アフターピル もらえない。 ピルを緊急避妊薬として使用する方法

アフターピルについて知っておきたいこと

アフターピル もらえない

吐き気等の副作用が心配な方は、日本人の体質を考えて作られたナイピルというアフターピルが向いているかもしれません。 ナイピルは薬の通販サイトで販売されています。 アフターピルの副作用 アフターピルを飲むと、以下のような症状が現れる場合があります。 吐き気• 乳房の張り• 疲労感 これらの副作用は一時的なものなので、 数時間~半日程度で消えます。 もしも、症状が24時間以上続くようでしたら、医師の診断を受けてください。 アフターピルを何回も飲む事について アフターピルを何回も飲むと、徐々に耐性がついて薬の効果が弱まり、避妊の成功率が下がると思っていませんか? これは 誤った情報で、 何度アフターピルを服用しても効果が落ちる事はありません。 そのため、何らかの事情で服用する機会が多くなったとしても、効果の弱まりを心配する必要はないのです。 しかし、アフターピルに限らず、 薬の過剰摂取は体に悪いです。 アフターピルを飲んだ直後にセックスをして、再びアフターピルを服用、というような飲み方は危険です。 アフターピル服用後は、消退出血が起こるまではセックスを避けるか、別の避妊方法を取りましょう。 服用後、すぐに吐いた場合 アフターピルの短時間での連続服用は体によくないですが、 服用直後に吐いた場合は別です。 服用後2時間以内に嘔吐すると、薬の成分がきちんと体に吸収されず、避妊効果が発揮されない場合があります。 そのときは 再度1錠を飲み直しましょう。 25歳女性(2018年5月21日) 通販でどのアフターピルを選べばよいのかわからなかったので、友達の意見を参考にノルレボを購入しました。 実際に使用すると、最初に一瞬だけ吐き気が起こりましたが、すぐに収まって避妊もちゃんとできました。 php? ジェネリックとは元の薬と有効成分が同じ薬の事です。 ナイピルはノルレボと ほぼ同じ効果が得られ、1錠あたり 約600~750円で購入できるので、お財布にもやさしいです。 日本人の体質を考えて作られているので、 副作用が心配な方にもおすすめしたいアフターピルです。 26歳女性(2018年5月13日) エラを飲むと、ちょっと副作用の吐き気を感じますけど、我慢できないほどではないです。 他に不快感はないので、私に合っていると思います。 php? アフターピルの服用回数が多いのであれば、代わりに 低用量ピルの服用を考えてみてはいかがでしょうか。 低用量ピルの服用によって、 ほぼ100%に近い避妊効果が毎日続きます。 女性ホルモンの成分量を抑えて作られているので、 低用量ピルの副作用はアフターピルよりも軽くて済みます。 副作用が出るのも飲み始めの最初の時期だけで、服用を続けるに従って症状はなくなっていきます。 低用量ピルも、アフターピルと同じように通販購入ができます。 価格も病院より安くて済むので、経済的に長く避妊をしていきたい人におすすめです。 マーベロン マーベロンは特に通販で人気がある低用量ピルです。 毎日続く避妊効果に加えて、 生理痛やニキビを改善する効果も期待できます。 トリキュラー 日本では1999年からトリキュラーの販売が開始されており、すでに 多くのリピーターがいます。 病院で購入するよりも、通販で注文した方がトリキュラーを安く手に入れられます。 アフターピルで不妊は嘘!安心して服用してください アフターピルで不妊になるという情報は誤りであり、不安になる必要はありません。 アフターピルの服用によって、一時的に吐き気等の軽い副作用が出る事がありますが、症状はすぐになくなります。 緊急時は、 どれだけ早くアフターピルを飲めるかが鍵です。 不安になる気持ちはわかりますが、焦らず薬を飲んで対処しましょう。 アフターピルは何度も服用しても効果に影響はありませんが、薬である以上、連続服用は体によくありません。 アフターピルを何度も服用した経験があるのでしたら、低用量ピルの服用を考えてみてください。 アフターピルも低用量ピルも、薬の通販サイトで購入する事ができます。 病院で処方してもらう価格よりも、安く薬を手に入れられるので、とても経済的です。

次の

低用量ピルとアフターピルの違い

アフターピル もらえない

ピルを処方してもらえる年齢は?処方してもらえないケースとは ピルの処方には様々な条件がある ピルは病院に行けば誰にでも処方されるものではありません。 まず、年齢が問われます。 16歳未満で思春期終了前の人は、まだ成長段階で体が作られている最中と見なされ、処方してもらえないことが多いようです。 ですから、中学生が修学旅行で生理になりたくないからと希望しても、出してもらえない可能性は高いでしょう。 また、35歳以上で喫煙習慣がある場合は、ピルの重篤な副作用として知られる血栓症のリスクが高まるため処方されないケースも見受けられます。 そして、高血圧や糖尿病、肝障害の他、子宮がんや乳がん、血栓の治療中などの人はピルの適応外と見なされ、処方されない場合があります。 上記の条件に当てはまる人で、どうしてもピルを処方してもらいたいという場合は、事前に病院に問い合わせて相談してみましょう。 【ピルの処方】未成年でも親の同意なしでOK?年齢の下限は? ピルを服用できる年齢は? ピルを服用できる年齢の下限は特に定められていません。 生理が始まっている女性なら処方が可能とされています。 また、未成年でも基本的に親の同意書は不要です。 未成年でも本当に親の許可は必要ない? 医師の判断によっては求められる場合もあります。 また、条件によっては処方してもらえないこともあります。 気になる場合は、電話などで問い合わせてみましょう。 ピルには副作用のリスクもある これまで見てきたように、ピルの処方に年齢の下限の規定は特になく、親の同意も原則いりません。 保険証があれば、15歳くらいから、本人の意思を尊重して処方してくれる病院は多いようです。 つまり、中高生でも親に言わなくてもピルを手に入れることはできるということです。 しかし、ピルには副作用があります。 特に、アフターピルは高い効果がある分、副作用も重いとされています。 言いにくいかもしれませんが、自分の体のためにも母親に相談しておいた方がいいでしょう。 ピルの処方はケースバイケース…年齢・喫煙の有無・必要性 ピルの服用は何歳まで? ピルの処方は何歳まで可能なのでしょうか? 添付文書によると、35歳以上で1日に15本以上の喫煙者には投与しないようにと記載されています。 また、「40歳以上の女性への投与は慎重に」とも書かれています。 これは、様々な疫学調査や外国の動向からも妥当なものと言えます。 それでは、非喫煙者の35歳〜40歳の女性はどうなのでしょうか? 添付文書にはこの年齢層への投与について特に注意はありませんが、35歳を過ぎるとリスクが高まるというデータもあるので、やはり投与は慎重に行う必要はあると考えた方がいいでしょう。 また、避妊法の選択肢は、ピルだけではありません。 35歳以降になると、IUDや手術という方法も視野に入れてもいいでしょう。 しかし、生理痛の軽減のためという目的があり、必要であればこの年齢を超えていても処方されるケースはあります。 35歳以上の女性の場合、ピルの服用について、主治医とよく相談することが大切です。 【ピルの開始年齢】35歳からでも処方される? 35歳からピルを始めるのは可能? WHOのガイドラインによると、「35歳以上でもピルの服用ができる」とされています。 そして、どの国でも35歳以上でピルを服用している人は一定数存在します。 しかしピルは、日本以外の国では「若者中心の避妊薬」と位置付けられています。 ピルを飲み続けてきた人は、35歳になると、このままピルを続けるか検討を始めます。 つまり、35歳以上でピルを飲んでいる人は、それ以前から何年も服用している人たちです。 ある程度の年数服用してきて、血栓症など副作用が出なかったということが証明されている人たちとも言えます。 そのような体質の人だからこそ、35歳を過ぎても続けて服用ができるということです。 ですから、WHOでも「35歳以上でもピルの服用が可能」と言っているのであって、「35歳からピルを服用できる」と言っているわけではありません。 35歳以上で、ピルの服用を考えている人は、まずは婦人科で相談するのをおすすめします。 ピルの服用と血栓症のリスクの関係…年数により軽減される ピルを服用することによる血栓症の発生頻度は年齢とともに高くなってきます。 ある病院では以下のような取り決めを作ったと言います。 45歳以上は新規での服用開始は不可• 40歳以上は慎重投与する• 35歳以上であっても、BMIが25以上の場合は、新規での服用開始は不可 血栓症報道や新しいガイドラインによって、40代以降の低用量ピルの服用はかなり厳しくなると予想されます。 しかし、現在ピルを服用している女性が年齢を重ねていくことを考慮すると、彼女たちをどうフォローしていくかが問われていると言えるでしょう。 実際、何年も低用量ピルを服用してきたけれど、年齢を理由に、これ以上処方はできないと他院で断られた人が別の病院に来ることがあります。 避妊目的でピルを服用してきたのであれば、急に処方されなくなると、中絶の可能性もあり不安になるかもしれません。 また、病院を移った時、ピルの服用を1ヵ月中止していたとしたら、体はリセットされ、血栓症のリスクも振り出しに戻ります。 ピルの服用による血栓症のリスクは、服用開始から4ヶ月までがピークとされていますが、その後も継続することにより、そのリスクは低くなっていきます。 ですから、ピルを長年服用している人は、できるだけ空白期間を作らない方がいいと言えます。 ピルを継続して服用してきて、今後も処方して欲しいという希望がある場合は、主治医とよく相談してみてください。

次の

アフターピルについて知っておきたいこと

アフターピル もらえない

実際のもらい方 予約してご来院下さい。 保険証などの身分証は必要ありません。 お薬の説明だけ行い、処方します。 内診などの診察もありません。 注意点もていねいに説明します。 学割希望の場合は学生証が必要です。 料金 種類 一般 学生 レボノルゲストレル 国産ジェネリック 6,800円 5,800円 レボノルゲストレル 海外ジェネリック 4,800円 3,800円 妊娠検査薬も付いています。 先発品のノルレボ、ヤッペ法の取り扱いはありません。 アフターフォローと返金 98%の高い避妊効果をもつアフターピルです。 ですが、わずかですが妊娠する可能性があります。 婦人科である当院では、もし妊娠検査薬が陽性になった場合には、超音波で妊娠の確認を無料で行います。 妊娠が超音波で確認されたときは、後々の負担を考慮し、アフターピルの料金を返金します。 飲む必要はあるの? 妊娠のしやすさとは? 妊娠しそうなのか、そうでないかはわかるのでしょうか? 精子の寿命は3~4日、卵子の寿命は2日ほどであるため、排卵前4日ほどが危険日といえます。 では、排卵日はどうやってわかるのでしょう。 普通は生理がくる2週間前に排卵します。 ということは規則的に生理が来ている人は、排卵日を予測できるかもしれませんね。 でも、排卵日がずれるのはよくあります。 とくに10代から20代前半にかけて生理が不安定な年齢では、10日ほどのずれはよくあります。 というわけで実際のところ、確実に安全といえる日はないのです。 コンドームが外れたけど射精していない場合や、腟外射精の場合はどうでしょうか?妊娠のしやすさは精子の数によっても左右されます。 精子が少なければ、当然、妊娠しにくいだろうとは思われます。 腟外射精は1回の性交渉あたり平均数%の妊娠率です。 しかし、あくまで平均すればの話です。 もし、男性が自覚なく腟内に射精していれば、その1回での妊娠率は15%くらいかもしれません。 ですので、やっぱり、確実に大丈夫とは言えないのです。 アフターピルの種類 現在、世界で使われているアフターピルはレボノルゲストレル 、エラワン、ヤッペ法の3種類があります。 レボノルゲストレル 国内で初めて認可されたアフターピルです。 先発品の名称はノルレボ。 海外では、すでに同成分のアフターピルが、薬局で購入できるOTC薬として認可されています。 安全で、効果の高いアフターピルです。 日本では高めの料金でしたが、現在、かなり安価で提供できるようになりました。 当院で扱っているのは、レボノルゲストレル (ノルレボのジェネリック)です。 エラワン 最新のアフターピルです。 最も効果が高く、5日以内でも使えます。 残念ながら、日本ではまだ認可されていません。 当院では取り扱っていません。 ヤッペ法 従来から使われている、緊急避妊法です。 レボノルゲストレル 、エラワン以外であればこの方法です。 中用量ピルを1日に4錠、2回に分けて飲みます。 上記2つのアフターピルに比べ妊娠阻止率が低く、吐き気が強く起きるのが欠点です。 安いというメリットがあったのですが、レボノルゲストレル が安価で提供できる現在、クリニックでの処方はなくなりつつあります。 当院では取り扱っていません。 アフターピルの効果と副作用 効果 レボノルゲストレル は、24時間以内の服用で99%の避妊率。 2日以内で98%、3日以内で97%の効果です。 時間がたつと効果が落ちるというよりは、排卵が起きる前までに飲むことが大切なのです。 とにかく早めに飲みましょう。 効果の表記が2通りあります。 避妊率と妊娠阻止率です。 避妊率98%とはアフターピルを飲んで妊娠しなかった人が98%ということです。 妊娠阻止率はちょっとややこしくて、妊娠しそうな人を阻止した率です。 まず、排卵日に性交渉があれば、妊娠する確率は15〜20%くらいです。 ということはアフターピルを飲まなかったとしても80%の人は妊娠しないのです。 そして飲まなければ妊娠するかもしれなかった人のうち、アフターピルを飲むことで妊娠を阻止できた割合が妊娠阻止率です。 レボノルゲストレル の避妊率は98%で妊娠阻止率は85%です。 ちなみにヤッペ法の避妊率は96%、妊娠阻止率は57%です。 参考資料:THE LANCET Vol352 August 8,1998 副作用 頭痛や吐き気 中用量ピルを用いたヤッペ法では、かなり強い吐き気があったのですが、レボノルゲストレル では、吐き気や頭痛はほとんどありません。 生理がずれる アフターピルは女性ホルモンのお薬なので、生理を少し不安定にさせます。 数日から1週間くらい、生理が早まったり、遅れたりする可能性がありますが、全ての人におこるわけではありません。 また、数日後くらいに少量の出血をすることもあります。 もし生理がなかなかこなくても、すぐには、心配しなくてもいいでしょう。 ですが、3週間たっても生理がこないときは自分で妊娠していないかどうか確認しましょう。 アフターピルが効く理由 アフターピルが効く理由 いろいろな作用が言われていますが、一番の理由は排卵を遅らせることなのです。 アフターピルをのむことで、だいたい5日くらい排卵が遅れると考えられています。 ということは、飲んだ後、数日してまた避妊せずにセックスしたらちょうど排卵にあたって、妊娠するかもしれませんから注意しましょう。 しかし、あくまで緊急用の薬です。 効果は100%ではありません。 よくある質問 繰り返しの使用は大丈夫でしょうか? アフターピル1回あたりの避妊率が98%です。 この数字は繰り返し使用していると、いつか妊娠するということです。 これを調べた研究も実際あって、年間10%程度の人が妊娠してしまってます。 通常の避妊法としてアフターピルは使うべきではありません。 アフターピルはあくまでも緊急時に使用するバックアップと考えるべきなのです。 コンドームを普段使用している人が、外れたり破れたりするアクシデントの時に使うようなイメージです。 ですので、緊急時のために前もって持っておくこともありでしょう。 年末年始で医療機関がお休みなんてこともありますから。 次の生理が来る前にまた避妊に失敗しました やむをえずこういったことも起きるかもしれません。 排卵前であれば、再び内服することで、ある程度の避妊効果はあるでしょう。 お薬として飲む事はできますが、できれば今後は確実な避妊法を検討した方がいいですね。 海外製品について 医療機関で処方される海外製品は地方厚生局から薬監証明というものを取得して処方しています。 レボノルゲストレル は海外でも多くのブランドがあり、安く提供できるメリットがあります。 実は個人でお薬を輸入することもできます。 ネットで手に入れることができるアフターピルは、代行業者に依頼してご自身で輸入していることになります。 これは結構危険です。 個人輸入は何かおきた時に、全てご自身で責任を取らなくてはなりません。 その点で、個人輸入はさすがにオススメできません。 ヤッペ法は取り扱わないのですか? ヤッペ法は従来から使用されてきた方法です。 吐き気が出る人にはかなりツライ方法です。 吐いてしまって飲みなおす人も時々います。 妊娠阻止率がレボノルゲストレル より低いのも欠点です。 安価に処方できる方法だったのですが、レボノルゲストレルが安くなったので、クリニックで取り扱うには、少しデメリットが多いかなと考えます。 ですが、この方法には大きなメリットがあるのでした。 ピルユーザーに限りますが、ピル飲み忘れで避妊できなかった時に、地方在住とか仕事とかで、すぐアフターピルがもらえないような人はすぐ飲めるという利点があるのです。 なにせ、アフターピルは早く飲むことが勝負ですから。 とは言えヤッペ法を個人の判断で行うことは医療者としてはオススメはしません。 生理が来れば避妊できていますか? 生理らしい生理が来れば、避妊できたと考えてもいいでしょう。 アフターピルを飲むと生理が不安定になったり、不正出血がおきたりします。 妊娠しても生理じゃないような出血がおきることもあって、区別できないことがあります。 一番確実に調べるには、やはり妊娠検査薬を使用することです。 アフターピルを飲んでから3週間たっても生理らしい生理がなければ、妊娠検査薬を使いましょう。 事前の使用について 避妊できない性交渉の前に、事前にアフターピルを飲むことは大丈夫かというご質問も時々受けます。 もちろん、ちゃんと避妊した方がいいのですが、いろいろな事情もあるのでしょう。 排卵前なら事前に飲むことで避妊できる可能性は高くなります。 ですが、100%ではない避妊法であることは知っておきましょう。 きちんと避妊することが大切ですが、うまく避妊できないかもという予感がする時は、事前に飲むことも許されるような気もします。 本当は大きな声ではオススメできないのですが・・・効果があるのは、飲んでから12時間まで。 低用量ピルのスタート時期 ピルユーザーが再開する場合や新たにピルを開始したい場合は、すぐに飲み始めてもかまいません。 ピル は生理を待ってからスタートすることになってますが、できるだけ早く避妊したいのであれば、翌日から開始してしまいましょう。 ただし、ピルを始めると生理が遅くなります。 妊娠したかどうかの判断がしにくいので、妊娠検査薬でチェックしましょう。 もし妊娠中や授乳中に飲んでしまったら レボノルゲストレル の注意事項としては、妊娠中は飲まないこと、授乳は1日中止すること、となっています。 これを遵守して医療機関では処方しますが、レボノルゲストレル は実際に妊娠中に内服してしまっても胎児に影響しないとされています。 WHOの指針では授乳はよかったりします。 ですので、かなり安全な薬と考えてください。 妊娠の確認が時期的にできなかったり、授乳が避けられないケースでも、妊娠することが大きな問題になるときには、アフターピルの内服も考慮してもいいかもしれません。 アフターピル内服後に、母乳育児中の人がやむなく授乳させてしまったとき、後から妊娠していることがわかったときでも大きな不安をかかえることはないでしょう。

次の