ディープ フェイク 無 修正。 ディープフェイク規制を急いではならない

あの芸能人や有名人がAVに!?フェイクポルノの実態!

ディープ フェイク 無 修正

ページコンテンツ• 現在は動画を合成する技術も進化していて、AIを使って偽物の動画、いわゆるフェイク動画がつくられる事例が増えています。 昨年は、米国の前大統領オバマ氏が、トランプ大統領ののしる動画が公開され、話題になりました。 先日は、米民主党のナンシー・ペロシ下院議長が酔っぱらってインタビューに答える動画が公開され、話題になっています。 これらは、誰かが意図的につくったフェイク動画です。 従来は、画像の音声だけを別のものに入れ替えて、元の動画とは全く別の内容にしてしまうアテレコや、音声を早回しにしたり、遅くして低い声にするような、簡単な方法で作られていました。 これらは「シャローフェイク」と呼ばれます。 現在は、AIを使って高度に合成する「ディープフェイク」と呼ぶ技術が注目されています。 マツコ・デラックスが力士になって、インタビューに答える動画 これは、よく出来ていますね。 体や声は、元の力士のものだと思います。 顔の部分だけマツコ・デラックスに入れ替えられています。 顔のすげ替えがすごく自然にできているのは、マツコ・デラックスの顔の輪郭が力士に似ているからでしょう。 表情は、違和感ないです。 全体を見れば、違和感があるのですが、顔に注目すると、本人が喋っているような感覚になってきます。 元の力士の声も、マツコ・デラックスに似ているのでしょう。 ディープフェイクとは、ここでは2つの動画を対応づける部分にAIが使われています。 まず、元の力士の目、鼻、口など、顔の要素を正確に認識し、その位置と動きを捉えます。 そして、別に用意しているマツコ・デラックスの動画か写真から、同様に、目、鼻、口など、顔の要素を正確に認識して、対応する部分に画像を貼り付けます。 画像を貼り付けるときに、引き伸ばしたり縮めたりしますが、これは従来技術で簡単にできます。 難しいのは、顔の要素を細かく分解して認識させ、別の画像と対応づけることです。 実は、AIは人間が「これが目」と認識するように、意味を理解していません。 あくまでもパターン認識で対応づけるので、間違えることが多い。 自然に対応づけるのは、かなり難しい技術なのです。 今のところは、少しぎこちない動きや表情になるので、よく見れば分かってしまいます。 でも、数秒程度の短い動画クリップだと、フェイク動画かどうかよくわかりません。 さらに、フェイク動画だとわかっていても、面白半分でTwitterなどで拡散されてしまうこともあるでしょう。 一旦広まったデマを取り消すのは大変です。 GAN(Generative Adversarial Networks)とは、敵対的生成ネットワークと呼ばれるこの技術。 入力データを大量に与えることで、データだけから特徴を抽出することができ、教師データと呼ぶ正解を人間が教えなくてもいい、という点が特長です。 GANは本物に似せてフェイク画像をつくる仕組みと、それを偽物かどうか見破る仕組みを、戦わせます。 偽札を作る人と警察が協力して、警察にもバレないような偽札を完成させるようなものです。 警察のレベルも学習によって上がるので、偽札づくりのレベルも、どんどん上がっていきます。 AIの中に、悪人と善人が同居して、お互いにレベルを上げながら、最終的に悪人が勝つ、という仕組みなのです。 GANは本来は善人を生み出すためにつくられたのですが、悪人をつくるためにも利用できてしまった、というわけです。 フェイク動画にGANを適用して進化させると、どんどん巧妙な合成ができるようになります。 巧妙になるディープフェイク動画を検出するツール開発の動きもあります。 でも、検索してみると、怪しいサイトに誘導されたり、有料だったりするので、素人は手を出さない方が良さそうです。 パソコンで動画合成する場合は、かなり高性能なCPUやGPU(グラフィックカード)が必要になります。 そうやって苦労して作った割には、出来上がった動画の品質はいまひとつだったりします。 話題になるほどの完成度に仕上げるのは、簡単ではありません。 従来は、かなりお金をかけても難しかったものが、現在ではある程度の投資で作れるようになった。 というレベルです。 自分で作るのではなく、ときどき話題になる動画を見て、へ~、AIの進化はここまで来たか、と確認する程度がいいでしょう。 では、代表的なアプリ、Webサービスをご紹介していきましょう。 FakeApp(動画のAI合成アプリ、無料) 高性能PCが必要です。 具体的には、高性能のグラフィックカード(NVIDIAのGPUチップ)が必要で、これだけで数万円から10数万円。 PC本体も併せると、パソコンのハードだけで20~50万円くらいかかりそうです。 さらに動画の合成には何時間もかかります。 ハードの性能が低いと、処理が完了するまで何日もかかります。 動画合成用の専用パソコンを用意して、気長に待つ必要があります FakeApp 2. 0 Tutorial (ソフトのインストールから、使い方まで解説) 3. FaceSwap GitHub、オープンソースのプログラム、開発ができる人向け) ソフトは無料ですが、自分でソフト開発できる環境が必要です。 かなり玄人で、細かい調整を自分でやりたい人向けです。 現在は公開禁止になっています。 今でも、いくつかのサイトではダウンロードできるような表示がありますが、本当に使えるのか怪しいです。 当然、本人のヌード写真が現れるわけはなく、顔だけ本人のものを残して、体の部分を他人のヌード写真から合成している筈です。 合成が自然にできれば、あたかも本人のヌードのように見えるというだけです。 手間をかければ、人力でも合成できますが、1クリックで簡単にできるようにしたところが凄い。 AIを使って、本人の顔画像から、合成しやすいヌード画像を探し出して、自然に合成するところまで、自動化したのでしょう。 ある意味単純作業ですから、AIが得意とする領域です。 技術が進歩すると、こういうソフトも簡単に作れるようになります。 でも、アップした個人の顔画像が永久にアプリ会社で再利用されてしまう、とんでもないプライバシーポリシーが設定されていたと、大ブーイングとなりました。 ビックリですが! 6. iPhoneで超簡単、ディープフェイク動画アプリ「Xpression」 iPhone(iOS)アプリで簡単にディープフェイク動画がつくれるアプリが登場しました。 現在も普通にダウンロードできて、使えます。 日本企業が開発しているのも安心なところ。 できるのは、口や顔の表情だけを入れ替えること。 顔自体を入れ替えることはできません。 でも、上手く使えば、パーティーとかで盛り上がるにはちょうどいい感じ。 真面目な使い方では、寝起きで頭ぼさぼさで電話会議に出るときに、このアプリを使えば、スーツで決めたカッコイイ姿で登場できる、とか。 色々な使い方を考えるだけでも、楽しいですね! 実は、このアプリ、「EmbodyMe」という日本のベンチャー企業が開発していて、高い技術力をアピールするデモソフトとしての役割が強いようです。 技術的には、顔自体を入れ替えることもできそうですが、そこまでやると悪用される可能性が高くなる。 技術力をアピールしながら、遊びの範囲で使ってもらうために、あえて機能を制限している感じです。 ここまで見てきたように、ディープフェイクの技術はどんどん進化しています。 しかし、まだ素人がフェイク動画をつくるのは簡単ではありません。 今後仮に、簡単につくれるようになっても、トラブルを避けるには、安易に手を出さないことが重要です。 一歩間違えれば、犯罪にもなりかねません。 目を疑うような動画を見たときに、簡単に騙されないこと フェイク動画かも? と思えるだけの、知識と心の余裕を持ちたいですね。 ではでは。

次の

アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

ディープ フェイク 無 修正

ページコンテンツ• 現在は動画を合成する技術も進化していて、AIを使って偽物の動画、いわゆるフェイク動画がつくられる事例が増えています。 昨年は、米国の前大統領オバマ氏が、トランプ大統領ののしる動画が公開され、話題になりました。 先日は、米民主党のナンシー・ペロシ下院議長が酔っぱらってインタビューに答える動画が公開され、話題になっています。 これらは、誰かが意図的につくったフェイク動画です。 従来は、画像の音声だけを別のものに入れ替えて、元の動画とは全く別の内容にしてしまうアテレコや、音声を早回しにしたり、遅くして低い声にするような、簡単な方法で作られていました。 これらは「シャローフェイク」と呼ばれます。 現在は、AIを使って高度に合成する「ディープフェイク」と呼ぶ技術が注目されています。 マツコ・デラックスが力士になって、インタビューに答える動画 これは、よく出来ていますね。 体や声は、元の力士のものだと思います。 顔の部分だけマツコ・デラックスに入れ替えられています。 顔のすげ替えがすごく自然にできているのは、マツコ・デラックスの顔の輪郭が力士に似ているからでしょう。 表情は、違和感ないです。 全体を見れば、違和感があるのですが、顔に注目すると、本人が喋っているような感覚になってきます。 元の力士の声も、マツコ・デラックスに似ているのでしょう。 ディープフェイクとは、ここでは2つの動画を対応づける部分にAIが使われています。 まず、元の力士の目、鼻、口など、顔の要素を正確に認識し、その位置と動きを捉えます。 そして、別に用意しているマツコ・デラックスの動画か写真から、同様に、目、鼻、口など、顔の要素を正確に認識して、対応する部分に画像を貼り付けます。 画像を貼り付けるときに、引き伸ばしたり縮めたりしますが、これは従来技術で簡単にできます。 難しいのは、顔の要素を細かく分解して認識させ、別の画像と対応づけることです。 実は、AIは人間が「これが目」と認識するように、意味を理解していません。 あくまでもパターン認識で対応づけるので、間違えることが多い。 自然に対応づけるのは、かなり難しい技術なのです。 今のところは、少しぎこちない動きや表情になるので、よく見れば分かってしまいます。 でも、数秒程度の短い動画クリップだと、フェイク動画かどうかよくわかりません。 さらに、フェイク動画だとわかっていても、面白半分でTwitterなどで拡散されてしまうこともあるでしょう。 一旦広まったデマを取り消すのは大変です。 GAN(Generative Adversarial Networks)とは、敵対的生成ネットワークと呼ばれるこの技術。 入力データを大量に与えることで、データだけから特徴を抽出することができ、教師データと呼ぶ正解を人間が教えなくてもいい、という点が特長です。 GANは本物に似せてフェイク画像をつくる仕組みと、それを偽物かどうか見破る仕組みを、戦わせます。 偽札を作る人と警察が協力して、警察にもバレないような偽札を完成させるようなものです。 警察のレベルも学習によって上がるので、偽札づくりのレベルも、どんどん上がっていきます。 AIの中に、悪人と善人が同居して、お互いにレベルを上げながら、最終的に悪人が勝つ、という仕組みなのです。 GANは本来は善人を生み出すためにつくられたのですが、悪人をつくるためにも利用できてしまった、というわけです。 フェイク動画にGANを適用して進化させると、どんどん巧妙な合成ができるようになります。 巧妙になるディープフェイク動画を検出するツール開発の動きもあります。 でも、検索してみると、怪しいサイトに誘導されたり、有料だったりするので、素人は手を出さない方が良さそうです。 パソコンで動画合成する場合は、かなり高性能なCPUやGPU(グラフィックカード)が必要になります。 そうやって苦労して作った割には、出来上がった動画の品質はいまひとつだったりします。 話題になるほどの完成度に仕上げるのは、簡単ではありません。 従来は、かなりお金をかけても難しかったものが、現在ではある程度の投資で作れるようになった。 というレベルです。 自分で作るのではなく、ときどき話題になる動画を見て、へ~、AIの進化はここまで来たか、と確認する程度がいいでしょう。 では、代表的なアプリ、Webサービスをご紹介していきましょう。 FakeApp(動画のAI合成アプリ、無料) 高性能PCが必要です。 具体的には、高性能のグラフィックカード(NVIDIAのGPUチップ)が必要で、これだけで数万円から10数万円。 PC本体も併せると、パソコンのハードだけで20~50万円くらいかかりそうです。 さらに動画の合成には何時間もかかります。 ハードの性能が低いと、処理が完了するまで何日もかかります。 動画合成用の専用パソコンを用意して、気長に待つ必要があります FakeApp 2. 0 Tutorial (ソフトのインストールから、使い方まで解説) 3. FaceSwap GitHub、オープンソースのプログラム、開発ができる人向け) ソフトは無料ですが、自分でソフト開発できる環境が必要です。 かなり玄人で、細かい調整を自分でやりたい人向けです。 現在は公開禁止になっています。 今でも、いくつかのサイトではダウンロードできるような表示がありますが、本当に使えるのか怪しいです。 当然、本人のヌード写真が現れるわけはなく、顔だけ本人のものを残して、体の部分を他人のヌード写真から合成している筈です。 合成が自然にできれば、あたかも本人のヌードのように見えるというだけです。 手間をかければ、人力でも合成できますが、1クリックで簡単にできるようにしたところが凄い。 AIを使って、本人の顔画像から、合成しやすいヌード画像を探し出して、自然に合成するところまで、自動化したのでしょう。 ある意味単純作業ですから、AIが得意とする領域です。 技術が進歩すると、こういうソフトも簡単に作れるようになります。 でも、アップした個人の顔画像が永久にアプリ会社で再利用されてしまう、とんでもないプライバシーポリシーが設定されていたと、大ブーイングとなりました。 ビックリですが! 6. iPhoneで超簡単、ディープフェイク動画アプリ「Xpression」 iPhone(iOS)アプリで簡単にディープフェイク動画がつくれるアプリが登場しました。 現在も普通にダウンロードできて、使えます。 日本企業が開発しているのも安心なところ。 できるのは、口や顔の表情だけを入れ替えること。 顔自体を入れ替えることはできません。 でも、上手く使えば、パーティーとかで盛り上がるにはちょうどいい感じ。 真面目な使い方では、寝起きで頭ぼさぼさで電話会議に出るときに、このアプリを使えば、スーツで決めたカッコイイ姿で登場できる、とか。 色々な使い方を考えるだけでも、楽しいですね! 実は、このアプリ、「EmbodyMe」という日本のベンチャー企業が開発していて、高い技術力をアピールするデモソフトとしての役割が強いようです。 技術的には、顔自体を入れ替えることもできそうですが、そこまでやると悪用される可能性が高くなる。 技術力をアピールしながら、遊びの範囲で使ってもらうために、あえて機能を制限している感じです。 ここまで見てきたように、ディープフェイクの技術はどんどん進化しています。 しかし、まだ素人がフェイク動画をつくるのは簡単ではありません。 今後仮に、簡単につくれるようになっても、トラブルを避けるには、安易に手を出さないことが重要です。 一歩間違えれば、犯罪にもなりかねません。 目を疑うような動画を見たときに、簡単に騙されないこと フェイク動画かも? と思えるだけの、知識と心の余裕を持ちたいですね。 ではでは。

次の

フェラクレス

ディープ フェイク 無 修正

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の