アナベル 挿し木の仕方。 紫陽花アナベルの育て方。挿し木や剪定、肥料の方法について

【アナベルの育て方】挿し木や剪定、鉢植えの植え替えの方法は?

アナベル 挿し木の仕方

アナベルはアジサイの一種? アナベルはアジサイの種類の一つで白い花を咲かせます。 こんもりとした花姿が美しく、花壇にやさしい印象を加えてくれますよ。 アナベルの苗植え!鉢植えや地植えの時期と方法は? アナベルは、葉っぱが出る前の3~4月か生長が止まる10~11月が苗植えの適期です。 鉢植えと地植えのどちらでも育てられるので、スペースに合った育て方を選びます。 鉢植え• 苗よりも一回りから二回り大きな鉢かプランターを用意する• 苗を中心に植える• 水やりをする• 日当たりのよい場所で管理する 地植え• 西日が当たらず、午前の日当たりがよい場所を選んで土作りをする• 苗よりも二回以上大きな植え穴を掘る• 苗を植える• たっぷりと水やりをする• 西日が当たるときは、株元に腐葉土などを被せてマルチングする アナベルの土作り、水やり、肥料の与え方は? 土作り アジサイのように土の酸性度合いを調節する必要はなく、水はけのよい土であれば元気に育ちます。 鉢植えは、赤玉土(小粒)7:腐葉土3の土か、市販の草花用培養土を利用しましょう。 地植えは植え穴を掘った土に2~3割ほど腐葉土を混ぜ、水はけをよくしておきます。 土を耕して2週間ほど寝かせると、土が肥えて生育もよくなりますよ。 水やり 地植えは特に水やりの必要はありません。 日照りが続き、葉に元気がないときだけ水やりをします。 鉢植えは土が乾いたらたっぷりと水を与えます。 肥料の与え方 苗を植え付けるときに、牛糞堆肥か、ゆっくりと効く緩効性肥料を土に混ぜておきます。 そして、1~2月と、花が咲き終わった7~8月に1回ずつ油かすか植え付け時と同じ緩効性肥料を与えましょう。 アナベルの剪定の時期と方法は? 放っておいてもアナベルは樹形がきれいにまとまります。 ただ、スペースが足りない、不要な枝が多い、樹高を調節したいといったときは、剪定をしていきます。 適期は2~3月です。 新しくできた枝に花を咲かせることから、アジサイと同じように7月に剪定をしてしまうと、花が咲かなくなってしまうので注意してください。 剪定方法はアジサイ同様に株のバランスを見ながら、花が咲いた枝を切り取っていきます。 全ての枝を同じくらいの長さに切りそろえていくのがポイントです。 アナベルの植え替えの時期と方法は? 鉢植えでアナベルを育てているなら1~2年に1回は植え替えをします。 生育が旺盛で丈夫なため、神経質にならなくても大丈夫ですよ。 11~6月頃に一回り大きな鉢を用意する• 鉢から株を取り出して、軽く根をもみほぐす• 植え付けと同じ手順で植え替える アナベルの増やし方!挿し木の時期と方法は?• 6~7月頃、その年生えた新しい枝を10~15cmほどの長さに切る• 切り口をナイフやカッターで斜めに切る• 全体の長さが7~8cmほどになるように調節する• 育苗ポットに赤玉土(小粒)に入れ、枝が2~3cmほど埋まるように挿す• 日陰で、土が乾かないよう水やりをして管理する• 1ヶ月ほどで発根し、十分に根が生えたら鉢や地面に植え替える アナベルの栽培で注意する病気や害虫は? うどんこ病 うどんこ病は、葉に白い粉が吹いたようにカビが生え、葉が枯れる原因となります。 湿度が低かったり、枝が茂りすぎたりすると発生しやすくなります。 病気にかかった部分はすぐに切り落とし、剪定して風通しをよくしましょう。 モザイク病 モザイク病は、葉の変形、色の濃淡が出るウイルス性の病気です。 一度感染すると治療ができないことから、病気にかかっている部分は切り取って処分します。 株全体に発生したときは、他への感染を防ぐため、株ごと抜き取って廃棄しましょう。 カミキリムシ カミキリムシは、幼虫が幹に入り込み、株を枯らす害虫です。 株元に木くずのようなものが落ちていたら、幼虫がいる証拠です。 幼虫が幹に開けた穴へ針金や薬剤のノズルを差し込んで駆除してください。 ハダニ ハダニは、乾燥した環境で発生しやすい害虫で、葉の裏に寄生してかすり状の傷をつけます。 葉の表裏に霧吹きで水を吹きかけて予防しましょう。 ハダニを見つけたら、殺虫剤を散布して駆除してください。 アナベルの育て方のポイントは? アナベルは、日当たりがよいところで乾燥させすぎないことが上手に育てるポイントです。 また、剪定の時期が通常のアジサイよりも遅く、11~12月と2~3月頃なのも気をつけましょう。 アナベルは、花になる芽が作られる時期が4月と遅く、剪定は芽が作られる前にすませてください。 通常のアジサイと同様6〜9月頃に剪定をすると、翌年の花数が少なくなります。

次の

アジサイ 休眠枝挿し

アナベル 挿し木の仕方

栽培環境・日当たり・置き場 生育旺盛で、樹高はそう高くなりませんが、多数の枝が出て、大きく育つので、庭植えで栽培します。 半日陰から日なたで、夏の高温期でも極端に乾燥しない、水はけのよい土壌で育てます。 水やり 特に必要ありませんが、極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりします。 肥料 1月から2月に寒肥、開花後の7月中旬から8月下旬にお礼肥として、油かすや緩効性化成肥料を施します。 病気と害虫 病気:うどんこ病、モザイク病 うどんこ病は、葉にカビが生えて白い粉をふいたようになり、ひどい場合は、葉が枯れてしまいます。 湿度が低いときや枝が茂りすぎると発生するので、剪定で風通しをよくして予防します。 モザイク病は、葉に濃淡ができ、葉が変形します。 病原菌を媒介するアブラムシを退治しましょう。 感染した株は治らないので、見つけしだい、抜き取って廃棄します。 害虫:カミキリムシ、ハダニ カミキリムシの幼虫が、幹に入ると株が枯れるので、株元に木くずを見つけたら、侵入穴から針金などをさして、幼虫を捕殺します。 ハダニが発生すると葉が茶色に変色し、ひどい場合は落葉します。 植えつけ、 植え替え 植えつけは、3月上旬から4月下旬の葉が出る前、または成長が止まり、気温が下がる10月上旬から11月下旬に行います。 植えつけと同時に剪定しても、夏には花が咲くので、枝を切り詰めておくと作業がラクです。 植えつけ後には、たっぷりと水やりをします。 ふやし方 さし木:新梢が堅くなる6月上旬から7月下旬に、枝を2~3節ずつ切り取ります。 節の下1cmのところをナイフやカッターなどで斜めに切り、1穂の長さが7~8cmになるように調整します。 平鉢や育苗箱に、赤玉土小粒やさし木用土を入れ、2~3cmほどの深さでさし、日陰に置いて乾燥させないように管理します。 1か月ほどで発根します。 主な作業 剪定:大株になると枝が混んで枝が細くなり、下葉も落ちてしまうので、2~3年に1回程度、地際近くまで切り戻すとよいでしょう。 樹形を整えるための剪定は、花後なるべく早い時期か、2月上旬から3月下旬に行います。 このときに、株の中の枯れ枝も切り取って整理しましょう。 アメリカノリノキの花芽は、開花する年の春にできるので、2月上旬から3月下旬に剪定しても夏には開花します。 アジサイは知らない人がいないほど身近な花木で、梅雨どきの風物詩にもされています。 アジサイやガクアジサイは日本原産種が改良されたものですが、近年、見慣れたこれらのアジサイ...

次の

アメリカノリノキ‘アナベル’の育て方

アナベル 挿し木の仕方

アジサイ、お気に入りの品種がありますか? 気に入ったアジサイを増やしてみたいと思ったら、 挿し木をすれば、同じ品種をたくさん増やすことができます。 アジサイの生長を近くで鑑賞できるのも楽しく、 順調に生長すると、翌年か翌々年には花を咲かせてくれます。 アジサイの挿し木は、手順とコツを覚えると、容易にできます。 いろいろな植物に応用できますので、とても便利です。 中でも、湿度を保つことができ、日照時間も長い 梅雨の時期が一番適しています。 3月ごろには休眠枝ざしという方法で挿し木を行うこともできますが、 品種によっては発根しにくくなります。 9月に挿し木をする場合は、早めに挿しておくと冬の寒さに負けません。 用土:鹿沼土、パーライト、バーミキュライト、ピートモスなどを単体で使用します。 必ず新しいものを用意し、あらかじめ給水させておきます。 挿し穂を用意します。 今年伸びた枝で、花芽のついていないものを、15~20㎝程に切ります。 挿し穂から2節目の葉を取り、1節目の葉は半分くらいにカットします。 これは、葉から余分な水分が蒸発するのを防ぐためです。 茎は、よく切れるハサミやナイフで斜めにカットすると、 給水が良くなり発根しやすくなります。 挿し穂を水にさし、1時間ほど水上げします。 用土に、箸などで斜めに穴を開け、 挿し穂の切り口に異物が入らないように注意し挿します。 根元をしっかりと押さえます。 スプレーで 葉水を与えるのも良いです。 2週間から1か月で発根します。 しっかり発根する1ヶ月後くらいに5号鉢に鉢上げします。 鉢上げした後は、 徐々に日当たりのよい場所へ移しながら育てていきます。 そのように表示されたアジサイは、 自分で楽しむ程度に増やすのが良いかと思います。 2015年06月10日に、新芽が展開しているので、 おお~! 発根の兆しと思い覗いてみました。 今年の開花は無理ですが、来年には必ず咲いてくれるでしょう 梅雨の時期に挿し木をすれば、 2週間少しくらいで発根すると思います。

次の