フォローリクエスト やり方。 Twitter(ツイッター)のDM機能とは。送受信のやり方と設定方法を解説

Twitterフォローリクエストとは|設定や確認の方法と拒否の反応

フォローリクエスト やり方

フォローリクエストを送るにあたって、疑問に思いそうなことをまとめました。 この章の目次• フォローリクエストって何? 非公開設定のユーザー Instagramには、「プロフィールの非公開」という機能があります。 非公開にすると、フォロワー以外が自分の投稿を見れなくなり、また、誰かが自分を勝手にフォローすることができなくなる仕組みです。 要するに、自分が許可したユーザー以外には、投稿を見せなくできるというわけですね。 この、いわゆる非公開ユーザーの写真や動画を見るには、許可を得てフォロワーになる必要があり、その許可を得るための手続きが、この記事で紹介する「フォローリクエスト」です。 フォローリクエストを送って本人に無事、承認されれば、そこでやっと、フォロワーとして写真や動画を見れるようになるわけです。 フォローリクエストって取消できる? できます。 もし、フォローリクエストを取り消す前に、相手に「拒否」されてしまった場合は、フォローリクエストはそのまま破棄されるので何もする必要がありません。 「許可」されてしまった場合は、フォロー中になっているはずなので、そのフォローを外して下さい。 すぐに取り消したらバレない? 間違えてフォローリクエストを送ってしまい、すぐに取り消したとしても、基本的にバレます。 何故なら、フォローリクエストは、送った瞬間に、相手にプッシュ通知が届くからです。 もしも、相手が設定でプッシュ通知を受け取らない設定になっていた場合は、取り消せば何も残らないので、気付かれません。 けど、相手がどのように設定しているかなんて分からないので、バレていると認識しておきましょう。 そもそも論としてお話をすると、相手が知り合いでもない限りは、こういった誤操作は日常茶飯事なので全く気にする必要はありません。 例えば、「気になる知り合いのアカウントをこっそりと見ている時に、間違ってフォローリクエストを送ってしまった」などという場合は、証拠など消そうとせずに、正直に「フォロワーになりたい」と伝えましょうね。 リクエストと一緒にメッセージを送れる? フォローリクエストを送る際に、メッセージ コメント を添える機能は、2015年5月現在、ありません。 が、代替えとして、ダイレクトメッセージを利用することができます。 ダイレクトメッセージを利用する どうしても相手にメッセージを送りたい場合は、フォローリクエストとは別に、「ダイレクトメッセージ」を利用できます。 ダイレクトメッセージとは、自分をブロックしている相手以外になら誰にでも、個人的なメッセージを送ることができる機能です。 使い方は下記の記事をご覧下さい。 メッセージを送ることのリスク ただし、私、個人的に、「まだ関係のない人にダイレクトメッセージを送ることは絶対にやめた方がいい」と思ってます。 これは倫理的な観点からではなく、単純に機能の観点からです。 知らない人 あなた からメッセージが届くと、受け取った相手は、そのメッセージを「受信する 見る 」か「拒否する 見ない 」かを選択することができます。 相手がここで「拒否」を選択した場合、あなたは自動的に「無視リスト」に入れられ、以降、相手が解除しない限り、二度とメッセージが届かなくなってしまいます。 一度拒否された相手が次にダイレクトメッセージを送っても、存在すら認識されなくなるわけです。 知らない相手から個人的なメッセージを送られて、果たして相手は「受信する」を選択してくれるでしょうか? 一度拒否されたら終わりのシステムなので、送る前によく考えてみて下さい。 他のSNSを利用するという方法 フォローリクエストと一緒にメッセージを送りたい場合、リスクのあるダイレクトメッセージを利用するよりも、例えば、その相手がやっているTwitterやFacebookなど、他のSNSを利用してメッセージを伝えることができないか、検討してみましょう。 リクエストがすぐに消えちゃうのはなんで!? フォローリクエストを送っても、1秒も経たないうちにすぐに取り消されてしまうのは、相手があなたのことをブロックしているからです。 ブロックされたユーザーは、ブロックしたユーザーに対して、フォローリクエストを送ることができません。 ブロック機能については、下記記事で説明しています。 承認されたはずなのにフォローできてないのはなんで!? 例えば、非公開設定にしているリアルの友達にフォローリクエストを送って、その友達からは「リクエスト承認しといたよ〜」と連絡を受けたとします。 でも、Instagramの画面を見るとフォロー状態になっていないということがよくあります。 そんな時は、古い情報が残っている可能性があるので「リロード」をしてみて下さい。 プロフィール画面を下にスライドする 方法は簡単です。 相手や自分のプロフィール画面に移動して、画面全体を下方向にスライドさせて下さい。 画面に指をあてて、そのまま下方向に引っ張るイメージです。 リロードで情報が更新される 下方向に引っ張った後に指を離すと、リロード 再読み込み が始まり、新しい情報に更新されます。 そうすると、リクエストの承認が反映されると思います。 よろしければ試してみて下さいね! フォローリクエストを送る手順 この章では、非公開ユーザーにフォローリクエストを送る方法を紹介します。 iPhone版、Android版ともに、画面は同じです。 非公開ユーザーのプロフィール画面 例えば、「あらゆ」という非公開ユーザーの投稿を見たいので、フォロワーになりたいとしましょう。 普通は写真や動画が表示されているスペースに、「このユーザーは非公開です」という文字があって見れません。 タップした瞬間に、「〜さんからフォローリクエストがありました。 」というプッシュ通知が相手に届くので、ご注意下さい。 これで、非公開ユーザーにフォローリクエストが送られました。 あとは、相手がそのリクエストを承認するか、拒否するかを、決定するのを待ちましょう。 送られた相手はどうなるの? あなたがフォローリクエストを送ると、相手ユーザーは一般的に、次の手順を踏むことになります。 この章の目次• お知らせが届く スマホにプッシュ通知が届く あなたがフォローリクエストを送ると同時に、相手のスマホに、このようにプッシュ通知が届きます。 「おっ、何かな?」と、あなたのフォローリクエストに気付くことでしょう。 アクティビティの画面 アクティビティの画面にも、あなたからのフォローリクエストがあった旨の通知が表示されます。 なお、フォローリクエストをキャンセルした時は、この通知は画面から消えます。 そのため、相手がプッシュ通知をオフにしている場合は、すぐにキャンセルすれば、フォローリクエストを送ったことがバレないということです。 どんな人かを確認する 相手があなたのプロフィールを確認する 相手は「どんな人がフォローリクエストを送っているんだろう…」と、あなたのプロフィールや、投稿写真、動画を確認することでしょう。 このようにして、相手があなたをフォロワーにしてもいい 写真、動画を見せてもいい と思ったらフォローリクエストを「承認」するし、フォロワーにしたくない 写真、動画を見せたくない と思ったら「拒否」します。 あんたも非公開か〜い ちなみにあなた自身も「非公開ユーザー」の場合は、相手はあなたの写真や動画を見ることができない点にご注意下さい。 プロフィールのアイコン画像や名前、説明文のみで、どんな人かを判断しなきゃいけなくなります。 ほとんどの場合、得体が知れない人物としてフォローリクエストは「拒否」されるでしょう。 承認、または拒否する リクエストの承認、拒否 最後に、相手はこのような画面で、あなたのことをフォロワーとして承認して迎えるか、関わりたくないユーザーとして拒否するかを選択します。 ちなみに、面倒くさくて承認も拒否もしないで「放置」するパターンもあります。 送った側にとってはこれが一番厄介なんですが…。 リクエスト結果を確認する手順 この章では、フォローリクエストの結果を確認する方法を説明します。 この章の目次• 通知について プッシュ通知が届く 相手があなたを「承認」した場合のみ、このようなプッシュ通知が届きます。 設定でプッシュ通知をオフにしている場合や、相手が「拒否」をした場合は届きません。 承認された場合 「フォロー中」に変わる プッシュ通知が届かない場合は、相手のプロフィール画面を見て下さい。 「リクエスト済み」だったラベルが、このように「フォロー中」に変わっていたら、フォローリクエストは承認されたということです。 あなたは、このユーザーのフォロワーになり、自由に投稿を見ることができるようになりました。 念のためですが…、フォローを外したら、当たり前ですが、また見ることができなくなります。 拒否された場合は、もう一度、フォローリクエストを送ることができますが、「しつこい」という理由でブロックされるかもしれません。 ブロックされた場合は、二度と、そのユーザーと関わることができません。 放置されている場合 「リクエスト済み」のまま… 相手があなたのフォローリクエストに対して、何のアクションも起こしてない場合は、ラベルは「リクエスト済み」のまま、変わりません。 あなたのフォローリクエストに気付いていないか、気付いたけど忘れてしまったか、意図的に放置しているかなど、原因は様々です。 実に厄介なパターンですが、気長に待ちましょう。 「気付いてない」という確信があるのなら、フォローリクエストをキャンセルして、もう一回送るという手もあります。 リクエストをキャンセルする方法.

次の

Twitterで、フォローリクエストのやり方

フォローリクエスト やり方

フォローリクエストを送るにあたって、疑問に思いそうなことをまとめました。 この章の目次• フォローリクエストって何? 非公開設定のユーザー Instagramには、「プロフィールの非公開」という機能があります。 非公開にすると、フォロワー以外が自分の投稿を見れなくなり、また、誰かが自分を勝手にフォローすることができなくなる仕組みです。 要するに、自分が許可したユーザー以外には、投稿を見せなくできるというわけですね。 この、いわゆる非公開ユーザーの写真や動画を見るには、許可を得てフォロワーになる必要があり、その許可を得るための手続きが、この記事で紹介する「フォローリクエスト」です。 フォローリクエストを送って本人に無事、承認されれば、そこでやっと、フォロワーとして写真や動画を見れるようになるわけです。 フォローリクエストって取消できる? できます。 もし、フォローリクエストを取り消す前に、相手に「拒否」されてしまった場合は、フォローリクエストはそのまま破棄されるので何もする必要がありません。 「許可」されてしまった場合は、フォロー中になっているはずなので、そのフォローを外して下さい。 すぐに取り消したらバレない? 間違えてフォローリクエストを送ってしまい、すぐに取り消したとしても、基本的にバレます。 何故なら、フォローリクエストは、送った瞬間に、相手にプッシュ通知が届くからです。 もしも、相手が設定でプッシュ通知を受け取らない設定になっていた場合は、取り消せば何も残らないので、気付かれません。 けど、相手がどのように設定しているかなんて分からないので、バレていると認識しておきましょう。 そもそも論としてお話をすると、相手が知り合いでもない限りは、こういった誤操作は日常茶飯事なので全く気にする必要はありません。 例えば、「気になる知り合いのアカウントをこっそりと見ている時に、間違ってフォローリクエストを送ってしまった」などという場合は、証拠など消そうとせずに、正直に「フォロワーになりたい」と伝えましょうね。 リクエストと一緒にメッセージを送れる? フォローリクエストを送る際に、メッセージ コメント を添える機能は、2015年5月現在、ありません。 が、代替えとして、ダイレクトメッセージを利用することができます。 ダイレクトメッセージを利用する どうしても相手にメッセージを送りたい場合は、フォローリクエストとは別に、「ダイレクトメッセージ」を利用できます。 ダイレクトメッセージとは、自分をブロックしている相手以外になら誰にでも、個人的なメッセージを送ることができる機能です。 使い方は下記の記事をご覧下さい。 メッセージを送ることのリスク ただし、私、個人的に、「まだ関係のない人にダイレクトメッセージを送ることは絶対にやめた方がいい」と思ってます。 これは倫理的な観点からではなく、単純に機能の観点からです。 知らない人 あなた からメッセージが届くと、受け取った相手は、そのメッセージを「受信する 見る 」か「拒否する 見ない 」かを選択することができます。 相手がここで「拒否」を選択した場合、あなたは自動的に「無視リスト」に入れられ、以降、相手が解除しない限り、二度とメッセージが届かなくなってしまいます。 一度拒否された相手が次にダイレクトメッセージを送っても、存在すら認識されなくなるわけです。 知らない相手から個人的なメッセージを送られて、果たして相手は「受信する」を選択してくれるでしょうか? 一度拒否されたら終わりのシステムなので、送る前によく考えてみて下さい。 他のSNSを利用するという方法 フォローリクエストと一緒にメッセージを送りたい場合、リスクのあるダイレクトメッセージを利用するよりも、例えば、その相手がやっているTwitterやFacebookなど、他のSNSを利用してメッセージを伝えることができないか、検討してみましょう。 リクエストがすぐに消えちゃうのはなんで!? フォローリクエストを送っても、1秒も経たないうちにすぐに取り消されてしまうのは、相手があなたのことをブロックしているからです。 ブロックされたユーザーは、ブロックしたユーザーに対して、フォローリクエストを送ることができません。 ブロック機能については、下記記事で説明しています。 承認されたはずなのにフォローできてないのはなんで!? 例えば、非公開設定にしているリアルの友達にフォローリクエストを送って、その友達からは「リクエスト承認しといたよ〜」と連絡を受けたとします。 でも、Instagramの画面を見るとフォロー状態になっていないということがよくあります。 そんな時は、古い情報が残っている可能性があるので「リロード」をしてみて下さい。 プロフィール画面を下にスライドする 方法は簡単です。 相手や自分のプロフィール画面に移動して、画面全体を下方向にスライドさせて下さい。 画面に指をあてて、そのまま下方向に引っ張るイメージです。 リロードで情報が更新される 下方向に引っ張った後に指を離すと、リロード 再読み込み が始まり、新しい情報に更新されます。 そうすると、リクエストの承認が反映されると思います。 よろしければ試してみて下さいね! フォローリクエストを送る手順 この章では、非公開ユーザーにフォローリクエストを送る方法を紹介します。 iPhone版、Android版ともに、画面は同じです。 非公開ユーザーのプロフィール画面 例えば、「あらゆ」という非公開ユーザーの投稿を見たいので、フォロワーになりたいとしましょう。 普通は写真や動画が表示されているスペースに、「このユーザーは非公開です」という文字があって見れません。 タップした瞬間に、「〜さんからフォローリクエストがありました。 」というプッシュ通知が相手に届くので、ご注意下さい。 これで、非公開ユーザーにフォローリクエストが送られました。 あとは、相手がそのリクエストを承認するか、拒否するかを、決定するのを待ちましょう。 送られた相手はどうなるの? あなたがフォローリクエストを送ると、相手ユーザーは一般的に、次の手順を踏むことになります。 この章の目次• お知らせが届く スマホにプッシュ通知が届く あなたがフォローリクエストを送ると同時に、相手のスマホに、このようにプッシュ通知が届きます。 「おっ、何かな?」と、あなたのフォローリクエストに気付くことでしょう。 アクティビティの画面 アクティビティの画面にも、あなたからのフォローリクエストがあった旨の通知が表示されます。 なお、フォローリクエストをキャンセルした時は、この通知は画面から消えます。 そのため、相手がプッシュ通知をオフにしている場合は、すぐにキャンセルすれば、フォローリクエストを送ったことがバレないということです。 どんな人かを確認する 相手があなたのプロフィールを確認する 相手は「どんな人がフォローリクエストを送っているんだろう…」と、あなたのプロフィールや、投稿写真、動画を確認することでしょう。 このようにして、相手があなたをフォロワーにしてもいい 写真、動画を見せてもいい と思ったらフォローリクエストを「承認」するし、フォロワーにしたくない 写真、動画を見せたくない と思ったら「拒否」します。 あんたも非公開か〜い ちなみにあなた自身も「非公開ユーザー」の場合は、相手はあなたの写真や動画を見ることができない点にご注意下さい。 プロフィールのアイコン画像や名前、説明文のみで、どんな人かを判断しなきゃいけなくなります。 ほとんどの場合、得体が知れない人物としてフォローリクエストは「拒否」されるでしょう。 承認、または拒否する リクエストの承認、拒否 最後に、相手はこのような画面で、あなたのことをフォロワーとして承認して迎えるか、関わりたくないユーザーとして拒否するかを選択します。 ちなみに、面倒くさくて承認も拒否もしないで「放置」するパターンもあります。 送った側にとってはこれが一番厄介なんですが…。 リクエスト結果を確認する手順 この章では、フォローリクエストの結果を確認する方法を説明します。 この章の目次• 通知について プッシュ通知が届く 相手があなたを「承認」した場合のみ、このようなプッシュ通知が届きます。 設定でプッシュ通知をオフにしている場合や、相手が「拒否」をした場合は届きません。 承認された場合 「フォロー中」に変わる プッシュ通知が届かない場合は、相手のプロフィール画面を見て下さい。 「リクエスト済み」だったラベルが、このように「フォロー中」に変わっていたら、フォローリクエストは承認されたということです。 あなたは、このユーザーのフォロワーになり、自由に投稿を見ることができるようになりました。 念のためですが…、フォローを外したら、当たり前ですが、また見ることができなくなります。 拒否された場合は、もう一度、フォローリクエストを送ることができますが、「しつこい」という理由でブロックされるかもしれません。 ブロックされた場合は、二度と、そのユーザーと関わることができません。 放置されている場合 「リクエスト済み」のまま… 相手があなたのフォローリクエストに対して、何のアクションも起こしてない場合は、ラベルは「リクエスト済み」のまま、変わりません。 あなたのフォローリクエストに気付いていないか、気付いたけど忘れてしまったか、意図的に放置しているかなど、原因は様々です。 実に厄介なパターンですが、気長に待ちましょう。 「気付いてない」という確信があるのなら、フォローリクエストをキャンセルして、もう一回送るという手もあります。 リクエストをキャンセルする方法.

次の

Twitterで、フォローリクエストのやり方

フォローリクエスト やり方

フォローリクエストがきた! 僕のアカウントの元に、ある日突然 フォローリクエストが届きました。 フォローリクエストって、ずいぶん図々しいやつだな・・・ 「フォローして下さい」と上から目線で来るとは、なかなか・・・。 フォローリクエストを送ってきたのは全く知らない人でした。 しかも外国人。 呟いている言葉のどこにも日本語は見つかりません。 これって一体どういう意味なんでしょうか?要するに、自分をフォローしてくれっていう宣伝をところ構わずして回っているってこと?? フォローリクエストの意味ってなに? 調べて見たら、ちょっと僕は勘違いしていた様です。 フォローリクエストと言うのは「フォローして下さい」じゃなくて、「フォローさせて下さい」という意味。 これは非公開アカウントに対してフォローボタンを押したときに自動的に送られるものです。 この様に、フォローしたい対象があるとして・・・ そのアカウントが非公開アカウントであれば、フォローボタンを押すと上の様に「リクエスト済み」という表示が出ます。 そしてフォローリクエストをされた側には、上の様に、アクティビティの中にフォローリクエストが表示される、という訳です。 別に何も選択せずに放っておいても問題はありません。 という様に、フォローリクエストは非公開アカウントに対してだけ届きます。 それにしても、なんで僕のアカウントにフォローリクエストが来たんでしょうか?全然投稿のないアカウントなのに・・。 多分ですが、その人のアカウントは、やっぱり宣伝目的でたくさんの人にフォローリクエストを送ってる気がします。 その人のアカウントはフォロワー5000フォロー中500くらいの人気アカウントっぽいのですが、多分フォロー返しが来たらフォローを外しているのかな・・・?なんて思ったりします。 Twitterにはそういう自動ツールがありますからね。 Instagramにもあるのかも知れませんね。

次の