2~3回でいいと書かれていたのでそのあたりも継続してできた理由の一つだと思います。 もっと慣れてきたら回数を増やしたり、負荷を強くしたりしたいですね^^ あ、そうそう。 脂肪の燃焼や代謝をスムーズにするためにも水分は多くとる必要があるのです。 その際、 コーヒーなどのカフェインを含む飲料は利尿作用があるためおすすめされていません。 僕自身これにはかなり驚きましたが、素直に受け入れ速攻でAmazonで注文しました。 プライム会員だと翌日に届くのでとても助かりますね^^ 最初は飲むのがしんどいですが、慣れると意外と飲めるようになります。 体内時計を整える ライザップでは 睡眠時間を6時間半とることを推奨しています。 朝日を浴びることで体内時計をリセットし、朝食をしっかり食べて一日を始めるのです。 体のリズムが崩れてしまうと代謝も悪くなったりしてしまうためです。 僕はこれまでだいたい4~5時間睡眠だったので、睡眠時間を1時間早めるように意識しました。 しかし、筋トレをしているせいか日常的にほどほどの疲れが有り、自然に夜更かしができないようにもなってきました。 これら食事・運動・生活のルールを守り継続する事で 2週間でマイナス2kgという結果を出すことが出来たのです。 糖質制限ダイエットを2週間継続する意味 一見きついと思えるこの制限、 まずは2週間継続させることが推奨されています。 それは 体をケトン体質に変えるために必要な期間が2週間だからなのです。 通常、体はブドウ糖をエネルギー源にするのですが、 糖質を制限することでエネルギー源を変えることが可能になるのです。 それが ケトン体です。 ケトン体は 体脂肪を燃焼させる力を持ち、その脂質を燃焼する力をエネルギー源にするというのがこの糖質制限ダイエットの仕組みでもあります。 脂肪を燃焼してくれる上にそれがエネルギー源になるって最高ですね^^でもまだ最近出てきた話でもあり、データがあまりないことから反対説もあったりはします。 しかし、僕は2週間継続して無事結果も出すことが出来ていますし、特に体に異変はありません。 むしろ異変ではなく良い方に変化があります。 この記事を書いている頃はまだ2週間継続したばかりなのでどのくらい体がケトン体質になっているかはわかりません。 ただ、 最初の一週間と比べると考える力や集中力が少しですがアップしていると感じます。 おまけに自分自身に自信も持てるため、自然と意識も高くなり、非常に良いサイクルに突入していると思っています。 僕のよく読んだ本の一つに「3週間続ければ人生が変わる」という本が有りました。 当時はそんなバカなと思っていましたが、今ではそれもあながちウソでもないな、と心から思えたりもします^^ まとめ 以上で「糖質制限ダイエット実践2週間の結果と効果・体重の推移まとめ」を終わります。 糖質制限ダイエットを2週間継続できた理由はなんだったんだろう、って振り返ってみると「 素直に受け入れて行動した」ことが凄く大きかったように思います。 年齢を重ねてくると色んな情報を持ってしまっているために、様々な邪念が入り邪魔をしてきます。 そこを グッとこらえて、素直になってただ信じて行動する。 これを実践する事ができたからこその結果だと思っています。 たった2週間で大げさな、とお思いかもしれませんが、そのくらいの達成感が不思議とあります(笑) 僕は2冊の本を購入し、なんとか気合で継続することが出来ました。 ちょっと自分の意志に自信が無い、ライザップに通うほどお金をかけたくないし時間もない。 そういった方には自宅で体験できるプログラムもあるようです。 電話サポートもあり、30日返金保証もあります。 ご了承ください。

次の

糖質制限の効果が出るまでの期間は何日?1ヶ月で効果ない人もいるの

糖 質 制限 ダイエット 効果 いつから

糖質制限に関わらず、ダイエットを始める上で気になる点が、どのぐらいの期間で効果が出るのか。 ある程度の期間が分からないと、ダイエットの努力もなかなか長続きしないものです。 では、糖質制限のダイエット効果が出てくるのはいつからなのでしょうか?ここでは糖質制限がなぜダイエットに効果的なのか、そしていつからダイエット効果が出るのかを解説していきます。 糖質はエネルギー源として必要ではありますが、それでは私たちが活動するために必要なエネルギー源以下の糖質しか摂取しなかった場合、どうなるのでしょうか。 この場合、体は活動を続けるためにブドウ糖の代わりになるエネルギー源を見つけてくれます。 それが、体に蓄積された体脂肪を分解する時に発生する「ケトン体」という物質です。 体内に糖質であるブドウ糖が足りなくなると、次は体脂肪を分解することで発生するケトン体をエネルギー源として、体は問題なく活動を続けます。 糖の代わりになるこのケトン体を発生させるには一定の期間糖質制限をし続ける必要があります。 糖質制限を始めた最初の1週間で、体重は少し減り始めます。 しかし、これは体内に今まで蓄積されていた糖や水分がなくなることで体重が減っているだけで、実は本当の意味で「痩せた・脂肪が落ちた」というわけではありません。 本当の意味での痩せた・脂肪が落ちたという効果は「ケトン体が発生した後」となります。

次の