十津川 警部。 楽天ブックス: 十津川警部 わが愛する犬吠の海

十津川警部シリーズ (内藤剛志)

十津川 警部

設定 [ ] 捜査一課に所属する警察官で、階級はである。 部下のをパートナーとして多くの事件解決に当たっている。 捜査一課内での立場は作品によって幅があるが、自身を含めて、7-10人程度で構成される「十津川班」のリーダーである。 基本的に捜査は「十津川班」のみや現場管轄の所轄署に設けられた捜査本部で行うことが多いが、事件が地方や海外に関係する場合や薬物及びがらみの事件の場合は現地の警察機関や警視庁の他の部署と合同で捜査することが多い。 そのような合同捜査の際、十津川は警視庁(もしくは捜査一課)代表として会議などで指揮、発言している。 内を中心に全国、時には各国も飛び回り、などの事件を捜査、被疑者を逮捕、発見(しているケースもあるため)している。 捜査の大半は警察官として捜査に当たっているが、一部では一般人として調査することもある。 十津川が初めて登場した西村作品は『(クルーザー)』(、登場当時は)である。 主にトラベルミステリー、特にを舞台にした事件での活躍が多いが、初登場時以降しばらくはを舞台に活躍していた。 「十津川」の名の由来は(とつかわむら)から。 西村京太郎が役の名前を考えていた際、たまたま見ていた日本地図で目に留まったためという(『十津川村 天誅殺人事件』の解説より)。 なお、村名は「とつ かわ」と濁らないが、十津川省三の姓は「とつ がわ」と濁る。 プロフィール [ ] 生年月日・血液型 [ ]• 生まれで年齢は40歳(『』以後基本的にこの年齢で固定。 一部の作品では42歳とされたものがある。 『』では昭和17年()生まれとされる)。 に関しては曖昧である。 『』ではB型とされている。 『』では自分の血液型を「O型だと思う」と言っている。 経歴 [ ]• のとある出身。 そのため、「故郷」という言葉のイメージがつかみにくいと発言している。 出身で「故郷」に深い思いを持つ亀井刑事と対照的である。 時代は部に所属し、の経験がある。 また、を真似たを書き『錨(アンカー)』というを発行していたこともある。 大学生時代は、大学の近くにある小さなに住んでいた。 大学卒業後に警視庁にとして採用されたである。 25歳で捜査一課の刑事となった。 『赤い帆船』の時の階級はで、年齢は30歳であった。 その後警部に昇進したが、警部からの昇進昇級の気配はなく、本人が出世を望んでいる様子もない。 家族・ペット [ ]• 妻は十津川直子。 子はない。 現在は近くの庭付きの家(作品によっては在住との記述もある)で二人で暮らしている。 なお、十津川は直子とのが初婚であるが、直子はである。 『』では婚約者「岩井妙子」がいた。 サラリーマンの兄がいる。 兄には7歳の娘(十津川から見ると姪)がいる。 ペットに雑種のオス「のりスケ」とメスの「ミーコ」がいる。 また、ある事件の関係者から預かったオスのシャム猫も飼っている。 性格・対人関係 [ ]• 冷静沈着な面も持ち合わせながら、直情径行で熱血漢的な面も併せ持つ。 『赤い帆船』の頃は、部下を大声で怒鳴りつける、捜査が期待外れに終わるとひどく落胆するなど、感情をストレートに表現することも多かった。 最近は感情を表に出さず、そうした姿はほとんど見られない。 パートナーである亀井刑事を厚く信頼している。 また、亀井以外の部下も信頼されていると思われ、部下による十津川評(とくに悪評)は記述の例が少ない。 捜査に際し、大学時代からの友人である、中央新聞の田口(一部作品では田島という表記になっている)から情報を得ることがある。 また、事件の捜査として、公式に十津川たちが捜査できないときは、元捜査一課の刑事でを営む橋本豊に捜査を依頼することもある。 橋本が捜査一課を離脱した経緯は「北帰行殺人事件」に詳細。 直子を除く関西人が苦手で、冠婚葬祭等にも捜査を口実に欠席している。 『』では亀井刑事と共に子供好きな一面を見せている。 身体的特徴 [ ]• 『』では、163cm、68kgと設定されている。 ただし、『』では、身長173cmと設定されている。 これについて、作者である西村が『十津川警部が見た風景』でドラマシリーズの十津川を演じるの身長に合わせて設定を変更した事を語っている。 過去、殺人犯に左手を撃たれたもあってか左手は不器用との記述があったが、最近ではこの様な描写は見られない。 やや小太りであり、とをつけられたこともある。 寒さに弱く、をひきやすい。 またも苦手である。 ただし、『』の終盤ではでへ逃げようとする暴力団員が海に飛び込んだ際、追跡のため自身も飛び込んでいる。 この時は犯人逮捕後にくしゃみをしている。 嗜好 [ ]• の習慣があり、時折に努力するもその度に失敗している。 近年の作品では煙草を吸っていないことが記されている(『鎌倉江ノ電殺人事件』より)。 ドラマ版では現在、喫煙シーンは見られない。 は弱いが、他人に御馳走になる時はを飲む事もある。 捜査中をよく飲んでいる。 馴れで亀井刑事の淹れたが一番美味いらしい。 好きな食べ物は、好きな飲み物はコーヒー。 嫌いな食べ物は。 嫌いな飲み物は。 捜査手法 [ ]• 捜査は、基本的には足で行う型。 必要とあらばすぐに現地に飛ぶ。 ではないかと疑った人物には何度も面会し、捜査状況を話す。 その反応やその後の行動によって、被疑者を追い詰めることが多い。 ただし、被疑者が政治家など有力者である場合、上司(三上刑事部長)からの圧力で面会中止もしくは別の手法による捜査に移ることもある。 については携行しているものの、発砲することは少ない。 初期作品では社の(型式を特定できる描写はない)をホルスターを使わずに内ポケットに入れて携行していた。 社の自動式拳銃を持っていた事も有る。 『殺意の青函トンネル』では社の自動拳銃を使っている。 また、海外ではや(製のコピー製品)を現地の警察から借りて使う事も有る。 漫画ではを持っている(これは他の刑事も同じである)。 その他 [ ]• 『十津川警部 幻想の信州上田』で「私の先祖は百姓であった」という旨の発言をしている。 十津川を演じた俳優 [ ]• - 「」• - 同上• - テレビ朝日「」・「西村京太郎トラベルミステリー」• - テレビ朝日「土曜ワイド劇場」• - 「」• - TBS「ザ・サスペンス」・「」• - TBS「」• - 「・」• - 日本テレビ「西村京太郎からの挑戦 本格ミステリークイズ 芸能界推理王決定戦! - フジテレビ「」• - フジテレビ「」・フジテレビ「」• - フジテレビ「」• - 「」• - テレビ東京「女と愛とミステリー」• - 3DOアドベンチャーゲーム「西村京太郎 悪逆の季節 東京〜南紀白浜連続殺人事件」• - 「西村京太郎の鉄道ミステリー」• - テレビ東京「」「 危険な賞金」 脚注 [ ] [] - (1975年) - (1976年) - (1977年) - (1977年) - (1978年) - (1980年) - (1981年) - (1981年) - (1982年) - (1983年) - (1983年) - (1983年) - (1984年) - (1984年) - (1985年) - (1985年) - (1985年) - (1986年) - (1987年) - (1987年) - (1988年) - (1989年) - (1989年) - (1989年) - (1989年) - (1990年) - (1991年) - (1992年) - (1995年) - (1998年) - (2007年) - (2008年) 左文字進シリーズ.

次の

西村京太郎の人気原作! 船越英一郎が演じる十津川と角野卓造が演じる亀井の新コンビが誕生:十津川警部の...|テレ東プラス

十津川 警部

下記クリックで好きなところに移動• 十津川警部シリーズについて どうも、2時間サスペンスの常連視聴者、三神かな子です。 2018年4月9日(月)夜8時~、TBS系『ドラマ特別企画「西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ5」』放送。 ……まあ、気持ちがわからなくもないですが。 前任が偉大だったために…TBS人気刑事ドラマ、新シリーズに違和感を訴える声が続出 9日、TBSが月曜ドラマ枠で『十津川警部シリーズ5 京都・嵯峨野心中』を放送。 視聴者から、その キャスティングに違和感を訴える声が相次いだ。 TBSの『十津川警部シリーズ』は1992年スタート。 十津川警部役は渡瀬恒彦さん 2017年3月死去 が務め、補佐役の亀井刑事は伊東四朗が担当し、2015年まで放送された。 2016年になり、渡瀬さんが体調不良で入院。 両者が高齢化したこともあり、出演者が一新される。 十津川警部役は内藤剛志、亀井刑事役は石丸謙二郎が務めることになる。 引用:リアルライブ こちらの記事でも、違和感の声について解説しているけれども、私の方でも思うところがあるので次からまとめていきます。 内藤剛志がどうしても十津川警部役に馴染まない理由 前任・渡瀬恒彦の偉大さ 渡瀬恒彦さん — クレイドール107号エブリスタに怖い話展開中 1990Tanbarin 前任の渡瀬恒彦さんの存在感がすごすぎて、要は 誰が十津川警部役をやっても違和感しかないのでは?という声。 これにいたっては、他の作品でも役者交代が行われているわけでして。 初めは「あれ?」となっていても結局は慣れる・馴染んできて認められていっているように思うんですよね。 特別ドラマで忘れたころに放送がある、という状態だけれども、今回で5回目。 ここに来て「違和感」の声が大きくなっているのは渡瀬さんが亡くなった後の放送だったからかもしれないけど……5回目だよ? さすがにもう慣れても良いところが、声高になっているということは、もっと別の要因が大きいと思います。 他の刑事役の印象が強すぎるから 内藤さんの十津川警部は来週月曜 9日 ですが、どうみても警視庁じゃなくて京都府警ですねw 画面の見えないところに蒲原くん潜んでるんでしょ! 知ってるw — 日高 hitakanosarara2 個人的に、ほぼ、こちらの理由と思います。 渡瀬さんも確かに偉大な俳優だけれども、内藤剛志さんも実力のある俳優だからこそ、他の作品で演じている刑事役のイメージが大きすぎる! 私も放送前から、どうしても内藤剛志さん=十津川警部のイメージが湧かなくて……。 やはり他の刑事モノの作品でのイメージ(科捜研の女・京都府警の捜査一課の刑事・土門薫)とかが強いせいなんですよね。 これも、十津川警部シリーズの回を重ねるごとにイメージ刷新されていくのかなあ。 十津川警部役に適任の俳優は誰なのか? それなら、十津川警部役にふさわしい俳優は一体だれなのかを考えてみました。 十津川警部の特徴を、原作等からピックアップしてみました。 年齢は40歳• 身長は163〜173cm、体重68kgなどの設定• やや小太り〜標準体型• 真面目• 恋愛的な不器用さがある• 冷静沈着な面も持ち合わせながら、直情径行で熱血漢的な面も併せ持つ• 推理力は高いがスマートさはそこまでてはない(ノンキャリア組)• 武道に長けている、運動能力は高い方(学生時代はヨット部、ダイビングの心得) こういった点を押さえている、雰囲気のある俳優は誰なのだろうと考えてみたところ…… お、思いつかない……(汗 意外と、内藤さん主演が妥当に思えてきました。 まとめ:大丈夫、もう少しで慣れるから え、私、渡瀬さんの十津川警部見たことなかったから、今回初めて見て面白かったけど。 そんな風にあと数回オンエアされれば馴染むかもしれませんね。 それでは! 補足まとめ:内藤剛志がどうしても十津川警部に馴染まない理由 内藤さんの十津川警部は来週月曜 9日 ですが、どうみても警視庁じゃなくて京都府警ですねw 画面の見えないところに蒲原くん潜んでるんでしょ! 知ってるw — 日高 hitakanosarara2 内藤剛志によるドラマと原作の主な違いでも違和感?• 今回のドラマ舞台設定(草津ではなく、京都・嵯峨野)• 十津川警部の奥さんは家出どころか手紙の存在を知らない!• 第二の死体は発見されない というところです。 細かい違いは、辻褄合わせ&現代風に楽しめるような演出と思われます。 放送自体も楽しみですが、どうしても内藤剛志さん=十津川警部のイメージが湧かなくて……。 他の刑事モノの作品でのイメージ(科捜研の女・京都府警の捜査一課の刑事・土門薫)とかが強くて。 これも、十津川警部シリーズの回を重ねるごとにイメージ刷新されていくのかなあ。 まだ5回目ですし、これから続いていくのが楽しみです。 人気記事!• 最近テレビショッピングで見かけるようになった「アセチノディープコア」が本当に効果があるのか、実際に購入した感想... 66,396 views• 2019年12月に新しく生まれ変わった「泉の広場」!大阪の梅田地下街にある「泉の広場」への簡単な行き方を紹介し... 59,406 views• 「やばたにえん」の元ネタ、発祥についてまとめてみました! 「やばたにえん」が流行なら「了解道中膝栗毛」も流行... 57,301 views• TOKIOのメンバー山口達也さんが強制わいせつで書類送検されました。 今後の活動、特に長年取り組んできたDASH... 43,229 views• 話題の「体育座りの鶴」の折り方・折り紙の方法について調べてみました。 話題!「体育座りの鶴」のソーシャルディ... 41,804 views• 38,445 views• 石原さとみさんの新恋人として注目を集めているSHOWROOM社長の前田裕二さん。 前田さんの総資産や収入等につい... 38,155 views.

次の

十津川警部の事件簿 危険な賞金|月曜プレミア8 ドラマ|テレビ東京

十津川 警部

概要 [ ] 1979年度から2015年度までは「」枠で放送され、2016年度・2017年度は「・土曜ワイド劇場枠」(2016年度・2017年度前半)と「枠」(2017年度後半)で放送され、2018年度からは「枠」で放送されている。 ・大映企画・制作による3作品と、・制作による現在放送中のシリーズがある。 朝日放送版はからまでに3作品が放送され、前後してテレビ朝日版がから放送を開始している。 『西村京太郎トラベルミステリー』のシリーズタイトルは、1989年のテレビ朝日・東映版の第15作「アルプス誘拐ルート」以降に定まったもので、それ以前には放送のたびにさまざまなタイトルが付されていた。 また作曲のテーマ曲が使われたのはテレビ朝日版第4作「寝台特急あかつき殺人事件」からで、前3作品はそれぞれ独自のテーマ曲を使っていた(後述)。 朝日放送・大映版 はが演じ、は綿引洪(現・)が演じ、十津川警部の元部下であるはが演じた。 テレビ朝日・東映版 十津川警部は1981年から1999年まで三橋達也が演じ、2000年からはが演じている。 原作とは異なり、三橋の年齢を考慮して十津川警部があまり動き回らない設定にし、代わってが演じる亀井刑事をメインにしていた。 十津川警部役が高橋に交代して以降は、原作通り十津川警部をメインに描くようになっている。 ナレーションも亀井刑事メイン時代は主に愛川が担当、十津川警部メインになってからもしばらくは作品により愛川が担当していた回があったが、その後は完全に高橋の担当となっている。 亀井刑事は1981年のスタート以来32年にわたって愛川欽也が演じてきたが 、2012年からに交代した(高田純次は2008年の第50作でゲスト出演している)。 愛川が出演していた当時のラストシーンはほぼ全作(一部例外あり)で、事件を総括するような内容の会話を十津川役の三橋・高橋と交わすツーショットシーンとされていた(高田に交代してからはその原則は崩されている)。 十津川警部の元部下である橋本豊は、とが演じた。 西本刑事は第5作から68作までが演じており、歴代シリーズで最長の出演記録となった。 第68作を最後に降板しており、代役は設けられていない。 近年では過去の作品(亀井刑事メイン時代)のリメイク版もいくつか放送されている。 その他 高橋英樹は1990年から1991年にかけてテレビ朝日系の「」で放送された『』3作品ですでに十津川警部を演じていた。 このシリーズでの亀井刑事役はである。 朝日放送・大映版 [ ] 西村京太郎トラベルミステリー ジャンル 原作 脚本 監督 帯盛迪彦 出演者 オープニング を参照 製作 プロデューサー 杉本宏(朝日放送) 島田開(大映企画) 制作 大映企画 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 を参照 回数 3 ・大映企画・の製作。 キャスト [ ] 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部。 演 - (第1作、第2作は旧芸名の綿引洪で出演) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部補。 ゲスト [ ] 第1作「ブルートレイン・寝台特急殺人事件」(1979年)• 高田(弁護士) -• 田久保涼子 - 第2作「幽霊船の謎」(1980年)• 、、 第3作「北帰行殺人事件」(1982年)• 和田久志 -• 古川みどり(の恋人・女子大生) -• 金子貢太郎 -• 柴田邦彦 -• 市川三郎 -• 君島則文 - スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 - 高橋誠(第1作・第2作)、中川昌(第3作)• 監督 - 、帯盛迪彦• プロデューサー - 杉本宏(朝日放送)、島田開(大映企画)• 制作 - 、大映企画、 放送日程 [ ]• 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 1 1979年10月20日 ブルートレイン・寝台特急殺人事件 「」 佐々木守 黒田義之 18. ・の製作。 放送枠は「」(第1作 - 第65作)、「・土曜ワイド劇場」(第66作・第67作)、『』(第68作)、『』(第69作 - )。 第70作では本作と同じく原作で、また同じく「土曜ワイド劇場」出身のシリーズである「」とのコラボレーションが行われ 、「鉄道捜査官」から花村乃里子()、手塚真理絵()、大沢次郎(山口竜央)がゲスト出演している。 キャスト [ ] 詳細はそれぞれの役名を、他の登場人物は「」を参照 警視庁捜査一課 十津川班 [ ] 演 - (第1作 - 第4作・第6作 - 第27作・第29作 - 第33作)、(第34作 - ) 第5作ではが、第28作ではが三橋の代役で出演した。 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部。 演 - (第4作 - 第7作・第11作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - 【旧・伴杏里 】(第52作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は巡査部長。 演 - 【旧・天原まさみち 】(第35作 - 第52作・第61作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第69作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 演 - (第1作 - 第57作)、(第58作 - ) 警視庁捜査一課の刑事。 階級は警部補。 警察関係者 [ ] 演 - (第7作・第8作・第11作・第15作)、(第34作 - 第37作)、(第59作・第61作) 警視庁捜査一課長。 演 - (第26作・第28作・第30作・第32作)、(第45作) 警視庁刑事部長。 十津川班の親族 [ ] 演 - (第36作・第40作・第42作・第46作・第48作・第50作・第52作・第55作・第59作・第61作・第62作) 十津川省三の妻。 演 - (第34作・第40作・第42作・第43作) 亀井定夫の妻。 スタッフ [ ]• 脚本 - 猪又憲吾、名倉勲、亜槍文代、、(第54作)、(第55作・第67作)、森宮栄(第56作・第57作・第63作)、坂田義和(第58作 - 第62作)、(第64作)、(第65作)、(第65作)、(第66作)、(第68作)、(第69作 - )• 音楽 - (第2作・第3作)、(第4作 - )• 監督 - 長谷和夫、島崎喜美男、永野靖忠、、、松島稔、、• ゼネラルプロデューサー - 関拓也(テレビ朝日)• 現プロデューサー - 山川秀樹(テレビ朝日)、河瀬光(東映)• 旧プロデューサー• テレビ朝日 - 宇都宮恭三、白崎英介、佐藤涼一、川田方寿、井上隆、稲垣健司、、大井素宏、高戸晨一、田中芳之、、塙淳一、高橋浩太郎• 東映 - 大久保忠幸、香月純一、、、池ノ上雄一• 制作 - 、 放送日程 [ ] 『 西村京太郎トラベルミステリー 』のシリーズタイトルとなったのは第14作 からである。 第54作からテレビ朝日制作分でのによるをスタートした。 それまでは朝日放送制作分に限られていた。 放送時間は基本的に『』(第65作まで)、『・土曜ワイド劇場』(第65作~第67作)、『』(第69作~)の通常編成時の放送時間に放送。 例外は以下の通り。 第4作、第7作、第9作、第11作、第13作、第15作は21時02分から23時21分までの拡大放送。 第38作、第42作、第47作、第50作、第55作、第57作、第59作、第61作、第62作、第66作は21時00分から23時21分までの拡大放送。 第14作は1990年3月10日に「傑作アンコール特選」として放送。 第17作は1991年2月23日に「傑作アンコール特選」として放送。 第23作は1994年3月12日に「傑作アンコール特選」として放送。 第25作は1995年3月25日に「傑作アンコール特選」として放送。 第54作は21時30分から23時21分までの放送。 第58作は中継のため21時30分から23時36分までの放送。 第60作は2017年6月4日の『』で「ミステリー傑作選」として、短縮版を放送。 第68作は『』で放送。 話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督 視聴率 [ ] 三橋達也・愛川欽也版 1 1981年10月17日 終着駅〈ターミナル〉殺人事件 「」 猪又憲吾 長谷和夫 24. 5% 69 2018年 09月16日 金沢〜東京殺人ルート 2時間33分の罠 「北陸新幹線殺人事件」 深沢正樹 10. 4% 70 2019年 03月17日 十津川警部VS鉄道捜査官・花村乃里子 「びわ湖環状線に死す」 12. 3% 71 2020年 01月 05日 ニセ十津川とニセ亀井!! 「草津逃避行」 11. 2007年のみオリジナル作品は作られなかった。 第1作から第24作まではフィルム撮影、第25作からVTR撮影となっている(第7作と第18作〜第24作はフィルム撮影のVTR編集)。 前述の通り、第4作から甲斐正人作曲によるテーマ音楽が固定され、タイトルバックおよび出演者紹介はショートバージョン、スローバージョンも含め3パターンが用意された。 は第4作から第29作までテーマ音楽のアレンジバージョンが使われたが、第6作、第8作、第9作、第19作、第23作は劇中に挿入された曲がそのまま使用された。 第30作から「土曜ワイド劇場」のエンディングテーマとなったが、「日曜プライム」に移行した第69作から再びテーマ音楽のアレンジバージョンが使用されている。 なお、テーマ音楽は第50作より新録されている。 視聴率は調べ、・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] []• 愛川は1995年から『土曜ワイド劇場』のである『』()の司会に就任したが、通常裏番組で見られるような特段の調整は行われず、本番組放送日には同時間帯で重複出演することがあった。 第56作では亀井が青森県警に派遣されていて不在だったが、このシーンは亀井の役割を森本レオ演じる西本刑事が肩代わりする形で収められている。 但し、原作小説やオリジナル版に登場した列車や路線がダイヤ改正で廃止されていることも多く、設定が大幅に異なっている(尤も、本作に限らず列車が舞台になった十津川警部シリーズのドラマ作品ではこうした改変は多く見られる)。 テレ朝POST. テレビ朝日 2019年3月17日. 2020年3月31日閲覧。 第52作から第68作まで。 第49作から第52作まで。 作品によっては「西村京太郎 のトラベルミステリー」「西村京太郎トラベル ・ミステリー」「西村京太郎 ・トラベルミステリー」などの表記揺れがある。 また新聞テレビ欄では「西村京太郎トラベル」と略される場合がある他、「西村京太郎スペシャル」と表記される場合もある。 第14作以前にも『西村京太郎トラベルミステリー』が冠されることはあったが、固定はしていなかった。 劇中のオープニングタイトルでも『西村京太郎トラベルミステリー』と明記されるようになったのは第31作から。 また、主演がに交代した第34作のみ「新西村京太郎トラベルミステリー」。 「土曜ワイド劇場」9周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」10周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」20周年記念特別企画として放送。 「土曜ワイド劇場」25周年記念スペシャルとして放送。 テレビ朝日開局45周年記念番組として放送。 「土曜ワイド劇場」特別企画として放送。 - テレビ朝日(アーカイブ)• 「土曜ワイド劇場」30周年記念特別企画として放送。 テレビ朝日開局50周年記念番組として放送。 内容が若干異なる• 「土曜ワイド劇場」35周年記念特別企画として放送。 テレビ朝日開局55周年記念番組として放送。 内容が若干異なる• アリバイトリックが異なる• 2015年1月22日. 2016年1月18日閲覧。 2015年8月28日. 2016年1月18日閲覧。 2016年2月22日. 2016年2月24日閲覧。 2016年7月15日. 2017年2月3日閲覧。 「土曜ワイド劇場」最終回。 2017年4月21日. 2017年6月3日閲覧。 2017年11月10日閲覧。 2019年1月20日閲覧。 2019年4月11日閲覧。 2020年1月30日閲覧。 外部リンク [ ] テレビ朝日 [ ]• - (2000年10月17日アーカイブ分)• - (2001年3月6日アーカイブ分)• - (2001年12月21日アーカイブ分)• - (2002年1月3日アーカイブ分)• - (2002年12月29日アーカイブ分)• - (2004年10月30日アーカイブ分)• - (2005年1月5日アーカイブ分)• - (2005年3月28日アーカイブ分)• - (2005年12月26日アーカイブ分)• - (2006年7月3日アーカイブ分)• (2008年2月28日アーカイブ分)• - (2007年7月8日アーカイブ分)• - (2016年4月2日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2015年11月14日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2017年9月9日アーカイブ分)• - (2017年8月10日アーカイブ分)• - (2016年9月5日アーカイブ分)• - (2016年9月7日アーカイブ分)• - (2017年3月3日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2018年3月18日アーカイブ分)• - (2017年6月4日アーカイブ分)(再放送)• - (2017年7月1日アーカイブ分)• - (2016年4月6日アーカイブ分)• - (2016年3月5日アーカイブ分)• - (2016年5月29日アーカイブ分)• - (2016年6月14日アーカイブ分)• - (2016年10月5日アーカイブ分)• - (2017年5月8日アーカイブ分)• - (2017年9月14日アーカイブ分)• 東映 [ ]• 動画 [ ]• - テレ朝動画•

次の