ウカッツ博士。 自動化石色厳選【固定リセット】

自動化石色厳選【固定リセット】

ウカッツ博士

「そーれ がっちゃんこ! よし! よし! よしっ!」 このページはほんわかレス推奨です!過度の編集はページが荒れる原因となるので自重しておいて下さい。 概要 に登場する、化石の復元に携わるの女性。 姿勢の悪そうな猫背に気だるそうなジト目、所々が「泥」で汚れており、靴は左右で違うものを履いている等、どこか名前通り迂闊そうな外見をしている。 彼女に上半身の化石と下半身の化石を渡す事で、古代のポケモンを復元して貰える。 しかし、彼女の手によって復元されたポケモン達は、皆一様に 上半身と下半身が歪な接合をした、とも言うべきポケモン群だった。 詳しくはの項目を参照。 図鑑説明からも 「呼吸がしづらい」「自らの身体が生む寒さに震える」等、 生物として明らかな欠陥を抱えており、このようなポケモンを上述のセリフと共に生み出す、ウカッツ博士の生命倫理に対する希薄さから、ユーザー間で物議を醸す事態となった。 また、作中で彼女のバックボーンがほとんど語られない。 図鑑説明を彼女が書いたのかどうか分からず、その真偽も分からない。 彼女自身は純粋な知的好奇心や探究心から実行しており、全く悪びれていない……等々の要素が積み重なり、ユーザー間で彼女に対する賛否は別れている。 そもそも彼女が原因であると言うには、彼女とカセキメラに関する情報が、かなり不足しているのも事実。 尚、一部のユーザーからは 「本当に悪いのはだ」と言う意見もある。 何気に専用グラフィックのキャラクターである。 関連イラスト.

次の

ガラル地方の化石ポケモン

ウカッツ博士

「そーれ がっちゃんこ! よし! よし! よしっ!」 このページはほんわかレス推奨です!過度の編集はページが荒れる原因となるので自重しておいて下さい。 概要 に登場する、化石の復元に携わるの女性。 姿勢の悪そうな猫背に気だるそうなジト目、所々が「泥」で汚れており、靴は左右で違うものを履いている等、どこか名前通り迂闊そうな外見をしている。 彼女に上半身の化石と下半身の化石を渡す事で、古代のポケモンを復元して貰える。 しかし、彼女の手によって復元されたポケモン達は、皆一様に 上半身と下半身が歪な接合をした、とも言うべきポケモン群だった。 詳しくはの項目を参照。 図鑑説明からも 「呼吸がしづらい」「自らの身体が生む寒さに震える」等、 生物として明らかな欠陥を抱えており、このようなポケモンを上述のセリフと共に生み出す、ウカッツ博士の生命倫理に対する希薄さから、ユーザー間で物議を醸す事態となった。 また、作中で彼女のバックボーンがほとんど語られない。 図鑑説明を彼女が書いたのかどうか分からず、その真偽も分からない。 彼女自身は純粋な知的好奇心や探究心から実行しており、全く悪びれていない……等々の要素が積み重なり、ユーザー間で彼女に対する賛否は別れている。 そもそも彼女が原因であると言うには、彼女とカセキメラに関する情報が、かなり不足しているのも事実。 尚、一部のユーザーからは 「本当に悪いのはだ」と言う意見もある。 何気に専用グラフィックのキャラクターである。 関連イラスト.

次の

ウカッツ博士 (うかっつはかせ)とは【ピクシブ百科事典】

ウカッツ博士

概要 「じぶんは ウカッツ カの けんきゅう して」 「カ もってんね この ウカッツに みせてみ?」• ラルの近く、6番のテント近くに突っ立っている、研究者を名乗るの。 版だと口調や容姿はで性別を確定させるもないのだが、では「」が付くためとわかる。 間では「ウカッツ博士」と呼称されることも多いが、自称研究者というだけでかどうかは定かでない。 のカ カのクビナガ、カのトリ、カの、カの を渡すと復元してくれる。 ……のだが、今までのカ復元係は を除き や研究所に所属するきちんとした職員だったのに対し、このウカッツという人物はどこの研究所の所属なのか、そもそもどういった職に就いているなのか、その素性は中で一切分からない。 のカの復元という割と重要な事業をしている割には、ウカッツについて言及するも一人として存在しない。 一応ルで見つかるのカとの研究をしているようだが……• 6番では実際にのカが見つかるので、ウカッツはカ採取やのために6番へ来ているだけで実際のや所属する研究所は別のどこかに存在する、といった解釈もできるのだが、その辺りも言及が全くないのでなのである。 によれば、「 ルで見つかるカは上半身か下半身だけ」とのこと。 どうして上半身か下半身のカしか見つからないのかはになっておらず、おそらくそれを研究するのもの役割なのだろうが……たちの方に秘密があるのかもしれない。 他ではカを1つ持っていればの復元ができていたが、では対応するカをの元に2つ持っていかないとの復元ができない。 詳細は「」「」の項を参照のこと。 そのことについてウカッツは「 どう組み合わせても 復元できるの ナゾ」 「できるの秘密を解くかもね」と言っているが……• ただのカ復元係というながら何故か名前と固有がある。 と名前のあるは研究者の流用だったのに• その容姿はの頭に、常に背気味でを身につけている。 手や顔は泥のようなもので汚れており、 履いている靴が左右でなど、容姿に頓着でいい加減といった印を受ける。 名前の由来は恐らく「 闊」から。 側にはっちいのがポツンと置いてあり、どうやらこのでの復元をしているようだが、何故か 入り口が二つにとつというの構造をしている。 と、このように怪しさ満点のであり、ここまで読むとのカを預けるには不安しかない人物である。 カを渡す際に「このカとこのカで復元?」と聞かれるのだが、それに対するのが 「それで よければ」「違う 気がする」という二択であり、どことなくもこれでよいのか?と戸惑っているように感じられる。 そして、にカを渡すと復元が始まるのだが…… 「おけー!ふくげん しちゃって カの なぞに せまるゾ!」 「そーれ がっ! よし!よし!よしっ!」• 本人はかつり切って復元を行っているようだが、復元中のはなんともやっつけ感満載でテキトーな印を受ける。 「がっ」と言っちゃってるあたり、カ同士をさせているのは明。 そうして復元をして出来上がったこそが、・・・の4匹である。 復元が終わると「 的 達成!見事な復元」「 太古のルで暮らしていた様子 がに浮かぶようだネ!」と、復元が全に成功したかのようなを言うのだが、のには彼らの姿がのとして映っているのだろうか……• の図鑑説明を読んでみても、彼らの姿はこれで正しいと言った様子で記述されており、についてもウカッツ以外に言及するはおらず、一般も や後の以外では 繰り出してこないため、本当にが多い。 復元後にを渡して「 かわいがってくれたまえよ」と言うあたり、復元したに対する思いやりや情のようなものはあると思われるが……実際、姿こそ衝撃的なものの実際にで触れ合ってみるとという意見もあり、大切に育てているもいる模様。 「どう組み合わせても復元できるのは」というは即ち 「変な組み合わせなのに」「これで復元できるはずがないのに」「のになぜかとして復元できてしまう」というで取ることもできるため、ウカッツ自身も「どうしてこれで復元できるのか?」ということに対しては疑問を抱いている……と解釈することもできる。 そのを解き明かすためにもせっせとカを集めては復元している、のかもしれない。 推測でしかないのだが。 実際に、同士や異なるがして新たなとなった例や、の手でさせられた、することでフォルェンジするもいる。 的で見れば異質なも、しっかりというとして成立している以上はであり、のに住む人たちから見ればごくのとしてに映るのかもしれない。 ウカッツが復元したの姿やその復元方法、図鑑説明、彼らの生態、組み合わせが本当に正しいのか否かは結局中ではになっておらず、の間ではさまざまな説が提唱されとなっている。 ではそれぞれののや「」の項のでや説の提唱が行われちょっとした状態になっているので、のある人は覗いてみるとよいだろう。 とにかく中での言及が少なく、カのこともウカッツのこともハッキリとはわからずじまいなのだ。 これを描写不足と取るか、の余地と取るか、続編へのと取るかは次第。 このように、もそうだがそもそも復元者のウカッツ自体が多き人物なのである。 今後出るかもしれないや版、続編などでの言及が待たれるところ。 合体するポケモンの例 ウカッツの研究のひとつであろう「する・した・できる」たち。 「させられた」も含む。 彼らの生態やできるについても解明されていない物が多い。 ルのたちも、これらのあるいは似た生態のなのかもしれない。 なお最初から2つ以上でひとつの など や、自的に増える やなど は除外している。 、、 それぞれ「がのもしくは頭に噛み付いた結果、した」であるためしたと言える。 ただし、中で捕まえられるとに噛み付いているはに違う形状をしている。 これはの甘いの汁をうとしたが巻状に変化したとでにされた。 になるとの方だけがしをにするほどするが、はでの中にいるのが快適と感じている模様。 何かの弾みでが外れるとただのに戻ってしまう。 ・ 正確にはというより寄生からの。 のがに寄生してみそを操ることにより誕生したである。 になるとが身体の一部と呼べるほど大きくなる というか体になる ためとして例に挙げた。 、、、、 それぞれ、同一のがしてし形状変化 した。 した分だけ強くなったり知が上がったりしている。 から、片方がへと姿を変えひとつになった。 、 からすると片方だけがして形状を変え、「ちび・でか」と呼ばれる異なる性質のの組み合わせになるためと定義できると思われる。 電化製品のに自分の身体として一体化することができるため、ととのと呼べる。 ではやと一体化している。 やさえあればほとんどのとできるようだ。 近年ではが入るのに最適な特製のボディを側が製造し、に生活をもらうことも多い様子。 のとした事例もある。 からする際にのカラを奪って自分の身体の一部とした。 代わりにはカラを失ってとなった。 異なるの体の一部を自的に自分の体にさせた例。 を漂うモズクが何故かと化し、に漂うと本体をさせている。 モズクそのものが1匹ので他の部分は拾ってきた物質。 中で見られる錨と輪とを体にしたは、部分がのようになっていたり錨部分を身体としてに動かせるため、モノと全にしたといえる。 ル、 呪いの+の。 モノとのと定義できる。 呪いの込められたがに取り憑き、にするとの方に全に魂を取り込まれてしまっていて、本人の意思は失われたと思われる。 と似たような例。 によってを施され、に台を取り付けられた。 人工物をさせられたといえる。 そんな状態でもちゃんととして生きていられる。 なお、の元となったは 三億年前に生息しており、にから復元された後にされたということがにされている。 もともとのがなんだったのかは分かっていない。 、 がそれぞれ・とした姿。 には「いでんしのくさび」という特殊などを必要とする。 なおと・はもともと1つの存在だったという話や「失った体を理想とで埋めてくれるを待つ」という図鑑説明から、とも呼べるけれど実は元の身体に戻っただけなのではないか?という疑念もある。 1匹で自己分裂とができる。 はとに取り付いて、フォルェンジすることができる。 なお取り付かれたとはを吸収され苦しんでいて、の制御ができなくなってしまっている。 がどうかはなだが、一応記載しておく。 によって造り出された人工の。 とはいえやのようなに近いものではなく、に近いである。 様々な ? の要素を継ぎ接ぎしたような跡があり、合成・ いわゆる と呼べなくもない気がするが、自身にもまだまだが多いため現状ではなんとも言えない。 ボックスの管理者であるは装置の失敗により、では、ではとしてしまった。 では何のとしたのかは カ版、、で登場し、いずれもを訪ねてきたに「の分離を起動して欲しい」と頼んでくる。 おそらくとした身体ではを操作できないということなのだろう。 体はになっているがはちゃんと人を喋れていた。 ではとは分離に成功したがからが出てこなかったため果たしてがどうなったのかは不明だったが、ではもしっかりから元気に出てきており、と両者に後遺症などの的問題はなかったようだ。 & これもとの例。 もともとは他のに寄生して意のままに操ったり、を流し込んだりする・習性を持つである。 ではとし、と両者ともに姿形が変化しとなった。 からやってきたという特殊なくくりのだが、こいつもとしても問題はないどころかさらにしているようだ。 一方に取り憑かれに侵された自身は精の変調をきたし、が解除された後も命に別状はかったものの、衰弱しきってしまい回復の兆しが見えなかったため、治療法の手がかりを探すべく「かつてとした経験があり、その後事分離した」というのの元へ向かうこととなった。 その他、できる・と呼べるがいたら提案・してください。 ちなみに、他のにおいてはカをに復元する際、「のカ」「ねっこのカ」「ずがいのカ」「はねのカ」「ヒレのカ」「ひみつの」など、全なのカではなく身体の一部のカを使っているが復元に成功している。 そのため、ルのたちも「例え上半身か下半身の部分しかなくても、ちゃんとした復元ができるのではないか」「他のの復元施設に持っていけば復元できるのでは?」という疑惑がある。 だがそうは言っても、ではどうやっても2つカがないと復元はできないのだ。 これが単なるウカッツの不足なのか、のカ復元技術が特殊あるいは不全なのか、ルのたちのによるものなのかは全く以って不明である。 続編での言及に期待するしかない。 ウカッツの名前の由来である「闊」という言葉には「注意が足りない、している」という意味がある。 「ケ」も「不注意による、間違い」という意味。 たちの姿があれで正解か不正解なのか、正しい答えがまだ分からない現状ではなんとも言えないが、にわざわざウカッツなんていう名前を付けたには何らかの意図があると推測できる を誘っている可性もあるが。 に限り、カの復元施設は研究所やではなくアーカラ8番に停まっているの中である。 「ここは」などと言い出すゴキゲンなが復元をしてくれる。 一応「カの研究やっとるぞ」とのことだが、ただのにしか見えない。 では新たなは登場せず、カもコシでに売られているので、ではあまりカの発掘や研究はされていないのかもしれない。 とはいえ、このはウカッツほど胡散臭くはないし、渡したカはちゃんと復元してくれるので安心して欲しい。 「いつの日かここを太古のでいっぱいにするのが夢」とのことなので、このはなりにカ復元技術を磨いているのだろう。 関連動画 ウカッツに関するのを紹介してください。 関連項目• (を作った研究者として有名)• (を作ったその2).

次の