炭カナ ぜんねず 伊アオ 漫画。 【鬼滅の刃】最終205話 炭カナ、ぜんねず、伊アオが公式カップルとなり、遂に漫画が完結。そして206話が来ることはなかった… 【きめつのやいば】【最終回】(鬼滅の刃 205、206)

【鬼滅の刃】最終205話 炭カナ、ぜんねず、伊アオが公式カップルとなり、遂に漫画が完結。そして206話が来ることはなかった… 【きめつのやいば】【最終回】(鬼滅の刃 205、206)

炭カナ ぜんねず 伊アオ 漫画

概要 「鬼滅の刃」に登場する、とのカップリング。 2人はの同期隊士である。 性格面においては、言動全てが猪突猛進で分かりやすい伊之助と、感情が掴みにくくミステリアスなカナヲ、という正反対な性格をしている。 また、二人共公式で美形設定であり 伊之助は本編中、カナヲはにて名言 、美男美女コンビである。 いっそ美女2人組である。 機能回復訓練においてはカナヲに全く歯が立たない伊之助の姿も微小ではあるが描かれていた。 公式設定にはない二次創作や男女のカップリングを題材としている為、拒否感を感じた場合はプラウザバックやマイナス検索をオススメする。 また、このカップリングは ネタバレ無しでは語れない部分が非常に多いため、原作コミックスをまだ読んでいない方 特にアニメのみ視聴の方等 はこの記事を読む前にプラウザバックをお願い致します。 単行本18巻〜19巻の重大なネタバレ注意!. 158話〜159話 との戦いにてこの2人が初めて共闘する。 蟲柱でありカナヲの師範に当たるの敗北を目の当たりにし、カナヲはしのぶに続いて一人で童磨と戦うこととなる。 童磨の動きに適応しつつも上手く童磨に近づくことが出来ず、首を撥ねるはずのまで奪われてしまい、被害を最小限に凌ぐため防戦一方の大ピンチとなるが、そんなカナヲのピンチに 上空から 現れた 降ってきた のが同期である伊之助だった。 しのぶの死を知り、猪の被り物越しでもわかる怒りのオーラと「噛み殺してやる塵が」というセリフで童磨に飛びかかった伊之助だが、狙いは童磨ではなく、童磨に奪われていたカナヲの日輪刀だった。 「これお前の?」 「う うん」 「もう取られんなよ」 取り返した刀をカナヲに返してあげるシーン。 このセリフだけで伊之助及び伊カナに堕ちた人も少なくないのではないだろうか。 このセリフに惚れると、心なしか普段の伊之助より口調も優しいように感じてくる。 162話 しのぶが命をかけて仕込んだ毒によって弱った童磨に、カナヲも自身が持つ中で一番の大技で正面から攻め入る。 だが、童磨の苦し紛れの血鬼術によって腕が硬直し、最後のひと押しに手間取ってしまう。 カナヲが手間取う一方で、伊之助の思いつきの技からなる手放された刀がカナヲの日輪刀を押し込み、童磨の頸を切断した。 どちらかが斬ったわけではなく、この2人が力を合わせて童磨に勝ったという大事な場面であり、間違いなくこの2人の共闘に胸を熱くさせる場面だろう。 163話 童磨に勝利した後、それぞれが亡くなった人達に思いを馳せ、語りかける場面。 「姉さんに言われた通り仲間を大切にしていたら、助けてくれたよ」 「一人じゃ無理だったけど仲間が来てくれた」 と、回想にてだけでなく伊之助や、、ともほのぼのと話している姿が見られ、カナヲが少しずつ周りと打ち解けていた様子が垣間見えた。 また、「助けてくれた」「一人じゃ無理だったけど」という、当初同期の中で誰よりも強かったカナヲからはあまり想像のできないような、良い意味での弱々しさや女の子らしさ、当初からの成長など色々なものを感じることが出来る。 そのきっかけとして、伊之助が現れた時の回想や、カナヲの目に映っているであろう伊之助の後ろ姿が見られるのはかなりの伊カナポイントではないか………。 163話で童磨戦は終結したと油断させておいて、なんと164話の扉絵は 2人で泣きながら肩を組み前へ進む…といったイラストであった。 ちなみに164話に二人は出てこない。 カナヲよりも伊之助の方が号泣しているように見え、まるで泣いてる弟を支えるために涙を我慢する姉のような雰囲気にも見える。 二次創作において姉弟のように描かれたものが多いのはこれが大きく影響していると考えられる。 実際に2人の年齢は伊之助の方が一つ年下である。 また、伊之助の傷には本編中にはなかった包帯の手当が施されており、「これはカナヲがやってくれたのだろうか…!?」と想像しては顔を覆ってしまうファンも。 また、ufotable公式Instagramでも同イラストのこの2人がセットで切り抜かれた画像が投稿されており、公式ありがとう…と手を合わせずにはいられない案件である。 注意 )カナヲの持っているチョコレートが誰宛かは明記されていないため、 ufotable公式アカウントや鬼滅の刃公式アカウントにCP名を入れた発言やCPを匂わす発言は絶対に避けるべきである。 これを見た方はご協力よろしくお願いします。 コラボカフェ-ホワイトデーイベント 同じくufotableと鬼滅の刃のコラボカフェにホワイトデーイベント開催が決定し、バレンタインほどの距離感はないものの、伊カナの可能性にざわつく人々が一定数見受けられた。 炭治郎の持つ白い花:カナヲの頭には付いてるが禰豆子には付いてない=禰豆子宛の花束、善逸の持つ黄色い花:二人共に付いているが善逸の片想い相手が禰豆子=禰豆子宛の花束…と推測し、両手に花束 とは言い難いが を持つ伊之助はカナヲと禰豆子の二人分であると考えることが出来るかもしれない。 ちなみにそのように推測すると、カナヲ宛の花束を持っているのは伊之助だけである。 その他 さらにさらに余談だが、2人のイラストは大変少ないが、カップリング名でなく2人の名前で検索をかけると案外沢山出てきたり、ニコニコ動画などにおける界隈では童磨戦を題材とした動画やの動画、+カナヲの動画等で2人が一緒に踊る動画が多く出てきたりする。 どうか伊カナにハマって作品件数に絶望した方々は試してみて欲しい。 関連イラスト.

次の

鬼滅の刃の炭カナとぜんねず、伊アオは公式ってことでいいんですか?炭治郎...

炭カナ ぜんねず 伊アオ 漫画

概要 「鬼滅の刃」に登場する、とのカップリング。 2人はの同期隊士である。 性格面においては、言動全てが猪突猛進で分かりやすい伊之助と、感情が掴みにくくミステリアスなカナヲ、という正反対な性格をしている。 また、二人共公式で美形設定であり 伊之助は本編中、カナヲはにて名言 、美男美女コンビである。 いっそ美女2人組である。 機能回復訓練においてはカナヲに全く歯が立たない伊之助の姿も微小ではあるが描かれていた。 公式設定にはない二次創作や男女のカップリングを題材としている為、拒否感を感じた場合はプラウザバックやマイナス検索をオススメする。 また、このカップリングは ネタバレ無しでは語れない部分が非常に多いため、原作コミックスをまだ読んでいない方 特にアニメのみ視聴の方等 はこの記事を読む前にプラウザバックをお願い致します。 単行本18巻〜19巻の重大なネタバレ注意!. 158話〜159話 との戦いにてこの2人が初めて共闘する。 蟲柱でありカナヲの師範に当たるの敗北を目の当たりにし、カナヲはしのぶに続いて一人で童磨と戦うこととなる。 童磨の動きに適応しつつも上手く童磨に近づくことが出来ず、首を撥ねるはずのまで奪われてしまい、被害を最小限に凌ぐため防戦一方の大ピンチとなるが、そんなカナヲのピンチに 上空から 現れた 降ってきた のが同期である伊之助だった。 しのぶの死を知り、猪の被り物越しでもわかる怒りのオーラと「噛み殺してやる塵が」というセリフで童磨に飛びかかった伊之助だが、狙いは童磨ではなく、童磨に奪われていたカナヲの日輪刀だった。 「これお前の?」 「う うん」 「もう取られんなよ」 取り返した刀をカナヲに返してあげるシーン。 このセリフだけで伊之助及び伊カナに堕ちた人も少なくないのではないだろうか。 このセリフに惚れると、心なしか普段の伊之助より口調も優しいように感じてくる。 162話 しのぶが命をかけて仕込んだ毒によって弱った童磨に、カナヲも自身が持つ中で一番の大技で正面から攻め入る。 だが、童磨の苦し紛れの血鬼術によって腕が硬直し、最後のひと押しに手間取ってしまう。 カナヲが手間取う一方で、伊之助の思いつきの技からなる手放された刀がカナヲの日輪刀を押し込み、童磨の頸を切断した。 どちらかが斬ったわけではなく、この2人が力を合わせて童磨に勝ったという大事な場面であり、間違いなくこの2人の共闘に胸を熱くさせる場面だろう。 163話 童磨に勝利した後、それぞれが亡くなった人達に思いを馳せ、語りかける場面。 「姉さんに言われた通り仲間を大切にしていたら、助けてくれたよ」 「一人じゃ無理だったけど仲間が来てくれた」 と、回想にてだけでなく伊之助や、、ともほのぼのと話している姿が見られ、カナヲが少しずつ周りと打ち解けていた様子が垣間見えた。 また、「助けてくれた」「一人じゃ無理だったけど」という、当初同期の中で誰よりも強かったカナヲからはあまり想像のできないような、良い意味での弱々しさや女の子らしさ、当初からの成長など色々なものを感じることが出来る。 そのきっかけとして、伊之助が現れた時の回想や、カナヲの目に映っているであろう伊之助の後ろ姿が見られるのはかなりの伊カナポイントではないか………。 163話で童磨戦は終結したと油断させておいて、なんと164話の扉絵は 2人で泣きながら肩を組み前へ進む…といったイラストであった。 ちなみに164話に二人は出てこない。 カナヲよりも伊之助の方が号泣しているように見え、まるで泣いてる弟を支えるために涙を我慢する姉のような雰囲気にも見える。 二次創作において姉弟のように描かれたものが多いのはこれが大きく影響していると考えられる。 実際に2人の年齢は伊之助の方が一つ年下である。 また、伊之助の傷には本編中にはなかった包帯の手当が施されており、「これはカナヲがやってくれたのだろうか…!?」と想像しては顔を覆ってしまうファンも。 また、ufotable公式Instagramでも同イラストのこの2人がセットで切り抜かれた画像が投稿されており、公式ありがとう…と手を合わせずにはいられない案件である。 注意 )カナヲの持っているチョコレートが誰宛かは明記されていないため、 ufotable公式アカウントや鬼滅の刃公式アカウントにCP名を入れた発言やCPを匂わす発言は絶対に避けるべきである。 これを見た方はご協力よろしくお願いします。 コラボカフェ-ホワイトデーイベント 同じくufotableと鬼滅の刃のコラボカフェにホワイトデーイベント開催が決定し、バレンタインほどの距離感はないものの、伊カナの可能性にざわつく人々が一定数見受けられた。 炭治郎の持つ白い花:カナヲの頭には付いてるが禰豆子には付いてない=禰豆子宛の花束、善逸の持つ黄色い花:二人共に付いているが善逸の片想い相手が禰豆子=禰豆子宛の花束…と推測し、両手に花束 とは言い難いが を持つ伊之助はカナヲと禰豆子の二人分であると考えることが出来るかもしれない。 ちなみにそのように推測すると、カナヲ宛の花束を持っているのは伊之助だけである。 その他 さらにさらに余談だが、2人のイラストは大変少ないが、カップリング名でなく2人の名前で検索をかけると案外沢山出てきたり、ニコニコ動画などにおける界隈では童磨戦を題材とした動画やの動画、+カナヲの動画等で2人が一緒に踊る動画が多く出てきたりする。 どうか伊カナにハマって作品件数に絶望した方々は試してみて欲しい。 関連イラスト.

次の

ぜんねず「ぜんねず夫婦と激似の子供たちシリーズ 「娘をセコムする我妻親子」 ※捏造に抵抗」

炭カナ ぜんねず 伊アオ 漫画

概要 「鬼滅の刃」に登場する、とのカップリング。 2人はの同期隊士である。 性格面においては、言動全てが猪突猛進で分かりやすい伊之助と、感情が掴みにくくミステリアスなカナヲ、という正反対な性格をしている。 また、二人共公式で美形設定であり 伊之助は本編中、カナヲはにて名言 、美男美女コンビである。 いっそ美女2人組である。 機能回復訓練においてはカナヲに全く歯が立たない伊之助の姿も微小ではあるが描かれていた。 公式設定にはない二次創作や男女のカップリングを題材としている為、拒否感を感じた場合はプラウザバックやマイナス検索をオススメする。 また、このカップリングは ネタバレ無しでは語れない部分が非常に多いため、原作コミックスをまだ読んでいない方 特にアニメのみ視聴の方等 はこの記事を読む前にプラウザバックをお願い致します。 単行本18巻〜19巻の重大なネタバレ注意!. 158話〜159話 との戦いにてこの2人が初めて共闘する。 蟲柱でありカナヲの師範に当たるの敗北を目の当たりにし、カナヲはしのぶに続いて一人で童磨と戦うこととなる。 童磨の動きに適応しつつも上手く童磨に近づくことが出来ず、首を撥ねるはずのまで奪われてしまい、被害を最小限に凌ぐため防戦一方の大ピンチとなるが、そんなカナヲのピンチに 上空から 現れた 降ってきた のが同期である伊之助だった。 しのぶの死を知り、猪の被り物越しでもわかる怒りのオーラと「噛み殺してやる塵が」というセリフで童磨に飛びかかった伊之助だが、狙いは童磨ではなく、童磨に奪われていたカナヲの日輪刀だった。 「これお前の?」 「う うん」 「もう取られんなよ」 取り返した刀をカナヲに返してあげるシーン。 このセリフだけで伊之助及び伊カナに堕ちた人も少なくないのではないだろうか。 このセリフに惚れると、心なしか普段の伊之助より口調も優しいように感じてくる。 162話 しのぶが命をかけて仕込んだ毒によって弱った童磨に、カナヲも自身が持つ中で一番の大技で正面から攻め入る。 だが、童磨の苦し紛れの血鬼術によって腕が硬直し、最後のひと押しに手間取ってしまう。 カナヲが手間取う一方で、伊之助の思いつきの技からなる手放された刀がカナヲの日輪刀を押し込み、童磨の頸を切断した。 どちらかが斬ったわけではなく、この2人が力を合わせて童磨に勝ったという大事な場面であり、間違いなくこの2人の共闘に胸を熱くさせる場面だろう。 163話 童磨に勝利した後、それぞれが亡くなった人達に思いを馳せ、語りかける場面。 「姉さんに言われた通り仲間を大切にしていたら、助けてくれたよ」 「一人じゃ無理だったけど仲間が来てくれた」 と、回想にてだけでなく伊之助や、、ともほのぼのと話している姿が見られ、カナヲが少しずつ周りと打ち解けていた様子が垣間見えた。 また、「助けてくれた」「一人じゃ無理だったけど」という、当初同期の中で誰よりも強かったカナヲからはあまり想像のできないような、良い意味での弱々しさや女の子らしさ、当初からの成長など色々なものを感じることが出来る。 そのきっかけとして、伊之助が現れた時の回想や、カナヲの目に映っているであろう伊之助の後ろ姿が見られるのはかなりの伊カナポイントではないか………。 163話で童磨戦は終結したと油断させておいて、なんと164話の扉絵は 2人で泣きながら肩を組み前へ進む…といったイラストであった。 ちなみに164話に二人は出てこない。 カナヲよりも伊之助の方が号泣しているように見え、まるで泣いてる弟を支えるために涙を我慢する姉のような雰囲気にも見える。 二次創作において姉弟のように描かれたものが多いのはこれが大きく影響していると考えられる。 実際に2人の年齢は伊之助の方が一つ年下である。 また、伊之助の傷には本編中にはなかった包帯の手当が施されており、「これはカナヲがやってくれたのだろうか…!?」と想像しては顔を覆ってしまうファンも。 また、ufotable公式Instagramでも同イラストのこの2人がセットで切り抜かれた画像が投稿されており、公式ありがとう…と手を合わせずにはいられない案件である。 注意 )カナヲの持っているチョコレートが誰宛かは明記されていないため、 ufotable公式アカウントや鬼滅の刃公式アカウントにCP名を入れた発言やCPを匂わす発言は絶対に避けるべきである。 これを見た方はご協力よろしくお願いします。 コラボカフェ-ホワイトデーイベント 同じくufotableと鬼滅の刃のコラボカフェにホワイトデーイベント開催が決定し、バレンタインほどの距離感はないものの、伊カナの可能性にざわつく人々が一定数見受けられた。 炭治郎の持つ白い花:カナヲの頭には付いてるが禰豆子には付いてない=禰豆子宛の花束、善逸の持つ黄色い花:二人共に付いているが善逸の片想い相手が禰豆子=禰豆子宛の花束…と推測し、両手に花束 とは言い難いが を持つ伊之助はカナヲと禰豆子の二人分であると考えることが出来るかもしれない。 ちなみにそのように推測すると、カナヲ宛の花束を持っているのは伊之助だけである。 その他 さらにさらに余談だが、2人のイラストは大変少ないが、カップリング名でなく2人の名前で検索をかけると案外沢山出てきたり、ニコニコ動画などにおける界隈では童磨戦を題材とした動画やの動画、+カナヲの動画等で2人が一緒に踊る動画が多く出てきたりする。 どうか伊カナにハマって作品件数に絶望した方々は試してみて欲しい。 関連イラスト.

次の