インテル core i7 9700。 Intel Core i7

core i7 9700とcore i7 9700kの性能はどれくらい違うのですか?

インテル core i7 9700

Core i7シリーズとなると仕事・趣味からゲームまであらゆる用途で活用することができます。 人気のRAW現像や動画編集にも適しています。 苦手な作業はほとんどないと考えて良いでしょう。 特定の作業で重く感じている方は買い替えを検討しても良いと思います。 0 GHz 3. 6 GHz 3. 2 GHz ターボクロック 4. 7 GHz 4. 9 GHz 4. コア数及びスレッド数は同じ8コア8スレッドとなっています。 ベースクロックが3. 0GHz、ブーストクロックが4. 7GHzへと引き下げられています。 ベースクロック0. 2GHzダウン、ターボクロック0. 1GHzアップとなっています。 ベースクロックが下がっても物理コアが上がっているため性能面の不安はありません。 Core i7-9700ってどんなCPUなの? 高性能でバランスの良いCPU Core i7-9700は、非常に高性能で長く使用できるCPUです。 性能不足の不安がありません。 一つ上のCore i7-9700Kになるとオーバースペックになりがちです。 一方、Core i7-9700は多くのユーザーにとってちょうど良い性能を持っていると言えます。 極端に性能が高すぎるということもなく使い勝手が良いです。 これは第八世代で売れ筋だったCore i7-8700の後継モデルであることからもわかります。 どのCPUがいいのかわからなければこのCore i7-9700が第一の候補になります。 それほど性能が必要ないと思うならコスパの高いCore i5-9400Fも人気があります。 OC非対応モデルでコスパが高い i7-9700は、オーバークロック(CPU性能を極限まで引き上げること)には対応していません。 初心者の方にとってオーバークロック自体身近なものではなく、故障リスクもあるためおすすめできるわけではありません。 その分CPU単体価格及びマザーボードの価格が抑えられていることを考えるとメリットだと考えて良いでしょう。 中上級者の方でなければコスパ重視で選ばれることが多いです。 外付けのグラフィックボードを選択する場合オンボードGPUは不要です。 つまり、グラフィックボードを搭載しているクリエイター向けPCやゲーミングPCではメリットがある選択肢となります。 オンボードGPUが搭載されていない分だけ価格が安く、少しだけベンチマークスコアが高くなる傾向にあります。 ベンチマークでわかるCore i7-9700の性能! 一般アプリケーションベンチマーク一覧 Cinebench R15 当ページでは、Core i7-9700Kの性能スペックについてレビューをまとめました。 第八世代で売れ筋CPUだったCore i7-8700の後継モデルとなっています。 消費電力も同等なのは嬉しいですね。 フロンティアの「」、マウスコンピューターの「」、G-Tuneの「」が有力候補です。 あなたに合うBTOパソコンを探す 用途などでBTOパソコンを選ぶ GWセール、年末セール等 ビジネス、動画編集等 ドスパラの即納モデル等 13. 3インチノート、スリムタワー等 BTOパソコン特徴やショップを比較 5万円以下、5万円-10万円等 ドスパラ、パソコン工房等 Core i7-9700、 i7-8565U等 GTX1650, GTX1050Ti等 売れ筋BTOパソコンをチェック 当ページのベンチマーク計測のテスト環境 マザーボード ASRock Z370 メモリ 16GB DDR4-3200 SSD Crucial MX300 750 GB 電源ユニット Seasonic SS-860XP 冷却システム Noctua NH-U14S ソフトウェア Windows 10 64-bit.

次の

インテル Core i7 プロセッサー徹底解説

インテル core i7 9700

10 GHz 1. 40 GHz 2. 60 GHz 2. 50 GHz 2. 50 GHz 2. 80 GHz 1. 30 GHz 2. 90 GHz 3. 90 GHz 3. 70 GHz 3. 40 GHz 2. 70 GHz 3. インテル製品は随時、製造ライフサイクル、仕様、および製品の説明が予告なく変更される場合があります。 ここに記載された情報は「現状」のまま提供されるものであり、インテルは情報の正確性、または製品の機能、利用可能性、機能性、記載された製品の互換性についていかなる表明も保証もいたしません。 特定の製品やシステムの詳細については、各システムベンダーにお問い合わせください。 「発表済み」 SKUs はまだ使用できません。 販売開始については、発売日を参照ください。 希望カスタマー価格 RCP は、インテル製品にのみ適用される価格設定のガイドです。 価格はインテルからの直接購入の顧客向けで通常の 1,000 個単位での購入の場合です。 価格は予告なしに変更されることがあります。 価格は他のパッケージのタイプや出荷の量によって異なる場合があります。 一括購入の場合、表示される価格は個々のユニット単価です。 RCP のリストには、インテルが提供する正式な価格は含まれません。 関税があるため、RCP に記載の値は実際とは異なります。

次の

「Xeon」はCore i7やi9と比べて何が違うのか?

インテル core i7 9700

注意 掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。 スコアを見るとRyzen 7 3700Xが最も高い数値を示しています。 少なくとも Intel製Core i7よりも優位に立っていることがわかる。 ひょっとするとCore i9並みの性能を持っているのかもしれません。 この結果をそのまま鵜呑みにするなら、Ryzen 7 3700Xは相当期待がもてるCPUだということがわかります。 とは言え、そこは使ってみないとわからないのでテスト結果をご覧いただきたいと思います。 比較に使ったパソコン 名前 L UV MACHINES DAIV-DGZ530 画像 CPU Ryzen 7 3700X Core i7-9700K GPU GTX1660Ti RTX2060 メモリ 16GB 16GB SSD 512GB M. 2 SSD 256GB NVMe対応 HDD ー 2TB メーカー CPU、GPU以外はできるだけスペックを揃えて比較ができました。 ベンチソフトによる性能比較 ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。 CPU-Zによるスコア Core i7-9700K シングルスレッド マルチスレッド Core i9-9900K 563. 1 5552. 8 Ryzen 7 3700 516. 7 5560. 9 Core i7-9700K 537. 1 3806. 6 Core i7-8700K 508. 5 3811. 7 CPU-Zのテスト結果では、甲乙つけがたい結果になっています。 スレッド数の多いRyzen 7 3700Xがマルチスレッドで良い結果を出しています。 Core i9-9900Kの結果ものせてみましたが、ほぼ横並びですね。 Core i9並みの性能というのも案外偽りではないのかもしれません。 念のため断っておきますが、Core i7-8700やCore i7-9700だって十分に高性能なんですよ。 普通に使っていたら不満なんてまず出ないレベルだと思います。 僕はテストのたびに感動していたくらいです 笑 CINEBENCH 15のスコア Core i7-9700K Ryzen 7 3700X 2112 Core i9-9900K 2051 Core i7-9700K 1493 Core i7-8700K 1402 CINEBENCHのスコアはRyzen 7 3700Xが最も高くなりました。 わずかとはいえ、Core i9を抜いてしまっているのには驚きしかありません。 Core i7-9700Kと比較すると30-40%の性能差といったところでしょうか・・・同じようなラインのはずなんですが、かなり差をあけられちゃってますね。 実際の処理では、この差がどうなっていくのかを見てみましょう。 RAWの一括変換にかかった時間を比較 RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。 Core i9-9900K 3分19秒 Core i7-9700K 4分35秒 Ryzen 7 3700X 4分58秒 Core i7-8700K 5分31秒 RawTherapeeというソフトを使ってJPEGへの 一括変換をテストしたところ、Core i9-9900Kが速いという結果になりました。 RAW現像に関してはIntel製CPUが健闘しているイメージです。 Ryzenの処理能力は高いのですが、ちょっとしたムラ気のようなものを感じます。 安定感を求めるならインテル製CPUという感じでしょうか。 動画のレンダリングにかかった時間を比較 一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。 使用した動画編集ソフトはResolveです。 Ryzen 7 3700X 3分33秒 Core i9-9900K 3分58秒 Core i7-9700K 4分46秒 動画のレンダリングはRyzen 7 3700Xが速いという結果になりました。 ここはもうCore i7では相手にならないという感じですね。 感想 ・Ryzen 7 3700XはCore i9並みといっても良い性能 ・Core i7はシーンによってはRyzen 7 3700Xと勝負にならない ・Intel製CPUのほうが安定した性能を発揮できる! AMD製とIntel製ってどっちが性能良いのかな?と自分自身でも気になってチェックしてみた記事でしたが、割と良い検証ができたような気がします。 「Ryzen 7 3700XはCore i9並みだよ!」とウワサでは聞いていましたが、確かにその通りなこともあったし、やっぱりCore i9のほうが良いなというシーンも発見できました。 もしRyzen 7 3700Xと、Core i7-9700Kを比較検討するときがきたら・・・僕ならIntel製に走ってしまいそうな気がします。 価格差にもよりますけどね。。 様々なシーンで期待通りの安定感が出せるってこのクラスだと大切になると思うんですよね。 おすすめパソコン > NEXTGEAR-MICRO am560SA2.

次の