下田 海水 浴場 遊泳 情報。 静岡の海水浴場2020/厳選ビーチ 施設一覧[新着・更新順]

海水浴に行こう!伊豆下田白浜海岸・ビーチ情報

下田 海水 浴場 遊泳 情報

キレイな海を探しているなら、下田のビーチがおすすめ 海好きであれば透明度の高い綺麗な海に行きたいと思うことが多いですよね。 海の雰囲気だけ楽しめれば、という方にとっては透明度はそれほど気にならないかもしれませんが、せっかくならコバルトブルーの海を見たくありませんか?筆者は、下田まで4~5時間ほどかかる都内に住んでいますが、それでも毎年行くほど下田が好きです。 小さい頃から下田の海で遊んで育ってきたため、都内付近の海だと満足できないこともしばしば。 やっぱり下田の海がいいな・・・と感じることが多いです。 海を眺めるのが好きな人、きれいな海で海水浴をしたい人、シュノーケリングを楽しみたい人、どんな人でも楽しめる下田の海は、少し遠くても遊びに行く価値がある場所です。 また、ゆったりとした田舎特有の雰囲気もあり、身体を休める小旅行にもぴったりですよ。 下田の海はほとんどがAA~Aランクの水質を誇るほど綺麗らしい 調べてみたのですが、環境省の水質調査というものでは、下田の海岸はほとんどが水質AA(極めて水質の良好な水浴場)と判定されているようです。 確かに、潜ってみると透明度がすごくて魚もくっきり見えるので納得でした。 下田旅行歴26年の筆者おすすめ!下田の綺麗な海8選 下田のおすすめ海水浴場を紹介します。 どの海も間違いなく綺麗ですが、場所によってビーチの大きさや波の大きさが若干異なります。 誰と行くか、どのようなシチュエーションで遊びに行くかを考えて、気になるビーチに行ってみましょう! 白浜大浜海水浴場 長年、若年層に人気のある白浜大浜海水浴場。 夏は人でごった返しますが、伊豆で1番大きいビーチ 700m なので場所がなくなる心配はありません。 サーファーも多いですが、夏はサーフィンエリアと遊泳エリアできっちり分けられているため危険もなし。 とにかく砂浜も海も綺麗なことが有名で、海好きであれば1度は行くべきビーチでしょう。 関東周辺でこの透明度はなかなかないですし、綺麗な海のわりにはアクセスがしやすいです。 電車とバスを乗り継げばビーチの目の前で降りることができます。 活気あるビーチなので、パラソルの下で休んでいると売り子さんが話しかけてきたりしますよ。 コンビニもすぐ後ろにあるため、足りないものを買い足せて便利です。 道に沿ってビーチがあるため、ドライブするだけでもすごく気持ちが良いです。 外浦海水浴場 入り江にできたビーチで、波が全くなくとても穏やかな海水浴場です。 日本の快水浴場百選に選ばれた下田の海の1つ!波が苦手な人や、小さなお子さんがいる方、家族でのんびり過ごしたいという方にとてもおすすめです。 静かで活気があるというわけではないため、白浜のような雰囲気を求めている方には少し違うかもしれません。 水質はもちろんAAランクで砂浜も白く綺麗で、SUPやシーカヤックをしている人もいます。 海を正面にして左側は磯があり、磯遊びやシュノーケリングを楽しむこともできますよ。 吉佐美大浜海水浴場 外国人が集まる吉佐美海水浴場は、筆者お気に入りの海水浴場です。 広いビーチが魅力で、波が結構大きいくて楽しい! 海水浴が苦手な人には少し怖いかもしれません・・。 サーファーや家族連れ、グループのお客さんが多い印象です。 とにかく海は透明で本当に綺麗。 荒れていない日であれば、地面が透けて見えるレベルです。 トイレもありますし、飲食を提供している場所もあります。 舞磯浜と呼ばれており、日中は吉佐美大浜から渡ることが出来ます。 こちらの方が人が少なくプライベートビーチ感満載です。 舞磯浜の1番奥は、シュノーケリングができるおすすめスポット!黄色い小魚やフグ、カワハギなど、色んな魚が見られます。 駐車場もたっぷり用意されており、1日1,500円です。 多々戸浜海水浴場 ジャパンというホテルの目の前にあるサーフスポットで有名なビーチです。 他の下田の海水浴場と同じく、海の透明度や砂の白さは共通しており、初めて見るときは感動ものです。 少し小さめのビーチですが、白浜よりは混雑は避けられるでしょう。 サーファーが非常に多いですが、遊泳エリアと分かれているため、子供はボディボードをレンタルして遊んだりすることもできます。 サーフィン体験を受け付けているサーフィンショップも周辺に多く、サーフィンデビューにもうってつけの場所かもしれません! 駐車場はあまり大きくなく、夏場の週末は朝方でもすぐ満車になってしまいます。 車で来る人は夜中に到着するぐらいが良いかもしれません。 有料シャワーや休める海の家のようなものもあるので、施設は充実していますよ。 入田浜海水浴場 上で紹介した多々戸浜のすぐ近くにあるビーチが入田浜です。 少し分かりづらい場所にあるため、ローカルっぽい雰囲気を感じることができます。 海岸沿いに生えているソテツ並木が南国ムードを漂わせる、のんびりとしたビーチです。 水質は他のビーチと同様、最高レベルの水質を誇り、沖縄などの南国で見られるようなエメラルドグリーンの海が見られます。 そのため、桑田圭祐の『波乗りジョニー』のPVに使われたりと、撮影スポットになることも多いです。 近くに食事ができる場所もあり、有料シャワーや公衆トイレも用意されています。 サーファーにも人気のですが、多々戸浜よりは少し少ないかな、といった印象です。 九十浜海水浴場 下田の穴場ビーチスポットとして知られている九十浜 くじゅっぽ、と読みます。 最近は少し人が増えてきたかな・・という印象です。 とても小さなビーチなので、子供から目を離さず過ごすことができて安心。 波もほとんどなく、左右の磯で磯遊びをすることもでき、子供にとっては1日中楽しめる場所でしょう。 駐車場から比較的長い坂を降りていくと見えてくる透明の海は、まさに秘境とも言える場所!ただし、荷物が多い人はワゴンのようなものでまとめておくことがおすすめです。 遊びつかれて帰りに坂を上るのがちょっと辛いですね・・・ 海の家ではパラソルやサマーベッドの貸し出しも行っているため、手ぶらできても問題ありませんよ。 鍋田浜海水浴場 地元の子が遊びに行くと言われている静かで波のない穴場の海水浴場です。 エメラルドグリーンのような色の海が特徴で、周りの木の色が反射してそう見えると言われています。 防波堤では釣りを楽しんだり飛び込みをする子供の姿もあり、楽しみ方はいろいろ。 浅瀬で岩があるところや磯場があるためシュノーケリングが楽しめますが、日によって少し藻が多くて泳ぎにくいこともあります。 は必ず持って行きましょう。 また、近くに駐車場がほとんどないため少し遠くに止めてから向かうのが良いかもしれません。 田牛海水浴場 下田市の1番南にあり、公共機関ではアクセスが非常にしづらい場所。 そのため、お盆でもそこまで混雑せず、綺麗な下田の海を堪能できるおすすめのビーチです。 特に民宿が多いエリアにあるビーチなので、1泊してのんびり過ごすのも良いでしょう。 海の水質はもちろんAAで透明度抜群の上、サーフィンエリアがないためどこを泳いでも危なくありません。 をしたり浮輪でぷかぷか浮いたりと色んな遊びができますが、小さな石が多かったためマリンシューズは持って行きましょう。 すぐ隣にサンドバー 砂で出来たすべり台のようなもの もあり、子供の頃は思いっきり滑って遊んだ記憶があります・・。

次の

海水浴に行こう!伊豆下田白浜海岸・ビーチ情報

下田 海水 浴場 遊泳 情報

伊豆一有名な下田市の白浜大浜海水浴場の隣(北側)に位置する全長1,200mのビーチです。 別名は長田浜といいます。 静岡県内では2ヶ所しかない「日本の水浴場88選」と「快水浴場百選」に選ばれるのも頷ける美しさです。。 ビーチは白浜大浜より長いのに、あまり開けていないせいか利用客が少ないので、混雑が嫌いな方にオススメです。 晴れた日の海の色は素晴らしく、鉤の手状に整備された入江は波が立ちにくいので、小さなお子様連れのファミリーに遊びやすいです。 浜右側には岩場もあり、魚や磯観察に向いています。 また、下田市では浜辺でのバーベキューは原則禁止ですが、こちらの浜では区が管理しているエリアでバーベキューをすることができます(1,500円〜)。 0558-22-5240(伊豆白浜観光協会) アクセス/伊豆急下田駅よりバスで18分(9番のりば)。 透明度が高く遠浅なのでお子様連れの方は目が届きやすいのでオススメです。 穴場的な存在でプライベート感があるため近年人気になりつつあります。 浜から右の岩場づたいに行くと小さな浜が点在しているので、そちらも快適です。 また、九十浜の左隣はなんと皇室の御用邸の敷地となっていて、昭和天皇から愛子さままでご利用いただいているロイヤルビーチです。 0558-22-1531(下田市観光協会) アクセス/伊豆急下田駅よりバス15分 「グリーンエリア前」下車徒歩3分 駐車場/135台 1,000 円~/1日(夏期のみ。 西隣には前述の入田浜海水浴場があります。 波が立ちやすく有数のサーフスポットです。 初級者からプロレベルのサーファーまで、多くの人に愛されるビーチです。 透明度が高く、晴れて海水に濁りのない日はスカイブルーのゼリーのような美しさを見せてくれます。 夏期は区営の海の家のほか、民間の海の家も点在していますので便利です。 0558-22-1531(下田市観光協会) アクセス/伊豆急下田駅よりバス7分 「多々戸」下車徒歩3分 駐車場/約100台 1,000 円~/1日(夏期のみ。 入り口は分かりづらく、国道から見えなくてちょっぴり隠れ家的なのが中級者向けです。 近くに有名な吉佐美大浜海岸があり、それに比べると目立たないですが、下田通にもファンが多い魅力的なビーチです。 水質最高ランクのAAで、その中でもCOD(化学的酸素消費量)が0. この基準を満たす水浴場は全国でも14箇所しかありません(平成13年データ)。 「ここの海水につかると肌が調子いい」という女性が何人かいたのも、その証拠かも…。 ともあれ、水質に興味がある方は、入田浜に実際に入ってみて試してみては。 夏期は区営の海の家のほか、民間の海の家やカフェも点在していますので便利です。 基本的には岩場ですが近年は砂が寄せてきています。 国道から奥まった場所にあるため、混雑度が低い穴場となっていて常連客が多いのが特徴です。 歩いてすぐのところにハート型の穴のラブパワースポットや大きな砂山の「サンドスキー場」も一緒に楽しめるのがポイントです。 バスが1日1〜2便と少ないのでマイカーかタクシーなどをご利用ください。 0558-22-1531(下田市観光協会) アクセス/伊豆急下田駅より車で15分 駐車場/100台 1,000 円~/1日(夏期のみ。 滑り台、空中ブランコ、海上吊橋など、海上に色々な遊具が設置してあり、子供はもちろん、大人も一緒に楽しむことができます。 冒険心をくすぐられる仕掛けがいっぱい。 こちらの海岸からは「谷川浜(やがわはま)」と呼ばれる船でしか行けないビーチへの浜渡しをしています(有料)。 谷川浜ではシュノーケリングで魚の群れを観察することができます。 <妻良海岸詳細> 住所/静岡県賀茂郡南伊豆町妻良 問合せ/TEL. 0558-67-0852(妻良観光協会) アクセス/伊豆急下田駅からバスで48分。 「妻良」下車、徒歩1分。 伊豆急下田駅から車で30分 駐車場/約100台 1,000 円/1日(夏期のみ) 海開き/毎年海の日 レスキュー・監視員/なし 公衆トイレ/あり シャワー/あり(無料) 更衣室/あり(無料) 売店/なし 食事処/なし バーベキュー/なし 全長200mほどの海水浴場です。 雲見海岸といえば富士山の絶景。 雲見海岸から見る牛着岩(うしつきいわ)越しの富士山は「世界でいちばん富士山がきれいに見える町」を宣言した松崎町の誇りです。 富士山を眺めながら海水浴を楽しめる貴重なスポットです。 ビーチの真ん中に川の河口があるので、それを中心に左右の浜を選べます。 また、少し歩いた場所には水着着用で入れる温泉「赤井浜露天風呂」があるので便利です。 <雲見海水浴場詳細> 住所/静岡県賀茂郡松崎町雲見 問合せ/TEL. 0558-45-0844(雲見観光協会) アクセス/伊豆急下田駅からバスで50分。 松崎バスターミナルからバスで20分。 「雲見浜」下車、徒歩5分。 新東名高速長泉沼津ICより車で約120分 駐車場/約100台 1,000 円/1日(夏期のみ) 海開き/毎年海の日 レスキュー・監視員/なし 公衆トイレ/あり シャワー/あり(無料) 更衣室/あり(無料) 売店/あり 食事処/あり バーベキュー/なし 全長300mほどの海水浴場です。 繁忙期以外は静かな雰囲気があり、混雑が嫌いな方にオススメです。 正面の砂のビーチのほか、左岸には岩場が広がりシュノーケリングで魚の群れを観察することができます。 ビーチ近くの「平六地蔵露天風呂」は、無料で入ることができる露天風呂。 水着着用で入れるのが便利です。 海水浴上がりや夏の曇りの日、少し肌寒い日などはこちらをご利用ください。 <石部海水浴場詳細> 住所/静岡県賀茂郡松崎町石部 問合せ/TEL. 0558-45-0745(松崎町観光協会) アクセス/伊豆急下田駅からバスで50分。 松崎バスターミナルからバスで15分。 「石部温泉」下車、徒歩すぐ。 新東名高速長泉沼津ICより車で約100分 駐車場/約100台(有料・夏期のみ) 海開き/毎年海の日 レスキュー・監視員/なし 公衆トイレ/あり シャワー/あり(無料) 更衣室/あり(無料) 売店/あり 食事処/ バーベキュー/なし.

次の

06|多々戸浜海水浴場

下田 海水 浴場 遊泳 情報

気象情報でも22日夜遅くまで高波に注意して下さい。 とのお知らせが出ております。 本日、下田市内の指定海水浴場で遊泳可となっているビーチは鍋田浜と九十浜の2箇所です。 遊泳情報は、安全性に気を配っているビーチでは、自治体であったりビーチを管理する団体であったり、ライフセーバーだったりが事故防止・安全にビーチで海水浴を楽しんでもらうために発表しております。 (遊泳情報を発表していない海岸での遊泳はお勧めできません) 遊泳情報には主に3段階あり、ビーチでは旗の色で表されています。 ・青旗は、遊泳可 ・黄旗は、遊泳注意 海の状態が不安定です。 大きな波が定期的に発生したり、 ひき波を呼ばれる沖に向かっての流れが発生するところがあります。 ・赤旗は、遊泳禁止 入水禁止となっています。 下田は9つもの海水浴場があり、海岸の向きも東向き、南向きなど多角度で存在するのが下田の特徴です。 遊泳を予定していたビーチが遊泳禁止・遊泳注意であっても近くに遊泳可となっているビーチがありますのでおおむね大きな予定変更をしなくても海遊びをすることができたりするのが伊豆半島の中でも下田が選ばれる一つの要因となっているんです。 今年の夏も、下田の海で海水浴をお楽しみください。

次の