ゼータ ガンダム 3 号機。 【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム3号機 初期検証型 レビュー【ガンダムベース限定】

MG ゼータガンダム3号機P2型 レッド・ゼータ レビュー

ゼータ ガンダム 3 号機

概要 [ ] の試作型。 このシステムによりパイロットの思考が機体にダイレクトに反映されるため、コックピットの形状が独自の物となっている。 状況に応じて従来のコックピットと同じくに変形させることも可能。 フライングアーマーの形状は見直しが図られており、補助翼を排したデルタ翼に変更されている。 テールスタビライザーにはノズルを備えた4基の小型フィンが追加され、より細やかな姿勢制御が可能。 機体の各部には外部の情報を取り入れるためにフィン状のセンサーが追加されている。 武装は一般的な物を装備しており、サイコミュに関わるような兵装は装備されていない。 機体カラーの赤は当初予定されていたパイロットである「」の要望であったが彼はリタイアしたためがコードネーム「レッド・スネーク」としてパイロットを務めることとなった。 登場作品と操縦者 [ ] 『EVOLVE... 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] 変形 ウェイブライダー形態に変形可能。 この状態で大気圏突入が可能。 高高度迎撃用大型ブースター 大気圏離脱するための大型ブースターを装備可能。 サイコ・ニュートライザー 本機に搭載されているの一種。 このシステムを介することでパイロットの思考や動きが機体にダイレクトに反映される。 後の時代のやに似た機能とも言える。 サイコミュ・ジャック 敵のサイコミュシステムを自分の制御下に置く事を可能とする機能。 デメリットとして敵機のサイコミュから精神干渉を受ける危険性がある。 サイコフィールド サイコミュに起因して発生するエネルギーフィールド。 本機の場合ビームを弾いている。 武装・必殺攻撃 [ ] 60mmバルカン砲 頭部に2門内蔵されている。 WR形態時には使用不可。 ビーム・ピストル 取り回しの良いビーム射撃兵装。 グリップ部にはビーム・ナイフが収納されている。 ビーム・ライフルに比べ火力と射程が劣っているが、取り回しと連射性に優れる。 WR形態時にはグリップを折り畳み機体上部に装備される。 ビーム・サーベル 左右サイドアーマーに計2基収納されている。 ビーム・ガン WR形態ではビーム・ガンとして機能する。 2連装グレネード・ランチャー 両腕部に内蔵されている。 ワイヤー内蔵型に換装することも可能。 シールド 左腕に装備されているシールド。 本機用にフィン状のセンサーが追加されている。 WR形態では機首となる。 強度・耐熱性が高く武器としても使用できるが、センサーが内蔵されているため武器としての使用は推奨されない。 対決・名場面 [ ] 関連機体 [ ] 原型機。 商品情報 [ ] [ ] リンク [ ]•

次の

MG ゼータガンダム3号機B型 グレイ・ゼータ レビュー

ゼータ ガンダム 3 号機

「 」 MS のひとつである。 初出は2007年に発表された『』。 作中の軍事勢力の一つであるの試作MS。 『』で初登場したフレーム用特殊構造材「」を全身の内部骨格に採用しており、平常時の「 ユニコーンモード」から各部を展開・伸長してフレームを露出させた最大稼動モード「 デストロイモード」にするのが特徴。 『ガンダムUC』作中では、主人公「」が搭乗する白い と、当初敵対するがのちに共闘する黒い の2機が登場する。 原作小説での2機の違いはカラーリングと頭部アンテナの形状程度だが、後年発表された版(および)などではそれぞれの設定・変遷のみならず、襟部分の装飾や武装といった外観を変更することにより、さらなる差別化を図っている。 上記の2機に加え、『ガンダムUC』本編には登場しない金色の が小説版の外伝作品に登場。 後に、アニメーション映画『』(アニメ版から繋がる続編作品)において準主役機となっている。 デザイン [ ] デザイナーは。 設定解説 [ ] の再編計画の一環である参謀本部直轄「UC計画」の最終段階として開発された実験機。 0096年に、が保有する月面ので2機が完成した。 ガンダムタイプに区分されてはいるが、小説版でのみ正式名称は「RX-0 ユニコーン 」で、「ユニコーンガンダム」の名はいわゆる愛称である。 アニメ版および漫画版では、この小説版のシーンに対応する場面が存在しないため、「RX-0 ユニコーンガンダム」がそのまま正式名称となる。 時のにおいて限定的に採用されていた特殊構造材「」で機体の駆動式内骨格「」のすべてを構築した、史上初のフル・サイコフレーム機である。 サイコフレームの限界能力を実証すべく先行開発された、ユニコーンガンダムの「NT-D」発動時(デストロイモード)の実験機 「」のデータが反映されており、従来のサイコフレーム機を遥かに凌ぐ機体追従性を獲得している。 通常は、一角獣()の名の由来である額の一本角(ブレードアンテナ)とフェイスガードの被覆によってツインアイの露出域が非常に細いことが特徴となっている、「 ユニコーンモード」で運用される。 変身後は、各部に露出したサイコフレームがまばゆく発光する。 なお、最大の特徴であるブレードアンテナの形状から、作中では「ユニコーンモード」は「一本角」、「デストロイモード」は「角割れ」の通称で呼ばれている。 ガンダムタイプとして開発された理由については、地球連邦軍の再編計画における的な意味合いが強く、根絶における絶対的象徴として のほか、科学技術の力によってニュータイプ神話を打ち砕くための存在として 、ニュータイプ神話と共にあり続けた「ガンダム」以上にふさわしい機体はないという思惑があったのであろうと言及されている。 地球連邦軍参謀本部のUC計画担当幕僚であるミハエル・ユーリック中将からアナハイム・エレクトロニクス社の上層部への要求は、「地球連邦軍参謀本部が想定する所の、ニュータイプ兵器(兵器)との戦闘状況を、完全に制圧・掌握できる性能。 これこそがUC計画で開発・生産されるMSに求められるすべてである」という言葉であったとされ、この言葉が地球連邦軍にとってのUC計画がいかなるものかを端的に表していた。 しかし、劇中においてはそうした思惑とは裏腹に、1号機には本来の設計に相反するシステムが組み込まれた後、偶発的な要因から地球連邦でもジオンでもない民間人の個人に運用を委ねられ、ニュータイプの有りようを巡って中立的な立場で双方の勢力を転々とすることとなる。 また、2号機は1号機を回収するため、対立する勢力に運用されて幾度か死闘を繰り広げるが、最終的には1号機と共闘することになった。 他にも1号機と2号機、および3号機の予備パーツとして、ユニコーンガンダムをもう1機組めるだけのサイコフレームが用意されていた。 原作小説版『ガンダムUC』では「ラプラス戦争」における阻止作戦にて、宙域にそれらすべてをばら撒き、ユニコーンガンダムのサイコ・フィールドを増幅する媒介として使用している。 アニメ版『ガンダムUC』の「ラプラス事変」ではその展開こそカットされるも、後日談となる劇場アニメ『』においてがユニコーンガンダム用の予備サイコフレームを(サイコフレーム封印協定違反と知りつつ)収集し、RX-9 の装備や、ガンダムを守るとして利用している。 1号機の開発に関わった技術者に対しては「 ニュータイプ・ドライブ」の略であると説明されているが 、本来の意味は「 ニュータイプ・デストロイヤー」 、すなわちニュータイプを抹殺するシステムとして設計されたものである。 ただし、1号機のシステムは追加プログラム「」によって発動条件が変更されているため、アナハイム・エレクトロニクスの重役にしてバナージの異母兄であるには、もはや「ニュータイプ・デストロイヤー」とは呼べない「ニュータイプ・ドライブ」と呼ぶべき亜流のシステムであると評されている。 本来の「ニュータイプ・デストロイヤー」としてのシステムの発動条件は、額のブレードアンテナをサイコフレームと連動させ、敵のニュータイプパイロット、あるいは人工的にニュータイプ能力を付加されたパイロットの存在を感知させること。 実戦では、強化人間のやフロンタルなどとの戦闘時にシステムが発動する。 ただし、1号機は機体の外部だけではなくパイロットの感応波もするよう仕様が変更されており 、本機のパイロットがニュータイプであれば、システムに操縦している自分自身を感知させることによってある程度は任意で発動させることも可能となっている。 原作小説版では「ドライブ」への仕様変更は1号機のみであるとされているが、アニメ版では2号機の総合性能向上仕様であるも操縦者のパイロットの感応波を拾ってNT-Dを発動させる描写がある。 シナンジュから継承された 、パイロットの脳内操縦イメージを思考波として機体内部のサイコフレームに感受させ、機体の挙動へ直接反映させる思考操縦システム「 」により、通常の手動のみの操縦を凌駕する反応速度と動作精度を実現している。 このシステムは敵機パイロットの思考波も傍受できるため、敵の行動を先読みして攻撃できるうえ、機体とパイロットの交感状態が限界を超えた域にまで達すると、パイロットの思考のまま自分の身体のように機体を制御できるまでに至る。 以上の機能群によってデストロイモード時の機動性は瞬間移動と見紛うほど圧倒的であり、ニュータイプや強化人間でも視認はおろか気配を察知することすらできなくなる。 その際の加速は瞬間的に20Gに達するとされており 、あたかも分身しているかのような機体の残像を発生させる (この「分身」は、MSのカメラでとらえた映像がCG処理されるほか、コックピットモニター上に投影されるまでに要する時間よりも高速で、ユニコーンガンダムが移動しているがゆえに発生する現象である)。 それでもなおパイロットの反応が間に合わない緊急事態が発生した場合には、機体自身が独自に行動して対処する。 しかしながら、機体を制御できなければサイコミュの逆流によって「マシーンに呑まれる」と形容されるような、パイロットがNT-Dシステムに意思を支配されるまま処理装置の一部となって戦い続けるという危険な状態に陥ってしまう。 それに加え、高交感域まで達した状態で機体が損傷を受けると、その損傷のイメージまでパイロットに直接伝達するようになってしまうという危険性もはらんでいる。 何よりも20メートル級MSが人間と同様の動作をした場合、発生する(G負荷)によるパイロットの肉体的負荷は殺人的なレベルとなり、なおかつサイコミュによる精神的負荷も考慮すると、システムの稼働時間は約5分程度が限界となっている。 RX-0専用のパイロットスーツには、パイロットへのG負荷を緩和するために「DDS(ドラッグ・デリバリー・システム) 」と呼ばれる対G負荷用薬剤投与システムが搭載されており、パイロットに薬剤を投与することによって体内の血液循環を活性化し、Gによる循環の停滞を抑える役割を持っているほか、インテンション・オートマチック・システムによる機体とパイロットとの同期性の向上のため、ヘルメットには内部フレームにサイコフレームが採用され 、のパイロット用ヘルメットにも搭載されていたシステムも組み込まれている。 当該ヘルメットの後頭部には「NT New type device」と記載され、専用の認識コードで管理されていた。 アニメ版では、初のデストロイモード変身時に、のファンネルによるビームを、自身を中心とした球状の力場を展開することによって歪曲させる場面も見られる(ただし、この力場は常時展開しているわけではないようで、デストロイモード時には同様のビームに被弾するシーンもある)。 小説版では操縦補助以外にも、開発側が意図していなかった機能としてパイロットの意思を汲み取るこのシステムを搭載する「UC計画」によって誕生した3機(ユニコーン、バンシィ 、シナンジュ )は、パイロットの能力に呼応してサイコフレームが最大共振すると、時のと同様に、パイロットの意思を叶えるべく、機体から虹色の光の力場「サイコ・フィールド」を発する。 ユニコーンとシナンジュの最終決戦では、対峙する2機から放たれる虹色のサイコ・フィールドのぶつかり合いによってサイコフレームの非搭載MSでは介入不可能なほどの力場を発生させる などの超常的な戦闘を繰り広げ、他のMSとは一線を画する能力をみせている。 本システムと開発の目的(ニュータイプ駆逐)が類似したシステムとして、期に出身の研究者が開発した「」が存在するが、EXAMシステムはオールドタイプの搭乗を、NT-Dは強化人間の搭乗を想定して開発されているところに相違点がある。 それに加え、クルストは連邦・ジオンの区別にこだわっておらず、あくまでもニュータイプ自体の殲滅を最終目標としてEXAMシステムを設計していた。 また、ユニコーンガンダムの開発要求仕様書には、連邦軍側からの担当者の欄に「担当者:技術開発本部 アルフ・カムラ大佐」という名が記載されており 、この名は、一年戦争時にEXAMシステムを搭載したMSの担当技術士官であった大尉と同じ名前である。 サイコミュ・ジャック [ ] 相手の機体に搭載されているサイコミュを封じる、あるいは乗っ取る、対サイコ・マシン機能。 ユニコーンガンダムの場合は機体制御をNT-Dに移行した後、使用可能となる。 有効範囲は不明だが、本機はと同等とされる極めて高い演算処理能力を有しており 、ジャック機能を最大限に利用できる。 ユニコーンガンダムと、搭乗するニュータイプパイロットがインテンション・オートマチック・システムを通じて過剰に交感し、万が一NT-Dシステムの稼働レベルが制御域の数値を超えてしまった場合に備え、搭乗者の意思とは無関係に機体がオート1でこの「アンチェインド(繋がれざる者)」と呼ばれる形態へ移行する機能が備わっているとされる。 その姿は全身の外部装甲がデストロイモード時からさらに展開し、内部のサイコフレームがより広範囲に露出した姿となる。 だが、「ラプラスの箱」にまつわる争乱(『ガンダムUC』本編)ではユニコーンガンダムが本形態へ移行することはなく、1号機はサイコフレームの発光色が虹色に変化して全身に光の結晶体を発生させるという、開発者たちの想定をも超えたへの移行例が見られた (詳細は後述の「」を参照)。 漫画『』では、サイド7宙域にてNT-Dシステムの赴くままに活動するユニコーンガンダム3号機「」が、この形態に移行している。 その際におけるサイコフレームの燐光の強さは、本来の色を失わせるほどに至り、灯滅せんとして光を増すごとき暴威を振るったとされている。 1号機 [ ] 諸元 ユニコーンガンダム UNICORN GUNDAM 型式番号 RX-0 全高 ユニコーンモード時:19. 7m デストロイモード時:21. 7m 23. 7t 全備 42. 単に「ユニコーンガンダム」「ユニコーン」と呼ばれる機体は、基本的にこの1号機のことを指す。 その姿は、「」に描かれた、貴婦人の傍らに寄り添う神獣をデザインモチーフにしており、装甲色は純白で、サイコフレームの発光色は赤。 また、サイコフレームの最大共振時は発光色が赤から緑に変化し、全身に虹色の光のオーラをまとう。 このことから、ビスト財団が秘匿し続けてきた重要機密「ラプラスの箱」を解放するための唯一の「鍵」と言われている。 当機をもってニュータイプ専用機の開発はその到達点を迎えた が、同時に人が制御できない超常的な力を発揮するまでになってしまったため、以後のMSには当機の技術は具体的な継承はなされていない。 また、極めて特殊な事情を持つ当機の開発プロジェクトは、セクション毎に厳重な情報統制がなされており、たとえ開発に参画したメンバーであっても同等の機体を造ることはまずできない。 ビスト財団に強大な権力を与えることになった「ラプラスの箱」の所在地へと乗り手を導く「鍵」である。 このシステムが一定の条件下で発動すると、「ラプラスの箱」への手がかりとなるデータが開示される。 その条件下とは、ラプラス・プログラムが開示した座標でNT-Dを発動させることである。 まるで、人の争いの歴史の足跡を辿らせ、「箱」の解放の是非を乗り手に問うかのような旅へとバナージを導くこととなった。 武装 [ ] 本機の主力武装。 「マグナム弾」と呼ばれる専用(エネルギーパック)を最大5基連結し、1射で1基分のエネルギーすべてを使い切る代わりに通常のビーム・ライフルの4倍 、メガ・バズーカ・ランチャーと同等 の威力をもつビームを発射する。 ビームの軌道周囲にはビーム・サーベルと同質の紫電が散っており、これがかすめただけでもMSを損傷、撃墜しうる威力がある。 特にや戦艦などの大型目標に対しては効果的。 ただし、Eパックの携行数はマグナム本体に5発、腰部後方のアーマー左右に各5発ずつの予備を含めても最大で15発分。 そのため継戦能力が低く、また、高威力ゆえに取り回しが悪く、そのため周囲への被害が配慮される局面においては、しばしば後述のビーム・ガトリングガンを使用している。 銃本体は、非使用時にバックパックや腕部ラッチに固定して携行する。 その反面、反動も大きく 、RX-0シリーズ以外のMSが使用すると腕部に稼働不良を引き起こす。 アニメ版『ガンダムUC』では、のが1号機から奪い取って使用したあとに右腕が動作不能となっている(一方で漫画『』では、同じ系列であるが問題なく使用している)。 使用できるように改修がほどこされた機体もあり、外伝漫画『』ではバナージのが右腕をのものに換装したうえ、さらに補強を加えている。 また、『機動戦士ガンダムNT』では同じくバナージのが予備の右腕を複数搭載し、1射ごとに交換するシステムとなっている。 バックパックに2基と左右の前腕部ホルダーに1基ずつ、計4基を装備する。 いずれも通常時は基部で折りたたまれ収納されているが、必要に応じてグリップが180度展開する。 背部サーベルはデストロイモード時に展開され、額のアンテナと同様に本機のシルエットを「ガンダム」らしく変化させる。 両腕のサーベルは、デストロイモード時のみホルダーに固定したまま発生器を前方に180度回転させることにより、ののごとく、マニピュレータでマウントせずに使用できる。 この状態を「 ビーム・トンファー」と呼ぶ。 作中では、パイロットの感情が高ぶった場面において、出力の限界値を超えてビーム刃部分が膨脹・巨大化する現象が見られた。 アニメ版の大気圏突入中のシナンジュ戦では、ビーム刃が通常時より強化された状態で、機体の大きさを優に越えるコロニーの巨大な残骸を一刀両断している。 小説版でのとの最終決戦では、バナージが「亡霊は暗黒に帰れ!」と断じながら、最大出力を超える巨大なビーム刃を展開したユニコーンの両腕のビーム・トンファーで、シナンジュの機体を貫き決着を付けた。 この時のビーム刃は数百メートルにも至り、最終的にサーベルのグリップ基部が溶解・爆散してしまうほどであった。 280mm大口径対艦攻撃用無反動ロケット発射システム。 連邦系MSとしては標準的な実体弾火器。 非使用時は砲身を短縮した状態でバックパック中央部に固定される。 発射後に時間差で炸裂し、周囲にベアリング弾を撒き散らす特殊弾も使用可能。 砲身にはオプション装備用のレールマウントが備えられ、同じアナハイム規格のグレネード・ランチャーやミサイル・ランチャーを追加装備できる。 ビーム・マグナム用Eパック同様、弾頭の予備マガジンを腰部後方のアーマーにマウント可能。 60ミリ 多くの連邦系MSの頭部に内蔵される小型機関砲。 制式名称は「 ASG64-C1S 60mm近接防御機関砲」。 5発に1発の割合で曳光弾が仕込まれており、発砲中の射線修正が可能。 小説版のシナンジュとの初戦で使用されるが(チェック漏れに気付かず、小説の連載が開始してしまったため)初期の設定画には描かれていなかった。 その後の設定画稿から新たに描き足されており、小説の挿絵でも描かれるようになる。 その後年に製作されたアニメ版では最初から描かれている。 シールド 4枚の花弁状のサイコフレームパーツが「X」字型に展開し、中心部に対ビーム用の発生装置が露出する。 基本的にデストロイモード時に展開するが、ユニコーンモードのままでもIフィールドバリアとして機能する。 Iフィールドはパイロットが操作しなくても自動で展開され、戦艦クラスのビームでも跳ね返せる [ ]。 近接戦では、バンシィ・ノルンがビーム・サーベルをIフィールド発生装置の中心部に突き込んだ際には、サーベルのメガ粒子がフィールドの斥力方向と思われる外側に向けて吹き飛ばされ、バンシィ・ノルンの腕部も斥力に逆らって震えている描写がなされている。 物理強度も高く、多くの場面で活躍しているが、アニメでは1枚がバンシィ・ノルン戦においてサイコフレームが赤く輝いてはいたものの、至近距離からバルカンを受けて表層を砕かれ、同時に裏面のガトリング用Eパックが爆発したことにより、爆散して宇宙に消えている。 終盤ではバーニアなどの推進器が付いていないにもかかわらず、サイコフレームによって発生した物理的エネルギーで単独浮遊し、ユニコーンのインテンション・オートマチック・システムを介することで、ファンネルのように遠隔操作して用いた。 シールド先端部による打突攻撃と、裏側に装備された下記のビーム・ガトリングガンを用いたを行える他、この状態になってからのシールドは、のハイメガ粒子砲を受け止め、ミサイルの直撃を受けても傷ついていない。 なお、この遠隔操作状態は、プラモデルや関連書籍などでは「 シールド・ファンネル」と呼称される。 アニメ版では、サイコフレームパーツが「X」字型から左右1枚ずつ閉じた「/」型の状態へ変形したうえで3枚1組に連結して風車のような形状となり、サイコ・フィールド・バリアを発生できるようになる。 また、ネオ・ジオング(シナンジュ)のモニターでも「FUNNEL」と識別されていることが確認できる。 ビーム・ 本来は用に新造された4銃身式の大型ビーム。 パラオからの脱出時に1挺使用された(なお、アニメ版の初使用時にはのが完了するまで発砲できない描写がある)。 アニメ版でパラオ脱出時に使用した際は、遭遇した(「」仕様)を一方的に撃破する威力を見せた。 地上編で本機がクシャトリヤの母艦であるガランシェールに収容されて以降、ダカールの戦闘時から左腕シールドの内側に2挺を固定装備されている。 デストロイモード時に、サイコフレームが最大共振し緑色に発光する状態で使用。 小説版『UC』の外伝『』では3号機「」も、相手機体の胸部装甲に掌で接触して波紋状のサイコ・フィールドを注ぎ込むという、これに類似した所作(こちらは右の掌のみ)を行うことで、を臨時のコア・ユニットに代用したネオ・ジオングを、浄化するように内側から瓦解させている。 劇中での活躍(1号機) [ ] 重要機密「ラプラスの箱」を解放するというカーディアスの意思で「」に譲渡されるはずだった。 だが、宇宙世紀0096年4月7日、「ラプラスの箱」を巡る地球連邦軍、アナハイム社、ビスト財団、袖付きの各勢力の暗躍によって戦闘が発生、その混乱の中、瀕死のカーディアスの手によってインダストリアル7の工専学生で彼の息子であるバナージ・リンクスに託される。 その際、ラプラスシステムに彼のが登録されたため、他の人間が操縦することは不可能となる。 アニメ版における変更点は、下記にて逐次述べる。 なお、この小説版におけるバナージは、ユニコーンガンダム1号機と融合して意識が複合精神体となっていた。 同じく小説版『ガンダムUC』の外伝『』では、ユニコーンガンダム3号機「(小説版)」パイロットの強化人間(小説版)の肉体が消滅し、精神が全体の一部となった状態で機体に宿った状態になっていたが、関連性は不明。 フルアーマー・ユニコーンガンダム [ ] 諸元 フルアーマー・ユニコーンガンダム FULL ARMOR UNICORN GUNDAM 型式番号 RX-0 全高 ユニコーンモード時:19. 7m デストロイモード時:21. 7m 45. 1t 全備 76. 着想のもととなったのは『』の戦における、RX-78-2 の両手にハイパー・バズーカ2挺、背部にシールドとビーム・ライフルを装備した最終決戦装備。 「袖付き」の艦隊勢力との最終決戦を控え、彼我の戦力差を埋めるべくバナージの友人が考案したフルアーマー・プランを反映させた最終決戦仕様。 アニメ版ではタクヤが考案した強化プランを基にアナハイム・エレクトロニクス社のが調整して完成させた。 専用ゲームソフト『』では、タクヤが夢で見た強化プランを後に実案にしたとされる。 シールド3枚、ビーム・ガトリングガン6挺、ハイパー・バズーカ2挺、ジェスタ用グレネード・ランチャー、用3連装対艦ミサイル・ランチャー、用3連装ハンド・グレネード・ユニット4セット、脚部3連装ハンド・グレネード・ユニット左右各2セットと、機種を問わずに保管されていた武装を可能な限り搭載した結果、合計17門 にもおよぶ火砲を備え、MS単機として最大級の大火力を手に入れた。 背面には、流用追加武装によって増加した機体重量を取り回すため、宇宙用である94式のスラスター部を転用し追加マウント・フレームで接続した、プロペラントタンクを兼ねた大型ブースターユニットを備えている。 使用済みの武装はデッドウェイト化を避けるため、随時切り離せる。 なお、防御面においてはシールドが1枚から3枚に増えた以外に装甲(=アーマー)は追加されていないため、正確には「フルアーマー」と名乗ることが適切なのかといった旨が、原作小説の文章中でも触れられていた。 しかし、タクヤがこの強化プランに「 フルアーマー・ユニコーンガンダム」と命名して提出したことから、この名称で呼称されることとなった。 両前腕部と背中にシールドを合計3枚装備することで防御性能も向上しているが、本仕様の主眼はあくまで火力の増強にあるため、機体名称の「フルアーマー」は「armament=武装」の意だったと言える。 一見、寄せ集めで何ら計算されていないような強化形態に見えるが、タクヤは上手く帳尻を合わせて機体のアンバランス化を防いでいる上、これらの装備はデストロイモードへの変身も一切妨げないように考慮して取り付けられている。 背中の装備類も含めた全火器をリモートで使用可能となっており、パイロットの思考をダイレクトに機体へ投影させるユニコーンのと連動することで、パイロットによる目標の探知と呼応し、ある程度は自動で照準を行ってくれる上 、複数の対象に対して複数の武装で同時攻撃する戦法も可能であり、本機の仕様が継戦能力の向上のみならず「瞬間的な最大火力の行使」という本来の攻撃特性をも強化させている。 単純に大量の武装を装備させるだけならば通常のMSでも可能だが、通常のMSが搭載するメインコンピューターの情報処理能力では、これだけの武装を個別かつ最適にコントロールして運用することは不可能であり、量子コンピューターと同等とされるフル・サイコフレーム機の演算能力によって実現した運用方法と言え 、演算処理能力とインテンション・オートマチック・システムによる自動照準が合わさることで、その大火力の真価を発揮せしめた。 ゲームやプラモデル等では、サイコフレームが緑色に発光した、いわゆる覚醒状態で描かれる場合が多い。 しかし、『ガンダムUC』の小説・OVA共に全武装を装備した姿では、ユニコーンモードもしくはデストロイモードの赤く発光した状態で戦闘しており、覚醒状態になる頃にはほとんどの武器を使い切って手放した後であった。 それゆえ、全武装を装備した姿で覚醒状態になる場面は、本編中には存在しない。 だが、OVAシリーズをテレビフォーマットに再編集したテレビシリーズ『』のオープニングテーマ「Into the Sky」での映像では、サイコフレームが緑色に発光した状態で、上記の武装およびを装備して戦闘する姿が描かれた。 上記武装のほか、アニメ版では中破したより拝借したビーム・ライフルも一時的だが左手に装備し、照射時間を延長してなぎ払うように撃ち出す高出力射撃モード「ギロチン・バースト 」を他の武装と併用して上手く用い、敵戦線を崩し突破口を切り開いている。 光の結晶体 [ ] OVA『機動戦士ガンダムUC』episode7「虹の彼方に」(およびテレビアニメ『機動戦士ガンダムUC RE:0096』第22話「帰還」)の最後に登場したユニコーンガンダム究極の姿。 ユニコーンガンダムと搭乗者の親和性が極限まで高まった結果、サイコフレームから未知の結晶体が発生し、白い装甲部も押し破り変化した状態。 この全身から生成された光の結晶は、疑似サイコフレーム「 」である(サイコシャードの詳細は該当ページを参照の事)。 当該形態の名称については当初、アニメ版ストーリー(シリーズ構成)担当のがインタビューにおいて、便宜上の仮称として「 真ユニコーンガンダム」と呼称していた。 その後、『』では「 ユニコーンガンダム サイコシャード 」、フィギュア『Robot魂』では「 ユニコーンガンダム 結晶体Ver. 」として商品化されている。 を除けば、劇中最大級の戦略兵器である。 これを防ぐべく、バナージとリディはユニコーンガンダムとバンシィのサイコフレームを共振させ、二機のユニコーンガンダムが発生させたサイコ・フィールドにより、照射中のコロニーレーザーを相殺した。 その際、バナージの強い想いからサイコフレームが結晶化 し、この姿へと至っている。 約一分間のレーザー照射から、の防衛に成功した後には、スラスターとは異なる輝きは放ちながら機動し、手をかざすとサイコ・フィールドを放ち、ミネバ派の捕縛に迫る大部隊規模のMS群の核融合エンジンを停止させた。 アニメ版『機動戦士ガンダムUC』の続編『』では、宇宙世紀0097年頃には本機と2号機(バンシィ・ノルン)の二機が、宇宙世紀0096年時点の人類には扱いきれない 「シンギュラリティ・ワン」と呼称され危険視されている。 このため地球連邦政府とミネバ・ラオ・ザビにより、サイコフレーム研究も含めて2号機と共に・封印の処置が施された と公表されている。 しかしながら1号機については同作内において、なぜか何処かのハンガーで未起動のまま保管されている。 各種資料では、本形態の性能については詳細に触れられていないために不明確な部分が大きいが、上記の福井は「あの状態のバナージならば、地球上からすべての軍隊をなくすとか、そういうこともできてしまいます 」と述べている。 加えて福井は「結果的にバナージが戻ってきたからよかったですが、あのままユニコーンガンダムと一体化していたら、あの時点で宇宙世紀の物語はおそらく終了になっていたと思うんですね。 地球圏の全兵器を使えなくすることもできるし、過去に戻って争いそのものをなくすこともできる。 でも、そんなことをやられた日には、世界はめちゃくちゃになってしまいます。 おそらく今の三次元プラス時間というものすら維持できなくなる可能性もある 」とも述べている。 2号機 バンシィ [ ] デザイン(バンシィ) [ ] デザイナーは1号機に引き続き。 サイコフレームとアンテナの色は、誰もが好むコントラストを検討する中で、黒に対する差し色として黄色ないし金色がおのずと決まっていった。 頭部のデザインは敵側イコール「ジオン」のイメージで、隊長機のツノ的部品に見えるシルエットにしたとのこと。 アニメ版では、画面での視認性を考慮して襟元に金色の装甲が追加された。 設定解説(バンシィ) [ ] 地球連邦軍のでの重力下試験後、1号機の空間機動性能をフィードバックして調整された機体。 1号機が単に「ユニコーン」と呼ばれるのに対し、本機は「 」の通称で呼ばれる。 その姿は、カーディアスが所有していた「」に描かれた、貴婦人の傍らで神獣ユニコーンと対をなす猛獣をデザインモチーフにしており、ユニコーンを模した純白の装甲を持つ1号機とは対照的に、漆黒の装甲を持ち禍々しい雰囲気を漂わせる。 頭部アンテナは何本かの金色の角が一列に並ぶ鶏冠もしくは黒馬の立った状となっており、フェイスカバーの顎部には牙のような形状が見て取れる。 頭部アンテナはデストロイモード時に、デザインモチーフであるライオンの鬣 を模した形状となる。 1号機で得られた空間機動データが反映されているため、大気圏内での機動性は1号機を上回る。 本機体は作品媒体によって若干仕様が異なり、原作小説の『ガンダムUC』に登場した際の仕様である「 小説版」と、アニメ版『ガンダムUC』(および)に登場した際の仕様である「 アニメ版」が存在する。 アニメ版『ガンダムUC』で本機体が登場して以降は、プラモデルや各種ゲームでは特に何も注釈がない場合は「アニメ版」を扱い(小説版仕様を扱ったゲーム自体が存在しない)、小説版仕様の際には「小説版」と記載されるようになった(本稿では混同を避けるため、小説版仕様には関連商品同様「小説版」と、アニメ版仕様にも関連商品のように無記載ではなく「アニメ版」と機体名の後に記載する)。 他にもアニメ版には総合性能向上仕様である「」が存在し、またイベント上映作品『』には「」が登場している(双方とも詳細は後述)。 漫画版となる『』ではアニメ版のデザインで登場している(詳細はを参照)。 バンシィ(小説版) [ ] 諸元 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(小説版) UNICORN GUNDAM 02 BANSHEE 型式番号 RX-0 全高 ユニコーンモード時:19. 7m デストロイモード時:21. 7m 23. 7t 全備 42. 地球連邦軍の捕虜となりオーガスタ研究所で「プルトゥエルブ」として再調整を受けたマリーダ・クルスがパイロットを務める。 隊の旗艦に収容されるが、調整や整備はすべてビスト財団直属のメカニックとオーガスタ研究所の者によって行われる。 ユニコーン1号機と対決するも、バナージとジンネマンによる必死の説得と、自身の敵であるはずの「ガンダム」に搭乗しているという矛盾に気付き、マリーダの洗脳が解けたことで機能を停止した。 マリーダがジンネマンによって救出されて以降は、にてがパイロットを務めることとなる。 バナージが駆る1号機との死闘を繰り広げるが、マリーダの命を賭けての導きにより、リディが本来の自分を取り戻し人間が持つ可能性を信じるに至り、バナージに協力を誓う。 その後は、フロンタルのシナンジュを倒すため、1号機と共闘して最終決戦を挑んだ。 バンシィ(アニメ版) [ ] 諸元 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(アニメ版) UNICORN GUNDAM 02 BANSHEE 型式番号 RX-0 全高 ユニコーンモード時:19. 7m デストロイモード時:21. 7m 24. 0t 全備 46. 武装は右腕に射撃兵装の、左腕に格闘兵装のを装備する。 原作と同じく1号機と空中戦を繰り広げた後、マリーダが錯乱状態に陥ったことによって機能停止し、デルタプラスを破壊されたリディによって回収され、後述のに換装されて彼の専用機となる。 漫画版『』では、襟元のデザインはアニメ版と同じだが、ダカールでの戦闘では両碗のアームド・アーマーは未装備で登場。 武装を持たない「素手」の状態で、ユニコーンモードのままリディのデルタプラスの右腕を破壊し、機体をビルに叩きつけて戦闘不能にする。 トリントン基地でのミネバやマーサを乗せた輸送機の護衛以降はアームド・アーマーを装備するが、での1号機との交戦でアームド・アーマーBSを破損、への攻撃時にアームド・アーマーVNも破損している。 バンシィ U. 0095Ver. [ ] 諸元 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ(U. 0095Ver. ) UNICORN GUNDAM 02 BANSHEE U. 0095Ver. 型式番号 RX-0 全高 ユニコーンモード時:19. 7m デストロイモード時:21. 7m 23. 小説版のように首周りの形状が1号機と同型だが、武装は異なり、右腕に、左腕にビーム・マグナムを装備している。 これらの武装配置の違いは、搭乗していたパイロットの操縦特性によるものだとされている。 宇宙世紀0095年12月3日にアナハイム社のの指揮の下、連邦軍が独自に組み上げたとの合同評価試験に参加。 「袖付き」のニュータイプ専用分離可変機と交戦するが、フェネクスとのサイコフレームの共鳴により、フェネクスとも交戦状態になる。 この戦闘で胸部を破損したため、アニメ版の襟元のパーツへと改修されることとなる。 バンシィ・ノルン [ ] 諸元 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン UNICORN GUNDAM 02 BANSHEE NORN 型式番号 RX-0543 全高 19. 7m(ユニコーンモード時) 21. 7m(デストロイモード時) 27. 3t 全備 48. 新たにパイロットとなったリディ・マーセナス用に改修された総合性能向上仕様。 汎用性などに難があった両腕のアームド・アーマーを撤去し、装備選択で柔軟な運用が可能なリボルビング・ランチャー搭載型ビーム・マグナム、機動性と防御力を同時に高める、機体とパイロットの親和性を高めるを装備している。 これにより、非ニュータイプ、非強化人間であってもNT-Dを含む本機の能力を発揮できる仕様となった。 パイロットを務めたリディは、地球連邦軍には非ニュータイプパイロットとして査定されていたが、バナージとの戦闘の中でニュータイプとして覚醒した。 サイコフレームの発光色はプルトゥエルブ操縦時と同じく金色。 フルアーマー・ユニコーンやネオ・ジオングとの戦闘中にリディのニュータイプ的素養が高まった際には、サイコフレームの輝きがさらに増して発光色は金色からレッドゴールドへ変化した。 「ラプラス事変」最終局面では、ユニコーンガンダムとの二機でサイコ・フィールドを展開してを防いでおり、この時、バンシィとリディの親和性はさらなる域に達し、サイコフレームは緑色に輝いている。 「ラプラス事変」を経た宇宙世紀0097年頃には、1号機と同じく「現在の人類には扱い切れない」という意味で「シンギュラリティ・ワン」と認定されており、一号機(ユニコーンガンダム)解体の交換条件として同じく解体・封印処置を受けている。 リボルビング・ランチャー ビーム・マグナムの銃身下部に追加装着された、回転式の弾倉型オプション。 初代ガンダムのを強化したイメージで設定された。 用途に応じて収納された4種のユニットから選択可能で、近接防御用のビーム・ジュッテ、ボップミサイル、 MGaAP 、マイクロハイド・ボンブが装備されている。 リアスカートにはビーム・マグナム用Eパックと同様にランチャー用の予備弾倉もマウント可能となっている。 劇中では、クシャトリヤ・リペアードとの近接戦において弾き飛ばされる。 3号機 フェネクス [ ] デザイン(フェネクス) [ ] メカニカルデザインは引き続きカトキが担当。 1号機が白、2号機が黒というな選択だったので、3号機は思い切ってエキセントリックな方向に振ろうと金色に決めた(のではなかったかと思う)とのこと。 金色から不死鳥をモチーフとし、アンテナは閉じた状態ではに、広げると翼に見えるようデザインしたという。 劇場アニメ『』では、プロデューサーの小形尚弘はカトキに本機のデザインのリニューアルを依頼したが、「鳳凰といえば尾だけど、それがなかったよね」というカトキの提案があり、「尾」を付けただけに留まっている (詳細はを参照)。 設定解説(フェネクス) [ ] 諸元 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス UNICORN GUNDAM 03 PHENEX 型式番号 RX-0 全高 ユニコーンモード時:19. 7m デストロイモード時:21. 7m 23. 8t 全備 52. 通称となる「」とは、「」の一角を担う邪悪な不死鳥の名称であり、作品のサブタイトル「One of Seventy Two」の由来にもなっている。 「不死鳥」をモチーフとした 頭部アンテナの形状や黄金のカラーリングは、ユニコーンやバンシィと同様に「貴婦人と一角獣」に描かれた動物からコンセプトを得ており、その絵に描かれた鳥をイメージしている。 背部にを2基標準装備していのも特徴である。 宇宙世紀0095年、試験用に先行納入されたフル・サイコフレームの素体を元に、ユニコーンガンダム1号機と2号機の建造データを反映させて連邦軍が独自に組み上げたユニコーンガンダム3号機。 その出自にはUC計画にが関わることを良しとしないとある地球連邦軍参謀の思惑が深く作用している。 建造に関わった参謀Aは「これこそ真のRX-0だ」と自負するなどかなりの自信を抱いていたが 、準備稿のシナリオでアナハイム社のから「軍の沽券かなにか知らないけど、つまらない意地で勝手に3号機を造った人に言えることかしら。 」と皮肉を言われる。 なお決定稿でこのマーサの台詞はカットされている。 関節部や踵などの部位を除き、その人型はほぼ金一色で、鏡のように宇宙の星々を映す磨き抜かれた黄金の色をしている。 フェネクスと会敵したシェザール隊隊長イアゴ・ハーカナ曰く「全身の金色の装甲塗装は意外とステルス効果が高い」。 全身の金色の装甲塗装は耐ビーム・コーティングのためのエマルジョン塗装だが、そちらの方は気休め程度の性能しかないとされる。 コクピット内は耐G機能を強化した特性のとオールビュー・モニターが設置されており、コックピットの造りは標準的な連邦軍機のものと大差ない。 サイコフレームの発光色は青で、覚醒状態は他の機体と同様に緑。 暴走状態ではツイン・アイの発光色が黄色から赤色に、サイコフレームの発光色は青色からオレンジ色に変化するとも言われる。 また当初は、サイコフレームの発光色を黄色に想定し、装甲色を白と黒を基調とするを彷彿させるカラーリングを予定されるが、耐ビーム・コーティング塗装を試作することになり、廃案となっている。 フェネクスはRX-0の特徴であるNT-Dを発動させると、本体装甲と背面部のアームド・アーマーDE2基を同時に展開する。 広げた両翼を想起させる人形のシルエットは、青いサイコフレームの輝きと共に、自身が不死鳥モチーフのガンダムであることを完全に表す。 劇中での活躍(フェネクス) [ ] 映像作品『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』 宇宙世紀0095年12月3日にマーサの立ち会いのもと、との合同評価試験を実施。 「袖付き」のNT専用MSとの交戦中、NT-Dを発動させたバンシィの優位に焦る連邦軍ラーソン中将の指示により、NT-Dのリミッターを解除される。 その後、バンシィとのサイコフレームの共鳴によって暴走し、標的をリバウからバンシィへ変更して撤退させた後も暴走は治まらず、最後にはラーソン中将の座乗する戦艦「」のブリッジを破壊し、多くの死者を出す。 その後、本機は行方不明となる。 漫画『』 宇宙世紀0096年1月、サイド7宙域での輸送艦「アンヴァル」およびアイリッシュ級「」と、ジオン軍残党のムサイ級「メイルメル」との戦闘終了直後に突如出現。 子供たちの乗るスペース・ランチに発砲し1隻撃墜、他のランチや、を救出したをも狙う(を通して観戦する大佐は、その中にニュータイプの子供たちが存在していると確信する)。 との近接戦闘中、装甲を解放しデストロイ・アンチェインド状態になるが、との合体によるのパワーの前に機能を停止。 本機はロック麾下の新生フレスベルク隊によって回収される。 月の裏側にある研究施設でコックピットを強制解除するが、内部は無人であった。 その後を装備(前日譚に当たる『』のエピローグでも同様のエピソードが描かれている)。 なお、この時期にユニコーンガンダム1号機の初の実戦参加が報告されている。 「袖付き」・連邦軍の混成部隊との決戦の際には、ナイトロ隊の1機として出撃。 によって拉致されナイトロに精神を侵されたGファーストのパイロット、中尉が搭乗。 ジョリオンに替わってがパイロットを務めるGファーストDXと交戦し、リバウがアームド・アーマーXCを破壊することにより機能を停止する。 ジョリオンがコックピットから救出されると、本機は無人のまま飛び去っている(の残留思念体の発言によれば「俺みたいな先客がいた」とのこと)。 短編小説『』 本作はあくまで小説版『機動戦士ガンダムUC』の設定に沿った外伝小説であるが(小説版本編には登場しない)、のちの劇場アニメ『』は本作をモチーフとしている。 宇宙世紀0096年の「ダカール事件」が起こって1週間ほどのち、連邦軍の特務部隊「シェザール隊」が行方不明となっている本機を捜索・捕獲する作戦を開始。 3日目に本機と遭遇するも翻弄され、見失う。 『One of Seventy Two』で描かれた評価試験の際に本機に搭乗していたのはであることが本作で明らかになるが、暴走により肉体を失っており、本機を代わりの「容れ物」として約半年もの間宇宙を漂う。 リタは、幼馴染でありシェザール隊に所属する中尉を導き、本機の力を用いての手に渡る前に「今の人の世界に存在してはならないもの」であるネオ・ジオングを破壊しようとする。 L1ジャンクション跡でシェザール隊はふたたび本機と遭遇するが、本機はヨナのを曳航する形で、近くでネオ・ジオングを輸送する「袖付き」の巡洋艦のもとへ連れて行く。 ヨナ機はムサカ級の撃沈に成功するが、をコア・ユニットとしてネオ・ジオングが起動。 交戦の末、ヨナは乗機が大破する直前に本機に乗り移り、本機はデストロイモードに変身。 ネオ・ジオングのサイコ・シャードの「効果」によって武装のすべて(アームド・アーマーDE、ビーム・サーベル、頭部バルカン砲)を破壊されるも、本機の右手でヤクト・ドーガの胸部に触れるとサイコ・シャードは砕け散り、本機の背後に100メートルを超える巨大な「翼」を形成。 その翼がネオ・ジオングを抱くように閉じ合わされると、同機は細かなパーツに分解され、翼がまばゆく輝くと同時にそれらは蒸散される。 その後、本機はヨナを残して姿をくらまし、ヨナはシェザール隊の同僚たちに救助される。 フェネクス(ナラティブVer. ) [ ] 諸元 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(ナラティブVer. ) UNICORN GUNDAM 03 PHENEX NARRATIVE Ver. 型式番号 RX-0 頭頂高 19. 7m(ユニコーンモード) 21. 7m(デストロイモード) 23. 8t 全備 52. 4t 3,890kW 206,770kg 60mmバルカン砲 ビーム・サーベル(ビーム・トンファー) メガ・キャノン 搭乗者 劇場アニメ『』に登場。 これまでのデザインと異なり、2基のの下部にの尾をイメージしたテール状の姿勢制御用スタビライザーが追加されている。 また、スタビライザーとのバランスを取る形でアームド・アーマーDEの取り付け位置も上寄りに変更された。 上記『One of Seventy Two』で描かれた「エシャロット事件」の『NT』劇中での記録映像でもスタビライザーは装備した状態で描かれており、本機が行方不明になる以前からもともと装備されていた設定となった。 しかし、重量の数値は従来設定のままとなっている。 パイロットがであった事、最終決戦で主人公ヨナ・バシュタが一時的に搭乗するのは『NT』のモチーフに当たる短編小説『不死鳥狩り』と同様。 リタはにより 、を介して魂をフェネクスと一体化させている。 その有り様は、曰く「意識みたいなものは残っているが、命ではない」 、には「生きた人間を媒介にしなければ何も出来ない、抜け殻、影のようなもの」と表現された。 ユニコーンモード時にもサイコフレームの燐光が装甲の隙間から常に漏れているという表現も、ナラティブver. の特徴である。 劇中では、青い燐光を揺らめかせながら、推進剤を使わずの力によって変幻自在の機動を見せる。 加速力も凄まじく、メーティス離脱時には短時間で、クラップ級宇宙巡洋艦のレーダー長が「ほとんど光の速さ……」と驚嘆する速度に達している。 そのほか、加速力に言及した場面として、小説版では接敵したシェザール隊が「ビーム光より速いのか!? 」と驚愕している。 これらの「能力」について、本作のを担当した福井は、フェネクス(ナラティブver. )は天界から力を得て動いており、それはいまの世には行きすぎた力。 オーパーツであると述べている。 リタの意思によって動いている際は基本的にユニコーンモードで動作し、で軽やかな仕草や動きで演出されており 、前述のテール状のスタビライザーもリタの髪をイメージにだぶらせるような動きがつけられている。 過去のエシャロット事件の場面、およびヨナが搭乗する場面でのみデストロイドモードとなるが、両者の場面ではツインアイの色が異なる演出となっている。 能力(ナラティブVer. ) [ ] サイコ・フィールド フェネクス(ナラティブver. )の掌から放たれるがを媒介として生み出される力場「」。 の複合特殊兵装「」(側面被弾時)、ナラティブガンダム B装備の、そしてIIネオ・ジオングのアームユニット2基をこの能力で分解している。 不可思議な効果を発するが、上記のサイコ・キャプチャー(キャプチャー・フィールド)により防御される場面もあった(=宇宙世紀0097年ので一定の対抗が可能)。 劇中での活躍(ナラティブVer. ) [ ] 宇宙世紀0095年、性能評価トライアルとしてととの間で模擬戦闘訓練を実施したとされており、この戦闘でフェネクスはNT-Dを発動して制御不可能な暴走状態へ突入。 試験評価員が乗ったのに攻撃を加え戦闘空域から離脱し、パイロットであるリタも含めて機体は行方不明となったとされる。 いくつかの目撃情報はあるが、宇宙世紀0096年の「ラプラス事変」時にも鹵獲には至らなかった。 『NT』の設定でのエシャロット事件の詳細については、大森倖三によるコミカライズ版で第8話から第10話にかけて語られており、『One of Seventy Two』や小説「不死鳥狩り」とは細部の展開が異なりつつも、マーサが見守る中、バンシィとの模擬戦が行われ、袖付きの機体の乱入をきっかけに暴走したフェネクスがバンシィを撃墜し、ラーソン中将や研究員、オペレーターらが乗艦するエシャロットを撃沈するという、従来の設定に準じた展開が描かれている。 宇宙世紀0097年、 近傍の暗礁宙域にて、地球連邦軍のシェザール隊によって捕獲作戦が行われる中、ルオ商会によって投入されたと交戦状態に入る。 フェネクスのパイロットがリタであることを知っているナラティブのパイロットのヨナは、攻撃を一時中止してワイヤーによる接触通信で呼びかけを試みるが応答はなく、そのままナラティブガンダムを振り切って逃走した。 その後、(所在は不確かな部分がある、ともされる )の学園都市コロニー「メーティス」にて、の大尉が乗ったと戦うのの共鳴に惹かれ現れる。 スタインを攻撃しナラティブを助けるが、その場でナラティブのNT-Dが発動したことで攻撃を受け、無線によるで一旦は完全に機能を停止する。 だが、暴走してをサイコミュ・ジャックしたヨナを救うため、を放ちインコムを分解して自らを戒めから解き放つ。 ヨナを説得しナラティブを鎮めた後は再び何処かへと飛び去る。 3度目は、ゾルタンが駆るIIネオ・ジオングがサイド6のヘリウム3備蓄基地に現れた際、これを破壊するために姿を現す。 あの世から遣わされたフェネクスが地球圏に出現したのは、IIネオ・ジオングが世界に壊滅的な破壊をもたらすことを悟り、それを防ぐべくヨナの力を借りるためであった。 その場に駆けつけた のの残存部隊がIIネオ・ジオングにジャックされ、彼らを犠牲にしないように戦ったために苦戦し、捕獲されてしまう。 しかし、その場にが駆けつけ、フェネクスと共闘したことで持ち直す。 援軍に駆けつけたやシェザール隊、サイコフレームの試料を戦場に撒いて共鳴させ、フェネクスを援護しに現れたの援護を受けつつ善戦し、傷ついたナラティブガンダムから脱出したヨナをコックピットに受け入れ、IIネオ・ジオングと対決。 激しい死闘の末、IIネオ・ジオングの数倍にも達するまで膨張したビーム・サーベルにより、3基のアーム・ユニットによる斉射を割り、高速機動によりサイコシャードとハルユニットを両断。 ヨナはゾルタンに戦いの終わりを呼び掛けるも、なおシナンジュ・スタインを分離させて迫る彼をビーム・トンファーで貫き決着をつける。 だが、操縦者であるゾルタンの今際の際の怨念はシナンジュ・スタインから溢れ出して周囲のヘリウム3貯蔵タンクをすべて爆破し、その余波でスペースコロニー3つを破壊しようとする。 破壊されたコロニーの破片が落着すれば地球に壊滅的被害がおよぶことを悟ったリタは、フェネクスから凄まじいほどに巨大な翼を出現させ、周辺宙域を包む。 そして、未知の輝きはタンク1基の爆発による破片の飛散さえも無いよう、臨界状態だったヘリウム3を基底状態へ戻し、宇宙に静けさを取り戻す。 目的を果たした後、フェネクスはヨナを降ろし、幼い頃のリタの願いだった「生まれ変わったら鳥になりたい」を叶えるかのように、2枚の翼を広げて銀河の中心へ旅立っていった。 アームド・アーマー [ ] RX-0シリーズ用の増加装備。 サイコフレーム同士の共鳴性に着目した技術者によって試験的に開発された増加サイコフレーム兵装で 、ユニコーンモードでもすべての機能が使用可能とされる。 いずれも、装備する機体に合わせて塗装され、サイコフレームも機体と同じ色に発光する。 原作小説版には登場しない装備であり(追補小説には登場)、アニメ版『UC』の設定創作を担当した関西リョウジによれば、ストーリー後半で昔のMSだけでなく映像オリジナルのMSでのインパクトが必要と考え、単純に新規武装で終わらない、RX-0専用に作られた継続性のある装備としてアームド・アーマーが設定されたという。 さらに、バンシィがアームド・アーマーをエピソードごとに各部位に装着し、最終的にそれらすべてを1号機が装着するという「パーフェクト・ユニコーンガンダム」ともいうべき計画もあったが、アニメでは実現しなかった(のちにゲームでとして結実)。 脚部に装備するパーツは登場していないが、ある程度の方向性は模索されていたとのこと。 ハイパー・ビーム・ジャベリン プラモデル『 Ver. ka』に付属したのが初出。 福井からのイメージ(『』放送当時、が発売した玩具『ガンダム DX合体セット』に付属した武器の「ソードジャベリン」をもとにしている)を受けてカトキがデザインした。 アームド・アーマー・シリーズのプロトタイプ。 斧と槍の機能を合わせたに類する武装であり 、MSの頭頂高ほどある長い柄をもつが、柄から伸びるグリップを握る形となっている。 先端にはジャベリン型とアックス型の2種のビーム刃を発生させるビーム発振部をそれぞれ備え、これらにはサイコフレームが内蔵されており、展開時にはスライドして一部露出する。 柄を折り畳むことで収納形態になるが、2つ折りのショート・ジャベリン形態でシールドに取り付けることも可能。 ジャベリン型のビーム発振部は取り外して柄尻部分へ移動させたり、ビーム・マグナムへの取り付けも可能。 小説版およびアニメ版本編で1号機は装備しないが(テレビ版『Re:0096』のオープニング映像ではが装備)、アニメ版ではネェル・アーガマに搬入されていた1基(ビーム発振部は1号機に合わせた白でサイコフレームは赤、柄はグレー)の柄を切り詰め、の失われた左前腕部の代わりに接合されるが、との戦闘で軽くいなされたあとに叩き折られている。 漫画版『バンデシネ』では、バンシィ・ノルンが装備している。 第14巻表紙によれば、柄の部分も含め機体色に合わせた黒で塗装されている。 アームド・アーマーBS が右腕に装備する射撃武装。 "BS" は "Beam-Smartgun"(ビーム・スマートガン)の略。 カトキの「もっと凶暴なキャラクター性を出したい」との提案から、のビーム・スマートガンやのフィン・ファンネルを参考にしている。 通常は前腕部甲に2つに折り畳まれており、この状態でも内蔵されているセンサー・ユニットからサイコミュで随時データをパイロットに伝達することでセンサー能力が大きく向上する。 射撃時には手を覆うように展開し、センサー・ユニットから得られた空間データを伝達し、その感応波をインテンション・オートマチック・システムを介して フィン状のビーム偏光器と連動させることで高精度の「予測照準」を可能とする。 のフィン・ファンネルと同じ開放式バレルを採用しており、ビーム・マグナムより威力は低いが、必要十分以上の性能をもち、照射時間も長い。 また、ビームを歪曲しての射出も可能。 アームド・アーマーVN バンシィ(アニメ版)が左腕に、が右腕に装備する近接格闘用武装。 "VN" は "Vibro-Nail"(ヴァイブロ・ネイル)の略。 パイロットの感応波を受信した際のサイコフレームの大幅な強度向上、すなわち「強靭性」のみに注目して開発される。 BSと異なり通常時から手を覆うように装備されているが、外装にコーティングがほどこされているため通常のシールドと変わらない耐ビーム性能をもち、サイコフレームの強靭さを利用した質量兵器としても極めて優秀である。 展開時には獣の爪を模した4本のクローとなり 、いわゆる超振動破砕兵器として内部構造を粉々に破壊することが可能。 ビーム・サーベルより場所を選ばない強力な近接兵器である。 なお、装備時もビーム・トンファーの展開は阻害されない。 『UC』の総作画監督・メカニカルデザインを担当した玄馬宣彦によれば、シールドでも防げない最強クラスの近接兵器(だと思う)とされ、1号機でも当たったら危険だっただろうとのこと。 アームド・アーマーDE 漫画版『』で1号機が単体で装備したのが初出で、その後やにも装備された。 "DE" は "Defense-Extension"(ディフェンス・エクステンション)の略。 RX-0シリーズのシールドの機能拡張を主目的とする、最初期に開発されたアームド・アーマー。 シールドに増設する形で、宇宙空間での機動力の強化のためのスラスターと、先端部(腕部にシールドを装備した際の上部)に広域攻撃手段のためのメガ・キャノンを内蔵する。 デストロイモードでは本装備も形状を大きく変え、デストロイモードの機動をさらに鋭くし、メガ・キャノンの狙撃性能も正確さを増す。 スラスターは上部に4基、下部に2基、いずれもウィング状に展開する部分にあり、背部に装備した状態では可変MS並みの大推力を得、行動範囲の拡大に貢献している。 先端には蓋付きのグリップがあり、取り回しやすくなっている。 『バンデシネ』では、ネェル・アーガマに搬入されていたものの、1号機の開発に関与したでさえアームド・アーマーの存在を知らなかったため検証作業に時間がかかり、旧首相官邸ラプラスの調査の際にに装備して初出撃。 デストロイモードに変身し、本装備の推力も加えて大推力のに追い付き、ビーム・トンファーで切り刻む。 ガランシェールに収容されての地球降下後、ダカールの戦闘で本装備は一旦外され、シールドにビーム・ガトリングガンを装備して戦闘に参加。 その後、連邦軍トリントン基地およびに潜入したたちがビスト財団のコンテナから発見して奪取し、ふたたび1号機がシールドに装備する。 また、同作品のは3基のシールドすべてに本装備を増設している。 アニメ版『UC』では1号機は装備しない。 バンシィ・ノルンの本装備はのファンネル・ミサイルを防御した際に破壊される(この時点ではシールド自体は無事)。 フェネクスは、本装備2基を「ブレード・ルート・フレーム」を介して バックパックに接続しており、爆発的な加速力を発揮する。 シールドのサイコフレームで推進機関なしに遠隔誘導できることから、漫画『ラスト・サン』では背部から前腕部に誘導させてメガ・キャノンの発射体制をとっている。 劇場アニメ『NT』ではファンネルのように自在に誘導しているが、メガ・キャノンは使用せずに打突攻撃をおこなっている。 アームド・アーマーXC がバックパックに装備し、デストロイモード時には上方に展開してのような状態となる。 "XC" は "Xeno-Connect"(ゼノ・コネクト)の略。 漫画『』では、フェネクスにも一時的に装備される。 後期に開発されたアームド・アーマーで、ジェネレーター出力の強化に加え 、頭部ブレード・アンテナと連動する拡張機能をもち、パイロットと常時接続をおこないつつ 、敵性サイコミュ搭載MSが発する感応波の受信能力、および本機のパイロットの感応波の送信能力を増幅させることで NT-Dの発動条件を緩和し 、発動後もパイロットとサイコミュのより高い親和性を維持する。 これにより、ニュータイプ以外がパイロットでもデストロイモードでの高い戦闘能力を発揮することが可能となっている。 中央にはマウント・ラッチがあり、本装備状態でも背部にシールドをマウント可能。 本装備の開発には、かつて存在した「忌むべき技術」が少なからず関係しているとされる。 漫画『ラスト・サン』では、本装備は一般人にニュータイプ的な能力を与える代わりに強化人間化させてゆく「」システムの研究施設で開発されており、というRX-0の「実機」を入手したことで要求スペックを満たす。 フェネクスに装備されるとともににも渡されるが、後者はナイトロの関連を匂わせない「余所(よそ)行き」のものとされる。 アニメ版『UC』では、バンシィ・ノルンの本装備はとの戦闘で、サイコシャードによるビーム・マグナム用Eパックの爆発に巻き込まれ、シールドとともに破壊される。 なお、同機の運用データによれば、リディは自身の「力」だけでNT-Dを発動させていたという。 『ラスト・サン』では、フェネクスの本装備はののビーム・サーベルによって破壊される。 その他 [ ] フルアーマー・ユニコーンガンダム・プランB [ ] 諸元 フルアーマー・ユニコーンガンダム・プランB FA UNICORN GUNDAM [PLAN B] 形式番号 RX-0 頭頂高 20. 7m 32. 1t 全備 63. 9t ビーム・マグナム ハイパー・ビームジャベリン アームド・アーマーBS アームド・アーマーVN アームド・アーマーDE アームド・アーマーXC等 『』に登場。 各種アームド・アーマーの存在を知ったタクヤが考案したもう一つのフルアーマー・プラン。 1号機をベースに背部にアームド・アーマーXCとアームド・アーマーDEが2基、右腕にアームド・アーマーBS、左腕にアームド・アーマーVN、携行武器としてハイパー・ビーム・ジャベリンを装備。 頭部ブレードアンテナの展開面の配色と、サイコフレームの発光色は青色に変更されている。 ユニコーンガンダム ペルフェクティビリティ [ ] UNICORN GUNDAM PERFECTIBILITY フルアーマー・ユニコーンガンダム・プランBのアームド・アーマーDEに、と同じスタビライザーを追加した仕様。 2018年8月に、翌年2月発売の『機動戦士ガンダムUC Blu-ray BOX Complete Edition』の特典としての本機のガンプラが付属することが発表されたのが初出。 同年9月末から上映のWALL-G特別映像『機動戦士ガンダムUC ペルフェクティビリティ』では、バナージが搭乗しネェル・アーガマを発艦、ネオ・ジオングと交戦。 サイコシャードによる武装破壊でほとんどのアームド・アーマーを破壊されるが、残存していたヴァイブロ・ネイルは決め技として使用される。 また、同時期にガンダムベース限定でのガンプラ(デストロイモード)が発売された。 さらに2019年7月にガンダムベース限定でMG版も発売された。 G-フェネクス [ ] 宇宙世紀の次の世紀「リギルド・センチュリー」を舞台とした作品『』の外伝として、ガンダムフロント東京にて限定イベント上映された映像作品『』に登場する機体。 の大尉がパイロットを務める。 キャピタル・アーミィが「ヘルメスの薔薇の設計図」に記載されていたユニコーンガンダム3号機「」のデータを基に、リギルド・センチュリーの技術をもって復活させた機体。 キャピタル・アーミィにおける型式番号は「CAMS-RX0 」。 その全身は黒いメタリック装甲で、サイコフレームの発光色は赤となっている。 キャピタル・タワーに漂着した宇宙世紀のサイコフレーム素材を回収し、再現製造が可能となる。 武装もユニコーンガンダム3号機と同様のものをすべて再現している。 その内部フレームが露見する特殊モード(デストロイモード)発動時には、フォトン・バッテリー由来とは異質の光を放つ。 劇中ではユニコーンモードで登場し、にてと交戦。 マスクが武装の特性を知らず扱いきれていなかったこともあり、可変機構を上手く利用して戦うG-アルケインに優位に立たれ、一時は機能不全に追い込まれる。 だが、その事態にコンプレックスを刺激されたマスクの怒りに呼応するかのようにデストロイモードへ変身。 圧倒的な力でG-アルケインを退け、救援に来たをも圧倒するが、最終的にの思いに呼応して未知の力を発揮するG-セルフに敗れ、機能を完全に停止する。 実物大ユニコーンガンダム [ ] 実物大ユニコーンガンダム(じつぶつだいユニコーンガンダム、正式名称: RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC TOKYO WATER FRONT CITY )は、RX-0ユニコーンガンダム(1号機)を設定通りに全高19. 7mサイズ(ユニコーンモード時)で建造した立像モデルである。 以下の出典は別の出典がある場合を除き、ニュースリリース に基づく。 2017年9月24日より、東京・の「プラザ」の「フェスティバル広場」にて正式に展示が開始された。 ユニコーンガンダムをデザインしたカトキハジメによる新規マーキングが、機体装甲に印字されている。 立像なので自立歩行・飛行はできないが、劇中におけるユニコーンモードからデストロイモードへの変形を現実的なレベルで可能な限り再現している。 ただし、の規定により建築物の高さを可変とすることは不可能であるため、変形時に身長が変化する機構は意図的に省かれている。 建造・展示経緯 ダイバーシティのフェスティバル広場には、2012年から2017年まで(実物大ガンダム)が展示されていたが、一定の役目を果たしたとされて2017年3月5日をもって展示を終了した。 そのクロージングセレモニー内で、同年秋より同地にて「実物大ユニコーンガンダム立像」を建造し、展示することが発表された。 新規に立ち上げた「TOKYO ガンダム プロジェクト 2017」の一環として、臨海副都心エリアの活性化への貢献を建造の目的の1つとしている。 展示関連 2017年9月24日より、正式に展示が開始された。 正式公開前夜の同年9月23日には、特別ゲストによるスペシャルセレモニーが行われた。 ステージには『機動戦士ガンダムUC』で主人公のバナージ・リンクスを演じた、同作の音楽を担当したとTielle、ガンダムファンを公言するがスペシャルゲストとして登場したほか、内山による『ガンダムUC』の原作者である書き下ろしのバナージの台詞に呼応するように、ユニコーンガンダムが起動された。 全身を発光させるユニコーンガンダムを背景に、Tielleは『ガンダムUC』のテレビシリーズの主題歌「Into the Sky」と、実物大ユニコーンガンダム立像のテーマ曲となる書き下ろし楽曲「Cage」を歌ったほか、SUGIZOは「ビギニング」の独奏を行い、全員によるスペシャルメドレーの生演奏も行われた。 正式展示開始以前にも、ガンプラ関連をメインとしたアミューズメント施設「ガンダムベース東京」 THE GUNDAM BASE TOKYO が同年8月19日にダイバーシティ東京にオープンした同時期より、建造中のユニコーンガンダムが建造エリア外から一般の通行者にも目視できるようになっていた。 正式展示開始後、RX-78実物大ガンダム展示中にも行われた立像やその後方の建物の壁面に映像を映写する「Wall G」のほか、各種イベント企画などを随時実施している。 実物大ユニコーンガンダムが登場する作品 『』 2018年の映画。 ビーム・マグナムとシールドを装備した実物大ユニコーンガンダムが、サイコフレームなどをすべて白色に変えたデストロイモードの状態でしている。 『』 2018年のテレビアニメ。 ガンダムベース東京が作中における現実世界での舞台の1つとなっており、この実物大ユニコーンガンダムが登場している。 こちらもビーム・マグナムとシールドを装備しているほか、回によってユニコーンモードの場合とデストロイモードの場合があった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ただし、書籍などの機体解説の見出しにおいて「RX-0 ユニコーン」とした記載はない。 プランとしては「において検討されていた」と設定されている。 RX-0専用のシステムではなく、『』ではナラティブガンダムもNT-Dを機体管制に使用している。 「ニュータイプ・ドライブ」という名称が、開発に携わった技術者を欺くための表向きの名称であったのか、それとも発動条件の変更を踏まえて改名されたものであったのかは、劇中では明言されていない。 また、1号機のシステムがそのように呼ばれていたことをアルベルトが知っていたかどうかも明示されず、知っていてそのように表現したのか、偶然に言い当てていたのかは明らかではない描写になっている。 アニメ版では戦闘中には虹色に発光していない。 小説版のみ。 バンシィ(アニメ版)に付随する設定であり、その後に設定されたアームド・アーマーDEおよびXCにも適用されるかは不明。 『ガンダム DX合体セット』のソードジャベリンと同じ仕様であり、福井はカトキにこれと、サイコフレームを仕込むことの2点のみ要望したという。 「ヴァイブレーション・ネイル」とする資料もある。 出典 [ ]• プラモデル「ユニコーンガンダム Ver. 「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、24頁。。 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、29頁。。 『機動戦士ガンダムUC 電撃データコレクション』KADOKAWA、2014年12月12日、28頁。。 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、31-32頁。。 福井晴敏「パラオ攻略戦」『機動戦士ガンダムUC 第4巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年6月1日、250頁。。 福井晴敏「赤い彗星」『機動戦士ガンダムUC 第3巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年4月1日、27頁。。 福井晴敏「パラオ攻略戦」『機動戦士ガンダムUC 第4巻』角川書店〈角川スニーカー文庫〉、2010年6月1日、249頁。。 専用ゲーム『』「エピソード0:戦後の戦争」より。 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、126頁。。 『機動戦士ガンダムUC インサイドアニメーションワークス 1』• 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、42頁。。 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第180号、デアゴスティーニ・ジャパン、2015年3月3日、8頁。 『ガンダムユニコーンエース』Vol. 3付録「UC MSハンドブック」• 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part1』KADOKAWA、2013年3月8日、136頁。。 0096 モビルスーツガイド」『Febri』Vol. 23、一迅社、2014年6月20日、20頁。 Ka』付属説明書、バンダイ、2007年12月、2頁。 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第7号、デアゴスティーニ・ジャパン、2011年11月8日、7-8頁。 福井晴敏「虹の彼方に(下)」『機動戦士ガンダムUC 第10巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2009年8月26日、168頁。。 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、46-47頁。。 『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep1-3』• OVA『機動戦士ガンダムUC』episode7「虹の彼方に」• OVA『機動戦士ガンダムUC』episode7「虹の彼方に」• アニメ!アニメ! 2014年6月6日. 2014年6月6日閲覧。 『』TKR3-013「ユニコーンガンダム シールドファンネル装備 」• 「Chapter 4 EXTRA 作品紹介 機動戦士ガンダムUC ストーリー」『第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇 パーフェクトバイブル』KADOKAWA〈エンターブレイン〉、2015年5月23日、632頁。。 「玄馬宣彦 episode 7 メカシーン解説」『機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールドep7』双葉社〈双葉社MOOK〉、2014年10月16日、22-31頁。。 「NZ-999 ネオ・ジオング」『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 メカニック・コンプリートブック』双葉社〈双葉社MOOK〉、2016年10月18日、66-67頁。。 『ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第28号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年10月15日、13・17頁。 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、209-211頁。。 『機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2010年8月26日、151頁。。 PS3専用ゲーム『機動戦士ガンダムUC』「僕の考えた最強のユニコーン」より。 プラモデル「フルアーマーユニコーンガンダム Ver. 『機動戦士ガンダムUC パーフェクトガイド』角川書店、2009年8月20日、22頁。。 『機動戦士ガンダムUC HGUC モデリングカタログ』大日本絵画、2014年11月4日、203頁。。 『ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第34号、デアゴスティーニ・ジャパン、2020年1月7日、6頁。 『機動戦士ガンダムUC カトキハジメ メカニカルアーカイブス』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2010年8月26日、149頁。。 『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part2』KADOKAWA、2016年7月21日、109頁。。 『』VS1-029「ユニコーンガンダム サイコシャード 」• 「機動戦士ガンダムUC メモリアルブックII」『2014年7月号』、、2014年5月26日、 12頁、。 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第03号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年2月19日、22頁。 ROBOT魂 SIDE MS ユニコーンガンダム 結晶体Ver. インスト• 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、34頁。。 「完全設定資料集」『機動戦士ガンダムNT Blu-ray特装限定版』特典冊子、バンダイナムコアーツ、2019年5月、28頁。 『機動戦士ガンダムNT 特製ブックレット 報告書-U. 0097-』4項、15頁。 「福井晴敏スペシャルインタビュー」『大人の機動戦士ガンダム大図鑑』マガジンハウス、2014年8月11日、103-105頁。。 2019年5月20日閲覧。 13:24~13:55• , p. 『機動戦士ガンダムUC 電撃データコレクション』KADOKAWA、2014年12月12日、91頁。。 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、100頁。。 『機動戦士ガンダムNT 特製ブックレット 報告書-U. 0097-』5頁。 『週刊ガンダムパーフェクト・ファイル』第157号、デアゴスティーニ・ジャパン、2014年9月23日、14頁。 『機動戦士ガンダムNT』前売ムビチケ第2弾 数量限定 特製ブックレット「報告書-U. 0097-」7頁。 『機動戦士ガンダムUC コンプリート・アナリシス』宝島社、2018年12月7日、27頁。。 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第03号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年2月19日、13頁。 , p. , p. インタビュアー:山下達也. エンタメステーション. 2018年12月17日閲覧。 『』2013年9月号、63頁。 , p. , p. 9、17. , p. 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、127頁・137頁。。 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、137頁。。 福井晴敏「不死鳥狩り」『機動戦士ガンダムUC 第11巻』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2016年3月26日、195頁。。 ときた洸一「MOBILE SUIT RECORD II」『』第3巻、角川書店〈角川コミックス・エース〉、2015年7月25日、117頁。。 『モビルスーツアーカイブ RX-0 ユニコーンガンダム』SBクリエイティブ、2015年11月7日、110頁。。 GFT』購入特典小冊子、2頁。 0097-」11頁。 プラモデル「ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer. 259. , p. 251. 劇場アニメ『』、51:23• 福井晴敏、武内清人『小説 機動戦士ガンダムNT』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、52頁。。 吉沢俊一 2018年12月7日. インタビュアー:粉川しの. 2018年12月17日閲覧。 福井晴敏、武内清人『小説 機動戦士ガンダムNT』角川書店〈角川コミックス・エース〉、2018年11月26日、59頁。。 『機動戦士ガンダムNT』前売ムビチケ第2弾 数量限定 特製ブックレット「報告書-U. 0097-」10頁。 『週刊ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第08号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年3月26日、32頁。 『ガンダム・モビルスーツ・バイブル』第27号、デアゴスティーニ・ジャパン、2019年10月1日、33頁。 4-5. , p. 109-116. , p. 2-3. 144. 『ACE IN THE GUNDAM U. 0079-U. 0096 宇宙世紀のエースと専用機の系譜』英和出版社、2015年2月25日、98頁。。 36-38. , p. 90-93. 101. 36-38. , p. トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』OA1-048「FAユニコーンガンダム・プランB」• GUMDAM. INFO 2014年10月4日. 2018年7月7日閲覧。 プレミアムバンダイ. 2018年8月24日閲覧。 GUMDAM. INFO 2018年9月27日. 2018年9月28日閲覧。 GUMDAM. INFO 2015年3月19日. 2018年7月7日閲覧。 実物大ユニコーンガンダム立像 オフィシャルサイト• GUNDAM. INFO 2017年3月5日. 2017年3月5日閲覧。 GUNDAM. INFO 2017年9月23日. 2017年9月23日閲覧。 まんたんウェブ(株式会社MANTAN) 2017年8月17日. 2017年8月17日閲覧。 参考文献 [ ]• 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part 1』角川書店、2013年3月9日。 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムUC』KADOKAWA、2014年12月13日。 関西リョウジ『機動戦士ガンダムUC プリズマティック・モビルズ part 2』KADOKAWA、2016年7月21日。 『』KADOKAWA〈〉、2016年3月26日。 竹内清人、『』KADOKAWA〈〉、2018年11月26日、初版。 プラモデル付属説明書• ka』 バンダイ、2011年12月。 ka』 バンダイ、2018年3月。 )』 バンダイ、2018年6月。 トレーディングカード• 「B7-012 バンシィ・ノルン(デストロイモード)」『』、バンダイ、2014年6月5日。 その他• GFT, , , 2013-08-16• 吉沢俊一(監督)、(脚本)他 2019年5月24日. 機動戦士ガンダムNT 特装限定版 Blu-ray. , BCXA-1432• 機動戦士ガンダムNT Blu-ray特装限定版封入特典 完全設定資料集 ライナーノーツ. 2019年5月24日. 『』 バンダイ、2016年10月。 関連項目 [ ]•

次の

Zガンダム3号機 (ぜーたがんだむさんごうき)とは【ピクシブ百科事典】

ゼータ ガンダム 3 号機

時代が生み出した名機とも呼ばれる可変(T)、「」の系列機。 機という名称だが、これについては第3で製造された機体群という説と、本体のという説に分かれている。 (諸説あり、のでは2番に作られた機体という記述もあるがかどうか不明。 ) ちなみに機も大事典やに掲載されているが、2機とも形状は異なっている。 大事典版はい機体、版は大ーム装備の電子戦であった。 機は社がT購入を検討していたカラバへの売り込みのために様々な装備に換装し、カラバ軍に貸し出して採用評価試験を行っていたようだ。 『eton of NEW - or -』では、U. 00年に機の初期と とのコンペが描かれた。 機のは長らく不明であったが、末の初期の開時にようやく設定された(ただし初期から良されている可性もある)。 『ズ』では、U. 00年にカラバ軍で採用評価試験中だったと思しき機体が「スペロー」のに駆けつけ、救助に貢献したという。 搭乗者は当時カラバに所属していたの、「・」ので呼ばれるの。 ・機はを基調とした装甲色に鮮やかなが引かれ、やテールスタビー、にも同様のを施している。 機は少数生産も判明しており、いずれも装備・毎に機体名称が異なっていた。 後述する機体の内、「ストライク・ゼータ」と「ホワイト・ゼータ」は・機の機である。 ストライク・ゼータ 『 ・』に登場。 式番号: -3S 本拠地は既にに移行し、の「から地上基地への強襲機」という最大のを発揮出来なくなっていた。 そこで社は、可変としての有用性をするべく、装備を取りつけた。 「 A-01K-2」・・・「 ・」と呼ばれる・・と・ベイ内蔵のアーマーを装備し、アーマーにはを装備している。 アーマーに補助スーやジェネレーターを搭載している。 カラバに貸し出す形での採用評価試験を行った。 『 』でも掲載され、後の「」開発へ繋がる機体と位置付けられている。 通称: ホワイト・ゼータ。 ホワイト・ゼータは、のである・用に機動性及び反応を向上・させた機動特化。 機の中では・形状にのから大きな変化は見られず性も較的オーソドックスだが、搭乗者の技量もあって立った損もなくを終えている。 通称: グレイ・ゼータ。 搭乗者はでに所属していた・。 という機体名称ではあるものの、機体全体の装甲色はにされている。 これは担当者のが原因であり、本来の色は・がオーダーした色()になるはずだった。 現行の機体色が耐コーングに優れる反面、でかなり立つため搭乗者にはあまり好まれていない。 発進時に「 ・」と呼ばれていたが、・はあえて「 ・」と呼ぶ。 右腕に「大(・)」、左腕に「・(・)」を装備している。 ・は牽制用でもあり、撃ち漏らした敵機を即座に・でするという戦法が可である。 また大を安定して制御するため、状に展開させたテール・スタビーを装備している。 ゲミとのにおいて活路を切り開くために特攻。 ホワイト・ゼータに後を託して散っていった。 各種で度々触れられるが、()展開には長らくなかった。 しかし末にで初となるキット化が発表された。 ここから一体の武装というグレイ・ゼータとの共通点を見出す事が出来る。 決定稿となるグレイ・ゼータでは、大を安定してする姿勢制御は状に展開したテール・スタビーという形に変更されたようだ。 式番号は-3Cと思われる。 具体的にどのような機体かは不明である。 ちなみにイボルブにはの初期案と思しきいが載っている。 このいがCと仮定した場合、搭乗者の「」という名とスーを追加したから恐らく高機動と思われるが…的にと被って面くない気がする。 の思考が機作に反映される 「・イザー」と呼ばれるを搭載しており、機体各部に設置されたが外部のを収集するための の役割を持つといわれている。 当初予定されていたなる人物に代わり、を持つとされる・ッサ(・)が を務める。 という事になるらしい。 これ以前、のとなった機体がCという事は、番からそうとれるだけで資料では特に言及されていなかった。 通称: レッド・ゼータ。 の意思と動作を機体へにさせており、従来の操縦系統と一線を画する。 こうした操縦系・駆動方式はや、等で採用された単純に波・信号で操るものとも異なり、どちらかと言えば『』のモビルとの類似性が高いと言える。 レッド・ゼータは当初「」という人物が乗るはずだったらしく、機体も彼に合わせたである事が判明している(ただしこのはグラフィカに登場した際、は好みじゃないとる。 何か嫌なでもあったのかもしれない)。 詳細は不明だが、という人物はレッド・ゼータに関する何らかの要因で後遺症が残り、物の投与を余儀なくされイア。 急遽、代替要員としてを持つ・ッサが選出されたのだという。 ちなみに先述通り元々の搭乗予定者であるは「グラフィカ」にも出演しており、事復帰して別のに搭乗していた。 こちらも各種で度々触れられるが、展開に長らくなかった。 しかし、に続いて遂にでとして初めて立体化された。 一つは高機動。 の機体で、脚部等にスーを追加している。 一絵がある。 二つは最初のにが追加されたもので、後にを持たせる事が予定されていた。 も高機動で、二本のテールスタビーの中央にのようなものを懸架していた。 はガンナー。 大を携行するが、機動性が犠牲になるため却下されたようだ。 専用の速射性を重視した小。 ・イザー 及びそれを利用した操縦系の一種。 各部に外部を取り込むためのを増設しており、のの感覚をより鋭敏に増幅させている様が伺える。 としてしたとレッド・ゼータが起こした不可思議な現。 作中では機体周辺にバをってゲミのを弾き、をしてが物にしていた。 他の搭載機も同様のを起こしており、上で後に位置する「アク」を受けてこう呼ばれるようになった。 一説にこの現は「」との波、それを増幅させるが深く関わっていると言われる。 関連商品 関連項目•

次の