ラツィオ。 ラツィオ・ユース(下部組織)出身の名手たち

過去に本田や冨安を逃したラツィオ、“韓国のファン・ダイク”獲得に興味か(ゲキサカ)

ラツィオ

セリエA第27節が24日に行われ、4位アタランタと2位ラツィオが対戦した。 この試合が再開後初戦となったラツィオは、5分に幸先よく先制する。 GKを起点に細かくパスを繋いでアタランタの守備を剥がしていき、右サイドで相手の背後を取ったマルセル・ラッツァーリが一気に敵陣深くまで侵入。 高速・低弾道のクロスを供給すると、ボールは相手MFマルテン・デ・ローンに当たってネットを揺らした。 11分、ラツィオがリードを広げる。 ゴールエリア手前でルーズボールを回収したルイス・アルベルトの横パスから、セルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチが右足一閃。 ミドルシュートは相手GKの前で大きく変化し、ゴール左隅に吸い込まれた。 アタランタは38分、右サイドのハンス・ハテブールのクロスにロビン・ゴセンスが頭で合わせ、ボールをゴール右下隅に流し込んで1点を返す。 試合はラツィオの1点リードで折り返した。 押し込む展開が続くアタランタは66分、コーナーキックのこぼれ球を回収したデ・ローンのパスから、ルスラン・マリノフスキーがエリアの外で左足を振り抜く。 強烈な一撃はゴール右上隅に突き刺さり、試合は振り出しに戻った。 すると80分、アレハンドロ・ゴメスの右コーナーキックからホセ・ルイス・パロミノが頭で押し込み、アタランタが逆転に成功する。 試合はこのまま終了した。 ラツィオは昨年9月25日に行われた第5節インテル戦以来、22試合ぶりとなるリーグ戦での黒星に。 今節勝利した首位ユヴェントスとの勝ち点差は「4」に開いた。 一方、逆転勝利を収めたアタランタは再開後2連勝。 勝ち点を「54」に伸ばした。 次節、アタランタは28日にウディネーゼと、ラツィオは27日にフィオレンティーナと対戦する。 【スコア】 アタランタ 3-2 ラツィオ 【得点者】 0-1 5分 オウンゴール:マルセル・デ・ローン(ラツィオ) 0-2 11分 セルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチ(ラツィオ) 1-2 38分 ロビン・ゴセンス(アタランタ) 2-2 66分 ルスラン・マリノフスキー(アタランタ) 3-2 80分 ホセ・ルイス・パロミノ(アタランタ) SOCCER KING.

次の

ラツィオ・ユース(下部組織)出身の名手たち

ラツィオ

コムーネの高度区分 による面積比率。 州のおおまかな地形傾向が見て取れる。 中部に位置し、西海岸()に面する。 州都は、から南へ約135km、から西南西へ約158km、から北西へ約190km、から南南東へ約230kmの距離にある。 隣接する州 [編集 ] 隣接する州は以下の通り。 - 北• - 北東• - 東• - 東• - 南東• - 北西 主要な都市 [編集 ] 人口6万人以上のは以下の通り。 人口は2011年1月1日現在。 () - 2,761,477人• () - 119804人• (ローマ県) - 83,736人• (ローマ県) - 70,985人• (ラティーナ県) - 70,349人• () - 63,597人• (ローマ県) - 61,106人 このほかに主要な都市としては、 、、、、などがある。 紀元前5世紀のの諸民族(ラテン語表記) ラツィオ州の歴史は、都市の歴史と深く結びついている。 古代 [編集 ] 現在のラツィオ州域には、以来、さまざまなの人々が定住した。 州域の中部および南部には、この地域の地名()のもととなったや、、、、、 といった諸集団が、時間差はありながら定着した。 州域北部にはが勢力を持っており、少なくともまでは他の集団に対して優勢であった。 紀元前5世紀からまでのラティウムの歴史は、ラテン人のが他の集団に対して支配を確立するための闘争として描かれる(など)。 その結果として、他の集団はラテン人の要素に同化されていった。 かれらが自立を守るための最後の抵抗は、であった。 の長い時代において、現代のラツィオ州域はおおむね(臨時の戦争によって中断されるほかは)平和な状態を謳歌した。 しかし、やがて帝国の中心としての役割は失われ、その役割は帝国の他の地域に移っていく。 、最後の皇帝は、によって退位に追い込まれるに至る。 中世・近世 [編集 ] 1860年のイタリア王国。 ローマ周辺は教皇領。 ラツィオ州域における状態を充填したのは、ローマ帝国後期のさまざまな出来事の結果として力を得たであった。 以後、ローマを拠点とするカトリック教会のは、イタリアに(教皇国家)を保ち、ローマとラツィオの歴史を左右した。 この状況は、にがローマを占領するまで続く。 近代・現代 [編集 ] 、イタリア王国はローマに遷都した。 以後のラツィオ地域の歴史は、王国の首都ローマの歴史と一体であると言える。 イタリア王国は旧教皇領を(現在のローマ県よりも広く、ラツィオ州の範囲に近い)とした。 州域南部では、10年の歳月をかけてポンティーネ湿原の干拓と新しい都市の建設が行われ、リットリア県(現在の)が創設された。 ラツィオ州域では、第二次世界大戦中に軍民双方で多数の犠牲が出ることとなった。 この戦争中における、州域での特に大きな出来事として、や、へのの上陸()が挙げられる。 行政区画 [編集 ] ナポリ方言 2006年のの統計によれば、6歳以上の住民の家庭内での会話における言語状況は以下の通り。 イタリア語( Italiano)、地方言語( Dialetto)、他の言語( Altra lingua)についてのデータで、左列が全国平均、右列がラツィオ州の数値である。 家庭内の会話における使用言語 全国 州 イタリア語のみ、あるいは主にイタリア語 45. (ローマ県)• (ローマ県ティヴォリ)• (ローマ県)• (ローマ県、ヴィテルボ県) スポーツ [編集 ] サッカー [編集 ] 州内に本拠を置くプロサッカークラブとしては以下がある。 所属リーグは2012-13シーズン現在。 () - (1部リーグ)• (ローマ県ローマ) - セリエA• () - (3部リーグ)• () - レガ・プロ1• ACアプリーリア () (ラティーナ県) - (4部リーグ)• フォンディ・カルチョ () (ラティーナ県) - レガ・プロ2 5部リーグ(アマチュア最上位リーグ)のでは、ジローネE,G,Hに属する。 ラツィオ州の地方リーグ(6部リーグ)として、エッチェッレンツァ・ラツィオ がある。 交通 [編集 ] 空港 [編集 ] フィウミチーノ空港 主要な空港には以下がある。 (ローマ郊外)• (ローマ郊外) フィウミチーノ空港(レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港)はイタリア最大の国際空港の一つである。 イタリアのフラッグキャリアであるなどが本拠地とする。 チャンピーノ空港(ジョヴァン・バッティスタ・パスティーネ国際空港)は1950年代後半にフィウミチーノ空港が建設されるまでローマを代表していた旧空港であり、近距離航空便や格安航空会社などが利用している。 人物 [編集 ] 著名な出身人物 [編集 ]• - 俳優。 生まれ。 - 俳優。 生まれ。 - サッカー選手。 生まれ。 - 実業家、タレント、料理研究家。 生まれ。 脚注 [編集 ].

次の

ラツィオ、リーグ戦22試合ぶりの黒星…首位ユーヴェとの勝ち点差は「4」に(SOCCER KING)

ラツィオ

セリエA第27節が24日に行われ、4位アタランタと2位ラツィオが対戦した。 この試合が再開後初戦となったラツィオは、5分に幸先よく先制する。 GKを起点に細かくパスを繋いでアタランタの守備を剥がしていき、右サイドで相手の背後を取ったマルセル・ラッツァーリが一気に敵陣深くまで侵入。 高速・低弾道のクロスを供給すると、ボールは相手MFマルテン・デ・ローンに当たってネットを揺らした。 11分、ラツィオがリードを広げる。 ゴールエリア手前でルーズボールを回収したルイス・アルベルトの横パスから、セルゲイ・ミリンコヴィッチ・サヴィッチが右足一閃。 ミドルシュートは相手GKの前で大きく変化し、ゴール左隅に吸い込まれた。 アタランタは38分、右サイドのハンス・ハテブールのクロスにロビン・ゴセンスが頭で合わせ、ボールをゴール右下隅に流し込んで1点を返す。 試合はラツィオの1点リードで折り返した。 押し込む展開が続くアタランタは66分、コーナーキックのこぼれ球を回収したデ・ローンのパスから、ルスラン・マリノフスキーがエリアの外で左足を振り抜く。 強烈な一撃はゴール右上隅に突き刺さり、試合は振り出しに戻った。 すると80分、アレハンドロ・ゴメスの右コーナーキックからホセ・ルイス・パロミノが頭で押し込み、アタランタが逆転に成功する。 試合はこのまま終了した。 ラツィオは昨年9月25日に行われた第5節インテル戦以来、22試合ぶりとなるリーグ戦での黒星に。 今節勝利した首位ユヴェントスとの勝ち点差は「4」に開いた。 一方、逆転勝利を収めたアタランタは再開後2連勝。 勝ち点を「54」に伸ばした。 次節、アタランタは28日にウディネーゼと、ラツィオは27日にフィオレンティーナと対戦する。

次の