湊 あくあ ark やめた。 #湊あくあ生放送 X スマブラ

#湊あくあ生放送 X スマブラ

湊 あくあ ark やめた

全ては公式から報告があった通りです。 メルはホロライブに戻ってくるよ!待っていてくれる人が沢山いることも分かってとても嬉しいです。 ありがとう。 その反面リプ、ツイート等で辞めるんだって思われるの悲しいです。 中には意図的に広告がつかないように編集したり、タイトルで悪あがきしたりしているからそれは自明だろう。 一方的に運営が悪ければガワの権利も持って辞めれるかもしれないが今回はそうじゃない。 仮にも転生したとしてもこのイメージは引きずるし、取得する事務所がいたとしても暫くののちだろう。 その時にはもう席が埋まっているだろうし、もう戻ってきたとしても同じ席には座れないかもしれない。 名前: 名無しさん 投稿日:2020-06-09 17:20:03 カテゴリー• 174• 296• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4742• 366• 599• 4279• 2183• 1736• 507• 419• 2890• 979• 1274• 1156• 1574• 4168• 8330• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1407• 730• 1090• 3232• 1582• 658• 161• 483• 105• 275• 1498• 136• 688• 230• 700• 2159• 195• 4826• 304• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

「APEX」とかいうのが流行ってるようだが、近未来って時点で興味が湧かないんだが異端か?

湊 あくあ ark やめた

こちらの記事を読んで思い出しました。 まだ読まれてない方はぜひぜひ。 読む側としても書く側としても、 学べる記事です。 多くの批判や意見が増加したときの、 桐生ココさんの対応が すごく高度な扇動、 誘導を行っておりました。 「推しが心から楽しそうならOKです」 って聞き覚えありませんか? それらの火消し対応のすごさを、簡単にまとめます。 ・毎日ARKで 曜日感覚が狂った湊あくあ ・ARK配信、ホロライブ全体で 計26時間 それに対して、桐生ココのコメント要約 ・ 「推しが心から楽しそうならOKです」 ・ 自分の推しが楽しんでるのを 楽しむのがファンなのでは ・それを楽しめない人は、 彼女に暴力を ふるってしまうタイプのおじさんでは このように、彼女の意見、という形で 語られます。 また、後半のニュース。 ・ARK歌配信という謎配信のさくらみこ それに対して ・ 「推しが心から楽しそうならOKです」 ・推しが心から楽しそうなら、ちょっと アレなことしててもOK ・ホロライブ推しは、 常識人しかいない からね という二段構えで、 「推しが心から楽しそうならOKです」と 繰り返しています。 また、 攻撃する人、される人という図式 でもありません。 感情の誘導です。 桐生ココの個人的な感想として、 ・自分の推しが楽しんでると、楽しいよね ・それを楽しめない人は彼女に 暴力をふるってしまうおじさんでは ・ホロライブの推しは常識人ばかり。 推しが変わったことしてても 楽しそうならOKだよね っていう意見により、 ファンやアンチっていう目に見えないものに、姿、形を与えています。 教育、誘導、扇動。 これら、どの表現でもあてはまるくらい なかなか高度なことをやっています。 結果、印象に残るのは、この言葉。 これらの、印象や、図式など、 しっかり計算したうえで、 今回の対応を行っています。 正確には、 ・自分を批判する相手への 試行錯誤の 経験や、議論した数 ・自分の考えを最後まで考え抜いて、 納得できるまで磨き続けること これらの試行回数のたまものだと思われます。 そんなかんじで、桐生ココさんは、 かなり、思考しています。 マシュマロ雑談とかを見ると顕著なので、まだの方はぜひ。 このへんなど、ちょっとしたところですが。 桐生ココ氏、ただものじゃないな、 っていう話でした。 ・ココ会長のすごいとこまとめ ・ココ会長の炎上対応さすがだった ・ARK流行の必然性と危険性など。 下記のリンクから、どうぞ。

次の

旧ホロライブサーバーまとめ [ニコニコあっぷる]

湊 あくあ ark やめた

にじARKって今どういう状態なのか教えて ひまわりARKとか見てても戦争のこととか触れないから全然わからん 「にじさんじプロジェクト」は、月ノ美兎、樋口楓、静凛らの人気バーチャルライバー Vtuber を始めとして、個性を存分に活かした多種多様なインフルエンサーが所属するバーチャルライバープロジェクト。 (いちから株式会社公式サイト-事業紹介より) 当初「にじさんじ」は一般公開予定のスマートフォンアプリとして発表され、バーチャルライバーグループはアプリの広報担当としての登場だった。 やがてアプリ審査の難航による開発長期化を背景に、急激に人気上昇したバーチャルライバーグループの運営・サポートを主としたプロジェクトとしての総称に変遷した。 所属ライバーは上述のスマートフォンアプリを使用してLive2Dモデルを操作し、動画制作やライブ配信を行う。 Live2Dモデルは有名イラストレーターによるオリジナルキャラクターとなっている。 3Dモデルを操り動画を収録・投稿するスタイルが一般的であった当時のバーチャルYoutuber界隈において、Live2Dモデルかつライブ配信中心のにじさんじバーチャルライバーの活動は短期間で広く浸透し、以後のライブ配信の活発化やLive2Dモデルを使用したバーチャルYoutuberの増加のきっかけとなった。 アプリの概要としては、iPhoneX以降のiOS搭載機種に提供されているAnimoji(Face Tracking with ARKit)システムにより、カメラで認識した表情や動作をLive2Dモデルに反映し、スマートフォン上で表示する機能が主となっている。 スマートフォン専用の映像配信サービスにLive2Dモデルで参加できることや、スマートフォンで描画処理を完結しているため収録・配信時のPC負荷を抑えられることが強み。 アプリは外部提供も行われており、その例として「有閑喫茶あにまーれ」や「Honeystrap」においても非公開ながら「にじさんじ」アプリが使用されている(いちから株式会社の制作協力という形であり、運営には関わっていない)。 一部ライバーは3Dモデルによる収録や配信への出演も可能となっており、3Dモデルを持つ所属ライバーに対しては、3Dモデルを搭載した「にじさんじ」アプリの発展型である「にじ3D」の提供も始まっている。 また海外展開として、「にじさんじ台北」や「にじさんじ上海」といった海外グループも存在する。 運営は現地企業と提携する形で行われており、公式には「にじさんじプロジェクト」所属バーチャルライバーとして数えられていない。 2018年12月13日、「にじさんじ」「にじさんじゲーマーズ」「にじさんじSEEDs」の3グループの順次統合が発表された。 統合完了は同12月末を目処とする。 人気記事• 2,695 views 16 comments• 1,602 views 13 comments• 1,440 views 15 comments• 1,387 views 1 comment• 1,155 views 0 comments• 1,082 views 6 comments• 1,051 views 0 comments• 970 views 0 comments• 949 views 7 comments• 883 views 4 comments• 827 views 3 comments• 826 views 5 comments• 806 views 2 comments• 790 views 6 comments• 789 views 3 comments• 716 views 0 comments• 693 views 0 comments• 691 views 0 comments• 652 views 1 comment• 643 views 0 comments.

次の