ポケモン go アイアント。 【USUM】アイアントの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

『アイアント』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ポケモン go アイアント

9タイプへの耐性に対し、弱点は1つという優秀な複合タイプ。 第八世代では、が不参戦のため、同複合はとがいる。 前者は先制技を中心に攻防両立させたアタッカーで、後者は典型的な重火力アタッカー。 それぞれ種族値傾向が大きく異なるため差別化を意識する必要はない。 物理方面の種族値に優れ、特に攻撃は特性によりA189相当の火力を得ることも可能。 素早さも100を超えており、多くの相手の上を取ることが出来る。 反面、特殊耐久はかなり脆弱で、特化の眼鏡りゅうせいぐんクラスになると半減であっても確一を取られてしまうほど。 また物理耐久も防御こそ高いが低HPが祟って総合的には並耐久。 DMやダイスチル無しでアタッカーの等倍技を2耐えするのは難しい。 4倍弱点の炎技からは特殊・物理問わず逃げたほうが良い。 特に特殊は、特攻60程度の役割破壊技ですら致命傷になる。 総合的には耐性を活かして半減を何とか耐え、そのまま上から倒すという、典型的な「やられるまえにやる」高速アタッカーである。 そのため上を取られると相性有利なタイプにも縛られやすく、スカーフ等での奇襲には要警戒。 との凄まじいシナジーから注目を集めている。 3ターン限定とはいえ不安定さが解消される上に火力も強化されること、何よりライバルが不在であるためにシェアを独占できることが大きい。 登場ポケモン削減とメガシンカ廃止でアタッカーのプールが一気に狭まった今、アイアントの存在は大きいだろう。 ただし、めざめるパワーより威力の高いマジカルフレイムがばら撒かれたため、覚えられるポケモンは把握しておくべし。 また、はりきりと相性の良いじだんだも習得し炎への対抗手段が1つ増えた。 物理アタッカーのほか、+なかまづくりを用いた起点作り要員としても運用することができ、や積みエースとあわせれば強力なコンボとなる。 詳細は下記の特性考察・型考察にて。 はりきりとシナジーのあるつめとぎと、ダイジェットに変換できるつばめがえしは過去作限定であり、現時点ではランクマッチで使用できない。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 むしのしらせ 活かせる場面が限定的ではあるが、他の特性よりも安定感があるという点では採用できるか。 低い特殊耐久を逆手に取り、きあいのタスキとセットで発動させることもできる。 はりきり 現在のアイアントはこれが主流。 同様の効果を持つ特性持ちの中ではに次ぐA種族値を持ち、デメリット付きとは言え強烈な個性と言える。 特殊技やハサミギロチン、補助技は命中率低下の影響を受けない。 特にダイマックスとの相性は抜群であり、3ターン限定とはいえ必中かつ超火力という凄まじい抜き性能を得る。 なまけ 隠れ特性。 デメリット特性だが、なかまづくりとあわせることで相手の弱体化を狙える。 だっしゅつボタンを持たせ、や積みエースに繋ぐのが主な使い方。 ばけのかわ等のなかまづくり無効特性、スカーフ持ちや先制技に注意。 怯みも狙える。 いのちのたまでH振りを確1。 シザークロス 虫 80 120 100 80 - タイプ一致技。 きゅうけつ・とびかかるは覚えない。 性能安定の一致技だが範囲が狭く使用機会は少ない。 出た最初のターンしか使用できない先制技だが、 ダイマックスすれば威力130 195 のシンプルな虫技になる。 いのちのたまでH4振り・をいかく込みで乱1。 威力は劣るが怯みを狙える。 いのちのたまでH振りを確1。 じだんだ 地 75 100 80 技失敗後 威力2倍 対炎・電気・毒・鋼。 はりきり・ハサミギロチンと相性がいい。 あなをほる 地 80 100 80 溜め技 ダイマックス枯らしになるが地震に注意。 いのちのたまでH振り・ブルンゲルを確1。 ダイマックス前提なら。 つばめがえし 飛 60 必中 - はりきりでも必中で、無効タイプ無し。 絶対に外せない時に。 現在 過去作限定。 ランクマッチでは使用できないので注意。 ハサミギロチン 無 - 30 一撃必殺 有効打の無い相手に。 命中低下の影響を受けない。 がむしゃら 無 - 100 80 - タスキとあわせて。 命中低下の影響を受ける。 ゴースト以外に通るが、相手を倒す事はできない。 現在 過去作限定。 サポート用。 まとわりつく 虫 20 30 100 拘束ダメージ タイプ一致技。 拘束用。 変化技 タイプ 命中 備考 でんじは 電 90 アイアンヘッドやいわなだれとあわせて。 後続サポートにも。 無効タイプや特性、ミストフィールド等に注意。 みがわり 無 - ダイマックス枯らし・補助技対策や、むしのしらせの発動に。 つめとぎ 悪 - 攻撃・命中上昇。 はりきりと相性が良い。 第六世代わざマシン限定。 こうそくいどう 超 - 素早さ強化。 バトンとあわせて。 バトンタッチ 無 - 積み技やみがわりとあわせて。 なかまづくり 無 100 なまけとあわせて。 後続の起点作りに。 バトルスイッチやばけのかわ等、上書き無効特性に注意。 一致等倍程度なら疑似特殊耐久上昇が生きる場合も。 追加効果でさらに物理耐久アップ。 ダイサンダー かみなりのキバ 120 場:EF 一致技の通りにくい・に。 あくびも踏み倒せる。 追加効果で火力底上げ。 追加効果も優秀。 ダイロック ストーンエッジ いわなだれ 130 天候:砂嵐 呼ぶに刺さる。 砂嵐でタスキ潰し。 すばやさを更にアップ。 過去作技マシン限定。 威力は高いが、追加効果が微妙。 威力は低いが、追加効果に優れる。 自身の上を取れる相手 等 への交代読みで使うとよい。 ダイウォール 変化技 - まもる 相手のダイマックス技を防ぎたい場合。 先制して倒した方が速い場合も多い。 ダイマックスでの運用が主。 ダイマックスすることで耐久も上がるので、ニンフィアクラスのマジカルフレイムなら耐えるようになる。 ダイマックスすると馬鹿力は威力95のダイナックルとなるので、例えばバンギラス相手には不一致4倍のダイナックルよりも一致2倍のダイスチルorダイワームの方が威力が高くなるという点には注意。 サザンドラ対策にであいがしらがあれば勝てるが命中が下がっており、外した時やタスキ持ちには炎技で返り討ちにあってしまう。 こだわりのイメージが多いが油断禁物。 優先技はそれぞれ環境に多いポケモンに打ちたい。 ストーンエッジはやに。 かみなりのキバはややなどに。 ばかぢからはややあたりに。 技候補にいわなだれを追加。 ダイロックの威力がストーンエッジと変わらない上、命中がやや安定で怯みも狙える。 努力値のHA252を削除。 なるべく攻撃と素早さは最大まであげて採用したいのでや耐久調整をする必要性は薄い。 火力ははりきり型より大きく劣る。 特性を活かせる虫技の優先度は高い。 きあいのタスキとも相性が良い。 などと組みサイクルをまわしていく。 脱出後は積みエースとなるポケモンを送るのが基本。 因みに、だっしゅつボタン持ちのポケモンにとんぼがえりやボルトチェンジを打つと、だっしゅつボタン側だけが交換することになる。 ありじごくやかげふみを呼び出すことで、逃がさず完全な積みの起点にすることができる。 (まもるを搭載することで、相手のなまけターンに積み、行動ターンにまもるをすることで完封。 ほえる等に注意) ただし、パーティにアイアントと拘束系のポケモンを入れてあると、かなり読まれやすくなるので注意。 先手をとれないと全く意味がない。 何もせずだっしゅつボタンで帰ることとなる。 そのため相手の素早さ(特にこだわりスカーフ)や先制技には警戒が必要である。 また、相手に補助技を選択された場合は脱出ボタンが発動しないので注意。 脱出した後の登場の機会を踏まえて、基本的な一致攻撃技は持っておきたい。 少ない行動ターンでも相手に負担をかけやすい一撃必殺のハサミギロチンも有用。 なまけを利用した相手の積みなどへの牽制として、持っていて損はしない技である。 対アイアント 注意すべき点 はりきりによる脅威的な物理火力。 命中不安のデメリットはダイマックス技による必中効果でカバーしてくる。 3ターン限定とはいえその突破力は凄まじく、ダイナックルで攻撃の上昇を許してしまうともう手がつけられない。 素早さも種族値109と高く、攻撃範囲も広い。 炎タイプのポケモンも先手を取れないと・技で返り討ちにあう。 たとえ相手のポケモンに有効打がなくとも、ハサミギロチンという賭けで強引に突破してくる可能性すらある。 はりきり個体に比べて数は少ないが、なかまづくりでこちらのポケモンを「なまけ」にして、起点化を狙ってくる型も存在する。 対策方法 技が4倍。 特殊耐久は低いので、役割破壊のだいもんじやマジカルフレイムでも大ダメージ。 ダイマックス中こそ必中だが、はりきり中は命中率が低下するのでダイマックス切れも積極的に狙いたいところ。 まもるやとびはねる、身代わりを先制で貼れるポケモンがいると心強い。 ・ 先制かえんボールでダイマックス状態でもアイアントを確1。 ・ C130以上のかえんほうしゃからダイマックス状態のアイアントを確1。 だいもんじであれば下降補正C12振りから確1。 もし炎技を切っていてもゴーストダイブがあれば相手のダイマックスターンを稼げる。 ・ 現環境ではマイナーだが、Sで勝るうえ外すリスクはあるものの無補正C252振りねっぷうでAS252ダイマックス個体も確1にできる。 あるいはぶきようスキルスワップで特性と道具をまとめて潰し、火力を大きく削ぐ選択肢もある。 であいがしらにのみ注意。 なまけなかまづくり型はある程度相手のパーティ構築で型が読める場合が多い。 特に相性の良いと一緒にパーティに入っていた場合は十中八九なまけアイアントと考えて良いだろう。 持ち物は脱出ボタンである場合が多いので、アイアントより早いポケモンならそのまま攻撃、遅いポケモンなら先制技で。 からのちょうはつを撃つのも良い。 はりきり型、なまけ型共にS109以上のスカーフ持ちポケモンで炎技を撃つことが最も有効。 覚える技 レベルアップ 5th 6th 7th 8th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 1 1 1 すなかけ - 100 じめん 変化 15 6 6 1 1 れんぞくぎり 40 95 むし 物理 20 1 1 1 4 はさむ 55 100 ノーマル 物理 30 21 21 11 8 メタルクロー 50 95 はがね 物理 35 - - - 12 ふくろだたき - 100 あく 物理 10 26 26 16 16 むしくい 60 100 むし 物理 20 11 11 1 20 かみつく 60 100 あく 物理 25 16 16 6 24 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 41 41 31 28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10 51 51 41 32 シザークロス 80 100 むし 物理 15 31 31 21 36 かみくだく 80 100 あく 物理 15 66 66 56 40 きんぞくおん - 85 はがね 変化 40 36 36 26 44 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 46 46 36 48 なかまづくり - 100 ノーマル 変化 15 56 56 46 52 てっぺき - - はがね 変化 15 61 61 51 56 ハサミギロチン - 30 ノーマル 物理 5 - 1 1 - きんぞくおん - 85 はがね 変化 40 - 1 1 - ハサミギロチン - 30 ノーマル 物理 5 - 1 - - てっぺき - - はがね 変化 15 技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技09 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技14 でんじは - 90 でんき 変化 20 技15 あなをほる 80 100 じめん 物理 20 技16 いやなおと - 85 ノーマル 変化 40 技21 ねむる - - エスパー 変化 10 技22 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10 技24 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 技25 まもる - - ノーマル 変化 10 技31 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技32 すなあらし - - いわ 変化 10 技37 ふくろだたき - 100 あく 物理 10 技39 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技41 てだすけ - - ノーマル 変化 20 技48 がんせきふうじ 60 95 いわ 物理 15 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技66 かみなりのキバ 65 95 でんき 物理 15 技76 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技79 かたきうち 70 100 ノーマル 物理 5 技98 じだんだ 75 100 じめん 物理 10 過去作技マシン No. 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技12 こうそくいどう - - エスパー 変化 30 技20 みがわり - - ノーマル 変化 10 技26 こらえる - - ノーマル 変化 10 技27 ねごと - - ノーマル 変化 10 技29 バトンタッチ - - ノーマル 変化 40 技32 かみくだく 80 100 あく 物理 15 技39 ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5 技46 てっぺき - - はがね 変化 15 技60 シザークロス 80 100 むし 物理 15 技65 エナジーボール 90 100 くさ 特殊 10 技70 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技74 アイアンヘッド 80 100 はがね 物理 15 技75 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5 遺伝.

次の

【ポケモンGO】むしタイプ最強アタッカーランキング6選!【ジム・レイドバトル】|ポケらく

ポケモン go アイアント

2659 「ゲノセクト」がトップ! 3月20日からのスペシャルリサーチ「こせいだいポケモンの謎を解け!」で入手できる 第5世代・イッシュ地方の幻のポケモン 「ゲノセクト」がトップです! 現時点で ポケモンGO唯一の「むし」タイプ幻・伝説枠のポケモンということもあり、攻撃種族値は2位の「カイロス」を大きく引き離しています。 全体的に耐久力は低め 全体的に CP を見ると、3000 を超えているのは「ゲノセクト」と「ヘラクロス」のみです。 攻撃種族値がそこそこでも耐久力が高いポケモンはあまりいません。 ジムバトルでは相手の技を避けたり、レイドバトルでは数を揃えるなどの対策をしたいところです。 わざ構成ランキング 相手に多くのダメージを与えるには、 攻撃種族値だけでなく 覚えるわざも重要です。 ジムバトル・レイドバトルにおける、 攻撃種族値に覚えるわざの性能を加えた トップ10 一覧です。 順位 ポケモン わざ構成 コンボDPS x0. 391 ゲノセクト・ハッサム・アイアント・シュバルゴが弱点少なく優秀 弱点のタイプを見ると、 「ゲノセクト」「ハッサム」「アイアント」「シュバルゴ」は「はがねタイプ」を持つこともあり、 弱点となるタイプが1つしかなく優秀です。 弱点のタイプが少ないということは、気をつけなければいけないポケモンやわざも少なくて済むため、 戦いやすいです。 2重弱点を持つポケモンが多い 上で紹介した「ゲノセクト」「ハッサム」「アイアント」「シュバルゴ」は弱点のタイプが少ないものの、 「ほのおタイプ」は2重弱点となっています。 それ以外にも「いわ」や「ひこう」タイプを2重弱点とするポケモンが多いです。 2重弱点を突かれた攻撃を受けてしまうと、大ダメージとなりあっという間に倒されてしまいます。 あらかじめバトル相手の技タイプを確認しておくなど注意が必要です。 ジム・レイドバトルアタッカー総合おすすめランキング 当サイトの独断ですが、 これまでの内容を考慮した 「むしタイプ」のジムバトル・レイドバトルにおける総合おすすめランキングを発表します! レイドバトルで「むしタイプのみで全て異なるポケモン」でバトルパーティを作りたい場合の参考として、トップ6 までをご紹介しています。 1位:ゲノセクト.

次の

【ポケモンGO】クイタランのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモン go アイアント

5倍になる。 『こうげき』が1. 5倍になるが、物理攻撃の命中率が0. 8倍になる。 /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 交代などは可能。 技『スキルスワップ』で入れ替えることや『いえき』で特性を無効化することはできるが、『シンプルビーム』『なかまづくり』『なやみのタネ』は効果がない。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 5倍をその相手に与える。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。

次の